元イングランド代表FWシンクレアが飲酒運転&交通事故で逮捕2017.11.14 00:44 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元イングランド代表FWトレバー・シンクレア氏(44)が13日、飲酒運転と歩行者を負傷させたことにより逮捕された。

▽シンクレア氏は12日の夜に飲酒運転をしている際、女性の歩行者と接触。女性に軽傷を負わせていた。この一連の違法行為によって、ランカシャー警察に逮捕されていた。

▽現在、BBCの解説者を務めるシンクレア氏は現役時代、ウェストハムやQPR、マンチェスター・シティなどでウインガーとして活躍。イングランド代表としては12試合に出場し、2002年の日韓ワールドカップメンバーにも選出されていた。

コメント

関連ニュース

thumb

A・サンチェス“ぼっち飯”に続く“ぼっち練習”?! どうして…?

▽マンチェスター・ユナイテッドのチリ代表FWアレクシス・サンチェスがまたもチーム内で孤立している模様だ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽A・サンチェスは先日、自身のインスタグラムを更新した。ストーリーという機能を使い、「今日は2つのトレーニングをこなしたよ(力こぶの絵文字)」というコメント共に、セルフィ動画を上げていた。しかしそこには本人しか映っておらずほかのチームメイトは全く入っていなかった。 ▽今年の冬のマーケットでアーセナルから加入した同選手は以前、1人で食事をする、いわゆる“ぼっち飯”の写真が流れ、超高額なサラリーも相まって一部チームメイトとの確執が噂された。真実は全くそうではなったが、今回の“ぼっち練習”はそれを連想させている。 ▽ではどうして1人で練習していたのか。それは、現在アメリカでプレシーズンツアーを行っているユナイテッドのメンバーに帯同できなかったからだ。A・サンチェスはバルセロナに在籍していた2012年から2013年にかけて脱税した疑いがかけられ今年2月に有罪判決が決まっていた。そのため、アメリカへのビザが下りずに同選手が遠征に参加できなかったというわけだ。 ▽今回も確執があったわけではなかったが、シーズン前の大事なツアーに参加できなかったA・サンチェス。チームワークを高められずピッチ上で孤立してしまうかもしれない。 2018.07.18 17:52 Wed
twitterfacebook
thumb

「自身の挑戦に囚われていた」ヴェンゲル氏がアーセナルでの22年間を後悔

元アーセナルのアーセン・ヴェンゲル氏は、22年間もの長期政権を築いたことは誤りだったと明かした。<br><br>1996年にアーセナルの指揮官に就任して以降、3度のプレミアリーグ優勝などクラブに数々のタイトルをもたらしたヴェンゲル氏。しかし、近年はチャンピオンズリーグ出場権を逃すなど低迷が続き、2017-18シーズンをもって22年間のアーセナルでのキャリアに終止符を打った。<br><br>アーセナルを退団して2カ月が経つものの、ヴェンゲル氏の新天地は依然として決まっていない。そんな中、フランス『RTL』の番組に出演した同氏はイングランドで長期政権を築いたことへの後悔を語った。<br><br>「1つのクラブに22年間も居続けたことが最大の誤りだった。私は新しいことや変化を好む人間で、挑戦することも好きだ。しかし、この間私は自分自身のチャレンジの囚人になっていた」<br><br>さらに、指揮官時代の苦悩について「多くの人を傷つけてきたことを後悔している。本当に多くの人を無視したし、家族や私に近い人のこともないがしろにした」と言及するも「しかし深く考えてみれば何かに熱中した人間は自分勝手で、好きなことばかりを追いかけている。多くのことを失ってでも骨を追いかけ続けるんだ」と持論を展開した。<br><br>そして、今後についての質問にも回答。「まだ何も決めていない。自分自身にも同様の質問を投げかけている。今までやってきたことをこれからも続けるのか? それとも今まで経験してきたことを別の方法で伝えていくのか? これは2、3カ月以内に答えを出す必要のあることだ」<br><br>将来についてはまだ何もわからないと話したヴェンゲル氏だが、1996年までいた日本に戻り、代表指揮官に就任するのではないのかとも報じられている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.18 17:29 Wed
twitterfacebook
thumb

レスター地元紙が岡崎慎司のW杯を総評…中でもセネガル戦の働きを絶賛「これが我々のシンジだ」

日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティの地元メディア『レスターシャー・ライブ』は、ロシア・ワールドカップに出場した所属選手の活躍を総評した。<br><br>6月14日に開幕し、1カ月にわたり全64試合が行われた今夏のワールドカップ。多くの名勝負が繰り広げられた今大会にレスターからは、岡崎をはじめイングランド代表のベスト4進出に貢献したハリー・マグワイア、ジェイミー・ヴァーディ、デンマーク代表のカスパー・シュマイケルら10選手が出場した。<br><br>その中で同メディアは、10選手それぞれの総評と将来的な展望について解説。日本代表のノックアウトステージ進出に貢献した岡崎に対して、グループリーグ2戦目のセネガル代表戦での同点ゴール時の働きを高く評価した。<br><br>日本代表の9番を背負って今大会をプレーした岡崎について「シーズン終盤の数試合にケガにより欠場し、ワールドカップ出場が危ぶまれていたシンジ・オカザキだったが、初戦と2戦目には途中交代で出場した」とコンディション不良を乗り越えてワールドカップの舞台に立ったと言及。<br><br>続けて「セネガル戦では、ゴールキーパーに倒されても瞬時にこぼれ球に反応して身体を投げ出し、ケイスケ・ホンダの同点ゴールを演出する重要な役割を演じた」と評価。そして「これが我々のシンジだ」とワールドカップでもリーグ戦同様に献身的なプレーを見せた同選手を称賛した。<br><br>3試合目には先発で出場するも負傷により途中交代し、大逆転負けを喫したベルギー代表とのラウンド16には出場しなかった岡崎の今後に対して、同メディアは「新加入のジェームス・マディソンとともに(クロード)ピュエルのプランに入っている。彼がこれからもチームへの献身を望むなら、オカザキはこれ彼も君たちの選手だ」と締めくくった。<br><br>提供:goal.com 2018.07.18 08:30 Wed
twitterfacebook
thumb

モウリーニョが各リーグの魅力語る! 伊は「C・ロナウド」、西は「メッシ」で英は…

▽マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、プレミアリーグこそ最高だと語った。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の記事を、スペイン『マルカ』が引用している。 ▽母国のベンフィカで指揮官としてのキャリアをスタートさせたモウリーニョ監督は、2003-04シーズンにポルトを率いてチャンピオンズリーグ(CL)制覇を達成し、世界的名将として知られることに。続くチェルシー時代はCLこそ優勝できなかったもののプレミアを連覇、インテル時代の2009-10シーズンにはイタリア史上初の三冠(CL、セリエA、コッパ・イタリア)にチームを導いた。 ▽2010年夏に就任したレアル・マドリーでは、2011-12シーズンにリーガエスパニョーラを制覇。欧州3大リーグで優勝を成し遂げた史上初の監督となった。マドリー指揮官退任後、チェルシーでの2度目の政権を経て、現在ではマンチェスター・ユナイテッドで采配を振るっている。 ▽数々のリーグで優勝を経験しているモウリーニョ監督が、どのリーグが最高かという質問に以下のような見解を示した。 「プレミアリーグは、ベストの選手たちが同居する最も競争力のあるリーグだ」 「3つの次元がある。人々は(クリスティアーノ・)ロナウドを目的にイタリアを観るし、プレミアリーグを観るならばベストのリーグであることが理由だ。そしてスペインなら(リオネル・)メッシのためだね」 「ユベントスの今回の(C・ロナウドの)移籍を祝福する。フットボール面でも、広告面でも、そしてマーケティング面でもね」 ▽なお、今回話に挙がっていないブンデスリーグについては、モウリーニョ監督は2013年に「興味がない。私がドイツで指揮を執ることはない」とコメントしていた。 2018.07.17 22:45 Tue
twitterfacebook
thumb

GKジョー・ハート、シティのプレシーズンツアーにメンバー入り

▽マンチェスター・シティの元イングランド代表GKジョー・ハート(31)が、クラブのプレシーズンツアーに帯同することが分かった。 ▽シティは17日、アメリカへのプレシーズンツアーに向けたメンバー28名を発表した。メンバーにはロシア・ワールドカップに出場した選手らはほとんど含まれておらず、若手を中心にDFバンジャマン・メンディやDFアイメリク・ラポルテ、MFレロイ・ザネに今夏新加入のMFリヤド・マフレズらがメンバー入りを果たした。 ▽そんな中、イギリス『スカイ・スポーツ』は、GKジョー・ハートに注目。2006年夏に加入した同選手はこれまで公式戦348試合に出場しているが、近年ではGKクラウディオ・ブラーボやGKエデルソンの加入により居場所を追われてトリノやウェストハムにレンタルしていた。 ▽シティとの契約が2019年6月30日まで残っているため、今回のメンバー入りは当然のものなのだが、指揮官ジョゼップ・グアルディオラはエデルソンに全幅の信頼を寄せ、セカンドGKもブラーボと、ハートが出場する余地はほとんどないように思える。全くチャンスがないわけではないが、このまま飼い殺しされるぐらいならば移籍した方が同選手のためではあるが…。 2018.07.17 22:29 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース