広島MF丸谷拓也に第二子となる長女が誕生2017.11.12 15:09 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽サンフレッチェ広島は12日、MF丸谷拓也に第二子となる長女が11日に広島市内の病院で誕生したことを発表した。

▽鳥取県出身の丸谷は、2008年に境高校から広島に加入。今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグに6試合、YBCルヴァンカップに7試合、天皇杯に1試合出場している。

コメント

関連ニュース

thumb

2G1Aのディエゴ・オリヴェイラが首位広島に土をつける! FC東京が快勝!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第10節、FC東京vsサンフレッチェ広島が10日に行われ、3-1でFC東京が勝利した。 ▽長谷川監督の守備的戦術がハマってきたFC東京(勝ち点16)は、前節の勝利で2位浮上。清水エスパルス戦からチャン・ヒョンスを丸山に代えて、首位の広島に挑む。 ▽その広島は開幕から快進撃を続け、9戦無敗、勝ち点25と史上最速で勝ち点を重ねている。FC東京との頂上決戦に向けて3選手を変更。稲垣、柴崎、渡を代えて、吉野、川辺、ティーラシンを先発起用。無傷の6連勝を目指す。 ▽ファーストシュートはFC東京。1分、味方とのワンツーでボックス左に入った永井がシュートを放ったが、枠の右に外れる。積極的な入りを見せるFC東京は5分、ディエゴ・オリヴェイラの単騎突破からボックス内で佐々木に倒されPKを獲得。自らこれを決めてFC東京が先制した。 ▽FC東京はさらにその4分後、広島の背後のスペースを突いたディエゴ・オリヴェイラの落としを、走り込んだ永井が押し込んで追加点。失点数「2」を誇っていた堅守の広島から10分足らずで2点を奪った。 ▽あっという間に2失点してしまった広島はパトリックにボールを集めるがそこからの攻撃が繋がらない。30分にはそのパトリックが右からのクロスをヘディングで合わせるが、クロスバーを越えてしまう。35分のFKの場面では、川辺の意表を突いたグラウンダーのクロスにティーラシンが反応。相手の股を抜くシュートを放ったがGKにキャッチされる。 ▽前半終了間際にもFKから好機を迎えた広島だが、FC東京の堅い守りを崩すことが出来ず、前半はホームチームが2点リードを保ったまま試合を折り返した。 ▽後半は広島が飛ばしていく。47分のCKの場面ではこぼれ球を柏がミドルシュート。見事な弾道を描いたが、惜しくも枠の右に逸れてしまう。しかし、前がかりとなった広島は相手に痛恨の3点目を与えてしまう。 ▽55分、センターサークルから高萩が浮き球のパスを送ると受けたディエゴ・オリヴェイラがボックス右へ侵入。味方の援護はなく、そこからシュートを放つと、左ポストに跳ね返りながらゴールに流れていった。 ▽1試合で3失点を喫してしまった広島だが、守りに入るFC東京を次々と攻め込んでいくと60分、ゴール前のパトリックが2度のシュートをGKのセーブに遭うと、そのこぼれ球を途中出場の稲垣が押し込んで1点を返す。 ▽その後も攻め立てる広島は77分に川辺が中央突破からシュートに運ぶがブロックに遭う。さらに79分にはパトリックがゴールに迫るが、ゴールを決めることが出来ず。 ▽広島の後半の猛攻も実らず、試合は3-1で終了。FC東京が広島に今季初黒星を与え、首位との勝ち点差を「6」とした。 2018.04.25 21:24 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】両指揮官が因縁の相手に挑む首位攻防戦《FC東京vs広島》

▽25日、明治安田生命J1リーグ第10節が開催。味の素スタジアムではFC東京vsサンフレッチェ広島が行われる。 <span style="font-weight:700;">◆指揮官の因縁</span> ▽2位に付けるFC東京(勝ち点16)と無敗で首位に立つ広島(勝ち点25)の対決。首位攻防戦ながら両者の勝ち点は大きく離れている。 ▽注目は両指揮官になるだろう。ホームのFC東京を率いるのは長谷川健太監督。昨シーズンまで率いたガンバ大阪では、2014年のヤマザキナビスコカップ(現YBCルヴァンカップ)決勝、2015年のJリーグチャンピオンシップ決勝で対戦。2014年は勝利したものの、2015年は敗れリーグタイトルを逃した。広島には勝ちたい気持ちが強くあるはずだ。 ▽対するアウェイの広島を率いるのは城福浩監督。2008年から2010年途中、さらに2016年と2度に渡って率いた古巣との対戦となる。2016年の悔しさを、味スタで晴らしたいはずだ。 <span style="font-weight:700;">◆長谷川サッカーが見え隠れ</span>〜FC東京〜 ▽長谷川健太監督が標榜する手堅い守備をベースとした戦い方が見え隠れするFC東京。ここまで1試合最多は2失点ながら、クリーンシートは2試合と、まだまだ浸透しきったとは言えない。 ▽しかし、開幕3試合で躓いた攻撃陣は試合を追うごとに結果を残している。サイドを使った攻撃はもちろん、中央をこじ開け、2列目の選手が得点を増やしている現状は、長谷川監督らしいサッカーが出始めている証拠。連勝は一度止まったが、ここで首位の広島を叩き、頂点を目指して再び連勝をスタートさせたい。 <span style="font-weight:700;">◆圧巻の堅守&全員サッカー</span>〜サンフレッチェ広島〜 ▽昨シーズンの低迷から一転、今シーズンは9試合を戦ってわずか「2」失点という驚異の結果を残している。さらに、ゴールレスドローに終わった第4節のジュビロ磐田戦を除き、8試合で勝利。クリーンシートは磐田戦も含めて7試合と、守備の安定感が抜群だ。 ▽GK林卓人のPKストップが2試合で起こるなど、運も味方につけているところはあるが、城福監督が古巣を打ち破るための準備はしっかりと整っている。DF和田拓也、DF佐々木翔が担う両サイドバックは積極的に攻撃参加。一方で、守備でも対人の強さを見せ、しっかりと全員で戦っている。 ▽粘り強さと、決定機を確実に仕留めていく広島のスタイルが、どこまで快進撃を持続させるのか。城福監督にとっての古巣戦は1つの関門となりそうだ。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆FC東京</span>[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180424_28_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:林彰洋 DF:室屋成、チャン・ヒョンス、森重真人、小川諒也 MF:大森晃太郎、高萩洋次郎、橋本拳人、東慶悟 FW:ディエゴ・オリヴェイラ、永井謙佑 監督:長谷川健太 ▽再び連勝街道に入りたいFC東京は、前節の清水エスパルス戦と同じメンバーをピッチに送り出すと予想。結果を残しているFWディエゴ・オリヴェイラ、FW永井謙佑の2トップをはじめ、好調を維持する選手たちを継続して起用するだろう。 <span style="font-weight:700;">◆サンフレッチェ広島</span>[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180424_28_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:林卓人 DF:和田拓也、野上結貴、水本裕貴、佐々木翔 MF:川辺駿、吉野恭平、青山敏弘、柏好文 FW:パトリック、ティーラシン 監督:城福浩 ▽無敗で首位をひた走る広島は若干のメンバー変更か。前節は途中出場となったMF吉野恭平、MF川辺駿、FWティーラシンが先発と予想。FW渡大生、MF稻垣祥、MF柴崎晃誠に代わっての出場となるだろう。好調FWパトリックは引き続き先発。ターンオーバーを最小限にし、首位独走を目指す。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆FWディエゴ・オリヴェイラ</span>(FC東京)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180424_28_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽FC東京の注目選手は、得点ランキングで上位を狙うディエゴ・オリヴェイラだ。ここ3試合は勢いが衰えたものの、第4節から第6節までのゴールラッシュは圧巻。FC東京の得点を担う存在として、堅守の広島相手にどこまで通用するか。周りの選手の活かし方にも注目だ。 <span style="font-weight:700;">◆GK林卓人</span>(サンフレッチェ広島)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180424_28_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽首位をひた走る広島の注目選手は、絶対的な守護神である林だ。今シーズンは鹿島アントラーズ戦、柏レイソル戦でPKストップ。9試合で2失点という鉄壁の守備は、最終ラインと林によってもたらされている。2月・3月度の月間MVPの実力を今節も発揮し、クリーンシートでチームの勝利に貢献できるか。 <span style="font-weight:700;">◆首位攻防、ほこ×たて対決</span> ▽首位攻防戦というには勝ち点差が「9」もあり、接戦とは言えない状況だ。しかし、裏を返せば2位のFC東京にとっては負けられない戦いとなり、2位以下の団子状態を見れば、しっかりと広島の背中を追いたいところだろう。 ▽FC東京はここまで13得点を記録し、リーグ2位タイの得点力を見せている。一方の広島は、ダントツでリーグ最少の2失点。さらに得点は「12」と最強のほこ×たてを持っている状態だ。 ▽試合のカギは先制点。広島が先制すれば、しっかりと守備を構築した上で、少ないチャンスを狙ってくるだろう。FC東京が先制すれば、勢いに乗るはず。ディエゴ・オリヴェイラの強さ、永井謙佑のスピード、両サイドからのアタックと、広島守備陣を脅かすはずだ。 ▽広島の独走か、FC東京の追走か。注目の一戦は25日(水)の19時にキックオフを迎える。 2018.04.24 21:15 Tue
twitterfacebook
thumb

パト3戦連発の首位広島が5連勝! 鳥栖4連敗《J1》

▽21日にエディオンスタジアム広島で行われた明治安田生命J1リーグ第9節のサンフレッチェ広島vsサガン鳥栖は、ホームの広島が1-0で勝利した。 ▽広島は、パトリックの相方として渡を先発起用。対する鳥栖は、ビクトル・イバルボが引き続き欠場となり、趙東建と小野の2トップをスターティングメンバーにチョイスした。 ▽試合は、開幕から無敗を続ける首位の広島がペースを握る展開に。連動した攻守で敵陣内で時間を進め、ターゲットマンのパトリックを中心に鳥栖のゴールマウスに襲いかかっていく。 ▽その中で、ボールを握れば積極的に広島ゴールに迫る鳥栖は30分、バイタルエリア中央で左サイドからのパスに反応した原川が右足インサイドのシュート。だが、これはクロスバーを叩く。 ▽互いに決定打を欠くまま後半へ。一進一退の攻防に持ち込む鳥栖が引き続き攻勢を強める中、61分に小野に決定機が巡ってくるが、右サイドからのクロスに合わせたヘディングシュートを枠に飛ばせない。 ▽なかなか鳥栖の守備ブロックを攻略できずにいる広島。ティーラシン、吉野を立て続けにピッチに送り込み、攻撃の活性化を図るが、有効打を見いだせず、時間だけが過ぎていく。 ▽それでも、広島は83分、ついに均衡を破る。細かいパスワークで鳥栖を押し込むと、バイタルエリア中央でティーラシンの落としからパトリックが右足ダイレクト。これが決まり、広島が先制した。 ▽パトリックの3戦連発となるシーズン6得点目でリードした広島はその後、3連敗の悪い流れを何とか断ち切ろうと反撃に出てきた鳥栖の追随を受けるが、危なげなく5連勝を飾っている。 2018.04.21 15:57 Sat
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 4月20日は、今季広島の堅守を支えるCB

◆野上結貴 【Profile】 出身:日本 誕生日:1991/4/20 ポジション:DF クラブ:サンフレッチェ広島 身長:180㎝ 体重:67kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、4月20日はサンフレッチェ広島DF野上結貴だ。 ▽東京都出身の野上はサッカー名門校の桐蔭横浜大学を経て横浜FCに加入。大学3年生だった2012年4月に特別指定選手としてFC岐阜戦でJリーグデビューを果たした。翌シーズンに正式に加入となりプロ1年目から主力として活躍した。 ▽2016年7月からは広島に活躍の場を移す。昨シーズンは主戦場のセンターバックではなく守備的MFでの起用が多かったがリーグ戦24試合に出場。今季は負傷したDF千葉和彦に代わって本来のセンターバックでチャンスを掴むと、安定した守りで城福浩監督の心を掴んだ。現在リーグ2失点の広島の強固なディフェンスを支える1人だ。 ※誕生日が同じ主な著名人 コウメ太夫(お笑い芸人) 鬼木達(サッカー指導者/川崎フロンターレ) 宇治原史規(お笑い芸人/ロザン) シェイ・ギブン(元サッカー選手) HIRO(お笑い芸人/安田大サーカス) 月亭八光(落語家) ミランダ・カー(モデル) 2018.04.20 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

広島GK林卓人がJ1リーグ2・3月度月間MVPに!《Mastercard月間MVP》

▽Jリーグは17日、2・3月度の「明治安田生命JリーグMastercard priceless japan 月間MVP」として、J1リーグからサンフレッチェ広島のGK林卓人を選出した。 ▽林は、今シーズンの明治安田生命J1リーグ開幕から全試合に先発。2度のPKストップを成功させるなど、絶対的守護神として開幕から無敗で首位を走る広島に大きく貢献した。 ▽Jリーグは、受賞者である林のコメントとJリーグ選考委員会による総評を次のように紹介している。 ◆GK林卓人(サンフレッチェ広島) 「今回は僕が月間MVPを受賞することになりましたが、個人というよりも、チーム全体の守備を評価していただいての賞だと思っています。みんなの守備意識の高さが評価され、うれしく思います。これからも失点を減らしながらチームとしていい守備をし、勝利に貢献できるように頑張ります。サポーターの皆さんに勝利を届けるため、もっと自分自身を高めていきたいです」 ◆Jリーグ選考委員会による総評 「2、3月は5試合1失点という安定したパフォーマンスが光り、首位に立つ広島を支えている。第3節の鹿島戦では相手FW金崎のPKを読みきり、続けざまのピンチも体を張って防いでチームの完封勝利に大きく貢献。安定したセービングからくる自信が構えの良さ、備えの良さにも繋がっており、決定的なピンチを幾度も防ぐ活躍が認められMVPに選出された」 2018.04.17 16:00 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース