負傷のジルーがフランス代表を離脱…ノース・ロンドン・ダービーに出場はいかに2017.11.12 22:18 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルのフランス代表FWオリヴィエ・ジルーが負傷のため、フランス代表から離脱した。フランスサッカー連盟(FFF)が伝えている。

▽10日にウェールズとの親善試合に出場したジルーは、後半26分にチームの2点目をマーク。2-0の勝利に貢献したが、試合後の診断によって右足の内転筋を負傷していたことが明らかになった。

▽それを受けて、FFFはジルーをクラブに帰還させたことを発表。アーセナルはジルーの他にも、GKダビド・オスピナ、DFシュコドラン・ムスタフィ、DFロブ・ホールディング、そしてMFサンティ・カソルラらが負傷中となっている。

▽なお、代表ウィーク明けの18日、アーセナルはプレミアリーグ第12節でトッテナムとのノース・ロンドン・ダービーを控えており、ジルーの状態が懸念される。

コメント

関連ニュース

thumb

プレミア昇格のウルブス、今夏ウィルシャーをフリーで獲得か

▽来季のプレミアリーグ昇格を決めているウォルバーハンプトンが、アーセナルのイングランド代表MFジャック・ウィルシャー(26)の獲得を狙っているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 ▽現在チャンピオンシップ(イングランド2部相当)でトップを走り、来季のプレミアリーグ昇格を決めているウルブス。2011-12シーズンぶりのプレミアで戦えるチームを構成するために、まずは今季限りでアーセナルとの契約が切れるウィルシャーを狙いに行くようだ。 ▽これまで伝えられているところでは、ウィルシャーに対してアーセナル側は減俸の新契約を提示したとされており、さすがに選手も合意は渋っている様子だった。しかし、イギリス『インデペンデント』の最新の報道によれば、アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は契約延長に自信を持っている様子だ。 「我々は彼に留まって欲しいと思っている。オファーは長期契約になるだろう。彼がサインしてくれることを願っているよ」 「選手に居てもらうためにはクラブは適した態度を取らなければならない。我々は上手くやっていると思うよ」 ▽このように語るヴェンゲル監督だが、果たしてウィルシャーは新シーズンをどこで迎えることになるのだろうか。 2018.04.19 18:30 Thu
twitterfacebook
thumb

「最初は信用できなかった」オーバメヤンが明かすかつてのライバルへの警戒心

ガボン代表FWのピエール=エメリク・オーバメヤンは、フランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットとの共存に不安を感じていたようだ。<br><br>オーバメヤンは今年の1月に5600万ポンド(約86億円)の移籍金でドルトムントからアーセナルに加入。ここまでプレミアリーグで8試合に出場して6ゴール2アシストと、シーズン途中の加入にしてはまずまずの成績を残している。<br><br>ドルトムント時代はチームミーティングを無断欠席するなど、自由奔放なイメージもあったが、意外にも繊細な一面を持つガボン代表ストライカーは、クラブ公式サイトでのインタビュー内でアーセナルへの加入に際して不安があったことを告白。その理由としてラカゼットの名前を挙げている。<br><br>「ラカゼットがリヨンにいたとき、僕はライバルチームのサンテティエンヌでプレーしていたんだ。だからアーセナルに加入した直後は彼を信用することはできなかったね」<br><br>リヨンとサンテティエンヌが対戦する試合は「ローヌ・ダービー」と呼ばれ、華やかな文化の街であるリヨンと、労働者の街であるサンテティエンヌがお互いのプライドをかけてぶつかり合う、フランスで最も激しいダービーとも言われている。<br><br>「これまでに何人かのリヨンに所属していた選手とチームメートになったことがあったけど、結局、彼らとは仲良くすることができなかったんだ。でもラカゼットは違ったよ。僕がアーセナルに来たときからすごくポジティブだったから、すぐに彼が良いやつだってわかったんだ」<br><br>過去の経験からラカゼットを警戒していたオーバメヤンだが、その心配は取り越し苦労だったようだ。4月1日のストーク戦ではPKによってハットトリックのチャンスを得たオーバメヤンが、その日無得点だったラカゼットにPKキッカーを譲るなど両者の関係は良好だ。<br><br>現在アーセナルはプレミアリーグで6位と低迷期に突入している。再建を目指すチームにとって、元ライバルだった2人のストライカーは欠かせない存在だ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.19 16:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ノリッジの逸材MF巡ってノースロンドン・ダービー!

▽トッテナムとアーセナルがノリッジに所属するU-21イングランド代表MFジェームズ・マディソン(21)の獲得に動いているようだ。イギリス『デイリー・テレグラフ』が伝えている。 ▽近年、マウリシオ・ポチェッティーノ監督の下で多くのイングランド代表選手を輩出しているトッテナムと、イングランド代表MFジャック・ウィルシャーの流出の可能性が出てきているアーセナルは、リバプールやマンチェスター・シティ、エバートンも獲得を狙う逸材マディソンの獲得に乗り出しているようだ。 ▽コヴェントリーの下部組織出身のマディソンは、2016年冬にノリッジに加入。卓越した右足のキック精度やパスセンス、エレガントな身のこなしはトッテナムMFクリスティアン・エリクセンを髣髴とさせ、今季のチャンピオンシップ(イングランド2部)では41試合に出場し、14ゴール8アシストの活躍を披露。18日にはイングランドプロサッカー協会(PFA)の選出する、2017-18シーズンのチャンピオンシップベストイレブンにも選出されていた。 ▽なお、ノリッジは2021年まで契約を残すマディソンの移籍金として2500万ポンド(約38億1000万円)を求めているようだ。 2018.04.19 00:05 Thu
twitterfacebook
thumb

「世界から大きく後れを取った」微妙な判定に泣いたヴェンゲルがVAR不採用に憤慨

アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の不採用が決まったことに憤りを隠せいないようだ。<br><br>15日に行われたプレミアリーグ第34節でアーセナルは敵地でニューカッスルと対戦。14分にアレクサンドル・ラカゼットのゴールで先制したアーセナルだが、前半のうちに追いつかれ、68分に逆転弾を許して1-2で敗れた。<br><br>この試合では1-0で迎えた場面で、ピエール=エメリク・オーバメヤンのシュートがDFの手に当たる場面があったが、主審のアンソニー・テイラー氏はPKではなく、コーナーキックの判定を下す。この場面について、VARがあれば結果が変わっていたと話すヴェンゲル監督は、来シーズンに同システムを採用しないと決定したプレミアリーグへの怒りを抑えられないでいる。<br><br>「レフェリーはレフェリーだが、多くの人が願っていることはレフェリーへの手助けだ。残念ながらプレミアリーグでは来シーズンもVARを導入しない決定が下された。はっきり言ってこれは間違った決断だ。この決断で我々は世界から大きく後れを取った」<br><br>また、この試合の敗戦で1984年以来初となるアウェイ5連敗を喫したことについて「今シーズンを表した試合だ。70%もボールを支配して、リードも奪っていた。しかし終わってみれば1-2だ。良いプレーができていたが、結果は悪いもので受け入れることが難しい。以前はアウェイの試合に強かったから、今の状態に危惧している。この悪循環を断ち切ることは相当難しい」と肩を落とした。<br><br>提供:goal.com 2018.04.16 15:10 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナル、ニューカッスルに逆転負けでリーグ4試合ぶり黒星《プレミアリーグ》

▽アーセナルは15日、プレミアリーグ第34節でニューカッスルとアウェイで対戦し、1-2で敗れた。 ▽現在リーグ戦3連勝中のアーセナル。12日に行われたヨーロッパリーグでもCSKAモスクワを退け準決勝に進出した。今季リーグ戦初の4連勝を目指して戦う今節はCSKAモスクワ戦から6選手を変更。負傷したラムジーやウィルシャーらの代わりに、イウォビやジャカが入り、2列目の左にオーバメヤン、ワントップにラカゼットが起用された。 ▽目下リーグ戦3連勝中同士の一戦は14分に動く。最終ラインからのロングボールでオフサイドラインを抜け出したオーバメヤン。見事なトラップで一気にチャンスを迎えると、オーバメヤンのクロスに反応したラカゼットが押し込んでアーセナルが先制した。 ▽その後もボールを支配し続けるアーセナルは20分、ボックス内のイウォビが細かいステップから自らシュートを選択。しかしこれはGKの正面に飛んでしまう。 ▽なかなかゴールに近づくことができないニューカッスルだったが29分にワンチャンスをモノにする。シェルヴェイの自陣からのロングパスでゲイルがボックス右に侵入すると、一旦外側のイェドリンへ。イェドリンはこれをダイレクトで折り返すと、2列目から飛び出してきたアヨセ・ペレスがニアで合わせ同点とした。 ▽39分にアーセナルが得たゴール正面のFKの場面では、一度壁に当たってはね返されるものの、それを拾ったジャカがボックス左に放り込む。これに反応したムスタフィのダイビングヘッドでの折り返しを、チャンバースが合わせるが惜しくも枠へ飛ばず。さらに42分には、敵陣でボールを奪ったラカゼットがジョー・ウィロックに繋げるも、上手く合わせられずチャンスを逸失。結局前半は1-1で折り返した。 ▽後半は立ち上がりから互いに攻め手を欠きこう着した時間が続く。そんな中、ニューカッスルはゲイルに代えてスリマニ、アーセナルはジョー・ウィロックを下げてウェルベックを投入。前線の活性化を図った。 ▽この交代が功を奏したのはホームチームの方だった。68分、左サイドのスローインから、モンレアルのクリアミスを拾ったスリマニからアヨセ・ペレス、リッチーと繋がると、リッチーがゴール右に蹴り込んでニューカッスルが逆転に成功。 ▽その後も、ケネディがクロスバーに当たるシュートを見舞うと、アヨセ・ペレスのシュートがサイドネットを叩くなど、少しずつニューカッスルに流れが傾き始める。 ▽試合も終盤に差し掛かった85分には、左サイドのモンレアルのクロスから最後はラカゼットがシュート。しかしこれはサイドネットに引っかかる。途中出場のウェルベックもボックスの外から狙いに行くが相手のブロックに遭う。 ▽試合はここで終了。先制したアーセナルだったがニューカッスルに逆転を許しリーグ4試合ぶりの黒星。ニューカッスルはリーグ戦4連勝となった。 2018.04.15 23:26 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース