長崎がクラブ史上初のJ1昇格! 12戦負けなしのクラブ記録が悲願達成の白星に《J2》2017.11.11 21:06 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽明治安田生命J2リーグ第41節のV・ファーレン長崎vsカマタマーレ讃岐がトランスコスモススタジアム長崎で行われ、3-1で長崎が勝利。この結果、長崎がJ1自動昇格圏内の2位を確定させ、クラブ史上初となるJ1昇格を決めた。

▽J2リーグも残り2節。ここまで22勝8分け10敗で2位につける長崎(勝ち点74)と、8勝14分け18敗で19位につける讃岐(勝ち点38)が激突した。同日の14時に行われた試合で、第40節終了時点で3位だった名古屋グランパスが敗れ、4位のアビスパ福岡が引き分けたため、今節勝利すればJ2自動昇格が決定する長崎。一方の讃岐は、勝利すれば残留が決定する状況だった。

▽両者にとって重要な一戦となった試合は、クラブ史上初のJ1昇格を目指す長崎が立ち上がりから積極的な姿勢を見せる。12分にはボックス手前でパスを受けた島田がミドルシュートを放つが、ゴール右へと外れる。

▽その後も押し込み続けるのは長崎。すると27分、ボックス右手前の島田のスルーパスに反応した飯尾がクロスを入れる。ニアに走り込んだファンマが潰れ、中央に走り込んでいた乾が体で押し込み先制する。

▽先制を許した讃岐は、追い打ちをかける様にアクシデント。ケガの影響か足を気にする高木に代えて森川を投入。しかし、スコアを動かすことなく、前半は1-0で長崎がリードして終える。

▽後半も長崎が讃岐を畳み掛ける。52分、澤田がカットしたボールを吉岡が拾ってドリブルを開始。ボックス手前まで持ち込みファンマに預けると、ファンまがボックス手前やや左から右足でシュートを放つが、これが右ポストに直撃する。

▽このピンチを脱した讃岐が一瞬の隙から同点ゴールを奪う。62分、アレックスの縦パスを受けた馬場が切り返しから右足でクロス。ゴール前に走り込んだ木島徹が合わせると、ボールは右ポストに当たってゴールに吸い込まれた。

▽試合を振り出しに戻された長崎は69分、吉岡に代えて中村を投入して攻撃の活性化を図る。するとその4分後、ファンマが右サイド敵陣深い位置からクロス。これを中村が相手DFと競り合い、ボールはボックス手前に転がる。これに反応した前田が右足インサイドで丁寧にコースを狙い、ゴール右隅を射抜いて勝ち越しに成功した。

▽勝ち越しに成功した長崎は直後、島田に代えて碓井を投入。迎えた82分、その碓井が右サイド敵陣深い位置からクロスを供給。ファンマがニアで潰れると、ゴール前に飛び込んだ翁長が合わせて、長崎がJ1昇格を手繰り寄せる1点を追加する。

▽悲願達成へ大きく近づいた長崎。終盤にはファンマが左足を痛めて負傷交代するアクシデントに見舞われたが、試合はそのまま終了。3-1で勝利した長崎がJ1自動昇格圏内である2位を確定させ、J2参入5年目で悲願のJ1昇格を決めた。

コメント

関連ニュース

thumb

Jリーグアウォーズのゲストプレゼンター決定、WBA世界ミドル級王者のプロボクサー村田諒太が登場

▽Jリーグは22日、12月5日に横浜アリーナで開催される年間表彰式『2017Jリーグアウォーズ』のゲストプレゼンターを発表した。 ▽今回のプレゼンターは、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督のほか、WBA世界ミドル級王者のプロボクサー・村田諒太ら各界で日々活躍する6名に決定した。 ▽総合司会は、スポーツコメンテーターの西岡明彦氏と、フリーアナウンサーの加藤綾子さん。ステージMCは、平畠啓史氏が務める。 ◆総合司会 西岡明彦(スポーツコメンテーター) 加藤綾子(フリーアナウンサー) ◆ステージMC 平畠啓史(タレント) ◆プレゼンター ヴァイッド・ハリルホジッチ(日本代表監督) 加茂周(元日本代表監督/サッカー指導者・解説者) 今井恭司(サッカーカメラマン) 村田諒太(プロボクサー/WBA世界ミドル級王者) 佐藤美希(タレント/2017Jリーグ女子マネージャー) 髙橋ひかる(女優/第96回全国高校サッカー選手権大会応援マネ―ジャー) 2017.11.22 21:15 Wed
twitterfacebook
thumb

群馬、元日本代表FW永井雄一郎、MF村田翔、FW盛田剛平の契約満了を発表

▽ザスパクサツ群馬は22日、FW永井雄一郎(38)とMF村田翔(30)、FW盛田剛平(41)の契約満了を発表した。 ▽永井は1997年に三菱養和SCから浦和レッズに加入してプロキャリアをスタートさせた。その後、カールスルーエ、清水エスパルス、横浜FCなどでプレー。2014年に当時関西リーグ1部のアルテリーヴォ和歌山で1年間プレーし、2015年2月に練習生を経て群馬に入団した。今シーズンは公式戦での出場はなかった。 ▽村田は2017年にブリオベッカ浦安から加入。移籍1年目の今シーズンは明治安田生命J2リーグで2試合に出場した。 ▽盛田は2017年にヴァンフォーレ甲府から加入。今シーズンはJ2リーグで10試合、天皇杯で1試合出場した。 ▽今シーズン限りでの退団が決定した3選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆永井雄一郎 「3年間、ありがとうございました。ザスパでプレーするきっかけを作ってくれた氏家GM補佐、そしてそのチャンスをくださった菅原元GM、には感謝しています。そして自分を応援してくださったサポーターの皆さん、ありがとうございました」 ◆村田翔 「1年間、ありがとうございました。尊敬できるベテラン、最高の同期、あたたかいファン・サポーターの皆様。群馬での生活、悔しい思いの方が多かったですが、最高でした!反逆のTAKE2はまだ終わっていません。また、会いましょう!」 ◆盛田剛平 「この1年間、ピッチ上でチームに全く貢献できなかったこと、ほんとに申し訳なく思います。でも、この悔しいという気持ちがある限り、また来季も現役でチャレンジしたいと思ってます。おおぎやラーメンコラボ第2弾ができないのが、ほんと悔やまれるところではありますが、皆さん、1年間ありがとうございました!! 師範盛田」 2017.11.22 19:36 Wed
twitterfacebook
thumb

湘南、元日本代表DF坪井慶介との契約満了を発表「皆さんと協力、共感できた時間を過ごせた」

▽湘南ベルマーレは22日、元日本代表DF坪井慶介(38)の契約満了を発表した。 ▽東京都出身の坪井は、2002年に福岡大学から浦和レッズに加入してプロキャリアをスタートした。同年にJリーグフェアプレー個人賞とベストヤングプレー賞を受賞すると、2003年にはJリーグベストイレブンを受賞。日本代表にも初選出された。 ▽その後、日本代表として2006年に行われたドイツ・ワールドカップのメンバーに選出され、本大会に2試合出場。クラブでは、2007年にAFCチャンピオンズリーグ優勝を経験し、クラブワールドカップにも出場した。しかし、2007年以降、日本代表では出場機会が減少し、2008年2月に代表を引退した。 ▽クラブではその後、数年に渡って浦和を後方で支えてきたが、2013年から出場機会が激減。2015年に浦和レッズから湘南に加入した。今シーズンは明治安田生命J2リーグで5試合、天皇杯に2試合出場していた。 ▽今シーズン限りでの退団を発表した坪井は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントした。 「まず、湘南ベルマーレというクラブ、そしてそこに携わる方々に感謝しています。ここで過ごした時間は、良いことや楽しいことばかりではなかったですが、監督、コーチ、メディカルスタッフ、チームスタッフ、フロントスタッフ、そしてサポーターの皆さんと日々努力できたことは僕のサッカー人生のなかですごく大きな財産になりました」 「そして自分勝手ではありますが、そんな皆さんと協力、共感できた時間を過ごせたと思っています。3年間本当にありがとうございました」 2017.11.22 17:39 Wed
twitterfacebook
thumb

横浜FC、FW津田知宏、MF寺田紳一、MF野崎陽介、DF小宮山尊信ら6選手の契約満了を発表

▽横浜FCは22日、FW津田知宏(31)、MF寺田紳一(32)、MF野崎陽介(32)、DF楠元秀真(25)、DF小宮山尊信(33)、GK北野貴之(35)の契約満了を発表した。 ▽岐阜県出身の津田は、2016年に徳島ヴォルティスから横浜FCに加入。今シーズンは明治安田生命J2リーグで18試合に出場した。 ▽大阪府出身の寺田は、2013年にガンバ大阪から横浜FCに完全移籍。今シーズンはJ2リーグで10試合、天皇杯に1試合出場した。 ▽三重県出身の野崎は2011年にサガン鳥栖から横浜FCに加入。今シーズンはJ2リーグで15試合2ゴールを記録し、天皇杯に1試合出場している。 ▽千葉県出身の楠元は、2015年に産業能率大学から大学時代にも特別指定選手として登録されていた横浜FCに加入。今シーズンはJ2リーグで3試合、天皇杯に1試合出場した。 ▽千葉県出身の小宮山は、今シーズンに川崎フロンターレから横浜FCに加入。今シーズンはJ2リーグで25試合に出場した。 ▽北海道出身の北野は、今シーズンにセレッソ大阪から横浜FCに加入。今シーズンは天皇杯に1試合出場した。 2017.11.22 17:11 Wed
twitterfacebook
thumb

岐阜、ブラジル人選手2名との契約満了を発表

▽FC岐阜は22日、FWクリスチャン(23)、DFヘニキ(28)との契約を満了することを発表した。 ▽今シーズンから岐阜でプレーしたクリスチャンは、明治安田生命J2リーグ8試合3ゴール、天皇杯1試合に出場。今シーズンに2015年以来2度目の岐阜加入を果たしたヘニキは、2リーグ18試合1ゴール、天皇杯1試合出場をマークした。 ▽両選手はそれぞれクラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 ◆クリスチャン 「日本でプレーするチャンスをくれた岐阜の皆さんに感謝しています。皆さんの温かいサポートには本当に感謝しています。ありがとうございました。来年、J1に昇格するのを期待しています。幸運を祈っています」 ◆ヘニキ 「2014年、2015年、そして今年の3シーズンを過ごさせていただいたのも皆さんのおかげです。岐阜の皆さんの温かい優しさに感謝しています。本当にありがとうございました。今後のFC岐阜のご活躍を期待しています」 2017.11.22 16:55 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース