モイーズの下に元イギリス代表監督のピアース&元右腕のアーバインが到着2017.11.13 16:39 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽デイビッド・モイーズ監督を招へいしたウェストハムは12日、アシスタントコーチに元イングランド代表暫定監督も務めたスチュアート・ピアース氏(55)とモイーズ監督の右腕であるアラン・アーバイン氏(59)の招へいを発表した。

▽ピアース氏は、現役時代にノッティンガム・フォレストで一躍名を挙げ、イングランド史上最高の左サイドバックとも称される人物。ニューカッスルやウェストハム、マンチェスター・シティなどでもプレーした。

▽引退後は、ノッティンガム・フォレスト、シティU-21イングランド代表監督を歴任。2012年のロンドン・オリンピックでは、イギリス代表監督も務めていた。

▽アーバイン氏は、プレストン・ノースエンドやエバートンでモイーズ監督の右腕としてアシスタントコーチを務めており、WBAやノリッジなどで監督も務めていた。

▽なお、モイーズ監督は、レアル・ソシエダ時代にアシスタントコーチを務めていたビリー・マッキンレイ氏(48)の招へいも望んでいているとのことだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ウェストハムに痛手、主砲キャロルが3カ月、司令塔ランシーニが1カ月の離脱か…

▽ウェストハムのFWアンディ・キャロルとMFマヌエル・ランシーニに長期離脱の可能性が浮上している。イギリス『デイリー・テレグラフ』が伝えている。 ▽現在、プレミアリーグ中位の11位に位置するウェストハムだが、降格圏の18位サウサンプトンとの勝ち点差はわずかに4ポイントと依然として残留争いに身を置く状況だ。その中でDFジョゼ・フォンテやFWマイケル・アントニオなど主力に多数の負傷者を抱えるチームに、更なる悲報が届いたようだ。 ▽『デイリー・テレグラフ』の伝えるところによれば、先日のWBA戦で負傷したキャロルは、直後のトッテナム戦を痛み止めの注射を打ち強行出場。だが、この強行出場によってケガを悪化させた同選手は足を骨折している可能性が高く、22日に行われる専門家の診断結果によっては、最低3カ月の離脱を強いられることになるという。 ▽また、キャロルと共に攻撃の軸を担うランシーニに関しては、20日に行われたボーンマス戦でハムストリングを痛め後半立ち上がりに負傷交代を強いられた。『デイリー・テレグラフ』は同選手の離脱期間が1カ月以上になる見込みだと伝えている。 2018.01.23 00:17 Tue
twitterfacebook
thumb

インテルの10番はイングランド行き? それともスペイン?

▽インテルのポルトガル代表MFジョアン・マリオ(25)は、イングランドではなくスペインへ向かうかもしれない。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽ユーロ2016の優勝メンバーでもあったジョアン・マリオは、スポルティング・リスボンから2016年夏に4000万ユーロ(約54億1500万円)の移籍金でインテルへと加入。しかし、セリエAではインパクトを残せていない。 ▽そんなジョアン・マリオに対し、ウェストハムがオファー。そこに、セビージャも参戦したようだ。ウェストハムは、半年間のレンタル移籍を希望しており、150万ユーロ(約2億円)のオファーを提示。しかし、ジョアン・マリオはセビージャ行きを望む可能性があるようだ。 ▽ジョアン・マリオは2016-17シーズンはセリエAで30試合に出場し3ゴール5アシストを記録。今シーズンはここまでセリエAで14試合に出場し5アシストを記録している。果たして、冬の移籍は実現するのだろうか。 2018.01.20 19:42 Sat
twitterfacebook
thumb

昨夏プレミア復帰、チチャリートのトルコ移籍が濃厚に…古巣ユナイテッド復帰のうわさも消滅か

ウェストハムの&ldquo;チチャリート&rdquo;ことハビエル・エルナンデスが、ベシクタシュ行きに近づいているようだ。<br><br>2017年夏にレバークーゼンからプレミアリーグに復帰したエルナンデス。ウェストハムは、マンチェスター・ユナイテッドなどで活躍した同選手の獲得に1600万ポンド(約23億円)を捻出し、3年契約を結んでいた。しかし、そのわずか半年後に退団することになりそうだ。<br><br>ベシクタシュのフィクレト・オルマン会長はすでにロンドンに渡り、ウェスト・ハムの幹部とエルナンデスについて話し合いの場を持ったとされている。そして、移籍金850万ユーロ(約11億5000万円)で両クラブは合意に近づいたと報じられた。<br><br>今冬、ストライカーのシェンク・トスンをエバートンに売却し、その代役探しに追われていたベシクタシュだが、プレミアリーグやリーガ、ブンデスリーガで活躍したメキシコ代表FWとの契約が決定的に。なお、J・エルナンデスはトルコで350万ユーロ(約4億7000万円)のサラリーを受け取るようだ。<br><br>一時は、ロメル・ルカクのバックアッパーを探すジョゼ・モウリーニョ監督が、J・エルナンデスのオールド・トラフォード帰還を目論んでいると報じられてきたが、復帰話は消滅し、同選手はトルコに活躍の場を移すことになりそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.20 15:08 Sat
twitterfacebook
thumb

モイーズがチェルシーFWバチュアイへの興味を完全否定

▽ウェストハムのデイビット・モイーズ監督が、チェルシーのベルギー代表FWミッチー・バチュアイ(24)への興味を否定した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽チェルシーがウェストハムの元イングランド代表FWアンディ・キャロル獲得に動いているとの報道が取り沙汰されており、ウェストハム側も代役としてチェルシーからバチュアイのレンタル移籍を要求しているとみられていた。しかし、バチュアイにはセビージャ移籍の噂が浮上し、更にはキャロルが先日に足首を負傷し4カ月の離脱を強いられることに。一連の移籍報道はトーンダウンしていた。 ▽20日に行われるプレミアリーグ第24節ボーンマス戦の前日会見に出席したモイーズ監督は、バチュアイの獲得やキャロル放出を公に否定した。 「私たちが彼(バチュアイ)に関心を抱いていると言ったことは決してない。他のクラブの選手たちについては話さないようにしている。私は試合を観戦する目的であそこ(チェルシーの試合会場)を訪れていて、必ずしも誰か個人を視察するためではない」 「彼(キャロル)はそれ(チェルシー移籍)に値する。数年間にも渡り戦える一握りの選手であり続けているし、恐らくプレーが難しく違いを提供できる絶滅危惧種の大型センターフォワードだからね」 「私たちはチェルシーからローン契約についての正式なオファーは受けていないと言ってきた。そして言い続けていたように、とにかく受け入れることはないだろうね」 2018.01.20 02:42 Sat
twitterfacebook
thumb

キャロルのチェルシー移籍は難航…ウェストハムの要求額と大きな開き

チェルシーが獲得を狙っているとうわさされるウェストハムFWアンディ・キャロルの移籍成立はもう少し時間がかかりそうだ。『Goal』の取材によって明らかとなった。<br><br>チェルシーは当初6カ月のレンタルでの獲得を申し入れたが、ウェストハム側が拒否したため、現在は完全移籍を目指して交渉を進めている。キャロルとの契約を18カ月残しているウェストハムは、移籍金2000万ユーロ(約27億円)を要求しており、チェルシーの提示額と開きがあるようだ。<br><br>また、同クラブはミッキー・バチュアイのレンタル移籍での加入も要求しているが、本人がセビージャへの移籍を希望していることもあり、今回の移籍には含まれないと見られている。<br><br>昨夏に獲得を狙っていたフェルナンド・ジョレンテを、同じくロンドンに本拠地を構えるトッテナムに奪われたチェルシー。疲れの見え始めたアルバロ・モラタの負担を軽減するためにも新たなストライカーを補強することができるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.18 20:56 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース