【W杯欧州予選POプレビュー】ゴールをこじ開けるのは《アイルランドvsデンマーク》2017.11.14 18:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ2ndレグのアイルランド代表vsデンマーク代表が日本時間14日の28:45にキックオフされる。3日前に行われた1stレグでは互いに譲らずゴールレスドロー決着に終わっていた。

▽GKランドルフの活躍もあって敵地での1stレグを引き分けに持ち込んだアイルランドは、勝利すれば3大会連続4度目のW杯出場を決められる状況となった。ホームでの2ndレグではゴールを奪う必要があり、1stレグほど守備を固めてくることは予想しにくいが、引き続きカウンターに活路を見いだす戦い方に変わりはないはずだ。堅守からのカウンターでデンマークとの戦力差を埋めたい。

▽一方、0-0以外の引き分け、勝利で2大会ぶり5度目のW杯出場となるデンマークは、1stレグ同様のアプローチで臨むのが最善策だろう。アウェイゴールを奪えればアイルランドは2点を奪う必要が出てくるため、デンマークとしては相手のカウンターを警戒しつつ、果敢にゴールを狙っていきたい。

★注目選手
◆アイルランド:GKダレン・ランドルフ
Getty Images
▽ゴールが必要なアイルランドではあるが、失点すれば得点力が乏しいだけに一気に苦しい展開に追い込まれる。そのため1stレグ同様、失点せずに時間を進めるのが突破に向けての最善策だと思われる。そこで鍵を握るのが1stレグでも活躍した守護神のランドルフだ。1stレグではゴール至近距離からのシュートを2本止めて2ndレグに可能性をつなげた。2ndレグでも彼の好セーブが必ず必要となる場面が予想されるだけに、ランドルフのゴールキーピングに注目したい。

◆デンマーク: MFピオネ・シスト
Getty Images
▽デンマークの注目選手にはシストを推したい。1stレグではエリクセンと共に攻撃を牽引した左ウイングのシストは、ボールスキルと打開力に優れたアタッカー。所属先のセルタでは今季のリーガで11試合に先発して2ゴール8アシストと活躍している。1stレグでは決定機を1本逸したが、チャンスメークの面では存在感を発揮しており、アウェイゴールを奪いたいデンマークとしては、エリクセンと共にシストのチャンスメークが鍵を握りそうだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ウディネーゼ、デンマーク代表DFラーセンと2022年まで契約延長

▽ウディネーゼは18日、デンマーク代表DFイェンス・ストリガー・ラーセン(27)との契約を2022年6月30日まで延長したことを発表した。 ▽デンマークのブレンビー出身のストリガー・ラーセンは右サイドバックを本職とするDF。両サイドバックや両サイドハーフでもプレー可能な同選手は、母国のブレンビーやノアシェラン、オーストリア・ウィーンを経て、2017年の夏にウディネーゼに加入。 ▽加入初年度の昨季は、右サイドバックを主戦場にセリエAで30試合に出場。今季もここまでセリエA全試合フル出場している。また、昨年8月にデビューを飾ったデンマーク代表では、これまで19キャップを数えている。 2018.10.19 03:15 Fri
twitterfacebook
thumb

アイルランドvsデンマークは低調なゴールレスドローで痛み分け《UEFAネーションズリーグ》

▽UEFAネーションズリーグ(UNL)2018-19・リーグB・グループ4のアイルランド代表vsデンマーク代表が13日に行われ、0-0で引き分けた。 ▽先月行われたUNL初戦のウェールズ代表戦で1-4と惨敗を喫した最下位のアイルランドは、ロングやマクレーン、K・ロングといった主力がスタメンとなった。 ▽一方、UNL初戦のウェールズ戦で2-0完勝しグループ首位に立つデンマークは、GKシュマイケルやY・ポウルセン、マティアス・ヨルゲンセン、ケアーといった主力がスタメンとなった。 ▽立ち上がりから一進一退の展開が続く中、アイルランドは39分に中盤でFKを獲得。ヘンドリックのFKをゴール前のダフィがヘディングで合わせたが、これはゴール左に外れた。 ▽対するデンマークは、前半終了間際のチャンス。ダルスゴーアの右クロスをゴール前でドハーティがクリアミスすると、これをファーサイドに走り込んだマティアス・ヨルゲンセンがプッシュしたがシュートは枠の左に外れた。 ▽両チーム枠内シュート0本で迎えた後半、先にチャンスを作ったのはデンマークだった。58分、シェーネの右CKをボックス中央で合わせたケアーのヘディングシュートがゴール左隅を捉えるも、これはゴールライン手前でアーターのクリアに防がれた。 ▽対するアイルランドは72分、左クロスをボックス中央のロングが落とすと、ボックス手前からクリスティがミドルシュート。しかし、ゴール右を捉えたシュートはGKシュマイケルの好セーブに阻まれた。 ▽デンマークは84分、中盤でのボールカットからカウンター。シストのパスをボックス左で受けたブラースヴァイトがカットインから右足を振り抜くも、シュートは相手GKがキャッチ。 ▽その後は互いにチャンスを作り出せずに0-0で終了。勝ち点1を分け合っている。 ▽アイルランドは16日にUNL3戦目となるウェールズとのホーム戦を戦い、デンマークは16日にオーストリア代表との国際親善試合をホームで戦う。 2018.10.14 05:50 Sun
twitterfacebook
thumb

アイルランド戦に向けたデンマーク代表メンバー発表、負傷のエリクセンは選外《UEFAネーションズリーグ》

▽デンマークサッカー協会(DBU)は3日、13日に行われるUEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグB・グループ4のアイルランド代表戦と16日に行われるオーストリア代表との国際親善試合に向けたメンバー22名を発表した。 ▽先月行われたUNL初戦ではウェールズ代表に2-0と勝利して白星スタートとしたデンマークは、主軸のMFクリスティアン・エリクセン(トッテナム)が負傷のため招集外となった一方、GKカスパー・シュマイケル(レスター・シティ)やDFシモン・ケアー(セビージャ)、MFトーマス・デラネイ(ドルトムント)にFWピオネ・シスト(セルタ)といった主力は順当に選出されている。 ▽今回発表された22名のメンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆デンマーク代表メンバー22名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">カスパー・シュマイケル</span>(レスター・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">ヨナス・レッスル</span>(ハダースフィールド/イングランド) <span style="font-weight:700;">フレデリック・レノウ</span>(フランクフルト/ドイツ) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ペーター・アンカーセン</span>(コペンハーゲン) <span style="font-weight:700;">マティアス・ヨルゲンセン</span>(ハダースフィールド/イングランド) <span style="font-weight:700;">ヨナス・クヌドセン</span>(イプスウィッチ/イングランド) <span style="font-weight:700;">ヘンリク・ダルスゴーア</span>(ブレントフォード/イングランド) <span style="font-weight:700;">アンドレアス・クリステンセン</span>(チェルシー/イングランド) <span style="font-weight:700;">ヤニク・ヴェステルゴーア</span>(サウサンプトン/イングランド) <span style="font-weight:700;">イェンス・ストリガー・ラーセン</span>(ウディネーゼ/イタリア) <span style="font-weight:700;">シモン・ケアー</span>(セビージャ/スペイン) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">ミケ・イェンセン</span>(ローゼンボリ/ノルウェー) <span style="font-weight:700;">アンデルス・クリスティアンセン</span>(マルメ/スウェーデン) <span style="font-weight:700;">ルーカス・レラガー</span>(ボルドー/フランス) <span style="font-weight:700;">ラッセ・シェーネ</span>(アヤックス/オランダ) <span style="font-weight:700;">トーマス・デラネイ</span>(ドルトムント/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ピエール・ホイビュルク</span>(サウサンプトン/イングランド) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">ユスフ・ポウルセン</span>(ライプツィヒ/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ピオネ・シスト</span>(セルタ/スペイン) <span style="font-weight:700;">マルティン・ブラースヴァイト</span>(ミドルズブラ/イングランド) <span style="font-weight:700;">アンドレアス・コーネリウス</span>(ボルドー/フランス) <span style="font-weight:700;">カスパー・ドルベリ</span>(アヤックス/オランダ) 2018.10.04 00:25 Thu
twitterfacebook
thumb

30歳になっても“問題児”…タクシー運転手暴行のベントナーが謝罪

▽タクシー運転手に対する暴行事件を起こして逮捕されていたデンマーク代表FWニクラス・ベントナーが、事件について謝罪した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽ベントナーは、タクシー運転手への暴行を行ったとして、9日の朝にコペンハーゲン警察に通報。通報した運転手が所属する『Dantaxa』は、運転手がアゴの手術を受けていると声明を発表していた。ベントナーは、その後に逮捕されていた。 ▽所属するローゼンボリやデンマークサッカー協会は今回の件について声明を出すことを拒否。事件について調べるとしていた中、ベントナー本人が謝罪を行った。 「残念な結果になり、僕も悲しい。一部の人に謝罪したいと思います」 「ローゼンボリファンの皆さんへ。今回のことを謝罪します。ローゼンボリに忠誠を誓うファンの皆さんのためにプレーすることは、最初から喜びでした。そして、自分自身、チームについて誇りに思ってくれていることを、名誉と感じています」 「クラブへ。僕自身が今日ここに立っていることを心から謝罪します。ローゼンボリは僕にとってより良いクラブでした。新たな家、新たな家族と感じており、僕には新たなスタートがひつようでした。なりたい人になることは簡単でした」 「親愛なるチームメイトには、重要な時期に集中力を奪ってしまうことを謝罪します。皆さんの理解に感謝し、それを受け止めています」 「1年半にわたって、毎日ロッカールームを共有した彼らは、僕のことを知ってくれています。しかし、もし愛している人々をピッチ内外で守ることができなければ、ファイターではあってはいけない。僕はそうではありませんでした」 ▽ベントナーは、アーセナルやユベントス、ヴォルフスブルクでプレー。これまでも、ピザ屋でクレジットカードが使えなかったために無償提供を要求する事件や、自動車を破壊する器物破損、飲酒運転など問題行動を起こしていた。 2018.09.12 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ベイル&ギグスがデンマーク戦の判定に苦言「ホームじゃなきゃ与えられないPK」

ウェールズ代表のライアン・ギグス監督とガレス・ベイルは、デンマーク代表戦の主審の判定に納得できないようだ。<br><br>9日に行われたUEFAネーションズリーグでデンマーク代表と対戦したウェールズ代表だが、クリスティアン・エリクセンに2ゴールを許して0-2で敗戦。中でも、2点目につながるPKの場面で、イーサン・アンパドゥがハンドを取られた判定は正当なものではなかったと、キャプテンのベイルがイギリス『スカイスポーツ』で不満をあらわにした。<br><br>「間違いなく問題になりかねないから多くのコメントはできない。しかし、僕にしてみればあれはペナルティではなかった。あまりにも優しすぎる判定だ。仮にあれが(デンマーク代表にとって)ホームの試合ではなかったら、与えられなかっただろう。0-1の場面ではまだ試合になっていたが、0-2になってしまってとても困難になった」<br><br>また、ギグス監督も「後半は本当に良い入りができていた。しかし、ペナルティの判定を下された。あれはペナルティか、イエスかノーか? 私にはわからない。でも本当に厳しい判定だった」とベイルの発言に同調した。<br><br>さらに、試合についても「彼らは前の試合を戦っていない選手ばかりだった。一方で我々の選手たちは短い期間で2試合を戦った。全体的に見れば、選手たちを責めることはできない。我々はあのペナルティの判定までは上回っていたんだ」とコメントを残した。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.10 13:00 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース