マニシェ、アトレティコ時代の監督との確執を激白「アギーレもそうだがレシノが最悪だった」2017.11.13 01:50 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
元ポルトガル代表MFマニシェ氏が、アトレティコ・マドリー時代に監督との確執があったことを告白した。

2006年から2009年までアトレティコに在籍したマニシェ氏。ポルトガル『レコルド』とのインタビューに応じた同選手は、アトレティコで指導を受けたハビエル・アギーレ氏、アベル・レシノ氏と問題を抱えていたことを明かしている。

「アトレティコに到着したときにはアギーレがベンチに座っていた。彼との間にはいくつかの問題を抱えた。それからアベル・レシノがやって来たが、もっと最悪だった。彼がどうやって監督になったのかが分からない。私のプロキャリアにおいて、最も酷い監督だった」

「コパの試合前、レシノは私が怪我を装っていると考えた。そしてチームの全員の前で、嘘をついた私を戦力に数えないと話した。私からは24人のグループを率いることもできないのに、どうやって自分の子供たちをしつけられるんだと言ったよ。決して言ってはならないことだがね。その瞬間から、アトレティコで続ける可能性が消滅してしまった」


提供:goal.com

コメント



ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース