鈴木が後半ATにPK献上…土壇場PK被弾のヒムナスティックがリーグ3試合ぶりの黒星《リーガエスパニョーラ2部》2017.11.13 02:33 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元日本代表DF鈴木大輔の所属するヒムナスティックは12日、リーガエスパニョーラ2部第14節でレアル・オビエドと対戦し、1-2で敗戦した。鈴木はフル出場している。

▽ここまで4勝2分け6敗で17位に位置するヒムナスティックが、ホームに11位のオビエドを迎えた一戦。ヒムナスティックの鈴木は右サイドバックで先発出場した。

▽試合は立ち上がりから一進一退の展開が続く中、ヒムナスティックが先にスコアを動かす。39分、マヌエル・バレイロのパスに反応したイケチュク・ウチェがボックス内でモッサに倒されPKを獲得。このPKをマヌエル・バレイロがゴール中央へ沈め、先制に成功した。

▽1点のリードで前半を終えたヒムナスティックだったが、後半はオビエドの反撃に遭う。すると71分、左ボックス付近でショートコーナーを受けたアーロン・ニゲスのクロスをボックス中央のカルロス・エルナンデスにヘディングでゴール右に流し込まれ、同点に追いつかれる。

▽同点のまま終盤に差し掛かると89分、オビエドは同点弾を挙げたC・エルナンデスがこの試合2枚目のイエローカードで退場処分となる。数的有利を得たヒムナスティックだったが、勝ち越し点が入らないまま試合は後半アディショナルタイムに突入。

▽すると92分、ヒムナスティックはボックス内で鈴木がスルーパスに反応したモッサを倒してしまいPKを献上。このPKをアーロンに決められ、土壇場で逆転を許した。結局、そのまま試合終了。土壇場のPK被弾で逆転負けを喫したヒムナスティックは、リーグ3戦ぶりの黒星で18位に後退した。

コメント

関連ニュース

thumb

ザルツブルクが上位対決を逆転勝利で飾り首位を快走! 南野は87分からプレー《オーストリア・ブンデスリーガ》

▽日本人MF南野拓実の所属するザルツブルクは25日、オーストリア・ブンデスリーガ第24節でシュトゥルム・グラーツと対戦し、4-2で勝利した。南野は87分からプレーしている。 ▽リーグ戦3連勝中の首位ザルツブルク(勝ち点52)が、2位シュトゥルム(勝ち点45)のホームに乗り込んだ天王山。ミッドウィークにヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・2ndレグのレアル・ソシエダ戦に勝利し、ベスト16進出を決めたザルツブルクは、その試合から先発を4人変更。南野は公式戦2試合連続のベンチスタートとなった。 ▽試合が動いたのは37分、中盤でボールを受けたエゼがドリブルで左サイドを突破。ボックス左深くまで侵攻したエゼの折り返しをゴール前に走り込んだヒールレンダーに流し込まれ、シュトゥルム・グラーツに先制を許した。 ▽先制を許したザルツブルクは、45分に反撃。ライナーのマイナスのクロスをバイタルエリア中央で受けたベリシャがワントラップからゴール前へスルーパス。これに反応したグルブランドセンが相手GKを引きつけラストパスを供給すると、ゴール前のダブールが無人のゴールに流し込んだ。 ▽1-1で迎えた後半、先に試合を動かしたのはザルツブルク。57分、サマッセコウのスルーパスで抜け出したダブールが相手GKとの一対一を制し、追加点を。さらに73分にも、ヤボのパスでボックス右までオーバーラップしたライナーのクロスをグルブランドセンが流し込み、3点目を奪った。 ▽76分に1点を返されたザルツブルクだが、84分にヴォルフのパスに抜け出したグルブランドセンが再びゴールネットを揺らし、試合を決定付ける4点目を奪取。ザルツブルクは、87分にグルブランドセンを下げて南野をピッチに投入。 ▽ザルツブルクはその後も危なげない試合運びを見せ、2位シュトゥルム・グラーツとの上位対決を逆転勝利で飾った。 2018.02.26 02:25 Mon
twitterfacebook
thumb

森岡移籍後初ゴール含む2発! PKも獲得し4点に絡む活躍でアンデルレヒトを6戦ぶり白星に導く《ジュピラー・プロ・リーグ》

▽日本代表MF森岡亮太の所属するアンデルレヒトは25日、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ第28節でムスクロンと対戦し、5-3で勝利。森岡はフル出場して2ゴールを決めた。 ▽リーグ5戦勝ちなしで連敗中と不調の3位アンデルレヒトが、ホームに13位のムスクロンを迎えた一戦。森岡は2試合ぶりにスタメンに復帰して2トップの一角に入った。 ▽試合の序盤からアンデルレヒトが押し込みつつ試合を進行していく。すると26分、スパシッチのフィードに反応したテオドルチクが、ボックス内右に頭でボールを落とす。ゲルケンスが滑り込みつつ中央に折り返し、待ち構えていた森岡が押し込んでネットを揺らした。森岡にとっては、待望の移籍後初ゴールとなっている。 ▽さらに前半終了間際の47分には、ボックス内でDFガリトシオスと交錯した森岡が転倒し、PKを獲得。キッカーのテオドルチクが勢いよくゴール右に蹴り込み、リードを広げていく。 ▽後半に入っても、アンデルレヒトのペースは続く。57分、森岡が左サイドに展開すると、そのまま縦に突破したサイエフがクロスを供給。テオドルチクが頭で合わせ、自身のこの日2ゴール目とした。 ▽そして続く61分にも、ゲルケンスの右サイドからのクロスにボックス内のテオドルチクがワントラップして左足を一閃。ハットトリックを達成した。 ▽しかし、70分にはロタリウがドリブル突破してボックス内にラストパス。アウォニーに一対一を制され1点を返されると、72分にも途中出場のファン・ドゥルマンの得点を許し、立て続けに失点を喫してしまう。 ▽さらに84分、右CKからDFメザゲにヘディングシュートを沈められ、一時4点あった点差は1点に。それでも、ムスクロンの反撃はここまで。93分にはカウンターの処理をミスしたGKバイリーからボールを奪った森岡が、この日2点目を決め切る。 ▽試合を決定付けるアンデルレヒトの5点目が決まったところでタイムアップ。森岡は、2ゴール、PK獲得、3点目の起点となるなど4得点に絡む活躍で、アンデルレヒトの6試合ぶりの勝利に貢献した。 2018.02.26 00:27 Mon
twitterfacebook
thumb

充実の時を過ごす酒井宏樹、マルセイユへの愛着示す「必要とされる限りここで…」

マルセイユDF酒井宏樹は、地元紙のインタビューに応じ、クラブへの愛着を語っている。<br><br>2016年にフランスの名門クラブに加入した酒井。着実に成長を見せると、今季はリュディ・ガルシア監督の信頼を完全に掴んでいる。<br><br>ここまで公式戦36試合出場、リーグ戦では26試合中24試合に出場し、2018年に入ってからは本職ではない左サイドバックでプレーしアシストを記録。ファン投票による前半戦のチームMVP投票では3位となるなど、マルセイユでの地位を確立している。<br><br>順調なときを過ごす酒井は、クラブへの愛着も強くなっているようだ。地元紙『La Provence』のインタビューに応じ、できるだけ長くとどまりたいと明かしている。<br><br>「クラブが必要とする限り、ここに残りたいです。ですが、それは自分のパフォーマンス次第であるということもわかっています」<br><br>また、「12歳までは攻撃的なポジションでしたが、アカデミーでは上手い選手がたくさんいたので、ポジションを下げました」と、サイドバックでプレーすることになった秘話を明かしている。<br><br>マルセイユは、次戦リーグ・アン第27節で首位パリ・サンジェルマンと対戦する。上位チーム同士の対戦というだけでなく、意地と意地がぶつかりあうダービーマッチだ。この試合でも先発が予想される日本代表DFは、「PSGに勝てたら海に飛び込むよ」と約束している。<br><br>リーグ戦では3位とチャンピオンズリーグ出場圏内をキープし、ヨーロッパリーグでもラウンド16まで勝ち上がっているマルセイユ。そんな好調のチームの中で、日本代表DFは欠かせない存在となっている。<br><br>相思相愛のクラブでコンディションを維持し、6月から始まるロシア・ワールドカップでも活躍できるだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.02.25 18:45 Sun
twitterfacebook
thumb

本田圭佑が後半ロスタイムPK弾! パチューカ、2試合ぶり白星《リーガMX》

▽日本代表FW本田圭佑が所属するパチューカは日本時間25日、リーガMX後期(クラウスーラ)第9節でレオンをホームに迎え、2-1の逆転勝利を収めた。フル出場の本田は、PKから4試合ぶりのシーズン7得点目をマークしている。 ▽2試合ぶりの勝利を目指したパチューカは、立ち上がりからレオン陣内に押し入る展開に。だが、ゴールをこじ開けられずにいると、43分にボセッリに決められて、レオンに先制を許してしまう。 ▽リードを許したまま後半を迎えたパチューカは、重苦しい展開が続く。だが、途中出場のパラシオスが65分にバイタルエリア中央から右足のミドルシュートをゴール右に決め、追いついた。 ▽これで勢いづいたパチューカは64分に本田がゴールに迫る。バイタルエリア中央でボールを受けた本田が左足インサイドでゴール左隅にボールを飛ばすが、惜しくも左ポストに嫌われた。 ▽さらに、本田は直接FKでゴールに迫れば、ドリブルからのクロスでチャンスメーク。2度目の現役復帰となるドノバンをピッチに送り込んだレオンをほぼ一方的に攻め立てていく。 ▽すると、パチューカは後半アディショナルタイム2分、PKのチャンスを獲得すると、本田がこれを冷静にゴール右に決めて逆転勝利。2試合ぶりの白星を飾り、勝ち点3を手にした。 パチューカ 2-1 レオン 【パチューカ】 パラシオス(後20) 本田圭佑(後45+3[PK]) 【レオン】 ボセッリ(前43) 2018.02.25 12:05 Sun
twitterfacebook
thumb

小林祐希、2試合連続で出番なし…ヘーレンフェーン4試合未勝利《エールディビジ》

▽日本代表MF小林祐希が所属するヘーレンフェーンは24日、エールディビジ第25節でエクセルシオールをホームに迎え、0-1で敗れた。 ▽前節のPSV戦でリーグ戦連続出場数が53試合で止まった小林。前節に引き続き2試合連続ベンチスタートとなり、今節も指揮官から声がかかることはなかった。 ▽3試合で白星から遠ざかるヘーレンフェーン。35分に先制を許すと、最後までこの1点が重くのしかかり、4試合で白星なしに終わっている。 ヘーレンフェーン 0-1 エクセルシオール 【エクセルシオール】 メサウド(前35) 2018.02.25 10:00 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース