エムレ・ジャン、フリーでマン・C入りか2017.11.12 20:57 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リバプールに所属するドイツ代表MFエムレ・ジャン(23)が来夏フリートランスファーでマンチェスター・シティ入りする可能性が高まっているようだ。イギリス『デイリー・スター』が報じた。

▽リバプールとの契約が今シーズン限りとなっているジャンに関しては、ユベントスとの関連が伝えられてきた。しかし、最近になってイタリア『CalcioMercato.com』などがマン・Cからの興味を報道。今回『デイリー・スター』が伝えるところによれば、ジャンはユベントスからの打診を退け、シティ入りする可能性があるようだ。同メディアはユベントスがシティとの争奪戦を制することができない感覚を覚えているとの情報を、イタリアのソースから得たようだ。

▽先日、リバプールのユルゲン・クロップ監督は、ジャンの契約に関して以下のように話していた。

「我々は終わりつつある契約を尊重しなければならない。それを異なる形で行うことができる2者がいて、それはクラブと選手だ。我々はすでにそれについてたくさん話している。それは普通のことだ」

コメント

関連ニュース

thumb

セビージャDFラングレにバルセロナが興味…リバプールもすでに交渉済みか

▽バルセロナが、セビージャの元U-21フランス代表DFクレマン・ラングレ(22)に注目しているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 ▽バルセロナは、スペイン代表DFジェラール・ピケの高齢化やフランス代表DFサミュエル・ユムティティの不透明な去就に加え、新加入のジェリー・ミナがいまいちフィットしきれていないことから、今夏に新たなセンターバックを獲得するのではないかといわれている。そこで候補に挙がっているのが元U-21フランス代表DFラングレだ。 ▽昨年1月にナンシーからセビージャ入りしたラングレは、持ち前の守備センスとテクニックですぐにレギュラーの座を掴むと、今季もリーグ戦30試合に出場。3ゴールを挙げるなどセットプレーの強さも魅力の1つだ。 ▽セビージャのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督も「彼はバルセロナでプレーできる素質を持っている」と称賛。ラングレにはリバプールも獲得に興味を示しているとされており、すでに今夏の移籍に向けた交渉を行っているとみるメディアもある。 ▽なお、クラブとの契約が2021年までとなっているラングレには、4500万ユーロ(約61億円)程度の契約解除金が設定されているようだ。 2018.04.19 17:45 Thu
twitterfacebook
thumb

サラーに注目が集中するリバプール、クロップが語った「裸で練習しよう」の意味

リバプールのユルゲン・クロップ監督はFWモハメド・サラーに注目が集中している現状にも関わらず、チームは素晴らしい雰囲気であると語った。<br><br>今季よりリバプールに加入したサラーは、ここまで全公式戦で40ゴールを記録。リバプールのチャンピオンズリーグ準決勝進出に大きく貢献している。<br><br>イングランドサッカー選手協会(PFA)が選出するプレミアリーグ・ベストイレブンにも選ばれ、サラーに対するメディアの注目が日に日に高まっている現状にもチームの団結は揺らいでいないと指揮官は語った。<br><br>「本当にいいチームさ。みんなモー(サラーの愛称)に対する過剰な注目を楽しんでいる。CLでのマンチェスター・シティとの試合前の練習が始まる時に、私は『さぁ、みんなで裸になろう。どうせモーしか見ていないから誰も気づかないさ』と言ったんだ」<br><br>さらにCL準決勝ではサラーの古巣であるローマとの対戦が決まり、より一層注目が集中する可能性がある。しかし指揮官は、チームが素晴らしい雰囲気に包まれていることを強調した。<br><br>「ローマとの戦いが控えているが、サラーへの注目が収まるとは思わない。それでも問題ないさ。選手たちは素晴らしい雰囲気を作ってくれている。成功を収めるチームはいつもいい雰囲気に包まれているものだ。他のチームも素晴らしい選手たちがいるかもしれないが、素晴らしい集団ではない」<br><br>「我々は一つのチームになっており、それはとてもポジティブなことだ。選手たちはみんな一つになっている。我々は未来のために何かを残せる大きなチャンスを持っているんだ。我々はまだまだ若く、可能性に満ちている。選手たちがチームの一体感を楽しんでいることにとても満足している」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.19 17:20 Thu
twitterfacebook
thumb

英2部イプスウィッチが"ジェラード監督"に興味

▽チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のイプスウィッチ・タウンが、スティーブン・ジェラード氏を次期監督に据えることを考慮しているようだ。イギリス『サン』が伝えている。 ▽イプスウィッチは現在チャンピオンシップで12位に位置。2001-02シーズンを最後にプレミアリーグの舞台からは遠ざかっている。先日、2012年から指揮を執っていたミック・マッカーシー監督を解任した同クラブは、オーナーのマーカス・エバンス氏が来季に向けてジェラード氏を招へいすることを画策しているようだ。 ▽ジェラード氏は現在、リバプールのU-18チームで監督を務めている。同時にトップチームを指揮するユルゲン・クロップ監督からノウハウを学んでいるところであり、いずれはトップチームを率いることが見込まれている。しかし、その前により監督としての経験を積む可能性も指摘されている。 2018.04.19 15:40 Thu
twitterfacebook
thumb

岡崎以上のディフェンシブFW? フィルミノのタックル数が凄い!

▽リバプールに所属するブラジル代表FWロベルト・フィルミノはレスター・シティの日本代表FW岡崎慎司以上のディフェンシブFWなのかもしれない。イギリス『101greatgoals』が伝えている。 ▽ユルゲン・クロップ監督率いるリバプールで“ゲーゲン・プレッシング”の申し子の1人としてファーストディフェンダーを担っているフィルミノは、今季ここまでのリーグ戦で通算62回のタックルを成功させている。 ▽この数字はリーグ全体で21位タイの数字であり、マンチェスター・シティDFニコラス・オタメンディ(54回)やアーセナルDFシュコドラン・ムスタフィ(61回)、マンチェスター・ユナイテッドDFクリス・スモーリング(37回)、トッテナムDFダビンソン・サンチェス(35回)らトップ6の主力センターバックを超える、驚異のスタッツとなっている。 ▽もちろん、タックル回数に関してはチームの守備スタイルの影響や、能力が高いDFは安易にタックルを行わないという事情もあり、一概に数字が多ければ評価されるものというわけではない。 ▽ただ、今回の数字は相当な守備意識を持っていなければ、残すことができないものでもある。ここ数年、プレミアリーグのディフェンシブFWといえば、レスターの奇跡の優勝に貢献した岡崎の名前が挙がるが、現時点で最高のディフェンシブFWはフィルミノなのかもしれない。ただ、フィルミノは15ゴール7アシストとストライカー本来の仕事も十二分にこなしており、ディフェンシブFWという言葉は少し失礼かもしれない。 ▽なお、タックル回数のトップ3はレスター・シティMFウィルフレッド・エンディディ(129回)、エバートンMFイドリッサ・グイエ(106回)、チェルシーMFエンゴロ・カンテ(100回)の守備的MF3人。また、ストライカーでフィルミノ以上の数字を残しているのはスウォンジーFWジョルダン・アイェウ(68回)だけだ。 2018.04.19 01:11 Thu
twitterfacebook
thumb

サラー初凱旋のCL準決勝2ndレグのローマvsリバプールのチケットが完売!

▽ローマは18日、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグのローマvsリバプールのチケットが完売したことを発表した。 ▽13日にCL準決勝の組み合わせ抽選会が行われ、準々決勝で奇跡の逆転突破を果たしたローマと、今季のプレミアリーグで首位を独走していたマンチェスター・シティを下したリバプールの対戦が決定。 ▽昨夏にローマからリバプールへ移籍したエジプト代表FWモハメド・サラーの初凱旋でもある一戦は、前売り券の時点で22000枚が完売。ローマによると、現地時間18日の10時に販売を開始した35000枚のチケットも3時間30分で完売したとのことだ。 ▽また、イタリア『フットボール・イタリア』によれば、ローマのチケット売り場には前日の夜から約100人が徹夜で並んでいたという。 ▽なお、準決勝1stレグのリバプールvsローマは、24日の27時45分にキックオフを迎える。 2018.04.19 00:02 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース