土壇場弾で王者湘南が岐阜とドロー!金沢は熊本に4発快勝《J2》2017.11.11 18:55 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽明治安田生命J2リーグ第41節のFC岐阜vs湘南ベルマーレが11日に行われ、1-1で引き分けている。

▽すでにJ2優勝を決めている湘南と、17位の岐阜(勝ち点45)が激突した一戦。ボールを保持したい岐阜と、機を見て攻撃に転じる湘南といった構図の中、より決定的なチャンスを演出したJ2王者だが、岐阜GKビクトルの好守に遭い、なかなかゴールが奪えない。すると前半終了間際の45分、奈良輪がボックス内でハンドを犯し、岐阜にPKが与えられる。キャプテンの庄司がこのPKを冷静に沈めて、1-0で前半を終えた。

▽迎えた後半、同点に追いつこうと攻勢に出る湘南は66分にボックス内で相手のファールを誘いPKを獲得。しかしこのPKを高山が外してしまい、同点のチャンスを不意にしてしまう。

▽しかし、このまま終わるかに思われた87分に劇的な展開を迎える。右CKを獲得した湘南は、キッカーの神谷がクロスを送ると、味方の折り返しから端戸がループシュート。シュートは相手に当たりながらもゴールに吸い込まれ、土壇場で湘南が同点に追いついた。

▽後半アディショナルタイムに入った96分には、岐阜の左CKから頭で合わせた庄司がゴールに迫るも、GK秋元のビッグセーブに阻まれゴールならず。直後にホイッスルが鳴り、1-1のドローで試合を終えた。

(C)CWS Brains,LTD.
▽一方、同日開催のロアッソ熊本vsツエーゲン金沢は4-1で金沢が勝利した。

▽20位の熊本(勝ち点20)と、18位の金沢(勝ち点46)が相まみえた一戦。互いに落ち着いた入りを見せる中、両者とも攻め手を欠き前半はゴールレスで終える。しかし、後半は金沢の攻撃陣が爆発する。

▽65分、味方のスルーパスに抜け出した宮崎がボックス内に侵攻しシュートを放つ。GK畑は何とか反応して手で触れたが弾き切れずにそのままゴールイン。金沢が先制した。続く72分には、右クロスの流れから最後は中美のパスを受けた沼田が豪快に突き刺し2点目を奪う。

▽金沢のゴールラッシュはまだ続く。83分にはカウンターから佐藤がボックス左手前から決めて3点目。そして87分には、敵陣でボールを奪うと、山崎がボックス手前から4点目となる見事なシュートを沈めた。試合終了間際に熊本も巻のゴールで一矢報いるが時すでに遅し。4-1で金沢が勝利を収めている。

コメント

関連ニュース

thumb

徳島、マドリー下部組織出身のスペイン人FWバラル加入を発表!

▽徳島ヴォルティスは22日、スペイン人FWバラル(35)がカディスCF(スペイン2部)から完全移籍で加入するを発表した。背番号は「26」を着用することが決定している。 ▽サン・フェルナンドの下部組織でキャリアをスタートさせたバラルは、レアル・マドリーの下部組織に入団した後、レアル・マドリー・カスティージャ(Bチーム)まで昇格したが、プロデビューはスポルティング・ヒホンで飾った。その後、トルコやUAE、キプロスのクラブや、レバンテ、グラナダを渡り歩き、昨年夏にカディスに移籍。昨シーズンは、スペイン2部で28試合6ゴールを決めている。 ▽スポルティングでの2008-09シーズンに公式戦41試合14ゴール、レバンテで過ごした2014-15シーズンには公式戦38試合13ゴールを記録した実績を持つストライカーだ。 ▽バラルは、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆FWバラル 「はじめまして、バラルです。徳島ヴォルティスに来ることが出来て嬉しいです。自分にできる最大限の力を出して戦います。そして、チームのためにたくさんのゴールを決められるように頑張ります。応援よろしくお願いします」 2018.07.22 15:55 Sun
twitterfacebook
thumb

大宮9試合ぶり敗戦…主将MF岩尾憲の1G1Aで徳島がホーム3連勝! 《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第24節の11試合が21日に各地で行われた。 ▽15位徳島ヴォルティスが7位の大宮アルディージャを鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムに迎えた一戦では、2-1で徳島が勝利した。 ▽10分、徳島ボールの右CKの場面でキッカーの岩尾がクロスを蹴り込むと、ボックス手前左の大本がダイレクトシュートを放つ。しかし、大宮DFのブロックに遭い、得点には繋がらない。 ▽対する大宮は、23分にボックス内で味方のフィードを収めた大前が、反転して強引にシュートを放つ。しかし、怖さを見せたシーンだったが、徳島DFに阻まれて枠を捉えることが出来ず。 ▽結局、一進一退の攻防が続く試合は、ゴールレスで折り返しを迎えることとなった。後半に入ると、徳島が先に結果を出す。 ▽56分、ボックス手前左でボールを持った岩尾が、右足のアウトでボックス内にスルーパスを供給。反応した前川がボックス内左から左足を振り抜き、ゴール右隅を射抜いた。 ▽しかし、直後の59分に大宮が反撃を浴びせる。左サイド浅い位置でボールを持った河面がクロスを上げると、ボックス内に抜け出した大前が、右足でダイレクトシュートを放つ。これが同点弾となり、大前にとっては5試合連続ゴールとなった。 ▽それでも66分、徳島が再びリードを奪う。初先発していた新戦力のピーター・ウタカからスルーパスを受けた岩尾が、ボックス内で巧みな切り返しを披露して大宮DFを剥がし右足を振り抜く。ニアに確実に沈め、勝ち越し弾とした。 ▽その後、大宮は大前や途中出場のロビン・シモシッチを中心として猛攻をかけるが、再びスコアを同点に戻すことはできず。徳島がリードを保ったまま、試合を終えた。この結果、徳島はホームでの公式戦3連勝を飾ることに。対する大宮は、リーグ9試合ぶりの敗北を喫した。 ▽また、首位の松本山雅FCが最下位の京都サンガF.C.を松本平広域公園総合球技場に迎えた一戦では、1-0で松本が勝利した。 ▽大混戦のJ2リーグ。首位松本の勝ち点41に対して、2位FC町田ゼルビア、3位大分トリニータ、4位レノファ山口FCが同勝ち点40で追走、5位アビスパ福岡、6位横浜FCも同勝ち点39で食らいつき、7位の大宮アルディージャが勝ち点48と、7チームが首位に立つ可能性を残した今節。 ▽その中でも勝利でアドバンテージを維持することが可能な松本は、試合の立ち上がりから積極的に仕掛けていく。1分、相手陣内中央付近でボールを持った前田がボックス手前までドリブルで運び、思い切ってミドルシュートを放つ。シュートは枠を外れたものの、京都ゴールを脅かした。 ▽続く3分にも松本がボックス手前左でFKを獲得。岩上のクロスに飛び込んだ前田の頭がボールを掠めると、5分には高崎の遠い位置から狙った低い弾道のシュートが右ポストを叩いた。 ▽その後も、松本の選手が幾度もバイタルでボールを受け、矢継ぎ早にチャンスを作り出していく展開が続く。耐える京都は、16分にショートカウンターからボックス左に抜け出した重廣が左足を振り抜くが決め切れず。直後に迎えた松本のチャンスシーン、セルジーニョのボックス内でのシュートはGK清水がセーブしたものの、京都はなかなか主導権を奪うことができない。 ▽39分には、前田がボックス内で一対一を迎えたが、そこではGK清水に軍配。しかし、ゴールレスのまま折り返しを迎えるかに思われた42分、ボックス手前でボールを持ったセルジーニョが、高崎とのワンツーからシュートを放つ。これがゴール左隅を捉え、先制弾となった。 ▽1-0のスコアで迎えた後半、守備から入る松本は球際を激しくチェックし、京都をなかなか危険なゾーンに入り込ませない。それでも54分、京都が決定的なシーンを生み出す。ボックス右でボールを持った岩崎が深い位置からグラウンダーのクロスを供給。小谷松が合わせたシュートは枠を捉えなかったものの、松本のゴールに迫った。 ▽さらに62分にも、相手陣内中央付近でボールを受けた庄司がグラウンダーの鋭いシュートを放つ。シュートは左に逸れて得点とはならなかったものの、徐々に京都がペースを掴んでいく。 ▽しかし結局、最後まで松本の牙城を崩すことは叶わず。1-0のスコアで松本がリードしたまま試合終了の笛を聞くこととなった。 ▽この結果、リーグ5試合負けなしとした松本が首位をキープ。京都はリーグ6試合勝ちなしと、光明を見出すことはできなかった。 ◆明治安田生命J2リーグ第24節 結果 ▽7/21(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC町田ゼルビア 1</span>-0 ツエーゲン金沢 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">カマタマーレ讃岐 2</span>-1 ジェフユナイテッド千葉 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">松本山雅FC 1</span>-0 京都サンガF.C. <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府 3</span>-2 ロアッソ熊本 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">横浜FC 3</span>-0 FC岐阜 アビスパ福岡 0-0 東京ヴェルディ <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">徳島ヴォルティス 2</span>-1 大宮アルディージャ レノファ山口FC 2-2 水戸ホーリーホック モンテディオ山形 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 アルビレックス新潟</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">愛媛FC 2</span>-0 ファジアーノ岡山 大分トリニータ 0-0 栃木SC 2018.07.21 21:20 Sat
twitterfacebook
thumb

千葉ピンチ フアン・エスナイデル監督が4試合ベンチ入り停止に

▽Jリーグは20日、ジェフユナイテッド千葉を率いるフアン・エスナイデル監督に対して、明治安田生命J2リーグ4試合のベンチ入り停止処分を発表した。 ▽フアン・エスナイデル監督は、15日に行われたJ2リーグ第23節のツエーゲン金沢戦で主審に執拗な抗議を行い、退席処分に。これにより、千葉はJ2リーグ第24節のカマタマーレ讃岐戦〜第27節の松本山雅FC戦まで指揮官不在となる。 ▽フアン・エスナイデル監督は昨シーズンから千葉を指揮。悲願のJ1昇格を目論む今シーズンだが、ここまでJ2リーグ8勝4分け11敗の16位に甘んじている。 2018.07.21 08:00 Sat
twitterfacebook
thumb

イニエスタ、トーレスも起用可能に! Jリーグが追加登録選手を発表!

▽Jリーグは20日、追加選手登録を発表した。 ▽7月20日から第2登録期間が始まり、8月17日まで追加登録が可能となる。 ▽J1ではロシア・ワールドカップによる中断期間に移籍した選手たちが起用可能に。バルセロナからヴィッセル神戸に加入したスペイン代表MFアンドレス・イニエスタやアトレティコ・マドリーからサガン鳥栖に加入した元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスも登録された。 ▽そのほか、FWハーフナー・マイク(ヴィッセル神戸→ベガルタ仙台)、DF丹羽大輝(サンフレッチェ広島→FC東京)、FW大久保嘉人(川崎フロンターレ→ジュビロ磐田)、DF中谷進之介(柏レイソル→名古屋グランパス)なども登録された。 ◆追加登録選手 【J1】 ・ベガルタ仙台 No.15 MF矢島慎也 No.41 FWハーフナー・マイク ・浦和レッズ No.12 FWファブリシオ No.17 DF茂木力也 ・柏レイソル No.3 DFナタン・ヒベイロ No.6 DF高木利弥 ・FC東京 No.5 DF丹羽大輝 No.13 FWリンス No.32 DF渡辺剛 ・湘南ベルマーレ No.38 FW山﨑凌吾 No.50 FW小川慶治朗 ・清水エスパルス No.49 FWドウグラス ・ジュビロ磐田 No.22 FW大久保嘉人 ・名古屋グランパス No.15 MFエドゥアルド・ネット No.17 DF丸山祐市 No.20 DF中谷進之介 No.25 MF前田直輝 ・セレッソ大阪 No.44 FWウェリング・ピアス ・ヴィッセル神戸 No.8 MFアンドレス・イニエスタ No.25 DF 大﨑玲央 ・サンフレッチェ広島 No.16 FWベサルト・ベリーシャ ・サガン鳥栖 No.9 FWフェルナンド・トーレス No.11 FW豊田陽平 No.38 DF乾大知 ・V・ファーレン長崎 No.45 DFヨルディ・バイス 【J2】 ・モンテディオ山形 No.38 DF田村友 ・水戸ホーリーホック No.41 FW安彦考真 ・栃木SC No.41 MF西谷優希 No.42 DFパウロン ・大宮アルディージャ No.50 DF畑尾大翔 ・ジェフユナイテッド千葉 No.22 MF工藤浩平 ・東京ヴェルディ No.6 MF泉澤仁 No.10 FWレアンドロ ・横浜FC No.5 DF田代真一 ・アルビレックス新潟 No.13 MF梶山陽平 No.18 MF渡邊凌磨 ・京都サンガF.C. No.23 MF大久保剛志 No.31 MFジュニーニョ No.37 DF呉少聰 No.44 MF庄司悦大 ・ファジアーノ岡山 No.37 MFジョン・チュングン No.39 MF高橋壮也 ・レノファ山口FC No.50 MF高井和馬 ・徳島ヴォルティス No.47 FW押谷祐樹 No.50 FWピーター・ウタカ ・愛媛FC No.30 MF禹相皓 ・アビスパ福岡 No.29 DF吉本一謙 ・ロアッソ熊本 No.50 MF水野晃樹 【J3】 ・ザスパクサツ群馬 No.33 MF碓井鉄平 ・ガイナーレ鳥取 No.33 MF西山雄介 ・FC東京U-23 No.5 DF丹羽大輝 No.13 FWリンス No.32 DF渡辺剛 ・セレッソ大阪U-23 No.44 FWウェリング・ピアス <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">イニエスタ、トーレスのデビュー戦を<br />DAZNで観よう!</a><hr></div> 2018.07.20 20:15 Fri
twitterfacebook
thumb

栃木、ブラジル人DFパウロンの加入を発表

▽栃木SCは20日、ブラジル人DFパウロンが新加入することを発表した。選手登録手続きが完了次第、公式戦への出場が可能となる。 ▽ブラジル出身のパウロンは、2013年にブラジルのローマ・エスポルチ・アブカラナより札幌に加入。2016年に福島ユナイテッドFCに、昨年に水戸ホーリーホックに期限付き移籍していた。 ▽パウロンは、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 「栃木でプレーする機会を与えていただき、とても嬉しく思います。自分の力を発揮し、チームに貢献できるよう頑張ります。熱い応援をよろしくお願い致します! 」 ▽パウロンは昨シーズン、明治安田生命J2リーグで9試合、天皇杯で1試合に出場していた192cmの長身DFだ。 2018.07.20 15:15 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース