代表100キャップ達成の長友佑都「夢に向かう通過点」2017.11.13 11:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルに所属する日本代表DF長友佑都が代表100キャップ達成に言及した。

▽日本は10日にフランスのリールで行われた国際親善試合でブラジル代表と対戦。チームが“サッカー王国”ブラジルに1-3の力負けという結果に終わった傍らで、この試合にフル出場した長友は代表史上7人目の100試合出場を成し遂げた。

▽長友は、11日に自身のツイッター(@YutoNagatomo5)を更新。2008年のA代表デビューから約10年の月日をかけて到達した偉業について、次のようにコメントしている。

「支えてくださるみなさんのおかげで到達した代表100試合」

「心から感謝します」

「ただ僕にとっては夢に向かう通過点に過ぎない」

「強い信念持って前へ進みます!」

コメント

関連ニュース

thumb

イカルディがベネヴェント戦の招集メンバー入り、ペリシッチとミランダも復帰

▽インテルは23日、翌日に行われるセリエA第26節ベネヴェント戦に向けた招集メンバーを発表した。 ▽メンバーの中には今季18ゴールを挙げているもののここ3試合負傷により欠場が続いていたエースのアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディが入った。また、0-2と敗れた前節ジェノア戦を同じく負傷で欠場していたクロアチア代表MFイバン・ペリシッチ、ブラジル代表DFミランダも戦列に復帰している。 ▽インテルはリーグ戦ここ10試合でわずか1勝と泥沼に陥り、チャンピオンズリーグ出場圏外の5位に順位を落としている。 2018.02.24 01:52 Sat
twitterfacebook
thumb

イカルディに「2つのビッグクラブが興味」。妻が明かす

▽インテルのアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディに対して、2つのビッグクラブが興味を示しているという。同選手の妻であり代理人を務めているワンダ・ナラさんが、イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』で語った。 ▽インテルのエースであるイカルディに対しては、以前からレアル・マドリーからの関心が噂になっているほか、パリ・サンジェルマン(PSG)なども獲得に動いていると言われている。 ▽クラブとの契約延長について問われたワンダ・ナラさんは「電話で話してはいるけど、まだ直接は(インテル幹部に)会っていないの。彼は私の考えを知っているし、私は彼とクラブの意向を知っているわ」とコメントした。 ▽その上で「最近では、2つのビッグクラブがマウロに対する評価を示してきたわ。私の仕事は彼の未来をみること。話を聞いて、少なくとも条件や状況を評価することは必要よ」と語り、移籍の可能性を否定はしなかった。 ▽ワンダ・ナラさんは具体的なクラブ名を出さなかったが、魅力的なオファーが届く可能性はある。インテルとしては、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を得られるかが、イカルディ慰留の一つのカギになるかもしれない。 2018.02.22 22:10 Thu
twitterfacebook
thumb

長友佑都の代役はインテル時代のライバル?ガラタサライがサントンに関心か

長友佑都が活躍するガラタサライは、シーズン終了後にまたもインテルからサイドバックを獲得するのかもしれない。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。<br><br>ガラタサライは、移籍市場最終日にインテルから長友を今季終了までの期限付き移籍で獲得した。日本代表DFは、加入から4試合連続で先発。その活躍に、複数のトルコメディアが特集を組むなど、ファティ・テリム監督の信頼だけでなく、早くも地位を確立している。<br><br>しかし選手の代理人は、今季終了後にインテルへ戻ることを明言しているため、ガラタサライは左サイドバックを引き続き探しているという。<br><br>そこでトルコの強豪は、今季ネラッズーリで長友と熾烈なポジション争いを繰り広げたDFダビデ・サントンに関心を示しているようだ。パフォーマンスにサポーターから批判の声もあがっているイタリア人DFには、他にもレアル・ベティスが獲得を狙っているという。<br><br>『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、「下部組織出身のサントンをチームに残すことは、有益になる」としているが、ガラタサライとインテルで再びサイドバックの取引が行われるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.02.22 12:30 Thu
twitterfacebook
thumb

「トッティのことはもう話さない」とスパレッティ、インテルの評価は「9点から4点」

▽インテルのルチアーノ・スパレッティ監督が、イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』のインタビューに応じた。その中でインテルやフランチェスコ・トッティ氏について話している。 ▽スパレッティ監督は今シーズンからインテルを率いている。シーズン序盤は絶好調だったが、その後は低迷。短いシーズンながら、良いときも悪いときも経験した。 ▽自分が記者だったらここまでのインテルをどう採点するかと問われたスパレッティ監督は「私なら最初は9、次が4だ。ただ、どちらの時期にしても私は日々全力で取り組んでいるよ」と語った。 ▽また、ローマのレジェンドであり現在は幹部を務めるトッティ氏との問題については「トッティvsスパレッティを続けてしまうと、スタジアムの回転扉も止まってしまう。この話題には、みんなが少しうんざりしていると思う。だから、もう話すのをやめる」と語り、不仲説などが流れた関係をシャットアウトする考えのようだ。 ▽元ローマのスパレッティ監督は、長年トッティを指導する立場にあった。しかし、なかなか起用せず不和が報じられていた。これについて最近、「トッティはもう走れなかった。だから、彼を起用すると周囲の士気にかかわった」とコメント。するとトッティ氏は、「スパレッティと対立したことはないし、これからもない」と述べ、大人の対応を見せていた。 2018.02.21 23:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ベンチ外続くイカルディ、重傷説を一蹴…4日ミラノダービーで復帰か

インテルの主将FWマウロ・イカルディは、インテル公式チャンネル『インテルTV』のインタビューにおいて、復調をアピールした。<br><br>イカルディは今シーズン、リーグ戦22試合に出場18ゴールを決め、主砲としてチームに貢献していたが、内転筋のトラブルにより、3日のクロトーネ戦以降、ベンチ外が続いている。現在も全体練習から外れてトレーニングを続けており、24日のベネヴェント戦も欠場する見込みとなった。<br><br>復帰が想定外に遅れていることで、右ひざにケガを負っているのではないかとの報道が流れた。<br><br>するとインテルの主将は報道を否定。「なぜそういった話になっているのか分からない。前半戦のボローニャ戦とトリノ戦で打撲したが、過去のことだ」と強調した。内転筋のトラブルについては、「回復している。チームの助けになれるよう、できる限り早く戻りたい」とアピールした。<br><br>『Goal』の取材によれば、ルチアーノ・スパレッティ監督は、イカルディの復帰を3月4日に行われるミラノダービーに合わせる見込みだ。インテルは今シーズンの序盤、無敗の快進撃を続けたものの、12月中旬以降は失速。今節では、ローマやラツィオに追い抜かれ、順位を5位に落とした。4位までに与えられるチャンピオンズリーグ出場権を確保するためにも、7ポイント差で背後に迫るミランとの直接対決に照準を当てている。<br><br>提供:goal.com 2018.02.21 16:05 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース