元イングランド代表FWシンクレアが飲酒運転&交通事故で逮捕2017.11.14 00:44 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元イングランド代表FWトレバー・シンクレア氏(44)が13日、飲酒運転と歩行者を負傷させたことにより逮捕された。

▽シンクレア氏は12日の夜に飲酒運転をしている際、女性の歩行者と接触。女性に軽傷を負わせていた。この一連の違法行為によって、ランカシャー警察に逮捕されていた。

▽現在、BBCの解説者を務めるシンクレア氏は現役時代、ウェストハムやQPR、マンチェスター・シティなどでウインガーとして活躍。イングランド代表としては12試合に出場し、2002年の日韓ワールドカップメンバーにも選出されていた。

コメント

関連ニュース

thumb

ベニテス、ジェラードと比較してポグバに足りないものとは!?

▽ニューカッスルのラファエル・ベニテス監督が、マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバの足りないものを指摘している。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽負傷によりおよそ2カ月間戦列を離れていたポグバは、18日に行われたプレミアリーグ第12節のニューカッスル戦で復帰。1ゴール1アシストをマークして4-1の勝利に大きく貢献した。 ▽敵将であるベニテス監督は、この試合でMVP級の活躍を見せたポグバについて言及。2004年から20010年まで指揮を執り、リバプールで指導してきた元イングランド代表MFスティーブン・ジェラード氏と比較して、ポグバに足りないものを指摘している。 「ポグバとジェラードが同じレベルだとは思わない。スティービーは何年もの間、トップレベルの選手であることを示してきた。どんな時でも一貫していて、ボールがない場面でも全力で臨み、常に試合で違いを見せてきた」 「スティービーは間違いなくトップレベルの選手だった。ポグバも素晴らしい選手だが、一貫性が足りない。ジェラードのように10年、いや15年はトップレベルんプレーを示さなければいけないね。ただ、ユナイテッドの選手たちがそうであるように、ポグバも非常に素晴らしい選手であることに間違いはない」 2017.11.20 09:53 Mon
twitterfacebook
thumb

チャンピオンシップ最下位のサンダーランドの指揮官就任にコールマン「魔法使いではないが、遅かれ早かれトップに戻る」

▽サンダーランドの新指揮官に就任したクリス・コールマン監督が、新天地での意気込みを口にした。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽サンダーランドは19日、ウェールズ代表監督を退任したコールマン監督を新監督として招へいしたことを発表した。 ▽現在、チャンピオンシップ(イングランド2部相当)で1勝8分け8敗の勝ち点11で最下位に位置している同チームの指揮官就任を受けて、コールマン監督は「再びこのクラブは上にあがることができる」と語り次のように続けた。 「遅かろうと、早かろうと、このクラブは上のディビジョンでプレーする。もう一度、戻れるように街もクラブをサポートして欲しい。今はこのリーグで一番下にいる。ここから這い上がるためにはより多くのことに取り組まなければいけない」 「残念ながら私は魔法使いではなく、いきなりこの状況を変えることはできない。それでもすべてのサポーター、クラブの人たち、そして選手。みんなの勢いが加われば変わる」 ▽なお、コールマン監督は2003年にフルアムで指導者としての道を歩み始め、ソシエダ、コベントリー・シティ、AEL1964などで指揮。2012年1月からは母国であるウェールズ代表の指揮官に就任し、ユーロ2016ではチームを初のベスト4へと導いた。 ▽60年ぶりのワールドカップ(W杯)出場にも期待がかかっていたが、欧州予選ではセルビア、アイルランドの後塵を拝してグループ3位に終わり、悲願を達成できず。17日にウェールズサッカー協会(WFA)はコールマン監督の退任を発表していた。 2017.11.20 08:48 Mon
twitterfacebook
thumb

ウェールズ代表を退任したコールマン氏がサンダーランド指揮官に就任

▽サンダーランドは19日、ウェールズ代表監督を退任したクリス・コールマン氏(47)を新指揮官に招へいしたことを発表した。 ▽昨シーズンのプレミアリーグで最下位に終わり、チャンピオンシップ(イングランド2部相当)に降格したサンダーランド。1年でのプレミアリーグ復帰を目指すも、ここまで1勝8分け8敗の勝ち点11で最下位と低迷。10月31日にサイモン・グレイソン監督を解任し、後任を探していた。 ▽一方、コールマン監督は2012年からウェールズ代表の監督に就任すると、ユーロ2016では同国を初のベスト4に導いた。60年ぶりのワールドカップ(W杯)出場に期待がかかっていたが、欧州予選ではセルビア、アイルランドの後塵を拝してグループ3位となり、W杯出場は叶わなかった。するとウェールズサッカー協会(WFA)17日、コールマン監督の辞任を発表していた。 2017.11.20 08:34 Mon
twitterfacebook
thumb

レスター地元記者、大一番でFW岡崎慎司をベンチにした采配に疑問「彼以上の適任はいるのか?」

レスターは、18日に行われたプレミアリーグ第12節のマンチェスター・シティ戦を、0-2で落とした。地元紙『レスター・マーキュリー』のジェームズ・シャープ記者は、FW岡崎慎司をベンチスタートにしたクロード・ピュエル監督の采配に疑問を感じているようだ。<br><br>リーグ首位とのビッグマッチで、ピュエル監督は、今季ここまで4ゴールを挙げるなど好調だった岡崎をベンチスタートに。これまでワイドのポジションで使われてきたMFマーク・オルブライトンをインサイドハーフで使う4-1-4-1を採用している。しかし、マンチェスター・Cに圧倒され、ホームで敗戦を喫した。<br><br>シャープ氏は、この試合で指揮官が3人のウィンガーを同時に起用したことは「大きな疑問」とし、「あの位置でプレーしたことがないオルブライトンに、チャンスはなかった」と采配を評価。<br><br>そして、「ピュエルは、シティのプレーメーカーを中盤で抑えたがっていたようだが、シンジオカザキ以上の適任はいるのか?」と中盤の守備を意識するのであれば、日本代表FW以上にうまくやれる選手はいないと綴っている。<br><br>先月就任したピュエル監督は、就任初戦でDFベン・チルウェルをウィングで起用するなど、試合ごとに選手やフォーメーションを入れ替えている。<br><br>これに対し、「『BBC』のあるジャーナリストは、クラウディオ・ラニエリのティンカーマン(ダメな修理工)を思い起こさせると、冗談を言っていた」とチームを頻繁にいじることで知られる前指揮官のようだと、評している。<br><br>ピュエル監督就任後、リーグ戦1勝1分1敗のレスター。勝ち点13で12位につけているが、降格圏とは4ポイント差となっている。次節は、敵地でウェストハムと対戦する。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.20 08:01 Mon
twitterfacebook
thumb

モイーズ新監督、ハマーズでの初陣を勝利で飾れずワトフォードに2失点完敗《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第12節、ワトフォードvsウェストハムが19日に行われ、2-0でワトフォードが勝利した。 ▽7日に前任のスラヴェン・ビリッチ監督を解任し、新指揮官にデイビッド・モイーズ監督を招へいした18位のウェストハム(勝ち点9)が、9位ワトフォード(勝ち点15)の本拠地ヴィカレージ・ロードに乗り込んだ。モイーズ新監督の初陣となったこの一戦、マンチェスター・ユナイテッド時代に不仲説が伝えられた”チチャリート”ことハビエル・エルナンデスは、代表ウィーク中に負傷したためベンチ外となった。 ▽チーム内得点王を外したウェストハムは、アルナウトビッチやキャロルといった高身長の選手が前線で起用された。新指揮官を携え、気持ち新たに3週間ぶりのリーグ戦に臨んだウェストハムだったが、出だしで躓いてしまう。 ▽11分、右からクロスを入れられたウェストハムは、DFがクリアを試みるもこのボールを奪われ、最後はヒューズに決められてしまった。さらに守勢を強いられるウェストハムは、32分にワトフォードのリシャルリソンがA・グレイとのワンツーからゴール前に抜け出しシュート。しかし、ここはGKハートのファインセーブで失点を回避した。 ▽ここまでほぼワンサイドゲームを強いられてきたウェストハムにも42分に前半最大の決定機。ボックス手前のキャロル、ランシーニ、ノーブルの華麗なパス交換から、最後はクヤテ。後は流し込むだけだったが、GKゴメスがビッグセーブを見せた。 ▽前半終了間際にも、右サイドのクロスにアルナウトビッチが頭で合わせGKを強襲。さらにそのこぼれ球を押し込むが、GKゴメスがここでも神懸かり的なセーブでウェストハムの得点を許さなかった。 ▽後半も前半と同じようにワトフォードがイニシアチブ握る展開に。そんな中ウェストハムは52分に、味方のパスでボックス右に侵入したアルナウトビッチの折り返しにクヤテが反応。ゴール至近距離からのシュートだったが枠を外してしまう。 ▽少ないチャンスをモノにできないでいるウェストハム。試合を支配するワトフォードが追加点を挙げるのは時間の問題だった。64分、ヒューズがセンターサークルでボールを奪うとそこからカウンター発動。左サイドのリシャルリソンにボールを渡すと、リシャルリソンは左サイドを駆け上がりそのままシュートを突き刺した。 ▽2失点を喫したウェストハムは74分、左のクロスの流れ球をランシーニがダイレクトで狙う。しかし、カバセレにギリギリのところでブロックされ得点を奪えない。さらにそのブロックされたボールがカバセレの手に当たっていたが、ホイッスルは吹かれず。 ▽結局、試合はヒューズ躍動のワトフォードが2-0で勝利。完敗のウェストハムは、モイーズ監督の初陣を白星で飾ることができなかった。 2017.11.20 03:15 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース