広島、MFミキッチの今季で退団発表…在籍9年、3度のJ1制覇に貢献2017.11.13 17:40 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽サンフレッチェ広島は13日、クロアチア人MFミキッチ(37)が契約期間満了に伴い、今シーズン限りで退団することを発表した。26日にホームで行われる明治安田生命J1リーグ第33節のFC東京戦後、ミキッチはサポーターに挨拶する。

▽ミキッチは、ディナモ・ザグレブやカイザースラウテルン、リエカなどを経て、2009年から広島に加わり、過去3度のJ1制覇(2012年、2013年、2015年)に貢献。鋭い仕掛けと相手の急所を突く高精度のクロスを武器に右サイドの支配者に君臨し、在籍9シーズンでJ1リーグ通算221試合8ゴールをマークした。今シーズンはここまでJ1リーグ15試合に出場して1ゴールを記録している。

▽サポーターからも愛されてきたミキッチは、自身の退団発表を受けて、次のようにコメントしている。

「私、ミハエル・ミキッチは2017シーズンをもちましてサンフレッチェ広島を退団することを決断しました」

「今回の決断に至るまでにさまざまな葛藤がありました。その中で自分自身に問いかけた結果、まだ現役としてプレーできる自信があり、自分を戦力として必要としてくれるチームがある限り、そのチームのために全力で走り続けたいという気持ちが強くありました」

「振り返れば、在籍した9年間はとても充実していました。ペトロヴィッチ、森保監督という素晴らしい指導者の下、才能豊かな選手達と共に魅力的なサッカーで3つのJ1タイトル、2回のFIFAクラブW杯出場など、最高のキャリアを築けたことは忘れられない思い出です」

「残念ながら、来シーズンは広島でプレーすることができなくなりました。そして、現在のチーム状況でプレーでチームを助けることはできないかもしれません。しかし、残り3試合、J1残留に向けて、自分にできることを全て捧げたいと思います。最後の最後まで厳しい戦いになるとは思いますが、我々選手は全力で戦います。皆さまの熱い声援をよろしくお願いします」

「9年間、ありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

磐田、GK志村滉の水戸からの復帰を発表! 「得られた経験をジュビロで発揮していけたら」

▽ジュビロ磐田は22日、GK志村滉(22)が水戸ホーリーホックへの育成型期限付き移籍期間を終了し、磐田への復帰が決定したことを発表した。合流は24日の練習から予定されている。 ▽市立船橋高校を卒業後、2015年に磐田に加入した志村。今シーズン、磐田で2018JリーグYBCルヴァンカップでの3試合に出場した後、中断期間直前の6月11日に水戸への期限付き移籍が発表となっていた。 ▽復帰に際して、志村はクラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆GK志村滉 「ジュビロ磐田サポーターの皆様、この度、水戸ホーリーホックから戻ることになりました。約1ヶ月半でしたが、その間に得られた経験をジュビロで発揮していけたらと思います」 2018.07.22 16:05 Sun
twitterfacebook
thumb

徳島、マドリー下部組織出身のスペイン人FWバラル加入を発表!

▽徳島ヴォルティスは22日、スペイン人FWバラル(35)がカディスCF(スペイン2部)から完全移籍で加入するを発表した。背番号は「26」を着用することが決定している。 ▽サン・フェルナンドの下部組織でキャリアをスタートさせたバラルは、レアル・マドリーの下部組織に入団した後、レアル・マドリー・カスティージャ(Bチーム)まで昇格したが、プロデビューはスポルティング・ヒホンで飾った。その後、トルコやUAE、キプロスのクラブや、レバンテ、グラナダを渡り歩き、昨年夏にカディスに移籍。昨シーズンは、スペイン2部で28試合6ゴールを決めている。 ▽スポルティングでの2008-09シーズンに公式戦41試合14ゴール、レバンテで過ごした2014-15シーズンには公式戦38試合13ゴールを記録した実績を持つストライカーだ。 ▽バラルは、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆FWバラル 「はじめまして、バラルです。徳島ヴォルティスに来ることが出来て嬉しいです。自分にできる最大限の力を出して戦います。そして、チームのためにたくさんのゴールを決められるように頑張ります。応援よろしくお願いします」 2018.07.22 15:55 Sun
twitterfacebook
thumb

栃木、ブラジル人DFパウロンの加入を発表

▽栃木SCは20日、ブラジル人DFパウロンが新加入することを発表した。選手登録手続きが完了次第、公式戦への出場が可能となる。 ▽ブラジル出身のパウロンは、2013年にブラジルのローマ・エスポルチ・アブカラナより札幌に加入。2016年に福島ユナイテッドFCに、昨年に水戸ホーリーホックに期限付き移籍していた。 ▽パウロンは、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 「栃木でプレーする機会を与えていただき、とても嬉しく思います。自分の力を発揮し、チームに貢献できるよう頑張ります。熱い応援をよろしくお願い致します! 」 ▽パウロンは昨シーズン、明治安田生命J2リーグで9試合、天皇杯で1試合に出場していた192cmの長身DFだ。 2018.07.20 15:15 Fri
twitterfacebook
thumb

栃木、元ポルト所属の豪州DFディオゴ・フェレイラの選手登録を抹消

▽栃木SCは20日、オーストラリア人DFディオゴ・フェレイラ(28)の選手登録を抹消したことを発表した。 ▽U-23オーストラリア代表歴、ポルト(ポルトガル)でのプレー経験もあるディオゴ・フェレイラ。ポルトガルのクラブや母国オーストラリアのクラブを渡り歩き、今シーズンにモフン・バガンAC(インド)から栃木に加入していた。 ▽しかし、栃木では出場機会を得ることができず。1試合の出場記録も残さないまま、退団することとなった。なお、新天地に関しては伝えられていない。 2018.07.20 15:00 Fri
twitterfacebook
thumb

柏、アカデミー育ちの中央大学DF上島拓巳の来季加入内定を発表

▽柏レイソルは20日、中央大学に在学するDF上島拓巳(21)の2019シーズン加入内定を発表した。 ▽U-17日本代表やU-18Jリーグ選抜歴を持つ千葉県出身の上島は、身長185cm、体重80kgのDF。高校在学時まで柏の下部組織でプレーしていた。 ▽柏でプロキャリアをスタートさせることになった上島はクラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「来季から柏レイソルに加入することになりました上島拓巳です。スクール、ジュニア、ジュニアユース、ユースと約10年間過ごした柏レイソルに大学を経由して再び戻り、プロサッカー選手としてのキャリアをスタートできることを本当に光栄に思います」 「柏レイソルアカデミーでの10年間、そしてトップ昇格ができずに進路に悩んでいた時、声をかけていただき進学することになった中央大学での4年間で素晴らしいコーチングスタッフや仲間と出会い、切磋琢磨しながら幼い頃からの目標であったプロサッカー選手になることができました。そしてここまでずっと良い時も悪い時も支えてきてくれた両親とライバルとして刺激しあってきた双子の弟に感謝したいです」 「『柏の育成、俺たちの宝』という言葉に誇りを持ち、大学経由での古巣復帰という後輩への道しるべとなれるように、日々精進していきたいと思います。どうぞ応援よろしくお願いします」 2018.07.20 11:40 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース