昇格PO進出を目指す徳島に痛手…DF広瀬陸斗が左ハムストリング肉離れ2017.11.12 15:09 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽徳島ヴォルティスは12日、DF広瀬陸斗が左ハムストリングス肉離れと診断されたことを発表した。全治については明かされていない。

▽広瀬は、10月22日に行われた明治安田生命J2リーグ第38節のロアッソ熊本戦(1-1で引き分け)にフル出場。しかし、その一戦で負傷した模様だ。

▽埼玉県出身の広瀬は2015年に水戸ホーリーホックから徳島に加入。今シーズンは明治安田生命J2リーグでここまで13試合に出場している。

コメント

関連ニュース

thumb

徳島、マドリー下部組織出身のスペイン人FWバラル加入を発表!

▽徳島ヴォルティスは22日、スペイン人FWバラル(35)がカディスCF(スペイン2部)から完全移籍で加入するを発表した。背番号は「26」を着用することが決定している。 ▽サン・フェルナンドの下部組織でキャリアをスタートさせたバラルは、レアル・マドリーの下部組織に入団した後、レアル・マドリー・カスティージャ(Bチーム)まで昇格したが、プロデビューはスポルティング・ヒホンで飾った。その後、トルコやUAE、キプロスのクラブや、レバンテ、グラナダを渡り歩き、昨年夏にカディスに移籍。昨シーズンは、スペイン2部で28試合6ゴールを決めている。 ▽スポルティングでの2008-09シーズンに公式戦41試合14ゴール、レバンテで過ごした2014-15シーズンには公式戦38試合13ゴールを記録した実績を持つストライカーだ。 ▽バラルは、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆FWバラル 「はじめまして、バラルです。徳島ヴォルティスに来ることが出来て嬉しいです。自分にできる最大限の力を出して戦います。そして、チームのためにたくさんのゴールを決められるように頑張ります。応援よろしくお願いします」 2018.07.22 15:55 Sun
twitterfacebook
thumb

徳島、名古屋FW押谷祐樹を完全移籍で獲得「移籍したことを後悔してもらえるように頑張る」

▽徳島ヴォルティスは19日、名古屋グランパスからFW押谷祐樹(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「47」、ユニフォーム表記は「OSHI」に決定している。 ▽押谷は2017年にファジアーノ岡山から名古屋に加入。今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグに7試合、YBCルヴァンカップに5試合、天皇杯に1試合出場している。 ▽徳島への完全移籍が決定した押谷は、両クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆徳島ヴォルティス 「名古屋グランパスから加入しました押谷祐樹です。夏の移籍で難しいこともありますが、徳島ヴォルティスの勝利のために全力で頑張りますので応援よろしくお願いします。徳島は試合でしか訪れたことがないので、おすすめスポットや美味しい食べ物をぜひ教えてください」 ◆名古屋グランパス 「この度、徳島ヴォルティスに移籍することになりました。1年半という期間でしたが、ありがとうございました」 「オファーをもらい考えた結果、試合に出たい気持ちが強く移籍することを決心しました。なかなか活躍できずチームに迷惑をかけてしまうこともありましたが、応援してくださったファン、サポーターの方々には感謝しています」 「そしてゲーフラを作ってくれたり、ユニフォームやグッズを買ってくださった方たちには本当に申し訳なく思っています。去年のプレーオフ決勝は試合には出られなかったですが、あの一体感は最高でしたし、一生の思い出です」 「そんなグランパスのユニフォームを着て試合に出場できたことを誇りに思います。グランパスは最下位にいるチームではないと思いますし、後半戦の巻き返しを願っています。僕も移籍したことを後悔してもらえるような活躍をできるよう頑張ります」 2018.07.19 13:15 Thu
twitterfacebook
thumb

徳島、アルゼンチン人FWオルシーニの完全移籍、ブラジル人FWナタン・ジュニオールとの契約解除を発表

▽徳島ヴォルティスは18日、アルゼンチン人FWオルシーニ(23)がSAサリメント(アルゼンチン2部)に完全移籍し、ブラジル人FWナタン・ジュニオール(29)とは双方合意のうえ契約を解除することを発表した。 ▽アルゼンチン人のオルシーニは、2016年に徳島入りすると、同年に日本代表MF本田圭佑が実質的なオーナーを務めていたオーストリアのSVホルンに期限付き移籍。2017年7月からはファジアーノ岡山に半年間、今シーズンからはスポルティボ・ルケーニョ(パラグアイ)に1年半の期限付き移籍で加入していた。 ▽ブラジル人のナタンは、今シーズンにアル・ファティフ(サウジアラビア)から徳島に完全移籍。しかし、3月17日に行われたトレーニングで負傷したナタンは右ヒザ関節骨軟骨損傷と診断され、5月初旬に検査のためブラジルに一時帰国した後、5月11日に同箇所の手術を受けた。全治は手術日から約3カ月とされており、再来日の日程が待たれていた中での契約解除となった。なお、ここまで公式戦の出場は記録されていない。 ▽両名は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントした。 ◆FWオルシーニ 「徳島ヴォルティスに貢献することができなかったことが何より心残りです。ファン・サポーターの皆さまには申し訳ない気持ちでいっぱいです。クラブが今年J1へ昇格できると信じています。アルゼンチンに戻りプレーしますが、今後とも応援いただけると幸いです」 ◆FWナタン・ジュニオール 「徳島ヴォルティスの選手、クラブ関係者、そしてファン・サポーターの皆様と短い時間でしたが、とても良い経験と一生の思い出になりました。チームが目標を達成出来ることを願っています。また、いつか徳島ヴォルティスに戻れるように一生懸命頑張ります。大変お世話になりました」 2018.07.18 18:40 Wed
twitterfacebook
thumb

徳島MF内田航平が全治6週間の離脱…練習試合で負傷

▽徳島ヴォルティスは3日、MF内田航平の負傷離脱を発表した。 ▽内田は6月24日に行われた武漢卓爾職業足球倶楽部との練習試合中に負傷。左上腕骨大結節亀裂骨折、腱板損傷で全治6週間の見込みだ。 ▽内田は水戸ホーリーホックから今シーズン入団。ここまで明治安田生命J2リーグで出場機会がない。 2018.07.03 17:35 Tue
twitterfacebook
thumb

徳島の長身FW山崎凌吾、完全移籍で湘南へ 「1日でも早く湘南スタイルに」

▽湘南ベルマーレは2日、徳島ヴォルティスに所属するFW山崎凌吾(25)の完全移籍加入を発表した。背番号は「38」に決定している。 ▽岡山県出身の山崎は、福岡大学在学中の2013年に特別指定選手としてサガン鳥栖に入団。2015年に鳥栖入りが正式決定すると、翌2016年から徳島に期限付き移籍した。その翌年、徳島に完全移籍加入。同年に身長187cmの大型FWとして明治安田生命J2リーグ40試合5得点を挙げ、今シーズンもここまで18試合3得点を記録した。 ▽シーズン途中で湘南移籍を決断した山崎は両クラブの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 ◆湘南ベルマーレ 「この度、湘南ベルマーレに加入することになりました山﨑凌吾です。湘南ベルマーレの一員になれたことを本当に嬉しく思います。1日でも早く湘南スタイルに適応し、チームの勝利のために犠牲心を持って精進していきます。これからどうぞよろしくお願いします」 ◆徳島ヴォルティス 「このたび、湘南ベルマーレに移籍することになりました。シーズン途中にチームを離れることを大変申し訳なく思っていますし、本当に悩みました。色々なことを考えた中でこのチャンスに挑戦したいという思いが強く、J1でチャレンジすることを決めました」 「また、再びJ1の舞台でプレー出来るチャンスを頂けたのは徳島ヴォルティスというチームでプレーしていなかったら出来なかったと思っています。それほど、徳島ヴォルティスでは成長させていただきました」 「そして何より、チームがどのような状況でも変わらず応援してくださったファン・サポーターのみなさまには感謝の気持ちでいっぱいです。「山﨑チャント」が本当に大好きでした」 「徳島ヴォルティスクラブ関係者、ファン・サポーターの皆さま、監督、スタッフ、選手、徳島ヴォルティスに関わる全ての皆さまに、J1で活躍する姿を見せることが僕にとって出来る恩返しだと思います。2年半という短い期間でしたが、本当にありがとうございました」 2018.07.02 14:15 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース