レーティング:イタリア 0-0(AGG:0-1) スウェーデン《W杯欧州予選プレーオフ》2017.11.14 06:46 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ2ndレグ、イタリア代表vsスウェーデン代表が13日にサン・シーロで行われ、0-0で終了した。この結果、2戦合計スコアを1-0としたスウェーデンが3大会ぶり12度目のW杯出場を決めている。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽イタリア採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ブッフォン 5.5
枠内シュート1本でほぼ守備機会なし。このまま代表引退か

DF
15 バルザーリ 6.0
トイヴォネンとのフィジカル勝負で負けず、攻撃にも出ていった

19 ボヌッチ 6.0
フェイスガードを付けてのプレー。試合中に足も負傷したが、最後まで戦いきった

3 キエッリーニ 6.0
ベリとのマッチアップで負けず、攻撃にも関与

MF
6 カンドレーバ 5.5
右サイドから仕掛けたが打開しきれず

(→ベルナルデスキ 5.0)
試合に入れず

18 パローロ 5.0
アタッキングサードでのクオリティを欠いた

7 ジョルジーニョ 6.0
公式戦デビュー。正確な配球を見せ、急所を突くパスでインモービレを活かしていた

8 フロレンツィ 6.0
果敢にシュートシーンに絡んでいった

4 ダルミアン 5.0
攻撃センスを欠いた

(→エル・シャーラウィ 5.5)
よくボールに絡んでチャンスメークをしにかかった

FW
11 インモービレ 5.5
持ち味の裏への抜け出しで決定機を演出もベロッティ投入で存在感を失う

23 ガッビアディーニ 6.0
バイタルエリアに落ちてチャンスメークを担った

(→ベロッティ 5.0)
やはりインモービレとは合わなかった

監督
ヴェントゥーラ 5.0
スタメン選考は悪くなかったが、ガッビアディーニを下げたのが失敗だった。イタリアのサッカー史に汚名を残す

▽スウェーデン採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ロビン・オルセン 6.5
前半に2つの好セーブを見せた

DF
2 ルスティグ 5.5
守備に専念

3 リンデロフ 6.0
正しいポジショニングでクロスボールを跳ね返していた

4 グランクビスト 6.5
対人の強さを遺憾なく発揮

6 アウグスティンション 6.0
カンドレーバを監視し続けた

MF
17 クラーソン 6.0
1stレグではボランチでタフに戦っていたが、右サイドでも十分な働き

(→ローデン 5.5)
守備のタスクをこなす

7 ラーション 6.0
ハードワークを欠かさず

13 ヨハンソン -
17分に負傷し、無念の交代

(→スベンソン 6.0)
緊急投入も守備面で効いていた

10 フォルスベリ 5.5
守備に追われたが、要所でキープ力を見せた

FW
9 ベリ 5.5
キエッリーニとの競り合いで簡単に負けず

20 トイヴォネン 5.0
フィジカルでバルザーリとやり合うもサポートがなく孤立

(→テリン 5.5)
カウンターの起点に

監督
アンデション 6.0
最後まで堅守が崩れなかった

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
グランクビスト(スウェーデン)
▽堅守スウェーデンを最後尾で締めていたキャプテンのグランクビストを選出。最後まで身体を張った守備を続けた。

イタリア 0-0 スウェーデン
※2戦合計スコア0-1でスウェーデンが3大会ぶり12度目のW杯出場

コメント

関連ニュース

thumb

ピルロ氏の伊代表コーチ落選の理由を連盟トップが明かす「彼がベンチに座ると…」

FIGC(イタリアサッカー連盟)のコミッショナーを務めるロベルト・ファブリチーニ氏が20日、イタリア国営放送『Rai』のラジオ番組『ラディオ・アンキオ・スポルト』に出演し、アンドレア・ピルロ氏について言及した。<br><br>イタリア代表では、5月に元ゼニト指揮官のロベルト・マンチーニが監督に就任し、新体制が発足した。当初、アシスタントコーチには、昨年11月にMLSのニューヨーク・シティで現役引退を迎えたアンドレア・ピルロ氏が就任することが有力とみられていたが、指揮官の下で長年スタッフを務めてきたアンジェロ・アダモ・グレグッチ氏が任命されたことで波紋が広がった。ピルロ氏がオファーを拒否したのではないかという憶測が出回り、元イタリア代表のレジェンドが自ら否定し、事態を収拾することになった。<br><br>FIGCにおいて実質的なトップに立つファブリチーニ氏も、ピルロ氏の代表スタッフ入り落選についての舞台裏を語っている。また将来的にマエストロの入閣が可能であることを示唆した。<br><br>「アンドレア・ピルロとは、交渉が進められていた。契約状況について確認するとの名目で彼とは一度だけ話をした。だが彼はチャンピオンズリーグ関連のテレビの仕事を受けており、便宜上、そして透明性を保つためにも、連盟の条件には合わないように思えた。もし彼がベンチに座った場合、肖像権に関して抵触するような条項も含まれていた。もちろんアッズーリへの扉を私が開くとか閉じるとかはありえない。彼に対し、代表の扉は常に開かれているのだからね」<br><br>提供:goal.com 2018.08.21 20:10 Tue
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 8月19日は、2006年ドイツW杯で当代No.1プレーヤーの衝撃退場劇を生んだ“悪童”のバースデー

◆マルコ・マテラッツィ 【Profile】 国籍:イタリア 現役時在籍クラブ:インテルなど 誕生日:1973年8月19日 ポジション:DF 身長:193㎝ 体重:92㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』 8月19日は、元イタリア代表DFマルコ・マテラッツィ氏だ。 ▽名ディフェンダーにしてサッカー界随一の“悪童”としても知られるマテラッツィ氏は、アマチュアのクラブやセリエC1のトラパーニなどでのプレーを経て、23歳の時にペルージャでセリエAデビュー。2000-01シーズンにはシーズン11得点を決め、当時のディフェンダーとしてのリーグ最多得点記録を塗り替えたこともある。その後、インテルに入団してからも公式戦209試合に出場し33得点を記録。パワフルな守備だけでなく得点力でもチームに貢献し、自身の着用した背番号23を特別なものにした。 ▽マテラッツィ氏と聞いて真っ先に思い浮かぶのが、イタリア代表として臨んだ2006年ドイツ・ワールドカップ(W杯)でのエピソードだろう。フランス代表との決戦が延長戦にもつれ込むと、当時相手国の絶対的司令塔であったジネディーヌ・ジダン氏を挑発。頭突きを受け、大会後の引退を表明していた当代ナンバー1プレーヤーを退場に追い込んだ。 ▽マテラッツィ氏は、その事件から10年後の2016年に当時を振り返り、「ジダンを罵倒するのに彼の妹を引き合いに出した。いくつかのメディアが彼の母を侮辱したと報道したがそれは違う」とコメントしている。 ※誕生日が同じ主な著名人 チェーザレ・プランデッリ(サッカー指導者) ジョアン・ピント(元サッカー選手) ロベルト・アボンダンジェリ(元サッカー選手) アレッサンドロ・マトリ(サッカー選手/サッスオーロ) ジョアン・オマリ(サッカー選手/サガン鳥栖) 鈴木智也(サッカー選手/FC東京) オービル・ライト(ライト兄弟の弟) ウィラード・ボイル(科学者) ココ・シャネル(デザイナー) イアン・ギラン(歌手/ディープ・パープル) ジョン・ディーコン(ベーシスト/クイーン) ヤガミトール(ドラマー/BUCK-TICK) 木村沙織(バレーボール選手) ディーン・フジオカ(俳優) ふかわりょう(お笑い芸人) 2018.08.19 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 8月14日は、ユベントス新主将のバースデー!

◆ジョルジョ・キエッリーニ 【Profile】 国籍:イタリア 現役時クラブ:ユベントス 誕生日:1984年8月14日 ポジション:DF 身長:187㎝ 体重:78kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』 8月14日は、ユベントスに所属するイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニだ。 ▽地元のクラブ、リヴォルノでキャリアをスタートさせたキエッリーニは、当初はサイドバックとしてブレイク。しかし、ユベントス移籍後にセンターバックとしての才能を開花させ、現在では同ポジションでの世界最高の1人と目されるまでになった。ユベントスでセリエA7連覇を含む15度のタイトルに獲得しているキエッリーニは、退団したGKジャンルイジ・ブッフォンの後を継ぎ、2018-19シーズンから新主将に任命されている。 ▽また、ゴールパフォーマンスの際にはゴリラのドラミングを真似するなどお茶目な人柄でも知られているが、実は多数のノーベル賞受賞者を輩出しているイタリアの名門トリノ大学を卒業済み。サッカー選手を続けつつ経営管理学科で経済学を学び、110満点中109点を獲得している。また、卒論のテーマは『国際基準におけるユベントスのビジネス』だったそうだ。 ※誕生日が同じ主な著名人 ジェイ=ジェイ・オコチャ(元サッカー選手) アンデル・エレーラ(サッカー選手/マンチェスター・ユナイテッド) マキシミリアーノ・ゴメス(サッカー選手/セルタ) リュボミール・フェイサ(サッカー選手/ベンフィカ) 小倉純二(JFA第12代会長) 都並敏史(サッカー解説者) 石原直樹(サッカー選手/ベガルタ仙台) 奥埜博亮(サッカー選手/ベガルタ仙台) 桂歌丸(落語家) ラリー・グラハム(ベーシスト) サラ・ブライトマン(歌手) 2018.08.14 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ピルロ氏のイタリア代表入りが一転、立ち消えに?

▽スタッフとしてのイタリア代表入りが噂されていた元イタリア代表MFアンドレア・ピルロ氏だが、どうやら話が立ち消えになる可能性があるようだ。イタリア『ANSA通信』が報じた。 ▽ピルロ氏は、現役時代はミランやユベントスで活躍。イタリア代表としても116試合に出場し13ゴールを記録。2006年のドイツ・ワールドカップでは優勝に大きく貢献したレジェンドだ。 ▽2018年1月にメジャーリーグ・サッカー(MLS)のニューヨーク・シティFCで選手生活にピリオドを打ち、再建を目指すイタリアサッカー連盟(FIGC)と交渉。新生イタリア代表のアシスタントコーチに就任すると見られていた。 ▽しかし、ここに来て1つの障壁があると報道。ピルロ氏は、2018-19シーズンのチャンピオンズリーグのコメンテータとして、『スカイ・スポーツ・イタリア』と契約。イタリア代表に入閣するために辞退することにしたと報じられていたが、ロベルト・マンチーニ監督の下でのアシスタントコーチ就任が立ち消えになったとのこと。果たして、ピルロ氏はどちらの道を選択するのだろうか。 2018.08.09 12:15 Thu
twitterfacebook
thumb

マンチーニがバロテッリにエール「マリオは大人になった…過去は過去だと証明して」

イタリア代表のロベルト・マンチーニ監督は、26日付のイタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューに応じ、ニースに所属するFWマリオ・バロテッリについて語った。<br><br>■教え子バロテッリを高く評価バロテッリは長らく、ピッチ外での行動が問題視され、イタリア代表から遠ざかっていたが、恩師であるマンチーニが指揮官に就任したことで今年5月、4年ぶりに代表復帰を果たした。新生イタリアの初陣となった親善試合サウジアラビア戦では、いきなりゴールを挙げ、インパクトを残した。<br><br>マンチーニは、インテルやマンチェスター・シティでも指導した愛弟子バロテッリの能力を高く評価している。<br><br>「マリオは大きな潜在能力を持っている。2012年ユーロでイタリアを決勝に導いたときのように、決定的な仕事をする可能性がある。フィジカル、テクニック、シュート、ヘッドでの一撃も優れていて、万能なCFだ」<br><br>ピッチ外でメディアに晒され、話題となることの多かったバロテッリだが、マンチーニは近年の成長を認め、エールを送った。<br><br>「彼は28歳だし、成長した。若い頃は、愚かな行為を何度もしてしまうことはある。私もそうだった。重要なのは、自分の過ちを理解し、教訓とすることだ。前回の合宿では、マリオは大人になったように見えたし、再びアッズーリでも重要な選手になりたいという意欲が見て取れた。プレーを続けて、過去は過去だということを証明して欲しい。私は信じている」<br><br>■ピルロの入閣を熱望するマンチーニまたマンチーニは、イタリア代表スタッフ入りの可能性が報じられているアンドレア・ピルロ氏についても言及している。<br><br>「公式発表を待とう。いずれにせよアンドレアは監督を志望している。だからこれこそ彼が進むべき道だよ。スタートとしては、良いと思う。それに彼のようなクオリティのある人物なら、ピッチでも必要なんだけど&hellip; 冗談は別として静観してみよう。我々のチームに加わってくれることは重要だよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.28 15:05 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース