途中出場アラン弾で逃げ切った東京Vが鬼門西京極攻略! 松本を抜きPO圏内6位浮上《J2》2017.11.11 16:17 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽明治安田生命J2リーグ第41節、京都サンガF.C.vs東京Vが11日に京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場で行われ、アウェイの東京Vが1-0で勝利した。

▽逆転でのJ1昇格プレーオフ圏内浮上を目指す7位東京V(勝ち点64)が、11位京都(勝ち点54)のホームに乗り込んだ一戦。前節、レノファ山口相手にホームで6試合ぶりの敗戦を喫した東京Vは、その試合から先発3人を変更。田村、高木善、アラン・ピニェイロに代わって、平と安在、カルロス・マルティネスが先発に入った。

▽一方、台風の影響で延期されていた第33節の愛媛FC戦を2-0で勝利し9戦無敗の京都は、中2日となるホーム最終戦に向けて先発5人を変更。石櫃や小屋松、古巣対戦の吉野らが先発に復帰。また、田中マルクス闘莉王がベンチに入った。

▽強風の中で風下を選択した東京Vは、立ち上がりから押し込まれる展開に。攻撃時[3-3-2-2]、守備時に[4-1-4-1]の布陣を採用する東京Vだが、4バックで守る展開が続く中、7分には石櫃の右CKを大野にフリーで合わせられるが、ここはクロスバーに救われる。

▽15分を過ぎてようやく流れを引き戻した東京Vは18分、カルロスのスルーパスに抜け出したドウグラス・ヴィエイラと梶川が数的有利でボックス内に抜け出すが、ラストパスが引っかかり、こぼれ球をドウグラスが枠内に飛ばすが、ここはGK清水の好守に遭う。

▽前半終盤にかけては一進一退の攻防となった中、安在や渡辺らに幾つか決定機が訪れたものの、決め切るまでには至らず。前半はゴールレスで折り返した。

▽迎えた後半、やや攻撃で細かいミスが目立つ東京Vは、前半同様に押し込まれる展開に。それでも、61分にはフィードに抜け出したドウグラスがGKと一対一も、ここは相手GKの好守に遭う。

▽攻勢を強めたい東京Vは65分、カルロスを下げてアランを投入。するとこの交代策が先制点をもたらす。67分、GK柴崎のロングフィードに反応したアランが相手最終ラインと完璧に入れ替わって抜け出すと、最後は飛び出したGKを嘲笑うかのようなロングループを流し込んだ。

▽待望の先制点を奪った東京Vだが、ここからは京都の反撃を受ける展開に。大黒、田中マルクス闘莉王の元日本代表2トップをシンプルに使う攻撃に手を焼くも、守備陣が決死の守りで凌ぐ。87分と88分にはボックス内で大黒、伊東に決定的なシュートを許すが、いずれも枠を外れる。

▽その後、安在と渡辺を下げて田村、中後のベテランを投入して逃げ切りを図ると、5分が与えられた追加タイムも一丸となった守りで跳ね返し続ける。そして、鬼門西京極で2007年以来の勝利を手にした東京Vは、今節引き分けた松本山雅を抜いてプレーオフ圏内の6位に浮上した。

コメント

関連ニュース

thumb

4戦5発と爆発した東京VのFWドウグラス・ヴィエイラが10月度のJ2月間MVPに選出《Mastercard月間MVP》

▽Jリーグは10日、10月度の「明治安田生命JリーグMastercard priceless japan 月間MVP」を発表した。J2は東京ヴェルディのFWドウグラス・ヴィエイラが選出された。ドウグラス・ヴィエイラは初受賞となる。 ▽ドウグラス・ヴィエイラは10月に行われた明治安田生命J2リーグで全4試合に出場し5得点を記録していた。Jリーグ公式サイトは、ドウグラス・ヴィエイラのコメントを紹介している。 <span style="font-weight:700;">◆FWドウグラス・ヴィエイラ</span>(東京ヴェルディ) 「この賞をいただくことができて、非常に感動しています。J2の全チームの中から一人しか選ばれないということで、簡単なことではないと思います。これはピッチの中でチームのために仕事をしてきた結果だと感じています。10月の試合で5ゴールを決めることができたのは、チームメイトのサポートのお陰です。日頃から自分のことを支えてくれる家族、チームメイト、スタッフ、そしてサポーターの皆さんに感謝したいと思います。あらためて価値のある賞ですし、選ばれたことをとても光栄に感じています」 ▽また、Jリーグはドウグラス・ヴィエイラの選出について選考委員会による総評を紹介している。 「独特のリズム感と、長いリーチを活かした高い技術でゴールを量産。10月の4試合にフル出場し、5得点の活躍で10月最終順位6位とチームをJ1昇格プレーオフ圏内に引き上げる活躍を見せた。 相手DFに寄せられながらも落ち着いた対処でゴールを決める決定力の高さと、単独でのドリブル突破、ポストプレー、ヘディングと、万能性を発揮する技術の高さに評価が集まった。また、身体能力を生かした懐の深いキープ力、攻撃の起点となるプレーによってチームプレーにも貢献。味方の攻撃やゴールを引き出すプレーの幅にも評価が集まり、文句なしの受賞となった」 2017.11.10 15:45 Fri
twitterfacebook
thumb

東京VのGK太田岳志に第一子となる男児が誕生

▽東京ヴェルディは14日、GK太田岳志に第一子となる男児が誕生したことを発表した。 ▽出生時刻は、10月13日18時頃。太田は、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「私事ですが、この度、我が家に家族が増えました。辛い妊婦生活に耐えて私をサポートしながら息子を産んでくれた奥さんと、無事に生まれてきてくれた息子に感謝します。これからはゴールと共に家族も守れるよう、今まで以上に頑張っていきますので、皆さん応援よろしくお願いします」 2017.10.15 13:16 Sun
twitterfacebook
thumb

日テレ・ベレーザMF長谷川唯、代表への生き残りへ「目に見える結果でアピールする」《MS&ADカップ2017》

▽日本サッカー協会(JFA)は11日、22日(日)に長野県で行われる「MS&ADカップ2017」で、スイス女子代表戦に臨むなでしこジャパンのメンバー23名を発表した。 ▽メンバー発表会見に伴って行われた株式会社ビームスとのアパレルプロバイダー契約の発表会見に出席したMF長谷川唯(日テレ・ベレーザ)は同会見後、メディア陣による囲み取材に応対。スイス女子代表戦や今後のレギュラー争いについての意気込みを語った。 <span style="font-weight:700;">◆MF長谷川唯</span>(日テレ・ベレーザ) <span style="font-weight:700;">――スイス女子代表の印象は</span> 「あまりイメージがないです。試合もあまり観たことないですけど、一回ドイツに練習に参加した時にいた選手もいるので、そういう意味ではすごく楽しみです」 <span style="font-weight:700;">――この一戦で大事にしたい部分は</span> 「まずはチームとして勝たなくてはいけないです。前回のアメリカ遠征では内容もあまり良くなかったですし、結果も出ませんでした。そういう意味でも、日本でいろいろな人に見てもらうためには結果が必要なので、まずしっかりと勝つことが大事だと思っています」 <span style="font-weight:700;">――スイス戦が終われば、東アジア選手権、フランスワールドカップの予選が始まり、そこに向けてサバイバルも厳しくなるが</span> 「今はリーグ戦があって、所属クラブでアピールすることで呼ばれていると思います。これからはリーグ戦が終わって皇后杯だけになるので、そういう意味でも代表に行った時に結果を出さないと呼ばれないと思っています。得点やアシストという目に見える結果でアピールできればと思います」 <span style="font-weight:700;">――チームで求められていると思う部分は</span> 「高倉監督からは得点の部分を求められていると思います。ただ、自分の特徴は運動量なので、攻守にわたって運動量で負けないことが大事だと思います。今は一対一の守備も意識していて、サイドハーフをやっていますけど、自分のところでしっかりと奪い切るということを意識しています」 <span style="font-weight:700;">――今日はモデルを務めたが、普段はお洒落にこだわっているか</span> 「1つのブランドに絞るタイプですね(笑)」 <span style="font-weight:700;">――今回はFW岩渕真奈( INAC神戸レオネッサ)が選出されているが、プレーした機会は</span> 「代表で練習だけやったことはありますけど、試合とかではやったことないです」 <span style="font-weight:700;">――一緒にプレーするのに意識したいことは</span> 「結構、(岩渕選手は)ドリブルで仕掛けるイメージがありますし、自分はパスやアシストの部分を大切にしています。岩渕選手は、動き出しの部分やスピードが早いので、そこに自分が良いパスを出すことができれば、得点につながると思うので意識してみたいです」 2017.10.11 22:09 Wed
twitterfacebook
thumb

東京V、U-18日本代表MF藤本寛也のトップチーム昇格&日体大GK長谷川洸の加入内定を発表

▽東京ヴェルディは7日、東京ヴェルディユースに所属するU-18日本代表MF藤本寛也(18)の来季からのトップチーム昇格と、日本体育大学のGK長谷川洸(22)の来季からの加入内定を発表した。 ▽東京ヴェルディジュニアから緑の名門に在籍する生え抜きの藤本は、正確な左足のテクニックと卓越したプレービジョンを誇るプレーメーカー。U-15チームから常に世代別日本代表の主力を担ってきた超逸材は、今シーズンからトップチームに2種登録され、智将ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督も大きな期待を寄せている。 ▽一方、東京ヴェルディユースから日本体育大学に進学した長谷川は、今年8月に行われた第29回ユニバーシアード競技大会・台北大会に臨むユニバーシアード日本代表のバックアップメンバーに選出されるなど、大学サッカー界屈指のGK。東京Vでは2015年と2016年の2シーズンに渡って特別指定選手として在籍していた。 ▽来季からの東京V加入が内定した2選手はクラブ公式サイトで以下のようなコメントを残している。 ◆藤本寛也 「東京ヴェルディユースの藤本寛也です。来季からトップチームに昇格することが決まりました。自分の目標だったプロサッカー選手になることができて、とても嬉しいです。チームの勝利に貢献できるように日々努力していきます。応援よろしくお願いします」 ◆長谷川洸 「来シーズンから東京ヴェルディに加入することになりました長谷川洸です。小さい頃からヴェルディファンで、ずっと応援していたチームでプロ生活をスタートできることに、大きな喜びを感じています。ヴェルディのスタッフの皆さんをはじめ、今までお世話になった指導者の方々、チームメイト、そして常に支えてくれて、サッカーができる環境を僕に与え続けてくれた家族に感謝の気持ちで一杯です。これからも常に向上心を忘れずに、プロとしての自覚を持ってヴェルディのために頑張っていきたいと思っています。応援よろしくお願いします」 2017.10.07 20:11 Sat
twitterfacebook
thumb

横浜FCと東京Vの上位対決は両者譲らず!! 首位・湘南は手堅い勝利で勝ち点重ねる《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第33節の8試合が、16日に各地で開催された。 ▽ニッパツ三ツ沢球技場では横浜FCvs東京Vが行われ、1-1のドローに終わっている。 ▽2位のアビスパ福岡を勝ち点5差の6位・横浜FC(勝ち点52)と、同じく福岡に勝ち点7差の9位・東京Vが激突。お互いに自動昇格を目指す上でライバルチームとの負けられない直接対決となった。 ▽前半をゴールレスで終えた試合は72分に動きを見せた。横浜FCは野崎が佐藤の縦パスに抜け出すと、ボックス内から放ったシュートがネットを揺らして先制する。追いかける展開となった東京Vはそこから反撃に出ると、84分にボックス手前でこぼれ球を拾った高木善がシュートを放つと、これがゴールネットに突き刺さり試合は振り出しへ。しかし決勝点は生まれず、勝ち点1を分け合う結果に終わった。 ▽首位を独走する湘南ベルマーレは、Shonan BMW スタジアム平塚にカマタマーレ讃岐を迎えた。32分に奈良輪のクロスからアンドレ・バイアのヘディングシュートが決まり、湘南が幸先良く先制。その後は追加点こそ奪えなかったものの、危なげない試合運びを見せた湘南が勝ち点3を積み重ねた。 ▽その他の試合結果は以下の通り。 ◆J2第32節 ▽9/16(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">松本山雅FC 3</span>-0 ザスパクサツ群馬 徳島ヴォルティス 3-3 ファジアーノ岡山 ジェフユナイテッド千葉 2-1 水戸ホーリーホック 町田ゼルビア 0-0 モンテディオ山形 横浜FC 1-1 東京ヴェルディ レノファ山口 0-1 FC岐阜 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">湘南ベルマーレ 1</span>-0 カマタマーレ讃岐 大分トリニータ 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 V・ファーレン長崎</span> ▽9/17(日) ツエーゲン金沢 vs 名古屋グランパス(17:00) ▽9/19(月・祝) ロアッソ熊本 vs アビスパ福岡(18:00) ※台風の影響により延期 ▽未定 愛媛FC vs 京都サンガF.C. ※台風の影響により延期 2017.09.16 21:15 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース