鈴木が後半ATにPK献上…土壇場PK被弾のヒムナスティックがリーグ3試合ぶりの黒星《リーガエスパニョーラ2部》2017.11.13 02:33 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元日本代表DF鈴木大輔の所属するヒムナスティックは12日、リーガエスパニョーラ2部第14節でレアル・オビエドと対戦し、1-2で敗戦した。鈴木はフル出場している。

▽ここまで4勝2分け6敗で17位に位置するヒムナスティックが、ホームに11位のオビエドを迎えた一戦。ヒムナスティックの鈴木は右サイドバックで先発出場した。

▽試合は立ち上がりから一進一退の展開が続く中、ヒムナスティックが先にスコアを動かす。39分、マヌエル・バレイロのパスに反応したイケチュク・ウチェがボックス内でモッサに倒されPKを獲得。このPKをマヌエル・バレイロがゴール中央へ沈め、先制に成功した。

▽1点のリードで前半を終えたヒムナスティックだったが、後半はオビエドの反撃に遭う。すると71分、左ボックス付近でショートコーナーを受けたアーロン・ニゲスのクロスをボックス中央のカルロス・エルナンデスにヘディングでゴール右に流し込まれ、同点に追いつかれる。

▽同点のまま終盤に差し掛かると89分、オビエドは同点弾を挙げたC・エルナンデスがこの試合2枚目のイエローカードで退場処分となる。数的有利を得たヒムナスティックだったが、勝ち越し点が入らないまま試合は後半アディショナルタイムに突入。

▽すると92分、ヒムナスティックはボックス内で鈴木がスルーパスに反応したモッサを倒してしまいPKを献上。このPKをアーロンに決められ、土壇場で逆転を許した。結局、そのまま試合終了。土壇場のPK被弾で逆転負けを喫したヒムナスティックは、リーグ3戦ぶりの黒星で18位に後退した。

コメント

関連ニュース

thumb

井手口陽介、鬼才の信頼掴めるか…リーズがビエルサの新指揮官就任を発表

▽日本代表MF井手口陽介が所属するリーズ・ユナイテッドは15日、新指揮官として、マルセロ・ビエルサ氏(62)の招へいを発表した。 ▽リーズは今シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部)を13位で終了。その責任が問われる形でポール・ヘッキンボトム前監督が解任され、アルゼンチン人指導者のビエルサ氏が後任筆頭として囁かれてきた。 ▽イングランド初上陸となるビエルサ氏。クラブ公式サイトを通じて、「リーズの指揮を執ることになり、嬉しく思う。断りがたいオファーだった。この挑戦にワクワクしている」とコメントしている。 ▽ビエルサ氏は、母国アルゼンチンの名門ニューウェルズ・オールドボーイズを皮切りに、アルゼンチン代表やチリ代表、アスレティック・ビルバオ、マルセイユの指揮官を歴任してきた。 ▽ショートパス、マンツーマンディフェンスをベースに攻守両面でハイインテンシティを志向するそのスタイルは、ジョゼップ・グアルディオラ監督ら多くの指導者に影響を与えてきたことでも有名な世界屈指の智将だ。 ▽その一方で、“エル・ロコ(変人)”の異名を持つ完璧主義者は、マルセイユ、ラツィオ、リールと直近で指導した3クラブでいずれも物議を醸す形で退団。フットボール界屈指の扱いづらい指揮官としても知られている。 ▽豊富な運動量と球際の強さが求められるビエルサ氏のスタイルと、井手口の親和性は高いと思われる。果たして、鬼才の信頼を勝ち取ることはできるのだろうか。 2018.06.15 17:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ニースがファブレの後任にヴィエラ監督を招へい

▽ニースは11日、新指揮官にパトリック・ヴィエラ監督(41)を招へいしたことを発表した。 ▽現役時代、アーセナルやユベントス、インテル、マンチェスター・シティなどでプレーしたヴィエラ監督は、2011年に現役を引退。引退後は、マンチェスター・シティでアカデミーのコーチ兼マネージャーに就任すると、2013年からリザーブチームを指揮。 ▽2016年からは、マンチェスター・シティの姉妹クラブであるニューヨーク・シティの監督に就任すると、2018シーズンのメジャーリーグサッカーを通算成績2位で終え、来季のCONCACAFチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。 ▽今シーズンを8位で終えたニースは、5月20日に2016年からチームを指揮してきたルシアン・ファブレ監督が、ドルトムントの新指揮官に就任するため退任。後任を探していた。 ▽新監督に就任したパトリック・ヴィエラ監督は、マンチェスター・シティの公式サイトで感謝の言葉を述べた。 「監督となる機会を与えてくれたシティフットボールグループとニューヨーク・シティにお礼を言いたい。ニューヨーク・シティを去る決断は、私と家族にとって、とても難しいものだった」 「ニューヨーク・シティでの監督は、夢のような機会だった。熱狂的なサポーターのお陰で、私のサッカー人生のなかで特別な経験になった。一人一人にお礼を言うとともに、毎日チームを支えてくれたことを感謝している」 2018.06.12 04:00 Tue
twitterfacebook
thumb

2部降格のストーク、リオ五輪で日本から4得点のナイジェリア代表MFエテボを獲得!

▽チャンピオンシップ(イングランド2部相当)に降格したストーク・シティは11日、ポルトガルのフェイレンセからナイジェリア代表MFオゲネカロ・エテボ(22)を完全移籍で獲得した。契約期間は5年間で、移籍金は720万ユーロ(9億3000万円)と明かしている。 ▽2013年に母国ナイジェリアのワリ・ウルブズでプロデビューしたエテボは、2016年1月にフェイレンセに移籍。フェイレンセでは主力として公式戦52試合に出場し9ゴールをマーク。今冬にはラス・パルマスにレンタル移籍で加入し、リーグ戦14試合に出場していた。 ▽また、17歳の頃に飛び級でナイジェリア代表に選出されたエテボは、2016年8月に行われたリオデジャネイロ・オリンピックにU-23ナイジェリア代表で出場。グループリーグ第1節のU-23日本代表戦では4ゴールを記録し、チームを勝利に導いた。 ▽なお、エテボは14日から行われるロシア・ワールドカップ(W杯)のナイジェリア代表にも選出されている。 2018.06.12 00:35 Tue
twitterfacebook
thumb

原口元気、ハノーファーと3年契約…ドイツ『キッカー』報道

▽ヘルタ・ベルリンに所属する日本代表FW原口元気(27)のハノーファー移籍が決定的な様相だ。ドイツ『キッカー』が報じている。 ▽長らくプレミアリーグ行きに憧れを抱いてきた原口に対して、今シーズン途中からレンタルで加わったデュッセルドルフも完全移籍での獲得に乗り出していたようだが、ハノーファーが2021年までの3年契約+移籍金400万ユーロ(約5億1000万円)でロシア・ワールドカップ(W杯)後の価値高騰を目論むヘルタ・ベルリンと大会前に合意に達したという。 ▽2014年夏に浦和レッズからヘルタ・ベルリンに加入した原口は今年1月、出場機会を求めてブンデスリーガ2部のデュッセルドルフにレンタル移籍。日本代表FW宇佐美貴史と共に主力を張り、2部優勝と1部昇格に貢献した。14日に開幕するロシアW杯の日本代表メンバー入りも果たしており、本大会での活躍に期待が集まっているところだ。 ▽なお、ハノーファーは今夏、アーセナルからシュツットガルトにレンタル移籍中の日本代表FW浅野拓磨の加入を発表している。 2018.06.11 10:00 Mon
twitterfacebook
thumb

スイス戦完敗の長友佑都「僕の経験はあてにならない」《国際親善試合》

▽日本代表は8日、国際親善試合のスイス代表戦に臨み、0-2で敗れた。 ▽試合後、DF長友佑都がメディア陣のインタビューに応対。2010年の南アフリカ大会で下馬評を覆す16強進出に貢献した長友だが、「僕の経験はあてにならない。自分自身、コンディションを含めて自信はある。でも、その自信も一瞬にして失望に変わるのがワールドカップ」と、刻々と迫るロシア・ワールドカップ開幕を前にチームの現状に焦りの色を滲ませた。 ◆DF長友佑都(ガラタサライ/トルコ) ──試合を振り返って 「冷静さを含めて、チーム全体で(ボールを)持てなくなると厳しくなる」 ──戦いが定まっていない印象だが 「チームとして固まる以前に勝てていない。それだけに、監督もどういった戦術で行くかどうか迷いが少なからずあると思う。だからこそ、監督が色々な選手を試したい状況になっている」 「この前のガーナ戦も今日の試合も良い試合ができず、選手がアピールできていないということ。選手がそういう状況にさせている。それを僕ら選手が受け止めないといけない」 ──自身の経験が今のチームにバランスをもたらせるのでは 「僕の経験はあてにならない。自分自身、コンディションを含めて自信はある。でも、その自信が一瞬にして失望に変わるのがワールドカップ。そればっかりは…僕の経験をどれだけ生かせるのかという難しさを感じている」 「心の底にあるものはぶれないけど、6カ月も勝てていないとなると、正直答えが出てこない。でも、続けるしかない。やれることをやるしかないという思いがある」 2018.06.09 19:48 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース