J1昇格POに臨む福岡が代替スタジアムへの問い合わせを控えるように「お願い」2017.11.13 16:13 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アビスパ福岡は13日、「皆さまへのお願い」と題して、サポーターに向けての声明を発表した。

▽福岡は、今シーズンの明治安田生命J2リーグでJ1昇格を目指して戦っており、残り1節となった時点で3位か4位になることが決定。これにより、J1昇格プレーオフ進出が決定し、準決勝をホームスタジアムで戦うことが発表されていた。

▽しかし、11月26日に行われるJ1昇格プレーオフ準決勝の開催地は、通常のリーグ戦が行われるレベルファイブスタジアムではなく、ロアッソ熊本が本拠地として利用する「えがお健康スタジアム」になることが発表されていた。

▽この措置は、ホームスタジアムであるレベルファイブスタジアムの利用者皆様の利便性向上、及び2019年に開催される「ラグビーワールドカップ」に向けて大規模改修工事のため、予てより当該日に使用できない状況だったためとのこと。クラブは福岡市とともに着工時期の再検討を図ったものの、工期を遅らせることの影響を考慮し、やむなく代替地での開催となったと発表していた。

▽今回のクラブからのお願いは、「えがお健康スタジアム」への問い合わせについて。「管理事務所の通常業務に支障をきたしますので、お控え下さいますようお願いいたします」と声明を発表している。また、「交通アクセスなどの情報は決定次第速やかにお知らせいたします」としている。

コメント

関連ニュース

thumb

森本恩返し弾で千葉撃破の福岡が今季初の連勝! 新潟vs大宮は大宮に軍配! 劇的勝利の大分が首位浮上!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第10節の7試合が22日に各地で行われた。 ▽レベルファイブスタジアムで行われたアビスパ福岡vsジェフユナイテッド千葉は、ホームの福岡が3-1で快勝した。 ▽昨季J1昇格プレーオフに出場したチーム同士の一戦。直近3戦負けなしで7位の福岡(勝ち点15)と、前節FC町田ゼルビアを相手に連敗をストップした16位千葉(勝ち点10)の試合は開始早々に動く。3分、ボックス内で松田がDF近藤に倒されてPKを獲得。これを古巣対戦の森本が冷静に決め切った。しかし、千葉も失点直後の5分にラリベイの落としを受けた船山が左足のシュートをゴール右隅に決めて3試合連続ゴール。早々に試合を振り出しに戻した。 ▽その後は相手のハイラインの裏を効果的に突く福岡がユ・インスを起点に再三の決定機を作り出すと、30分には鈴木の右CKを中央で篠原が競ったこぼれ球をDFエベルトが痛恨のクリアミス。自軍のゴールに頭で流し込んでしまった。福岡の1点リードで折り返した試合は後半も立ち上がりの47分に動く。鈴木のフィードに抜け出した森本が右サイドからそのままボックス内に持ち込んでこの試合2点目を奪い、福岡がリードを2点に広げた。何とか追いつきたい千葉はラリベイを下げて古巣対戦の為田を投入するなど、反撃を試みるが最後まで相手ゴールをこじ開けられず。森本の古巣恩返し弾で快勝の福岡が今季初の連勝。一方、千葉は今季アウェイゲーム5試合で全敗とまたしても内弁慶解消とはならなかった。 ▽デンカビッグスワンスタジアムで行われたアルビレックス新潟vs大宮アルディージャは、アウェイの大宮が1-0で勝利した。 ▽昨季のJ1リーグで17位の新潟と最下位の大宮による降格チーム同士の注目対決。リーグ戦3連敗で13位に低迷する新潟(勝ち点11)と、直近2敗1分けで19位の大宮(勝ち点8)が4試合ぶりの勝利で浮上のキッカケを探る一戦は、立ち上がりからアウェイの大宮ペースで進む。開始直後にはボックス付近に持ち込んだ大前が右足シュートを放つが、これはクロスバーを叩いた。その後もロビン・シモヴィッチを起点に押し込む大宮は大前やシモヴィッチに決定機が訪れるも、GKアレックス・ムラーリャがことごとく好守で阻み、前半はゴールレスで終了した。 ▽それでも、後半も攻勢を見せる大宮は立ち上がりの48分にボックス手前の好位置でFKを獲得。これを名手・大前がゴール左隅の絶妙なコースに直接突き刺し、2試合連続ゴール。待望の先制点を手にした。その後は反撃を試みる新潟が今季リーグ初先発のターレスを軸に相手ゴールに迫るも、ターレスのゴールがオフェンスファウルで認められないなど、なかなか決定機を作れない。対する大宮は鋭いカウンターから幾度か2点目のチャンスを得るも、シモビッチや大前、マテウスらが決め切れない。しかし、粘り強い守備で逃げ切った大宮が今季アウェイ初勝利で4戦ぶりの白星を手にした。一方、新潟は泥沼の4連敗となった。 ▽また、石川県西部緑地公園陸上競技場で行われたツエーゲン金沢vs大分トリニータはアウェイの大分が1-0で勝利した。この結果、大分が首位に浮上した。 ▽10位の金沢(勝ち点12)のホームに乗り込んだ2位の大分(勝ち点18)だが、安定した守備と鋭いカウンターを繰り出すホームチーム相手に苦戦。前半をゴールレスで終えた。後半も一進一退の攻防が続く中、徐々に相手を押し返す金沢がボックス付近で決定機を作り出すが、ボックス内でのハンドやファウルに対して主審がなかなか笛を吹かず、ゴールをこじ開けられない。すると、試合終了間際の93分にはボックス左で仕掛けた星のマイナスの折り返しを丸谷がダイレクトシュート。これが相手DFにディフレクトしてゴール右に決まり、大分が丸谷の移籍後初ゴールで劇的な形で勝利。前日に引き分けたファジアーノ岡山を得失点差で振り切り、首位に浮上した。 ▽その他の試合では4位FC町田ゼルビア(勝ち点16)と3位レノファ山口(勝ち点17)の上位対決は、アウェイの山口が2-1で勝利した。高木と小野瀬のゴールで競り勝った山口は2試合ぶりの勝利で3位キープに成功した。一方、杉森の移籍後初ゴールで一矢報いるも敗れた町田は今季初の連敗となった。 ▽さらに徳島ヴォルティスvsカマタマーレ讃岐の“東四国クラシコ”は、アウェイの讃岐が1-0で勝利。J2昇格後初めて四国勢とのダービーを制した讃岐は8戦ぶりの白星で20位に浮上し、最下位脱出に成功した。 ◆明治安田生命J2リーグ第10節 結果 ▽4/22(日) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アビスパ福岡 3</span>-1 ジェフユナイテッド千葉 アルビレックス新潟 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 大宮アルディージャ</span> 横浜FC 0-0 栃木SC ツエーゲン金沢 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 大分トリニータ</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">松本山雅FC 1</span>-0 モンテディオ山形 徳島ヴォルティス 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 カマタマーレ讃岐</span> FC町田ゼルビア 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 レノファ山口FC</span> ▽4/21(土) 京都サンガF.C. 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ロアッソ熊本</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">東京ヴェルディ 3</span>-0 水戸ホーリーホック 愛媛FC 0-0 ヴァンフォーレ甲府 ファジアーノ岡山 0-0 FC岐阜 2018.04.22 17:00 Sun
twitterfacebook
thumb

アビスパ福岡、中継カメラに侮辱的行為のサポーターに9試合入場禁止処分

▽アビスパ福岡は28日、3月11日に石川県西部緑地公園陸上競技場で開催された2018明治安田生命J2リーグ第3節、ツエーゲン金沢戦でサポーター1名がDAZN中継カメラに向かって侮辱的な行為を働いたことが確認されたことを発表した。 ▽福岡の発表によると、当該サポーターは前述の試合のハーフタイムに、DAZN中継カメラに向かって侮辱的な行為を働いたという。また、当該行為がスタジアム内で大型ビジョンを見ていた人たちをはじめDAZNの中継映像を視聴していた多くの人たちに不快感を与えるものだったと判断。 ▽そして、Jリーグと協議した結果、当該サポーターに対し、3月17日のヴァンフォーレ甲府戦~5月3日のモンテディオ山形戦までのホームゲーム5試合及び、その間に開催されるアウェイゲーム4試合の合計9試合のスタジアム入場禁止を科すことを決めた。 ▽福岡は今回の一件を受けて、「弊クラブといたしましては、日頃より暴力・差別のない世界を目指し、啓発活動に取組んで参りましたが、このような事案が発生しましたことは誠に残念です。本件につきましては、金沢戦にご来場の皆様、Jリーグをはじめとするサッカー関係者及びアビスパ福岡を応援いただいている皆様にご迷惑とご心配をおかけしましたことをお詫び申し上げますとともに、再発防止に取組んで参ります」と、関係者への謝罪と共に再発防止に取り組むことを誓った。 2018.03.28 23:44 Wed
twitterfacebook
thumb

シモヴィッチ&大前の両エース揃い踏み! 大宮が福岡撃破で開幕以来の今季2勝目《J2》

▽25日にNACK5スタジアム大宮で行われた明治安田生命J2リーグ第6節の大宮アルディージャvsアビスパ福岡は、ホームの大宮が2-1で勝利した。 ▽開幕戦以来白星から遠ざかる17位の大宮は、ロアッソ熊本戦との前節から先発6名を変更。直近2試合で勝ちがない11位の福岡は、前節の東京ヴェルディ戦からスタメンを2名入れ替えた。 ▽試合は、序盤から福岡が積極的にシュートを打っていく入りに。だが、20分に大宮が先制する。右サイドで茨田からパスを受けたマテウスが左足でクロス。ゴール前のロビン・シモヴィッチが頭で合わせ、大宮がリードした。 ▽1点先取の大宮は50分、森本を投入して反撃ムードの福岡を尻目にカウンター。ボール奪取の大前が絶妙なタイミングで最終ラインの背後にスルーパスを出す。これに三門が合わせるがシュートを放つが、相手GKに阻まれた。 ▽それでも、52分には大宮に追加点。バイタルエリア中央の位置でFKのチャンスを得ると、大前がキッカーを務める。右足で直接狙い、スピードに乗ったボールがゴールマウス左隅に吸い込まれ、大宮が福岡を突き放した。 ▽勢いを削がれた福岡は、2枚目の交代カードでエウレーを途中起用。78分にも最後の交代枠で山瀬をピッチに送り込んで反撃に転じるが、ドゥドゥがシュート精度を欠くなど、攻めあぐねる時間が続く。 ▽それでも、福岡は89分、ボックス中央でこぼれ球に反応したエウレーのシュートが途中出場の河面の右腕に当たってPKのチャンス。これを森本が確実に決め、終盤に1点を返した。 ▽決定機阻止の河面に一発退場の判定が下された大宮だが、追いすがる福岡の反撃を凌ぎ切り、開幕戦以来の白星となる今シーズン2勝目。2試合ぶり黒星の福岡は、ここ3試合で白星から遠ざかる結果に終わっている。 2018.03.25 18:00 Sun
twitterfacebook
thumb

昨季J1昇格POで対峙した東京Vvs福岡はドロー! 途中投入の助っ人がゴールを奪い合うも痛み分け《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第5節、東京ヴェルディvsアビスパ福岡が21日に味の素スタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。 ▽昨シーズンのJ1昇格プレーオフ準決勝で対峙した東京Vと福岡による因縁の昨季上位対決。前節、大分トリ二ータ戦をゴールレスドローで終え、ここまで2勝2分けのホームチームはその試合から先発3人を変更。井上、菅嶋、林陵平がいずれも今季初先発を飾った。一方、前節ヴァンフォーレ甲府相手に今季初黒星を喫した福岡は先発4人を変更。契約上の問題で甲府戦を欠場したドゥドゥが戻ったほか、篠原、平尾、城後が今季初先発を飾った。 ▽中3日の過密日程に加え、試合前には季節外れの雪が降るなど厳しいコンディションで行われたこの一戦。前節の後半から採用した[3-5-2]の布陣で臨んだ東京Vに対して、福岡も同様の布陣を採用。序盤は後方からの丁寧な繋ぎ、素早い守備への切り替えとホームチームが上々の入りを見せる。 ▽だが、なかなか良い形でフィニッシュに持ち込むことができずにいると、20分過ぎにはゴール前での細かい繋ぎから石津、ゴール右で相手のクリアに反応した平尾と福岡が続けてボックス内で決定機を作る。しかし、DF井林のブロックとGK上福元の好守に阻まれた。 ▽その後も同様の展開が続く中、井上を起点に徐々に崩しの局面でアイデアを見せ始める東京V。しかし、右サイドのスペースを狙うドゥドゥを起点に効率の良い攻めを見せる福岡が前半終了間際に連続で決定機を創出。43分にはドゥドゥの丁寧な折り返しに中央フリーの石津、その直後には石津のパスに抜け出した城後がゴール右でシュートもGK上福元の好守に遭い、前半はゴールレスで終了した。 ▽後半の立ち上がりも福岡ペースが続く中、流れを変えたい東京Vは58分に菅嶋を下げて林昇吾、61分に林陵平を下げてカルロス・マルティネスを投入。するとこの交代策がゴールをもたらす。69分、奈良輪の左クロスのクリアボールを林昇吾がダイレクトシュート。これがDF輪湖のクリアミスを誘うと、ゴール前でフリーのカルロスが右足ボレーで蹴り込んだ。 ▽カルロスの今季初ゴールで試合を動かした東京Vは、その後も再三のカウンターアタックで2点目に迫る。75分にはカルロスのスルーパスからドウグラス、直後のCKではカルロスのボレーシュートで相手ゴールに迫るが、相手の好守に阻まれる。 ▽一方、DF篠原を下げてトゥーリオ・デ・メロを投入するなど、攻撃的な[4-4-2]の布陣で反撃を目指す福岡だが、トゥーリオを狙ったクロスやセットプレー以外に攻め手がない。それでも、試合終了間際の87分に森本を下げて投入したエウレーが同点ゴールをもたらす。ボックス手前右で相手のクリアを拾ったエウレーが左足でGKの前に落とすクロスを入れると、これをGK上福元がキャッチできず、ボールがゴールネットに吸い込まれた。 ▽その後、行ったり来たりの展開の中でより主導権を握った東京Vがカルロスのロングシュートなどで相手ゴールに迫るも、試合はこのまま1-1でタイムアップ。昨シーズンのJ1昇格プレーオフ準決勝で対峙した東京Vと福岡の一戦は痛み分けのドローに終わった。 2018.03.21 18:21 Wed
twitterfacebook
thumb

福岡退団のFW坂田大輔、35歳で現役引退を決断 「想像以上に厳しい現実」

▽アビスパ福岡は15日、元日本代表FW坂田大輔(35)の現役引退を発表した。4月1日にレベルファイブスタジアムで行われる明治安田生命J2リーグ第7節の栃木SC戦で現役引退セレモニーを行うことも併せて伝えている。 ▽坂田は、横浜F・マリノスの下部組織から2001年にトップチームデビューを果たすと、2003年から2年連続のJ1リーグ年間優勝に貢献。その後、アリス(ギリシャ)、FC東京を経て、2012年から福岡入りし、2017シーズン限りで退団した。代表キャリアにおいては、2006年に日本代表デビューを飾り、1キャップをマーク。Jリーグ通算でJ1リーグ271試合48ゴール、J2リーグ187試合29ゴールを記録している。 ▽17年間の現役生活に終止符を打つ決断を下した坂田は、クラブの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「坂田大輔は2017シーズンを持ちまして現役を引退する事を決断しました。自分の進路をなかなか公表出来ず心配してくださっていた皆さんには申し訳ない気持ちで一杯です。アビスパ福岡を契約満了になり、その後も現役を続けたいとの思いでチームを探していましたが、自分にとっては想像以上に厳しい現実が待っていました」 「ただ決して強がりで言う訳ではありませんが、30歳を超えてから毎年常に引退の可能性もあるんだぞと自分に言い聞かせていました。後悔がないと言えば嘘になりますが、17年間大きな怪我もなくプロの世界で戦えた自分を誇りに思いたいです。アビスパ福岡、横浜F・マリノス、FC東京、アリスFCで関わった全ての皆さん、本当にありがとうございました。言葉だけでは伝えきれません。ただただ感謝です」 「そして自分がプロサッカー選手になるまで育ててくれた、野庭キッカーズ、横浜フリューゲルスジュニアユース、横浜F・マリノスユースの指導者と仲間達の皆さんありがとうございました。サッカー選手としての人生は終わりますが、この決断がまた次の道へのスタートになります。サッカー人として、サッカーに携わった仕事を。これから一生懸命に頑張っていきます! 17年間本当にありがとうございました!」 「そしてなんと嬉しい事にアビスパ福岡が引退セレモニーを4月1日の栃木戦後に行なってくれる事になりました。最後にもう一度皆さんとお会いして挨拶出来る事を非常に嬉しく思ってます。是非会場に足を運んでもらい栃木戦の最高の雰囲気のレベスタで勝利して 皆さんにご挨拶出来ればと思います。4月1日 レベスタで会いましょう!」 2018.03.15 14:35 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース