広島MF丸谷拓也に第二子となる長女が誕生2017.11.12 15:09 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽サンフレッチェ広島は12日、MF丸谷拓也に第二子となる長女が11日に広島市内の病院で誕生したことを発表した。

▽鳥取県出身の丸谷は、2008年に境高校から広島に加入。今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグに6試合、YBCルヴァンカップに7試合、天皇杯に1試合出場している。

コメント

関連ニュース

thumb

広島、MFミキッチの今季で退団発表…在籍9年、3度のJ1制覇に貢献

▽サンフレッチェ広島は13日、クロアチア人MFミキッチ(37)が契約期間満了に伴い、今シーズン限りで退団することを発表した。26日にホームで行われる明治安田生命J1リーグ第33節のFC東京戦後、ミキッチはサポーターに挨拶する。 ▽ミキッチは、ディナモ・ザグレブやカイザースラウテルン、リエカなどを経て、2009年から広島に加わり、過去3度のJ1制覇(2012年、2013年、2015年)に貢献。鋭い仕掛けと相手の急所を突く高精度のクロスを武器に右サイドの支配者に君臨し、在籍9シーズンでJ1リーグ通算221試合8ゴールをマークした。今シーズンはここまでJ1リーグ15試合に出場して1ゴールを記録している。 ▽サポーターからも愛されてきたミキッチは、自身の退団発表を受けて、次のようにコメントしている。 「私、ミハエル・ミキッチは2017シーズンをもちましてサンフレッチェ広島を退団することを決断しました」 「今回の決断に至るまでにさまざまな葛藤がありました。その中で自分自身に問いかけた結果、まだ現役としてプレーできる自信があり、自分を戦力として必要としてくれるチームがある限り、そのチームのために全力で走り続けたいという気持ちが強くありました」 「振り返れば、在籍した9年間はとても充実していました。ペトロヴィッチ、森保監督という素晴らしい指導者の下、才能豊かな選手達と共に魅力的なサッカーで3つのJ1タイトル、2回のFIFAクラブW杯出場など、最高のキャリアを築けたことは忘れられない思い出です」 「残念ながら、来シーズンは広島でプレーすることができなくなりました。そして、現在のチーム状況でプレーでチームを助けることはできないかもしれません。しかし、残り3試合、J1残留に向けて、自分にできることを全て捧げたいと思います。最後の最後まで厳しい戦いになるとは思いますが、我々選手は全力で戦います。皆さまの熱い声援をよろしくお願いします」 「9年間、ありがとうございました」 2017.11.13 17:40 Mon
twitterfacebook
thumb

広島がJ1残留に向けてサポーターへメッセージ「自分を信じ、仲間を信じ、必ず残留をつかみ取りたい」

▽サンフレッチェ広島は10日、クラブ公式サイトへ残り3試合に向けた声明を掲載した。 ▽今シーズンは開幕当初から苦戦が続いた広島は、シーズン途中に森保一監督を解任し、ヤン・ヨンソン監督を招へい。一時は降格圏を脱したが、残り3試合となった現時点でJ2降格圏の16位。残留圏の15位ヴァンフォーレ甲府とは勝ち点差1となっている。 ▽最下位のアルビレックス新潟が勝ち点を積み上げ、17位の大宮アルディージャが伊藤彰監督を解任し石井正忠監督を招へいするなど、残留に向けて下からの追い上げがある中、広島はクラブ公式サイトに織田秀和 代表取締役社長のメッセージを掲載。残留に向け、サポーターへ熱く呼びかけた。 「いつもサンフレッチェ広島に熱いご声援をお送りいただき、誠にありがとうございます」 「2017シーズンは、残すところわずか3試合となりました。しかし、現在チームは16位とJ2降格圏に位置しております。皆さまから力強い後押しを受けながらも、ご期待に応える結果を出すことができておらず、深くお詫び申し上げます。ファン・サポーターの皆さまからは厳しいお言葉も数多くいただいておりますが、これもすべて、サンフレッチェ広島を愛していただいているからこその想いであると、真摯に受け止めております」 「シーズン序盤の成績を受けて、7月中旬に監督が交代して以降、現在はクラブのOBでもあるヤン・ヨンソン監督が指揮を執り、夏の登録期間(ウインドー)では丹羽大輝選手、パトリック選手らを補強し、チームの再構築に取り組んで参りました。その結果、一時は降格圏を脱出するなど浮上の兆しを見せたものの、10月は首位を独走する鹿島アントラーズを始めとした上位チームとの対戦で3連敗を喫し、再び降格圏に戻ることとなりました」 「そのような状況の中、残り3試合はクラブの未来がかかった非常に重要な戦いとなります。全身全霊を尽くして戦い、J1残留を果たすことが私たちの責務であると強く認識しています。勝利をつかみとるために、今一度、選手・スタッフ、フロントが心を一つにし、日々の練習から強い気持ちで臨んでいく所存です」 「私たちは、最後の1分1秒まで残留を信じて戦い抜きます。ぜひ、ファン・サポーターの皆さまもスタジアムに足をお運びいただき、ピッチの上で死力を尽くして戦う選手たちを、後押ししていただけないでしょうか。紫に染まったスタジアム、やむことなく続く拍手、声援は、苦しいときに一歩でも多く、一歩でも速く前に進もうとする選手たちにとって、何ものにも代えがたいエネルギーとなります」 「サンフレッチェ広島を愛する皆さまのすべての想いを束ねて、自分を信じ、仲間を信じ、必ず残留をつかみ取りたいと思いますので、どうか私たちに皆さまの力をお貸しください」 「応援をよろしくお願い申し上げます」 株式会社サンフレッチェ広島 代表取締役社長 織田秀和 ▽広島は、インターナショナルマッチウィーク明けの18日にヴィッセル神戸とアウェイで、26日にホームでFC東京と対戦。最終節の12月2日にはアウェイで柏レイソルと対戦する。 2017.11.10 14:20 Fri
twitterfacebook
thumb

広島の元日本代表FW皆川に第二子となる長男が誕生!

▽サンフレッチェ広島は6日、元日本代表FW皆川佑介(26)の第二子となる長男が、同日朝に誕生したことを発表した。 ▽埼玉県所沢市出身の皆川は、前橋育英高等学校、中央大学サッカー部でのプレーを経て2014年にサンフレッチェ広島に入団。同年3月のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)で公式戦デビューを果たすと、4カ月後にはJ1リーグでも初出場を飾った。 ▽初年度からクラブでの出場機会を徐々に増やすと、その年の内に日本代表に大抜擢。しかし、9月5日に行われたキリンチャレンジカップのウルグアイ戦でデビューをしたものの、代表キャップはその1試合のみに留まっている。 ▽今シーズンの皆川は、J1第31節終了時点で17試合に出場して1得点。16位に沈み残留争い渦中のチームで、先発出場は8試合のみと苦しいシーズンとなっている。 2017.11.06 18:56 Mon
twitterfacebook
thumb

Jユース杯ベスト4進出クラブ決定! 京都U-18、広島ユース、G大阪ユース、川崎FU-18が4強《Jユースカップ》

▽2017Jユースカップ 第25回Jリーグユース選手権大会のベスト4進出クラブが決定した。 ▽Jクラブ運営の高校年代育成組織で争う同大会は、10月14日に開幕。福島ユナイテッドFC、藤枝MYFC、FC琉球を除く51クラブのJリーグ育成組織に加えて、東日本、関東、中日本、西日本の地域予選を勝ち上がった4クラブを合わせた計55チームのトーナメント方式で行われる。 ▽今大会の準決勝に駒を進めたのは、京都サンガF.C.U-18、サンフレッチェ広島ユース、ガンバ大阪ユース、川崎フロンターレU-18のJクラブ勢。12日に行われる準決勝の対戦カードは、京都U-18vs広島、G大阪ユースvs川崎FU-18に決まった。 ▽なお、準決勝の会場は2カード共にキンチョウスタジアム。勝ち上がった2チームは、19日に長野Uスタジアムで行われる決勝(13時キックオフ)を戦う。 ◆準決勝 ▽11/12 《11:00》 京都サンガF.C.U-18vsサンフレッチェ広島ユース 《14:00》 ガンバ大阪ユースvs川崎フロンターレU-18 [@キンチョウスタジアム] 2017.11.06 13:50 Mon
twitterfacebook
thumb

降格危機の広島が長澤弾の浦和に屈して3連敗《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第31節のサンフレッチェ広島vs浦和レッズが29日にエディオンスタジアム広島で行われ、0-1で浦和が勝利した。 ▽ここまで6勝9分け15敗で降格圏の16位と苦しむ広島(勝ち点27)と同13勝7分け10敗で7位に位置する浦和(勝ち点46)が相まみえた。2連敗中の広島は、0-3で敗れた前節の川崎フロンターレ戦からGK中林、森島、皆川に代えてGK林、柴崎、パトリックを起用。一方の浦和は、3-3で引き分けた前節のガンバ大阪戦からマウリシオとズラタンに代えて宇賀神と武藤を起用した。 ▽試合はアウェイでもボールを保持していく浦和に対して、広島はカウンターに活路を見いだそうとする展開となる。最初の決定機は25分にセットプレーから広島が創出。CKの流れからペナルティアーク付近の青山がハーフボレーを放つ。鋭いシュートが枠を捉えたが、コースが甘くGK西川に弾かれる。 ▽ハーフタイムにかけても拮抗した展開が続く。広島は、39分に青山が負傷してプレー続行不可能となり、野上との交代を余儀なくされる。前半終了間際にはゴール前へ抜けだした興梠がチャンスを迎えるがシュートをミートさせることができず、絶好機を生かせない。結局、両者共に決定打を欠いた前半はゴールレスのまま終了する。 ▽迎えた後半、先にゴールへ近づいたのは浦和。51分、カウンターからボックス左にラファエル・シルバが抜け出す。ラファエル・シルバはゴール右下を狙ったシュートを放つも、GK林のセーブに遭って先制点とはならない。 ▽それでも、61分には浦和がゴールをこじ開ける。右サイド深くから遠藤が入れた好クロスに正面に走り込んだ長澤がフリーの状態でボレー。これが決まり、長澤のJ1初ゴールにより浦和が先行した。 ▽その後、広島は68分に丹羽を下げてフェリペ・シウバ、76分には柴崎に代えて皆川を投入してリスクを冒して攻める。アディショナルタイムにはパトリックが最終ライン裏に抜け出すも、GK西川にセーブされて一対一を制することができず、試合終了。広島は残留に向けて厳しい3連敗を喫している。 2017.10.29 18:08 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース