元イングランド代表FWシンクレアが飲酒運転&交通事故で逮捕2017.11.14 00:44 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元イングランド代表FWトレバー・シンクレア氏(44)が13日、飲酒運転と歩行者を負傷させたことにより逮捕された。

▽シンクレア氏は12日の夜に飲酒運転をしている際、女性の歩行者と接触。女性に軽傷を負わせていた。この一連の違法行為によって、ランカシャー警察に逮捕されていた。

▽現在、BBCの解説者を務めるシンクレア氏は現役時代、ウェストハムやQPR、マンチェスター・シティなどでウインガーとして活躍。イングランド代表としては12試合に出場し、2002年の日韓ワールドカップメンバーにも選出されていた。

コメント

関連ニュース

thumb

「お前に幸運なんて必要ない…」イブラ、アーセナルに旅立ったムヒタリアンにらしさ溢れるエール

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、アーセナルへ移籍したアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(29)にエールを送った。 ▽2016年7月にドルトムントからユナイテッドに加わったムヒタリアンは、昨シーズンこそ公式戦41試合で11ゴール5アシストを記録したものの、一貫性のあるパフォーマンスを発揮できず。ジョゼ・モウリーニョ監督の信頼を得ることができていない状況が続き、22日にチリ代表FWアレクシス・サンチェス(29)とのトレードという形でのアーセナル移籍が発表された。 ▽そんな中、イブラヒモビッチはムヒタリアンとのツーショット写真と共にインスタグラム(iamzlatanibrahimovic)のストーリーを更新。「お前に幸運なんて必要ない。とにかくゲームを楽しめ」とメッセージを送っている。 2018.01.24 16:44 Wed
twitterfacebook
thumb

EFL決勝進出に歓喜のグアルディオラ「マンチーニやベジェグリーニが成し遂げてきた同じレベルに達しようとしている」

▽マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、EFLカップ決勝進出に喜びをあらわにした。 ▽シティは23日、EFLカップ準決勝2ndレグでブリストル・シティのホームに乗り込んだ。1stレグをアグエロの土壇場の逆転ゴールによって2-1で勝利したシティは43分にザネ、50分にアグエロが決めて2点を先取。しかし、64分に1点を返されると、後半アディショナルタイム4分に同点ゴールを許してしまう。それでも直後、デ・ブライネが勝ち越しゴールを奪って3-2で試合終了。2戦合計5-3で2大会ぶりの決勝進出を決めた。 ▽試合後、グアルディオラ監督は、決勝進出に歓喜しながらも、今回の試合が今後に向けての良いレッスンとなったと冷静に分析。また、これまでシティでタイトルを獲得してきたロベルト・マンチーニ監督やマヌエル・ベジェグリーニ監督と同じレベルに達しようとしていると語った。 「決勝に行くことができてとても嬉しいよ。全員が決勝に行くために素晴らしいゲームをした」 「我々は2点先取したが、その後はコントロールを失った。このような試合ではホイッスルがなるまでわからない。この試合は、今週末のカーディフ戦とチャンピオンズリーグに向けて良いレッスンとなったよ。常に90分の最後まで戦う必要がある」 「前半は、ラストパスの精度が欠けていた。もっと丁寧に正確であればよかった。それでもとてもハッピーだよ。2点リードしたことで簡単な状況になると思っていた。しかし、残り数分の状況で2-2になり、何が起きてもおかしくない状況だった」 「決勝は僕のものではない。マンチェスター・シティのものだ。我々は新たなレベルに達しようとするクラブであり、これまで(ロベルト・)マンチーニ監督や(マヌエル・)ペジェグリーニ監督が成し遂げてきたことと同じレベルに達しようとしている」 「私にとって重要なことは、目の前の試合に向かうことだ。日曜日のカーディフ戦があるFA杯でも、プレミアリーグでも同じさ」 2018.01.24 15:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ペップが監督キャリア通算500試合を達成! 気になる勝率は…圧巻の数字

▽マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、自身のキャリア通算500試合目の指揮を執った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽シティは23日、カラバオカップ(EFLカップ)の準決勝2ndレグでブリストル・シティと対戦。3-2で勝利し、2戦合計5-3で決勝へと駒を進めた。 ▽この試合はシティでの92試合目の指揮となったグアルディオラ監督。シティでは65勝目となり、通算では368勝を記録している。 ▽通算成績では、バルセロナで247試合、バイエルンで161試合、シティで92試合を指揮。勝利数は、バルセロナで179勝、バイエルンで124勝、シティで65勝となった。勝率は73.6%となる。 ▽グアルディオラ体制で最もゴールを奪っているのは、バルセロナ時代のFWリオネル・メッシで211ゴール。次いでバイエルン時代のFWトーマス・ミュラーの79ゴール、FWロベルト・レヴァンドフスキの67ゴールと続き、シティではFWセルヒオ・アグエロが56ゴールを記録してトップに立っている。 ◆ジョゼップ・グアルディオラ監督成績 【バルセロナ】 247試合:179勝47分け21敗 【バイエルン】 161試合:124勝16分け21敗 【マンチェスター・シティ】 92試合:65勝16分け12敗 2018.01.24 13:50 Wed
twitterfacebook
thumb

2つの番号を背負う男・ムヒタリアンはサンチェスの後を継いで「7」もELは別番号に

▽マンチェスター・ユナイテッドからアーセナルへと移籍加入したアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンの背番号が決定した。アーセナル公式サイトが伝えた。 ▽ムヒタリアンは、アーセナルからユナイテッドへ移籍したチリ代表FWアレクシス・サンチェスとトレードの形で加入。背番号は、そのサンチェスがつけていた「7」となる。 ▽しかし、この番号には問題が生じることとなる。サンチェスは、今シーズンのヨーロッパリーグで9月に行われたケルン戦に出場。すでに「7」を背負って試合に出場したため、UEFAのルールによりムヒタリアンは「7」を着用することができない。 ▽同一大会ではないため、ムヒタリアンがヨーロッパリーグでプレーすることは可能だが、背番号は別のものをつけてプレーすることとなる。その番号は、今後決定されるようだ。 ▽アーセナルは2月15日にラウンド32でエステルンドと対戦。ムヒタリアンは何番を背負うことになるのだろうか。 2018.01.24 11:16 Wed
twitterfacebook
thumb

デ・ブライネの劇的弾で勝ち切ったシティが2大会ぶりの決勝進出!《EFLカップ》

▽マンチェスター・シティは23日、EFLカップ準決勝2ndレグでブリストル・シティとのアウェイ戦に臨み、3-2で勝利した。この結果、2戦合計5-3でマンチェスター・シティが決勝進出を決めた。 ▽9日に行われた1stレグをアグエロの土壇場弾で逆転勝利したシティは、直近に行われたリーグ戦のニューカッスル戦から先発を2選手変更。GKエデルソンとスターリングに代えてGKブラーボとベルナルド・シウバを先発に起用した。 ▽立ち上がりから地力で勝るシティが攻勢に試合を進めるが、自陣ボックス内で集中した守りを見せるブリストル守備陣を突破できない。それでも攻勢を続けるシティは、前半終了間際にスコアを動かす。 ▽43分、相手ボックス内でボールを奪ったベルナルド・シウバが、体を張った粘りでボールを繋ぐと、最後はボックス中央のザネが右足を振り抜きゴールネットを揺らした。 ▽迎えた後半、ブリストルはマグヌソンとウェルシュ下げてベイカーとジェジューを投入する2枚替えを敢行。しかし、再びスコアを動かしたのはシティだった。50分、デ・ブライネからのサイドチェンジを右サイドで受けたアグエロが、ボックス右まで持ち込みシュート。これがゴール左隅に突き刺さった。 ▽リードを広げられたブリストルだが、64分に反撃。ストーンズのクリアミスをボックス中央のボビー・リードがダイレクトで左に展開すると、これを受けたパーターソンのクロスをパックがヘディングでゴール左に流し込んだ。 ▽試合終盤、シティはアグエロ、ウォーカーを下げてギュンドアンとダニーロを投入し、試合を締めにかかったが、後半アディショナルタイムの94分に左クロスからファーサイドのボビー・リードに頭で折り返されると、最後は途中出場のケントに押し込まれ、痛恨の失点。 ▽土壇場でブリストルに同点に追いつかれたシティだが直後の96分、シルバの縦パスでボックス左に侵入したザネがダイレクトで折り返しを供給すると、これを中央に駆け上がったデ・ブライネ流し込み、勝ち越しに成功。 ▽直後に試合終了のホイッスル。デ・ブライネの劇的弾で勝ち切ったシティが、2戦合計5-3で2大会ぶりの決勝進出を決めた。 2018.01.24 06:59 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース