レーティング:イタリア 0-0(AGG:0-1) スウェーデン《W杯欧州予選プレーオフ》2017.11.14 06:46 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ2ndレグ、イタリア代表vsスウェーデン代表が13日にサン・シーロで行われ、0-0で終了した。この結果、2戦合計スコアを1-0としたスウェーデンが3大会ぶり12度目のW杯出場を決めている。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽イタリア採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ブッフォン 5.5
枠内シュート1本でほぼ守備機会なし。このまま代表引退か

DF
15 バルザーリ 6.0
トイヴォネンとのフィジカル勝負で負けず、攻撃にも出ていった

19 ボヌッチ 6.0
フェイスガードを付けてのプレー。試合中に足も負傷したが、最後まで戦いきった

3 キエッリーニ 6.0
ベリとのマッチアップで負けず、攻撃にも関与

MF
6 カンドレーバ 5.5
右サイドから仕掛けたが打開しきれず

(→ベルナルデスキ 5.0)
試合に入れず

18 パローロ 5.0
アタッキングサードでのクオリティを欠いた

7 ジョルジーニョ 6.0
公式戦デビュー。正確な配球を見せ、急所を突くパスでインモービレを活かしていた

8 フロレンツィ 6.0
果敢にシュートシーンに絡んでいった

4 ダルミアン 5.0
攻撃センスを欠いた

(→エル・シャーラウィ 5.5)
よくボールに絡んでチャンスメークをしにかかった

FW
11 インモービレ 5.5
持ち味の裏への抜け出しで決定機を演出もベロッティ投入で存在感を失う

23 ガッビアディーニ 6.0
バイタルエリアに落ちてチャンスメークを担った

(→ベロッティ 5.0)
やはりインモービレとは合わなかった

監督
ヴェントゥーラ 5.0
スタメン選考は悪くなかったが、ガッビアディーニを下げたのが失敗だった。イタリアのサッカー史に汚名を残す

▽スウェーデン採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ロビン・オルセン 6.5
前半に2つの好セーブを見せた

DF
2 ルスティグ 5.5
守備に専念

3 リンデロフ 6.0
正しいポジショニングでクロスボールを跳ね返していた

4 グランクビスト 6.5
対人の強さを遺憾なく発揮

6 アウグスティンション 6.0
カンドレーバを監視し続けた

MF
17 クラーソン 6.0
1stレグではボランチでタフに戦っていたが、右サイドでも十分な働き

(→ローデン 5.5)
守備のタスクをこなす

7 ラーション 6.0
ハードワークを欠かさず

13 ヨハンソン -
17分に負傷し、無念の交代

(→スベンソン 6.0)
緊急投入も守備面で効いていた

10 フォルスベリ 5.5
守備に追われたが、要所でキープ力を見せた

FW
9 ベリ 5.5
キエッリーニとの競り合いで簡単に負けず

20 トイヴォネン 5.0
フィジカルでバルザーリとやり合うもサポートがなく孤立

(→テリン 5.5)
カウンターの起点に

監督
アンデション 6.0
最後まで堅守が崩れなかった

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
グランクビスト(スウェーデン)
▽堅守スウェーデンを最後尾で締めていたキャプテンのグランクビストを選出。最後まで身体を張った守備を続けた。

イタリア 0-0 スウェーデン
※2戦合計スコア0-1でスウェーデンが3大会ぶり12度目のW杯出場

コメント

関連ニュース

thumb

イタリア代表監督候補のマンチーニ「リストに載っていることは光栄だが」、本大会逃したアズーリにも言及

▽ゼニトのロベルト・マンチーニ監督(52)が、イタリア代表監督就任の噂について、自身の考えを明かした。『フットボール・イタリア』が報じている。 ▽イタリア代表は、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループGでスペイン代表の後塵を拝して2位となりプレーオフに回った。そのプレーオフではスウェーデン代表と対戦するも2戦合計0-1で敗れ、60年ぶりにW杯本大会出場を逃している。 ▽イタリアサッカー連盟(FIGC)は15日、指揮官であるジャンピピエロ・ヴェントゥーラ監督を解任したことを発表。イタリアメディアでは次の代表監督として、前指揮官であるチェルシーのアントニオ・コンテ監督、現在フリーのカルロ・アンチェロッティ氏に加えマンチーニ監督の名前を挙げた。 ▽この報道を受けてマンチーニ監督は「リストに載っていることは光栄だが、今はゼニトで満足しており代表チームには興味がない」と、アズーリの指揮官就任の可能性を否定。また、イタリア代表がW杯出場を逃したことについても言及し、深い悲しみを感じていることを口にした。 「多くの仲間たちと同じように、ロシアの地で活躍するイタリア代表を夢見ていた。彼らが予選で敗退してしまい、本当に大きな悲しみを感じている」 「1958年もW杯出場を逃したんだ。それ以来、W杯に出続けて、それが当たり前だと感じていた。そして再びW杯がなくなってしまい、とても悲しい思いをしている」 ▽なお、マンチーニ監督は2001-02シーズンにフィオレンティーナの指揮官として監督業を開始。その後は古巣であるラツィオやインテル、マンチェスター・シティなどを渡り歩き、今シーズンからゼニトの指揮官として采配を振るっている。 2017.11.17 09:59 Fri
twitterfacebook
thumb

FIGCがアンチェロッティと接触? 近日中にイタリア代表指揮官に就任か

▽イタリアサッカー連盟(FIGC)がイタリア代表の新指揮官の招へいに向けてカルロ・アンチェロッティ氏(58)に接触しているようだ。『スカイ・スポーツ・イタリア』が報じている。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループGで2位に終わったイタリア代表はプレーオフに回り、スウェーデン代表と対戦。敵地での1stレグを0-1で落とすと、続く2ndレグはゴールレスドローに終わり、15大会ぶりに本大会への出場を逃した。 ▽するとFIGCは15日、指揮官であるジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督を解任。現在はその後任人事を進めている。報道によると、前指揮官であるチェルシーのアントニオ・コンテ監督やゼニトのロベルト・マンチーニ監督らの名前が挙がっていたが、FIGCは同じく候補者の一人とみられていたアンチェロッティ氏に一本化したようだ。 ▽アンチェロッティ氏は1995年にレッジャーナで監督としての道を歩み始め、その後はパルマ、ユベントスと渡り歩き、2001年からはミランの監督に就任。そのミランではチャンピオンズリーグ(CL)を2度制覇し、2003-04シーズンにはセリエAでも優勝するなど功績を残した。 ▽2009年から指揮を執ったチェルシーでも初年度にプレミアリーグとFAカップを、2011年から指揮を執ったパリ・サンジェルマンでは2012-13シーズンにリーグ制覇している。その後、レアル・マドリーで指揮を執ると、2013-14シーズンにはクラブ通算10度目のCL制覇に貢献。2016-17シーズンはバイエルンを率いてブンデスリーガとDFBポカールの2冠を達成した。現在はフリーの身となっているが、各チームでタイトルを獲得してきた実績を持っている。 2017.11.17 09:14 Fri
twitterfacebook
thumb

不遇のインシーニェがPO振り返る 自身を推したデ・ロッシへの感謝も語る

▽ナポリに所属するイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェが、厳しい敗戦となったスウェーデン代表とのロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフを振り返った。イタリア『Il Mattino』が伝えている。 ▽イタリアは13日、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ2ndレグでスウェーデン代表をサン・シーロに迎えた。1stレグを0-1で落としていたイタリアにとっては勝たなければならない一戦だったが、結果はゴールレスドロー。そのため15大会ぶりに予選敗退となった。 ▽今回のプレーオフで背番号10を与えられながらも、2試合を通じて15分ほどの出場時間しか与えられなかったインシーニェ。チームのためにゴールを決める準備はしていたと語りながらも、ジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督の選手起用に一定の理解を示した。 「僕はワールドカップへの出場を強く望んでいた。だから、心から悲しみを感じている」 「初めて代表に選ばれた日からここでのルールをしっかりと理解していた。ここでは誰がプレーするかが重要ではなく、多くの決定に対して敬意を払うべきだとね。だから、たとえどんな短い出場時間でも全力を尽くすだけだよ」 「このユニフォームは議論の余地なく尊重すべきものだと思うし、僕は常に代表チームのためにゴールを捧げる準備をしてきた。監督が自分以外の選択肢を選んでも、そのプレーヤーがワールドカップに導くための正しい選択肢だと考えているよ」 「議論の余地なくこのユニフォームはイタリアのシンボルなんだ。そして、僕はできる限りこのユニフォームを着続けたいと思っている」 ▽また、インシーニェは13日に行われたプレーオフ2ndレグで交代を拒否し、自分の起用を推してくれたイタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシへの感謝を口にしている。 ▽この試合でデ・ロッシは、チームスタッフを通じてヴェントゥーラ監督からウォーミングアップを指示された際、「どうして俺なんだ。この試合でドローは必要ない。勝たなければいけないんだろう」と発言。さらに、傍に座っていたインシーニェを指さし、攻撃的な選手の起用が必要だと示していた。 「ダニエレからの素晴らしいジェスチャーに感謝しているよ。彼はチームの助けとなる正真正銘のリーダーだ。もし、ピッチに投入されていたなら誇りを持ってプレーしたと思うよ」 「個人的にみんなが立派な働きを見せたと確信しているし、ワールドカップ出場に値したと思っているよ」 ▽最後に、インシーニェはヴェントゥーラ監督の後任として有力候補に挙がるカルロ・アンチェロッティ氏については、「カルロ・アンチェロッティ? 彼は素晴らしいフットボール人であり、勝者だよ。だけど、誰が後任になるかはディレクターの選択次第さ」と、語るにとどまっている。 2017.11.16 23:30 Thu
twitterfacebook
thumb

30歳で引退、ロック歌手となった元イタリア代表のイケメン問題児「俺は金よりビールとバーベキューが好きなんで」

▽元イタリア代表FWパブロ・オスバルド氏が自らのプロキャリア引退について語った。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 ▽アルゼンチン出身で元イタリア代表FWのオスバルド氏は、ローマなど複数のイタリアのクラブやサウサンプトンでプレー。2016年にはボカジュニアーズでプレーしたが、同年に30歳ながらも現役引退を決断した。 ▽現役時代、オスバルド氏は血の気が多いことで知られており、チームメートとのいざこざも何度が伝えられていた。30歳ながらスパイクを脱いだオスバルド氏は、ロックバンドのボーカルとしてセカンドキャリアを歩んでいることが伝えられていた。 ▽そしてこの度、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューに応じたオスバルドは、「お金よりもビールとバーベキューが好き」など相変わらずのコメントを残した。 「俺がボカでやめるとき、いろんなゴシップが流れた。人々が怖くて出歩けなかったよ」 「中国やチャンピオンクラブからのオファーがあった。でも行かなかったね。常に好きだったものが嫌いになり始めていたんだ。俺は金よりもバーベキューとうまいビールが好きなんだ。俺は自分に正直だ。プレーするってのは、金だけじゃない」 ▽オスバルド氏は、指導を受けた中で印象的な監督、仲が良かったチームメートについても語った。 「コンテがベストだ。重要な選手であると感じさせてくれた。それにゼーマン。厳しく、自由奔放な人だが偉大だ」 「デ・ロッシは兄弟だね。本当の友人だ。特別な人だ」 2017.11.16 23:01 Thu
twitterfacebook
thumb

美しき敗者デ・ロッシ、PO敗退後に同僚やファンの非礼をスウェーデンに謝罪

▽ローマに所属するイタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシが、13日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ2ndレグ後に、対戦相手のスウェーデン代表のチームバスを訪問し、同僚選手やサポーターの非礼を詫びていたようだ。スウェーデン『Expressen』が伝えている。 ▽共に欧州予選をグループ2位で終えたイタリアとスウェーデンの両チームは、本大会出場を懸けてプレーオフで激突。そのプレーオフでイタリアは、敵地での1stレグを0-1、ホームで行われた2ndレグを0-0で終え、2戦合計0-1のスコアで敗退。1962年大会から14大会連続で本大会に出場し続けていたアズーリにとっては、60年ぶりに予選敗退となる大失態となった。 ▽13日の2ndレグでベンチスタートとなったデ・ロッシは、チームスタッフを通じてジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督からウォーミングアップを指示された際、「どうして俺なんだ。この試合でドローは必要ない。勝たなければいけないんだろう」と発言。さらに、傍に座っていたFWロレンツォ・インシーニェを指さし、攻撃的な選手の起用が必要だと示した。 ▽それほど、熱い気持ちを見せながらもベンチでチームのプレーオフ敗退を見守り、直後に代表引退を決断したデ・ロッシ。その辛い胸中の中でもフェアプレーの精神を失わない同選手は、荒れ模様となった敵地での1stレグにおける同僚の行動、今回の一戦でスウェーデン国歌斉唱の際にブーイングを行った一部サポーターの非礼を詫びるため、スウェーデン代表のチームバスを訪問した。 ▽セリエAでもプレー経験があるDFポントゥス・ヤンセンは、この時のやり取りを以下のように振り返っている。 「彼(デ・ロッシ)はストックホルムの試合(1stレグ)での一部イタリア代表プレーヤーの振る舞い、今回の2ndレグでイタリアサポーターが僕らの国歌斉唱の際にブーイングをしたことについて謝罪してくれたんだ」 「その時のバスの中の雰囲気は『うわー、これは本当の出来事?』ってみんなが思っていたよ。彼は素晴らしい紳士だと思うし、最高の瞬間だったよ」 ▽さらに、MFケン・セマは「誰もがなんて器の大きい人なんだって思ったよ。彼は本当にビッグなプレーヤーだ。最後には『君たちはよくやった』とも言ってくれたんだ」と、デ・ロッシの器の大きさを称賛した。 ▽また、デ・ロッシの訪問時にチームバスには居なかったものの、選手やチームスタッフを通じてこの一件を伝え聞いたヤンネ・アンデション監督は、同じくイタリア代表MFの行動を絶賛している。 「素晴らしい行動だ。これは最高のスポーツだ。ピッチ上では互いに“小さな戦争”に挑む。しかし、その戦いが終われば、互いを思いやる。私はデ・ロッシの振る舞いに大きな敬意を払いたい」 「そういった彼の素晴らしい話を聞くことは嬉しいよ」 ▽最後に、スウェーデン代表でメディア対応の責任者を務めるニクラス・ボデル氏は、改めてデ・ロッシへの感謝を口にしている。 「胸がとても熱くなっているよ。本物の一流アスリートだけが、そういった振る舞いをできる。スウェーデン代表チームとして彼に感謝を伝えたい」 「イタリアを心から歓迎したい。そして、彼らの今後の健闘を祈りたい。今回は我々が突破することになったが、イタリアは本当に大きなフットボールの国なんだ」 ▽自身最後の晴れ舞台と目してきたロシアW杯出場を逃し、代表引退という重い決断をした中、歓喜に沸く相手チームバスを訪問するという行動は、決して簡単なことではない。それでも、チームメートやサポーターの非礼を詫び、素直に相手の健闘を称えたデ・ロッシは、まさに美しき敗者だ。 ▽指揮官ヴェントゥーラの引き際の悪さや責任逃れに必死なカルロ・タヴェッキオ会長に嫌気がさしているカルチョの国において、今回のデ・ロッシの行動は何も得るものがなかった今回のW杯予選で、唯一誇れるものになったかもしれない。 2017.11.16 05:11 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース