ブレーメン、年内はコーフェルト暫定監督体制2017.11.12 00:05 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブレーメンは、フロリアン・コーフェルト暫定監督(35)体制で年内を戦いきることを決めたようだ。ブレーメンのスポーツ・ディレクターを務めるフランク・バウマン氏が明かしている。

▽ブレーメンでは10月30日、ブンデスリーガ10試合を終えて5分け5敗の未勝利という成績不振を受けてアレクサンダー・ヌーリ前監督(38)を解任していた。そして、コーフェルト暫定監督の初陣となった3日のフランクフルト戦では1-2と敗れたが、バウマン氏は次のようにコメントし、同監督への信頼を口にした。

「彼は今回のチャンスを掴むのにふさわしい人物だ。ここ数日間の取り組みをみていて、全ての面においてポジティブに判断できるものだったよ。またこれまでの話し合いで、彼以上に納得させられる候補者が現れなかったということもある。これからは年内に残された戦いに集中していくこと。彼なら最下位争いから抜け出してくれることだろう」

▽また、コーフェルト暫定監督は次のように意気込みを語っている。

「状況が難しいことに代わりはないが、しかし私にとっても選手にとっても、むしろ大きなチャンスだとも言えるだろう。ブレーメンは本来、もっと上の位置にいるべきクラブだ。それをピッチで表現していきたい。目標はこの期待に応えるということ、それに向けて全力を尽くす」

コメント

関連ニュース

thumb

残留争うブレーメンとのノルト・ダービーを終盤被弾で敗戦のHSV、クラブ史上初の降格が現実味《ブンデスリーガ》

▽ハンブルガーSVは24日、ブンデスリーガ第24節でブレーメンとのノルト・ダービーに臨み、0-1で敗れた。HSVのDF酒井高徳はフル出場し、FW伊藤達哉はベンチ入りしなかった。 ▽前節レバークーゼン戦を1-2と力負けし、10戦勝利のない17位HSV (勝ち点17)は、酒井高が右ウイングバックではなく[4-2-3-1]の右サイドバックで先発となった。 ▽積極的な入りを見せた15位ブレーメン(勝ち点23)に対し、HSVは自陣に守備ブロックを作って応戦。慎重に試合を進めると、17分にチャンス。フントのヘディングでの落としをボックス内のジャッタがダイレクトでシュートに持ち込むも、GKの守備範囲に飛んだ。 ▽前半半ば以降もブレーメンにボールを持たせたHSVは、ピンチを作られることなく時間を消化。酒井高も守備に徹し、思惑通りゴールレスで前半を終えた。 ▽迎えた後半も自陣に引きながらカウンターを狙うHSVは51分にフントがボックス内から際どいシュートを浴びせて牽制。 ▽その後も重心を下げてブレーメンの攻撃を受けるHSVは72分にピンチ。エッゲシュタインにミドルシュートでゴールを脅かされた。さらに82分、再びエッゲシュタインにヘディングシュートでゴールに迫られるもGKマゼニアが守備範囲で防いだ。 ▽しかし87分、バルグフレーデのインターセプトからボックス左のヨハンソンにシュートを打たれると、ボールはGKの股間を抜けてゴール方向へ。ファン・ドロンゲレンがゴールライン際でクリアにかかったが、詰めたベルフォディルにブロックされてボールはそのままゴールラインを割った。リプレーで見ると、ベルフォディルのポジションがオフサイドで微妙な判定だったが、ゴールは認められた。 ▽これが決勝点となってHSVは惜敗。ダービーを落として11戦未勝利となり、ブレーメンとは9ポイント差を付けられ、クラブ史上初の降格が現実味を帯びてきている。 2018.02.25 04:33 Sun
twitterfacebook
thumb

延長後半投入のベララビが1G1Aの大仕事! ブレーメンとの死闘制したレバークーゼンが4強入り《DFBポカール》

▽DFBポカール準々決勝のレバークーゼンvsブレーメンが6日に行われ、120分間の激闘を4-2で制したレバークーゼンがベスト4進出を果たした。 ▽ブンデスリーガ2位のレバークーゼンと15位のブレーメンによるポカール準決勝進出を懸けた一戦。互いに直近のリーグ戦からのメンバー変更は少なく、ほぼベストメンバーで臨んだ。 ▽試合は劣勢が予想されたアウェイチームが立て続けにゴールをこじ開ける意外な展開に。開始3分、ボックス内でルーズボールに反応したクルーゼがDFターにアフター気味に蹴られてブレーメンがPKを獲得。これをキッカーのクルーゼが冷静に決めて先制点を奪う。 ▽さらに、先制直後にベイリーの決定的なヘディングシュートをGKパブレンカのビッグセーブで凌ぐと、8分には中盤でのパスカットからカウンターを仕掛けてクルーゼの絶妙な浮き球スルーパスに抜け出したA・ヨハンソンがボックス内で飛び出したGKの頭上を抜くループシュートで追加点を挙げた。 ▽ホームで開始10分までに2点のビハインドを負う低調な入りとなったレバークーゼンだが、ここから反撃を開始。すると、31分に圧巻の高速カウンターで1点を返す。右サイドに流れたフォラントとの絶妙なパス交換から中央にできた広大なスペースに飛び出したコールがゴール前まで持ち上がり、DFとGKを完璧に引き付けて左を併走するブラントへプレゼントパス。これを背番号10が難なく流し込んだ。 ▽このゴールをキッカケに一気にヒートアップした試合は互いにカウンターを打ち合う激しい展開に。この流れの中で互いに決定機を作り合ったものの、前半はアウェイチームの1点リードで終了した。 ▽迎えた後半、立ち上がりから攻勢を仕掛けるレバークーゼンは早い時間帯に追いつく。55分、右サイドを持ち上がったコールから中央のラース・ベンダーに横パスが通ると、これをベンダーが左のブラントに短く繋ぐ。最後はブラントが見事な右足のミドルシュートをゴール右上隅に突き刺した。 ▽ブラントのドッペルパックで2-2のイーブンとなった試合は、その後も一進一退の攻防を見せる。互いに前線の個人技を生かした攻めから幾度となくゴールに迫ったが、両守護神の好守などもあり、90分間で決着をつけることはできず。試合は延長戦へと突入する。 ▽互いに消耗が色濃い延長戦では延長前半終了間際にレバークーゼンに決定機。ボックス手前右で得たFKをベイリーが左足で直接狙うが、惜しくも右ポストを叩いた。それでも、完全に主導権を握ったホームチームは延長後半に投入したベララビが大仕事を果たす。111分、ベイリーのFKを中央で競り勝ったアラリオがゴール右のスペースに落とすと、これをベララビが角度のない中でニアを射抜き、勝ち越しゴールを奪取。さらにベララビは試合終了間際にもハフェルツのダメ押しゴールをアシストした。 ▽そして、切り札ベララビの1ゴール1アシストの活躍でブレーメンとの120分間に及ぶ激闘を制したレバークーゼンがベスト4進出を果たした。 2018.02.07 07:30 Wed
twitterfacebook
thumb

両守護神が痛恨のミスも後半AT弾でシャルケに勝ち切ったブレーメンが6戦ぶりの白星《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第21節、シャルケvsブレーメンが3日に行われ、アウェイのブレーメンが2-1で勝利した。 ▽チャンピオンズリーグ(CL)出場権争い中の3位シャルケと、残留争いの真っ只中にいる16位ブレーメンの一戦。試合は立ち上がりから行ったり来たりの主導権争いが続いていく。しかし、共にフィニッシュの場面で苦戦し、なかなか良い形でフィニッシュに持ち込めない。 ▽しかし、20分過ぎにひとつのミスから試合が動く。24分、左サイドでパスを受けたコノプリャンカが中央に切り込みながら右足のミドルシュートを放つ。これに対してブレーメンGKパブレンカが正面で対応するが、何でもないこのシュートをキャッチできず、ボールがゴールネットを揺らした。 ▽相手の信じがたいミスで先制に成功したシャルケだが、その後は相手の反撃を受ける状況が続く。相手が前がかりになったことで、幾度かカウンターチャンスを得るも、2トップと中盤のラインがなかなか繋がらない。それでも、DFナウドを中心とした守備陣が危なげなく相手の攻撃を抑え込み、1点リードで前半を終えた。 ▽迎えた後半、先に動きを見せたのはシャルケ。ベンタレブに代えてゴレツカを投入し、積極的に追加点を狙う選択を行う。すると、この交代で攻撃に推進力と連動性が生まれたホームチームは立ち上がりから攻勢を仕掛けていく。 ▽49分にボックス内へ侵攻したゴレツカが続けてシュートを放つと、54分には左サイドに流れたディ・サントがクロスを匂わせてニアへのシュートを放つが、これは相手GKの好守に遭う。その後も再三の決定機を創出するが、ディ・サントやカリジウリが枠に飛ばせない。 ▽一方、前半以上に攻め手がないブレーメンはヨハンソン、ユヌゾビッチと攻撃的な交代カードを切っていくと、相手の自滅に助けられて同点に追いつく。79分、ボックス手前でベルフォディルがDFナスタシッチに倒されてFKを獲得。このファウルで2枚目のカードをもらったナスタシッチが退場に。さらに、このFKをアウグスティンションが左足で狙うと、正面で対応したGKフェールマンがまさかのファンブル。ここからゴール前で混戦が生まれると、最後はクルーゼが無人のゴールに蹴り込んだ。 ▽数的不利に加え、守護神のミスから追いつかれたシャルケだが、失点直後の83分には勝ち越しのチャンスを迎える。左サイドからカットインしたピアツァが右足の絶妙なコントロールシュートをファーに蹴り込むが、これは右ポストの内側を叩く。 ▽すると、この絶好機を逸したシャルケは試合最終盤に悪夢を味わうことに。後半アディショナルタイム3分、ブレーメンはバイタルエリア中央のヨハンソンが浮き球のパスをゴール前に入れる。これに反応したマキシミリアン・エッゲシュタインが飛び出したGKより先にボールを突いた後に交錯。最後は無人のゴールへ向かうボールにDFより先に反応したユヌゾビッチが押し込み、劇的な逆転ゴールが生まれた。 ▽互いに守護神のミスからスコアが動いた一戦は、劇的な形でホームチームを破ったブレーメンが6試合ぶりの白星を手にした。 2018.02.04 02:04 Sun
twitterfacebook
thumb

バイエルンのU-21オーストリア代表DFフリードルがブレーメンにレンタル移籍

▽バイエルンは25日、U-21オーストリア代表DFマルコ・フリードル(19)がブレーメンにレンタル移籍することを発表した。期間は2019年6月30日までの1年半となっている。 ▽2008年からバイエルンでプレーする左サイドバック兼センターバックのフリードルは、2017年11月にトップチームデビュー。今季はリーグ戦1試合、チャンピオンズリーグ1試合に出場していた。 ▽また、U-15から選出されているオーストリア代表では現在、飛び級でU-21代表に選出されている。 2018.01.26 05:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ミュラー&レヴァンドフスキがドッペルパック! バイエルンが逆転勝利で6連勝《ブンデスリーガ》

▽バイエルンは21日、ブンデスリーガ第19節でブレーメンをホームに迎え、4-2で勝利した。 ▽2018年初戦となった前節レバークーゼン戦を3-1と勝利して5連勝とし、暫定2位のレバークーゼンに13ポイント差を付けている首位バイエルン(勝ち点44)は、レバークーゼン戦をコンディション不良により欠場したレヴァンドフスキとキミッヒがスタメンに戻った。 ▽降格圏の17位ハンブルガーSVと1ポイント差の16位ブレーメン(勝ち点16)に対し、[4-3-3]の布陣で臨んだバイエルンは、右ウイングにロッベン、左ウイングにリベリ、右インサイドにミュラー、左インサイドにハメス・ロドリゲス、中盤アンカーにハビ・マルティネスを配した。 ▽そのバイエルンが徐々に攻勢を強める流れで立ち上がったが、7分にピンチ。左クロスをクルーゼにヘディングで合わせられたシュートが右ポストを直撃した。 ▽ひやりとしたバイエルンは、12分にリベリがGKを強襲するシュートを浴びせると、ハーフコートゲームを展開。しかし、自陣に引いて集中した守備を見せるブレーメンを崩しきるには至らない。 ▽すると25分、クルーゼのスルーパスに抜け出したボックス右のゴンドルフにシュートを流し込まれ、バイエルンは先制を許してしまう。続く26分にもデラネイにGKウルライヒを強襲されたバイエルンは、リベリを起点に打開を図るも、なかなかシュートに持ち込むことはできない。 ▽そんな中41分、J・ボアテングのロングフィードをボックス左で受けたミュラーが胸トラップからボレーシュートをゴール右に決めてバイエルンが同点に追いついた。 ▽1-1で迎えた後半、バイエルンがボールを持つ流れとなったが、56分にピンチ。ゴンドルフにループシュートでゴールを脅かされた。 ▽直後にレヴァンドフスキのボレーシュートでゴールに迫ったバイエルンは、58分にロッベンとハビ・マルティネスに代えてコマンとビダルを投入。すると61分にはCKの流れからビダルがオンターゲットの強烈なシュートを浴びせるも、GKパブレンカの好守に阻止されてしまう。 ▽それでも63分、バイエルンが逆転に成功する。ハメス・ロドリゲスの左CKからレヴァンドフスキがヘッドでゴールに突き刺した。 ▽続く69分のレヴァンドフスキのヒールシュートをGKパブレンカのファインセーブに阻まれたバイエルンは、74分に失点する。クルーゼの右CKがジューレに当たってゴールに吸い込まれた。 ▽それでも77分、右サイドからのミュラーのアーリークロスをレヴァンドフスキがヘッドでゴール右に流し込み、バイエルンが再び勝ち越しに成功した。 ▽その後、ユヌゾビッチのミドルシュートをGKウルライヒが好守で凌いだバイエルンは、84分にハメス・ロドリゲスの浮き球パスに抜け出したボックス中央のミュラーがボレーで蹴り込んで勝負を決定付けた。ミュラーとレヴァンドフスキのドッペルパックでブレーメンを退けたバイエルンが6連勝で首位固めに成功している。 2018.01.22 01:26 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース