バカヨコ、今夏手術の古傷再発か2017.11.12 15:10 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーに所属するフランス代表MFティエムエ・バカヨコが負傷したようだ。イギリス『サン』が報じた。

▽11月のフランス代表メンバーから外れたバカヨコは、チェルシーでトレーニング中にヒザを負傷。今夏に手術した同箇所を再び痛めた恐れがあるという。

▽バカヨコは今夏にモナコから推定4000万ポンド(約59億8000万円)で加入。当初こそ負傷で出遅れたものの、ここまで公式戦15試合2ゴール3アシストを記録している。

▽チェルシーはプレミアリーグ11試合終了時点で7勝1分け3敗の4位。代表ウィーク明けの18日に行われるプレミアリーグ第12節でWBAとのアウェイゲームに臨む。

コメント

関連ニュース

thumb

交代に怒り爆発のモラタ、試合後にSNSで謝罪「決定的なチャンスを外して…」

チェルシーのFWアルバロ・モラタが、バーンリー戦の交代時に見せた自身の行動を謝罪している。<br><br>19日にチェルシーは、プレミアリーグ第31節で7位バーンリーと対戦。勝ち点を落とせない戦いが続くアントニオ・コンテ監督は、この試合でモラタとオリヴィエ・ジルーという2人のストライカーを先発で同時起用した。試合は、2-1で勝利している。<br><br>しかし、試合中にトラブルも。69分にヴィクター・モーゼスが決勝点を決めた直後の71分、モラタはエデン・アザールと交代に。GKと1対1の場面を外してフラストレーションを溜め込んでいたスペイン代表FWは、交代後にスパイクとすね当てを投げ捨てるなど怒りを露わにしていた。<br><br>物議を醸す行動をとったモラタだったが、試合後に自身のツイッターで後悔と謝罪を綴っている。<br><br>「この勝ち点3は、僕らにとって非常に重要だ。今日の勝利は日曜日の試合(FAカップ準決勝サウサンプトン戦)へ最高の準備になった。ベンチに下がった時にとった行動を謝罪したい。チャンスを逃した時、自分自身に対してものすごく怒りを感じていた」<br><br>コンテ監督は、モラタについて「あの場面で決めきれず、自信にも影響を与えかねないから怒り狂うはずだ」と心境を理解していると言及。続けて「以前は2人のストライカーを同時に起用することは不可能と思っていたが、今日彼らは素晴らしい働きを見せた。70分辺りでアザールを入れるのが良いと判断したが、彼らのプレーに満足している」と得点こそなかったものの、働きを評価している。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.04.20 20:45 Fri
twitterfacebook
thumb

モーゼス2G演出のチェルシーが5連勝バーンリーに辛勝! コンテ100試合目を白星で飾り4位スパーズと5ポイント差に《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第31節延期分、バーンリーvsチェルシーが19日にターフ・ムーアで行われ、アウェイのチェルシーが2-1で勝利した。 ▽前節、サウサンプトン相手に2点ビハインドを背負うも“8分間”の逆転劇でリーグ戦3試合ぶりの勝利を手にした5位チェルシー(勝ち点60)。逆転でのトップ4フィニッシュに向けては未だ厳しい立ち位置にいるが、ミッドウィークの試合で4位トッテナム(勝ち点68)がブライトンと引き分けたため、勝ち点差を縮める格好のチャンスを得た。 ▽直近5連勝で6位アーセナル(勝ち点54)に肉薄する絶好調の7位バーンリー(勝ち点52)のホームに乗り込んだ今回の一戦に向けてコンテ監督はサウサンプトン戦から先発6人を変更。3試合出場停止のマルコス・アロンソやアザール、クリステンセン、ウィリアンらが先発を外れ、プレミア初先発のエメルソン・パルミエリやバカヨコら控えメンバーを起用。さらに、前節途中出場で2ゴールのジルーがモラタと初めて先発から同時起用され、22日に予定されるFAカップ準決勝のサウサンプトン戦を睨んだ主力温存のメンバー構成となった。 ▽ジルーとモラタを2トップに配し、中盤をカンテのアンカー、ペドロ、バカヨコという逆三角形で構成する[3-5-2]の布陣で臨んだチェルシーは6分にボックス内で足元に収めたジルーが反転シュートを放つなど、積極的な入りを見せる。さらに11分にはペドロからのクサビのパスをジルーが絶妙なフリックでモラタに通すと、このままボックス右まで持ち込んで右足でシュート。しかし、これはGKポープが巧みにコースを消してブロックした。 ▽その後も2トップを起点に良い形で背後を取るシーンが目立つチェルシーは20分に幸運な形から先制に成功する。最終ラインのケイヒルから右サイドのスペースに飛び出すモーゼスにフィードが通る。このままボックス右ゴールライン際まで抜け出したモーゼスが強引に折り返すと、ゴール前でGKとDFケビン・ロングにディフレクトしたボールがゴールネットに吸い込まれた。 ▽敵地でリードを手にしたチェルシーは徐々に相手の反撃に遭うも、DFケイヒルらの身体を張った守備で何とか凌ぐと、ここから鋭いカウンターで追加点に迫る。29分にはボックス手前中央で得たFKをペドロ、40分には中央突破したカンテがミドルシュートを狙うが、いずれも枠を捉えることはできず。それでも、難所ターフ・ムーアで安定した試合運びをみせ、前半を1点リードで終えた。 ▽迎えた後半、ケイヒルのトラップミスからピンチを招くなどややバタ付くチェルシー。それでも、55分には絶好の追加点のチャンスが訪れる。相手CKの二次攻撃をカンテが見事な読みでインターセプト。オフサイドにならないハーフウェイライン手前でカンテの縦パスに抜け出したモラタが相手陣内を独走。ボックス内でGKと一対一になるが、ニアを狙ったシュートはわずかに枠の右に外れ、ベンチサイドの指揮官を含めてアウェイサポーターは思わず頭を抱えた。 ▽すると、ピンチの後にチャンスあり。ここまで攻撃が機能していなかったバーンリーが同点に追いつく。64分、ボックス手前でグズムンドソンが低い弾道の左足ミドルシュートを放つと、これがゴール前の味方バーンズの踵付近に当たって大きくコースが変わりゴール左隅へ突き刺さった。 ▽決定機逸に不運な形での失点と逆境に立たされたチェルシーだったが、早い時間帯に勝ち越しゴールを奪う。69分、左サイドでエメルソンが精度の高いクロスを供給。これを中央のジルーがスコーピオンキックで狙うもわずかに届かない。それでも、ファーサイドに流れたボールをトラップしたモーゼスが冷静にニアサイドに低い弾道のシュートを流し込んだ。 ▽追いつかれた先ほどの展開は避けたいコンテ監督は72分にモラタを下げてアザールを投入。カウンターの鋭さを磨くことで相手の前がかりな攻撃をけん制しつつ、試合を決める3点目を狙いに行く。一方、追いつきたいバーンリーはボークス、ウェルズの投入でゴールを目指す。 ▽試合終盤にかけても一進一退の攻防が続いたものの、アザールらのボールキープでうまく時計を進めたチェルシーがこのまま逃げ切って2-1の勝利。好調バーンリーに競り勝ってコンテ監督のブルーズ100試合目を白星で飾ったチェルシーは、4位トッテナムとの勝ち点差を「5」に縮めた。 2018.04.20 05:48 Fri
twitterfacebook
thumb

危険タックルのチェルシーDFマルコス・アロンソの3試合出場停止が確定

▽イングランド・サッカー協会(FA)は19日、チェルシーのスペイン代表DFマルコス・アロンソに対し、3試合の出場停止処分を下すことを発表した。公式サイトが伝えた。 ▽FAの発表によると、マルコス・アロンソは14日に行われたプレミアリーグ第34節、サウサンプトン戦(3-2でチェルシーが勝利)で暴力行為を犯していたとのこと。この行為に対し、3試合の出場停止処分を下すことを決定した。 ▽マルコス・アロンソは、サウサンプトン戦の43分にFWシェーン・ロングのふくらはぎにスパイクの裏を入れる悪質なプレーを行っていた。 ▽処分に対する異議申し立てを行っていたが、18日の聴聞会で棄却されていた。 ▽なお、主審のマイク・ディーンはこのプレーを見逃し、試合中にはお咎めがなかったが、後に行われたビデオ判定の結果、処分が下されることとなった。 ▽今回の処分により、マルコス・アロンソはFAカップ準決勝のサウサンプトン戦、プレミアリーグのバーンリー戦とスウォンジー戦を欠場することになる。 2018.04.19 19:15 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシーの新指揮官はサッリが濃厚に

▽ナポリのマウリツィオ・サッリ監督(59)が、次期チェルシー指揮官のポールポジションに立っているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽今季の成績不振やクラブ幹部との軋轢から、アントニオ・コンテ監督の退任が確実視されているチェルシー。クラブはコンテ監督の後釜となり得る指揮官を水面下で探していると伝えられており、今回の報道によれば、サッリ監督が後任の第一候補となっているようだ。一方で、サッリ監督自身もこれまでイタリアのクラブで指揮した経験しかなく、海外での新たな挑戦に意欲的なようだ。 ▽2012年に当時セリエBに所属していたエンポリに就任したサッリ監督は、その年に昇格プレーオフ進出を果たすと、翌シーズンにはセリエA昇格に導いた。2015年から指揮を執るナポリでは、チームに攻撃的サッカーを浸透させ魅力的なフットボールを展開。今季はここまで勝ち点81を獲得し、首位のユベントスとは勝ち点差「4」差で28年ぶりスクデット獲得にあと少しの所まで迫っている。 2018.04.19 15:35 Thu
twitterfacebook
thumb

荒ぶるコンテ…バーンリー指揮官を口撃「残留を目標に戦うのは簡単」メディアに皮肉も

チェルシーのアントニオ・コンテ監督が、記者会見で次戦の相手バーンリー指揮官を口撃。メディアに対しても皮肉を述べた。<br><br>昨シーズンのチャンピオンながら現在5位に低迷するチェルシー。4位のトッテナムとは8ポイント差となっており、チャンピオンズリーグ出場権獲得は厳しくなっている。<br><br>そんな状況の中、19日のバーンリー戦を前にコンテ監督は、敵将ショーン・ダイシ監督の健闘を称えるも、自身の仕事よりも「簡単な仕事」とコメントした。<br><br>「彼は今シーズン、非常に素晴らしい仕事をしている。しかし、シーズン初めから残留を目標に戦うのは非常にシンプルだ。それに、昨シーズン残留争いを勝ち抜いた選手が核にいるのだから、より簡単に仕事ができるはずだ」<br><br>「一方で、何かを勝ち取るために移籍市場から準備しなければならない場合は、より難しい。なぜなら、残留できるチームの数とは違い、優勝は1チームだけだ。しかし、彼らは他の10チームと同じように、降格圏を避けるよう戦えば良いだけだ」<br><br>また、メディアに対しても「君たちはFAカップ、リーグ、カラバオカップで勝てなければ失敗のシーズンだと非難するだろう。しかし、この目標は非常に難しい。我々は自分たちの仕事を全うしてシーズンを終えるだけだ。そして、その後君たちがシーズンを判断すればいい。それは私の仕事ではない」と言い放っている。<br><br>最後に、チャンピオンズリーグ出場権が獲得できるトップ4フィニッシュについて語ったコンテ監督は、「我々はベストのプレーをしなければならないが、それと同時に前を走るチームのことを考えなければならない。彼らはめったにポイントを落とすことのない優れたチームだ」と、トッテナムを抜くことは困難と考えているようだ。<br><br>&nbsp;<br><br> <br>提供:goal.com 2018.04.19 13:55 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース