琉球vs栃木注目の上位対決はゴールレスドロー!4位鹿児島は福島に屈する《J3》2017.11.11 19:57 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽明治安田生命J3リーグ第31節の各試合が11日に行われた。▽4試合を残して首位に立つ栃木SC(勝ち点56)は、5位のFC琉球(勝ち点46)と対戦。上位対決となったこの試合は、両者硬い入りを見せた。琉球は33分、右サイドからの西岡のクロスをゴール前で田中が至近距離から合わせるが、GKジョニー・レオニーのファインセーブで先制とはならなかった。

▽ゴールレスで迎えた後半、琉球は田中を起点に攻めるがなかなかゴールを許してくれない。そんな中、75分に中川がゴール前に抜けだしGKと一対一の場面を迎えるが、懸命な戻りを見せたDFにシュート寸前のところでクリアされてしまう。試合終了間際には田中が華麗なループシュートを放つも、GKジョニー・レオニーのビッグセーブに遭い、最後まで両者にゴールは生まれずそのまま試合終了。注目の上位対決は0-0の引き分けに終わった。

▽一方、まだまだJ2昇格のチャンスを残す4位の鹿児島ユナイテッドFC(勝ち点48)は、12位の福島ユナイテッドFC(勝ち点34)とのアウェイ戦に臨んだ。試合が動いたのは26分、味方のスルーパスを受けた藤本が、前に出てきたGKの頭上を越すループシュートを沈めて鹿児島が先制した。しかし、福島も直後に反撃。橋本の左CKに岡田が右足で合わせ、失点からわずか4分後に同点に追いついた。

▽1-1で迎えた後半、鹿児島が立て続けに失点を許す。71分、福島の敵陣中央左からのFKの場面。キッカーの橋本がゴール前へクロスを送ると、競り合った茂木の背中に当たってゴールに吸い込まれた。さらに73分には、左サイドの志知のクロスが相手のオウンゴールを誘い、3点目を奪った。試合はこのまま終了。ホームの福島が3-1で鹿児島を下した。

◆J3第31節
▽11/11(土)
福島ユナイテッドFC 3-1 鹿児島ユナイテッドFC
Y.S.C.C.横浜 3-4 ガンバ大阪U-23
FC東京U-23 2-0 藤枝MYFC
FC琉球 0-0 栃木SC

▽11/12(日)
《13:00》
グルージャ盛岡 vs SC相模原
ガイナーレ鳥取 vs ギラヴァンツ北九州
AC長野パルセイロ vs アスルクラロ沼津
ブラウブリッツ秋田 vs セレッソ大阪U-23

コメント

関連ニュース

thumb

秋田、3選手の契約満了を発表

▽ブラウブリッツ秋田は21日、DF深井脩平(25)、FW遊馬将也(25)、大石文弥(25)の来シーズンの契約を更新しないことを発表した。 ▽深井は2016年から秋田に加入。昨シーズンは明治安田生命J3リーグに24試合に出場したが、今シーズンは2試合に留まっていた。 ▽遊馬は2016年に東洋大学から秋田に加入。加入初年度からリーグ戦20試合で3得点を記録し、今シーズンもリーグ戦13試合出場で1得点を記録していた。 ▽また、大石は2016年に明海大学から加入。ここまでの3年間でリーグ戦出場はなく今シーズンは天皇杯の1試合に出場していた。 ▽秋田の退団が決定した3選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆深井脩平 「今シーズンをもちましてブラウブリッツ秋田を退団することとなりました。秋田に来てからの3年間は色々なことを経験させてもらいました。特に昨シーズンのJ3優勝、あのときのブラウブリッツ秋田に関わる全ての方々との喜びや感動は僕の宝物です。今シーズンこそはJ2に昇格して秋田の皆様と昨シーズン以上に喜び合いたいと思っていましたが、それを果たすことが出来ず、自分自身も試合に絡むことが少ない中でも応援してくださるサポーターの皆様に申し訳なく思います。契約満了という形で秋田を去ることとなりましたが、ここまで育ててくれたクラブ、そして支えてくださったサポーターの皆様のことは忘れません。3年間、本当にありがとうございました!」 ◆遊馬将也 「この3年間、秋田でプレー出来たことを誇りに思います。プロキャリアの中で優勝という経験は中々出来ることではありません。それをこのブラウブリッツ秋田で経験出来たことは本当に最高でした!」 「僕自身やチームとしても良い時期や苦しい時期、色々なことがありました。けれどもそういったことは間違いなく、ファン・サポーターの皆さんがいつも熱い声援を送ってくれたからこそ、今があると思います。皆さんがいてこそのブラウブリッツ秋田です。「ファン・サポーター・県民」を勇気づける、笑顔にする、幸せにする。この気持ちはどこに行っても持ち続けたいと思います。今年はJ2昇格出来ませんでしたが、来年は絶対昇格出来ることを願っています。 残り2試合。必ず勝ち点3を持って帰ってくることだけを考えて、残りの日々を覚悟を持って過ごしたいと思います。最後まで応援よろしくお願いします!そして、ありがとうございました!」 ◆大石文弥 「今シーズン限りでブラウブリッツ秋田を退団することになりました。チームに貢献することが出来ないまま退団することに対して申し訳ない気持ちと自身への不甲斐なさが募るばかりです。それでも応援してくださったファン、サポーター、ボランティアスタッフ、スポンサー企業の皆様。そして、共に戦ったチームメイト、フロントスタッフには感謝しかありません。そして、今シーズン選手と兼任でやらせていただいたブラウブリッツ秋田U-18ゴールキーパーコーチとしてお世話になった熊林監督、山崎コーチ、保護者の皆様、選手のみんなにもこの場を借りて感謝を申し上げます。3年間本当にありがとうございました!」 2018.11.21 18:56 Wed
twitterfacebook
thumb

富山、DF進藤誠司の契約満了を発表「ここでは書ききれないほど、感謝の気持ちでいっぱい」

▽カターレ富山は21日、DF進藤誠司(25)の契約満了を発表した。 ▽進藤は、2015年に国士舘大学から富山に入団。今シーズンは明治安田生命J3リーグに13試合、天皇杯に2試合出場した。 ▽富山退団が決定した進藤は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「4年間ありがとうございました。カターレ富山でプロ生活をスタートさせていただき、目標としていたJ2昇格を達成できないまま、チームを離れるのはとても悔しいです」 「富山の皆さんにはここでは書ききれないほど、感謝の気持ちでいっぱいです。4年間本当にありがとうございました」 2018.11.21 13:20 Wed
twitterfacebook
thumb

YS横浜のMF小澤光が現役引退…9年在籍でJFL昇格&J3参入に貢献

▽Y.S.C.C.横浜は20日、MF小澤光(30)が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。 ▽神奈川県出身の小澤は、2010年に桐蔭横浜大学から当時関東1部リーグに所属していたYS横浜に加入。9年間同クラブでプレーし、JFL昇格、J3参入に貢献してきた。今シーズンも明治安田生命J3リーグでここまで25試合1得点を記録。天皇杯には1試合出場している。 ▽キャリア通算では、現時点でJFL56試合2ゴール、J3リーグ140試合1ゴールを記録。天皇杯には4試合出場している。 ▽現役引退を決断した小澤は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「今シーズンをもちましてサッカー選手を引退する事に決めました」 「大学を卒業して、関東リーグ、JFL、J3リーグ、9年間Y.S.C.C.でサッカーをできたのも、今まで応援してくれたサポーター、チームメイト、スタッフ、友人、家族、すべての人のお陰です。サッカーを通じて色々な人に出会い経験した事は僕にとって宝です」 「楽しい時、辛い時一緒に戦ってくれて本当に感謝しています、ありがとうございました。Y.S.C.C.の更なる飛躍を応援してます」 2018.11.20 17:15 Tue
twitterfacebook
thumb

来季からJ1は5名、J2・J3は4名まで外国籍選手が出場可能に! さらに「ホームグロウン制度」も導入

▽Jリーグは20日、「ホームグロウン制度」の導入と「外国籍選手枠」の変更を発表した。 ▽今回導入された「ホームグロウン制度」は、12歳から21歳の間に3シーズン又は36カ月以上クラブに登録されていた選手。期間は継続していなくてもよく、21歳以下の期限付き移籍選手の育成期間は、移籍元クラブでカウントされる。また、JFA・Jリーグ特別指定選手はホームグロウン選手の対象外となる。 ▽開幕時の登録ウインドーでカウントされ、2019シーズンはJ1リーグで2人以上、J2リーグ、J3リーグは定めなし。2020シーズンも同様のルールとなり、2021シーズンはJ1が3人以上に。2022シーズンからJ2、J3が1人以上、J1は4人以上となる。 ▽なお、ホームグロウン選手の登録が規定数に満たない場合は、翌シーズンのプロA契約選手25名枠から不足分が削減される。AFCチャンピオンズリーグ出場クラブは、27名から削られることとなる。 ▽また、「外国人籍選手枠」に関しては、2018シーズンは登録が5人、試合エントリーで3名が+アジア枠1名となっていたが、選手登録の時点では制限が撤廃。試合のエントリー(ベンチ入り)と出場人数に関しては、J1は5人、J2、J3は4人が上限となる。なお、Jリーグ提携国(タイ、ベトナム、ミャンマー、カンボジア、シンガポール、インドネシア、マレーシア、カタール)の国籍を有する選手は、外国籍選手に含めない。 【ホームグロウン制度】 ◆2019、2020シーズン J1:2人以上 J2:定めなし J3:定めなし ◆2021シーズン J1:3人以上 J2:定めなし J3:定めなし ◆2022シーズン J1:4人以上 J2:1人以上 J3:1人以上 《定義》 ・12歳から21歳の間、3シーズンまたは36ヶ月以上、自クラブで登録していた選手 ・満12歳の誕生日を含むシーズンから、満21 歳の誕生日を含むシーズンまでを対象とする ・期間は連続していなくてよい ・21歳以下の期限付移籍選手の育成期間は、移籍元クラブでカウントする ・選手を国籍、又はプロ/アマの別、又は年齢で区別しない ・JFA・Jリーグ特別指定選手は、HG選手と見なさない 【外国籍選手枠】 選手登録:制限なし 試合エントリー:J1「5人」、J2/J3「4人」 試合出場:J1「5人」、J2/J3「4人」 ※Jリーグ提携国は外国籍選手に含めない タイ、ベトナム、ミャンマー、カンボジア、シンガポール、インドネシア、マレーシア、カタール 2018.11.20 16:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ヴァンラーレ八戸、J3昇格が正式決定

▽ヴァンラーレ八戸のJ3昇格が正式決定した。 ▽今シーズンの八戸は、J3昇格条件の1つである日本フットボールリーグ(JFL)4位以内が確定。さらに、「平均観客動員数2000人以上」という条件もクリアした。 ▽そして、Jリーグ理事会は20日、八戸のJ3入会申請を承認。これにより、東北地方6県全てにJリーグクラブが誕生したことになる。 2018.11.20 16:15 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース