琉球vs栃木注目の上位対決はゴールレスドロー!4位鹿児島は福島に屈する《J3》2017.11.11 19:57 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽明治安田生命J3リーグ第31節の各試合が11日に行われた。

▽4試合を残して首位に立つ栃木SC(勝ち点56)は、5位のFC琉球(勝ち点46)と対戦。上位対決となったこの試合は、両者硬い入りを見せた。琉球は33分、右サイドからの西岡のクロスをゴール前で田中が至近距離から合わせるが、GKジョニー・レオニーのファインセーブで先制とはならなかった。

▽ゴールレスで迎えた後半、琉球は田中を起点に攻めるがなかなかゴールを許してくれない。そんな中、75分に中川がゴール前に抜けだしGKと一対一の場面を迎えるが、懸命な戻りを見せたDFにシュート寸前のところでクリアされてしまう。試合終了間際には田中が華麗なループシュートを放つも、GKジョニー・レオニーのビッグセーブに遭い、最後まで両者にゴールは生まれずそのまま試合終了。注目の上位対決は0-0の引き分けに終わった。

▽一方、まだまだJ2昇格のチャンスを残す4位の鹿児島ユナイテッドFC(勝ち点48)は、12位の福島ユナイテッドFC(勝ち点34)とのアウェイ戦に臨んだ。試合が動いたのは26分、味方のスルーパスを受けた藤本が、前に出てきたGKの頭上を越すループシュートを沈めて鹿児島が先制した。しかし、福島も直後に反撃。橋本の左CKに岡田が右足で合わせ、失点からわずか4分後に同点に追いついた。

▽1-1で迎えた後半、鹿児島が立て続けに失点を許す。71分、福島の敵陣中央左からのFKの場面。キッカーの橋本がゴール前へクロスを送ると、競り合った茂木の背中に当たってゴールに吸い込まれた。さらに73分には、左サイドの志知のクロスが相手のオウンゴールを誘い、3点目を奪った。試合はこのまま終了。ホームの福島が3-1で鹿児島を下した。

◆J3第31節
▽11/11(土)
福島ユナイテッドFC 3-1 鹿児島ユナイテッドFC
Y.S.C.C.横浜 3-4 ガンバ大阪U-23
FC東京U-23 2-0 藤枝MYFC
FC琉球 0-0 栃木SC

▽11/12(日)
《13:00》
グルージャ盛岡 vs SC相模原
ガイナーレ鳥取 vs ギラヴァンツ北九州
AC長野パルセイロ vs アスルクラロ沼津
ブラウブリッツ秋田 vs セレッソ大阪U-23

コメント

関連ニュース

thumb

北九州、MF山藤健太に第一子(長男)が誕生したことを発表「頑張ってくれた妻を見て自分も更に頑張らないといけない気持ちに」

▽ギラヴァンツ北九州は17日、MF山藤健太に第一子となる長男が誕生したことを発表した。 ▽山藤は、8月16日にツエーゲン金沢からの期限付き移籍で北九州に加入。今シーズンはここまで明治安田生命J3リーグ8試合に出場して1ゴールを記録している。山藤は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントした。 「この度、私事ではありますが、元気な男の子が誕生いたしました!妻には感謝の気持ちでいっぱいです。頑張ってくれた妻を見て自分も更に頑張らないといけない気持ちにさせてもらいました!これから父としてサッカー選手として成長していけるように頑張ります!引き続き応援をよろしくお願いします!」 2017.11.17 18:13 Fri
twitterfacebook
thumb

秋田、DF浦島貴大との契約満了を発表

▽ブラウブリッツ秋田は17日、DF浦島貴大(29)との契約を満了することを発表した。現行の契約は今シーズン終了までとなっている。 ▽滋賀県出身の浦島は、2014-15シーズンにFC琉球でプロデビュー。秋田には2016年から所属していた。今シーズンはここまで、明治安田生命J3リーグ2試合に出場しており、プロ通算ではJ3リーグ89試合8ゴールを記録している。 ▽また、浦島は10月14日に行われたJ3第27節のSC相模原戦で右ヒザ前十字じん帯再断裂の負傷をしており、11月21日に手術を行う予定であることも伝えられている。同選手は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントをした。 「今シーズン限りで退団することになりました。怪我で苦しんだシーズンとなり、チームに何1つ貢献できなかったことに悔しさでいっぱいです。まだまだサッカー人生諦めたくありません。必ず怪我を治し、ピッチの上に戻りたいと思っています。厳しく辛い状況ではありますが、頑張りたいと思います」 「怪我をして試合に出れない間も声をかけていただいたサポーターやスポンサーの方、応援していただいた全ての方に大変感謝しています。ありがとうございます!秋田にスタジアムができ、J2に昇格できる日を楽しみにしてます。2年間ありがとうございました!」 2017.11.17 16:35 Fri
twitterfacebook
thumb

鹿児島、昨年現役復帰のDF吉井孝輔が両ヒザの負傷により全治約3カ月と発表

▽鹿児島ユナイテッドFCは15日、DF吉井孝輔が右ヒザ内側側副靭帯Ⅱ度損傷及び左ヒザ内側側副靭帯Ⅰ度損傷により離脱することを発表した。全治は約3カ月だと伝えられている。 ▽吉井は、明治安田生命J3リーグ第30節のグルージャ盛岡戦で負傷。鹿児島県内の病院でMRI検査を受けた結果、今回の離脱が判明した。 ▽吉井は、2008年にロアッソ熊本に加入し、2013年にはキャプテンに就任したものの、度重なる負傷の影響もって2014シーズン限りで現役を引退。2015年からは熊本ユースでコーチを務めていたが、昨年1月に現役復帰し、鹿児島でプレーしていた。 ▽復帰初年度は試合に出場することが叶わなかったものの、今シーズンの吉井はリーグ戦17試合に出場し1得点を記録していた。 2017.11.15 21:56 Wed
twitterfacebook
thumb

2位・秋田と3位・沼津、共に首位浮上のチャンスをモノにできず…《J3》

▽明治安田生命J3リーグ第31節の4試合が12日に行われた。 ▽ここまで16勝7分け5敗で2位につけるブラウブリッツ秋田(勝ち点55)と、6勝10分け12敗で14位につけるセレッソ大阪U-23(勝ち点28)の一戦は、3-0でC大阪U-23が勝利している。 ▽勝利すれば首位に再浮上する秋田だったが、アウェイのC大阪U-23が早い時間帯に先制する。8分、温井からの左CKをニアサイドに飛び込んだ米澤が逸らしてゴール前左の斧澤が押し込んだ。 ▽さらに、C大阪U-23は71分、西本のスルーパスに反応した米澤がボックス内でGK松本との一対一を制すと、81分にも斧澤が追加点を奪取して試合を終わらせた。3-0で勝利したC大阪U-23が連勝を飾った。 ▽ここまで11勝9分け8敗で7位につける長野(勝ち点42)と、15勝9分け4敗で3位につける沼津(勝ち点54)の一戦は、1-0で長野が勝利している。 ▽勝てば首位に立つ可能性を持つ沼津は16分、ボックス左外から中村がクロス。ボックス中央の薗田が頭で合わせたが、バーに直撃する。 ▽対するホーム最終戦の長野は28分、東からパスを受けた国領がボックス手前から右足を振り抜ぬくも、GK大西にパンチングで逃げられる。しかし、その4分後、右サイドからの宇野沢のクロスをボックス内で収めた萬代が巧みな切り返しから左足でゴール左上を射抜いた。 ▽1-0で試合を折り返すと、1点を追いかける沼津が攻勢を強める。47分、敵陣中央左から松藤がクロスを供給。しかし、中村のヘディングシュートはGK阿部に阻まれる。 ▽首位浮上に向けて負ける訳にはいかない沼津は長野を押し込むもなかなか決めきることができない。後半アディショナルタイムにもボックス内での混戦から最後は薗田がシュートするが、GK阿部に防がれてしまい、最後まで長野の牙城を崩せず試合終了。1点を死守した長野が3試合ぶりの白星を手にした。 ◆J3第31節 ▽11/12(日) グルージャ盛岡 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 SC相模原</span> ガイナーレ鳥取 3-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 ギラヴァンツ北九州</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">AC長野パルセイロ 1</span>-0 アスルクラロ沼津 ブラウブリッツ秋田 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 セレッソ大阪U-23</span> ▽11/11(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">福島ユナイテッドFC 3-1 鹿児島ユナイテッドFC</span> Y.S.C.C.横浜 3-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 ガンバ大阪U-23</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC東京U-23 2</span>-0 藤枝MYFC FC琉球 0-0 栃木SC 2017.11.12 15:11 Sun
twitterfacebook
thumb

昨季まで鳥取に在籍したFWフェルナンジーニョが「練習生」として鳥取の練習に参加

▽ガイナーレ鳥取は11日、かつてチームに所属したブラジル人FWフェルナンジーニョ(36)が練習生として練習参加することを発表した。15日からの参加となる。 ▽ブラジルのクラブでプレーしていたフェルナンジーニョは、ガンバ大阪や清水エスパルス、京都サンガF.C.、大分トリニータ、ベガルタ仙台、ヴァンフォーレ甲府とJリーグの複数クラブでプレー。2014年から2016年まで鳥取に在籍し、J3で55試合に出場し19得点を記録していた。 ▽今シーズンはブラジルのフェホヴィアリアでプレーしていたフェルなジーニョは、クラブを通じてコメントしている。 「皆さんご無沙汰しています。このたび「練習生」という形でガイナーレの練習に参加することになりました、フェルナンジーニョです。多くの思い出に溢れた愛すべき街であり、息子が生まれた特別な場所である鳥取に、この度友人訪問を兼ねて戻ってきました。快くトレーニング環境を提供して下さったクラブの皆様に感謝すると共に、練習参加という形でチームのお手伝いが出来ることを嬉しく思います。よろしくお願いします」 2017.11.11 21:17 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース