元イングランド代表FWシンクレアが飲酒運転&交通事故で逮捕2017.11.14 00:44 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元イングランド代表FWトレバー・シンクレア氏(44)が13日、飲酒運転と歩行者を負傷させたことにより逮捕された。

▽シンクレア氏は12日の夜に飲酒運転をしている際、女性の歩行者と接触。女性に軽傷を負わせていた。この一連の違法行為によって、ランカシャー警察に逮捕されていた。

▽現在、BBCの解説者を務めるシンクレア氏は現役時代、ウェストハムやQPR、マンチェスター・シティなどでウインガーとして活躍。イングランド代表としては12試合に出場し、2002年の日韓ワールドカップメンバーにも選出されていた。

コメント

関連ニュース

thumb

グアルディオラ、ヴェンゲルの後任候補のヴィエラに言及「すでにトップレベルの監督」

マンチェスター・シティのペップ・グアルディオラ監督は、退任が発表されたアーセン・ヴェンゲル監督の後任として名前の挙がっているパトリック・ヴィエラはすでにトップレベルの監督だと語った。<br><br>ヴィエラは現役時代、ヴェンゲル監督の下でアーセナルの黄金期を支え、03-04シーズンのプレミアリーグ無敗優勝達成時にはキャプテンを務めていた。引退後はマンチェスター・シティでのエリート育成マネージャーを経て、2016年よりMLSのニューヨーク・シティを指揮。今季は7試合を消化した時点で首位に立っている。<br><br>ニューヨーク・シティと同じシティ・フットボール・グループ傘下であるマンチェスター・シティのグアルディオラは、ヴィエラがトップレベルの監督になれるかとの質問に「すでになっている」と答えた。<br><br>「(ヴェンゲルの退任発表後)多くの名前が挙がっているが、アーセナルは最善の選択をするだろう。そして、もちろん彼は準備ができている。これから名前が挙がってくるであろう全員がその準備ができていると思う」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.22 20:53 Sun
twitterfacebook
thumb

2年半ぶりゴールのイングス、「この瞬間(得点)のためにとてもハードに取り組んできた」

▽リバプールに所属する元イングランド代表FWダニー・イングスが、WBA戦で決めた約2年半ぶりとなるゴールを振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽リバプールは21日、プレミアリーグ第35節でWBAと対戦し、2-2のドローに終わった。同試合の先制点を記録したイングスにとって、今回のゴールは2015年10月以来となる公式戦での得点となった。 ▽2015年と2016年に両ヒザのじん帯を断裂する重傷を負うなど、近年ケガに悩まされてきたイングスは、復帰後初となる公式戦でのゴールを喜んでいる。 「ここ2年に渡って、僕はこの瞬間(得点)のためにとてもハードに取り組んできた。ここまでたどり着くのに登らなければならない山はとてつもなく大きかった。今は仲間たちの側にいてただ幸せだよ」 「今は少し試合時間を得ている。今日の試合は僕にとっては明らかにポジティブなステップだ。とはいえ、3ポイントを手にした方が良かったけどね」 「あれほど長く離脱した時は、疑いを持ってしまうものだ。だから、ポジティブな人たちが周囲にいてくれることは重要なんだよ。僕のチームメイトやスタッフ、クラブ、ファン、皆が素晴らしいよ」 「そういう存在が、今のような状態に僕がなる上で本当に助けになった。諦めることは簡単だったけど、僕は信念を失うことはなかった。そして、戻ってきたよ。僕はただここから積み重ねることを望んでいる。できるだけチームに貢献するんだ」 ▽その一方で、イングスはチームの一員として格下相手に2点差を追いつかれてのドローという結果に不満を示している。 「落胆しているよ。常にチームが重要なんだ。得点したことは良いけど、結局、3ポイントを求めているものなんだよ。僕たちはそれを手にすることができなかった。だから、落胆している」 「奇妙なコンディションだったんだ。ピッチがとても乾いていた。それはロングボールに適した状態だった。相手には前線にフィジカルが強力な選手が何人かいた。それは彼らにとって本当に利益になった。観衆もいて、相手は勢いをつけて、2点を決めた」 2018.04.22 19:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ポチェッティーノ、FA杯敗退に傷心「クラブのためなら別な人間の下でも」

▽トッテナムは21日、FAカップ準決勝でマンチェスター・ユナイテッドと対戦し1-2で敗戦した。同クラブを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督は今回の敗退に大きなショックを受けたようだ。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えている。 ▽2008年以来のタイトル獲得を目指すトッテナムは、試合序盤にMFデレ・アリのゴールで先制に成功。しかし、24分にMFムサ・デンベレの不用意な自陣でのボールロストからFWアレクシス・サンチェスに同点ゴールを許すと、後半序盤にはMFアンデル・エレーラに逆転ゴールを許して1-2の敗戦を喫した。そして、トッテナムはFAカップ準決勝で8連敗という、クラブとしての勝負弱さを改めて露呈してしまった。 ▽試合後、公式会見に臨んだポチェッティーノ監督は珍しく弱気な姿勢を見せた。 「トッテナムにはより多くの時間を必要としている。それは私の下でか、あるいは別の人物の下でだ。個人的にクラブにとって理想的な哲学を開発し、発展させることに重点を置くのがとても重要だと思う」 「もちろん、我々は準決勝に到達し、チャンピオンズリーグでも競争力を示し、プレミアリーグでもトップ4を争う競争力を持っている」 「ただ、それだけでは十分ではないんだ。我々はタイトルに近い存在だとみなされているが、結局のところそれ以上に近づくことはできていない」 「我々が次のレベルに到達するには競争力を身に付けるのではなく、勝つ必要があるんだ」 「ここ4年、我々は非常に良いスカッドを構築しているが、勝者のメンタリティを得るにはより多くの時間が必要なんだ」 ▽2014年のトッテナム指揮官就任以降、着実にチームを成長させてきたポチェッティーノ監督だが、チャンピオンズリーグ(CL)や国内リーグで更なる成功を目指して臨んだ今季はCLユベントス戦での敗退や昨季を下回る4位に甘んじるなど、苦戦が続く。それだけに、自身を含めたクラブの将来に少なからず不安を感じ始めたのかもしれない。 2018.04.22 18:58 Sun
twitterfacebook
thumb

FA杯決勝進出を喜ぶも…モウリーニョが見据える先はPL2位フィニッシュ

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、FAカップ制覇よりもリーグ2位フィニッシュが重要と考えているようだ。<br><br>21日に行われたFAカップ準決勝でマンチェスター・ユナイテッドはトッテナムと対戦。トッテナムに先制点を許したマンチェスター・ユナイテッドだが、アレクシス・サンチェス、アンデル・エレーラの得点で逆転勝利を収め、2年ぶりの決勝進出を決めている。<br><br>異なる2クラブでFAカップ制覇を成し遂げれば、史上3人目の快挙達成となるモウリーニョ監督。しかし、試合後「今、私が考えていることは、リーグ戦を2位で終えるために最低でも2つの勝利と1つの引き分けが必要ということだ」と、リーグ戦を良い順位で終えることに専念したいと語った。<br><br>「2位で終え、スパーズ、リバプール、チェルシー、アーセナルよりも良い成績を収められれば、成功のシーズンだったといえる。目標としていた勝ち点80を超える81を獲得できれば、十分に成功だ。これは昨シーズンよりも多くのポイントを奪い、多くの試合に勝利し、多くのゴールを挙げ、失点を減らし、トップチームよりも良い成績で終えたことを意味する」<br><br>「FAカップのファイナルで勝つための努力をしなければならないが、たったの1試合でチームの良し悪し、選手の良し悪し、監督の良し悪し、そしてシーズンの良し悪しが決まるとは思えない」<br><br>試合については、「選手たちは勝利に値した。スパーズのようなチーム相手にこのような戦いができたことは、とても重要だ。両チームともに力強いスタートを切り、最初は彼らが中盤を支配し、先制点を奪った。しかし、選手たちはその後良いプレーを見せ、得点を奪った。後半も頭を使い、組織的に、そして自信を持ち、落ち着いて試合をコントロールできた」と称賛している。<br><br>決勝にコマを進めたマンチェスター・ユナイテッドは、5月19日にチェルシーとサウサンプトンの勝者と対戦する。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.04.22 17:44 Sun
twitterfacebook
thumb

ヴェンゲルの後任候補ヴィエラ、アーセナル次期指揮官就任は「まだ十分でない」

アーセナルで選手として活躍し、現在MLSのニューヨーク・シティで指揮官を務めるパトリック・ヴィエラが、去就についてコメントしている。<br><br>先日、就任22年目を迎えたアーセン・ヴェンゲル監督が、今季限りで退任することを発表したアーセナル。偉大な指揮官の退任に伴い、クラブは後任候補の選定を行っており、様々な名前が挙がっている。<br><br>その中にはヴィエラ氏の名前も。1996~2005年までヴェンゲル監督に指導を受け、03-04シーズンのプレミアリーグ無敗優勝時にはキャプテンを務めるなど絶大な信頼を寄せられていた元フランス代表MFには、ファンからも歓迎するコメントが寄せられている。<br><br>そんな中、ラジオ『WNYE』でインタビューを受けたヴィエラ氏は、候補として名前が挙がることを喜びつつ、恩師の後任として来季からアーセナルで指揮を執るには「不十分」と語っている。<br><br>「9年間をアーセナルで過ごし、私にとって特別なクラブとなった。だが、まだ監督として指揮するには十分ではない。名前が挙がるのはいつだって光栄だ。自分にとっては良いことだが、同時にここで満足している」<br><br>「これから2,3年で、何が起こるかみてみよう」<br><br>『beIN SPORTS』によると、ヴェンゲル監督は自身の後任決定に直接関わることはしたくないとしつつ、クラブ上層部にはヴィエラ氏を勧めているという。<br><br>様々な候補がうわさされる中、プレミアリーグ史に残る名将のあとを継ぐのは、誰になるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.22 16:30 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース