途中出場アラン弾で逃げ切った東京Vが鬼門西京極攻略! 松本を抜きPO圏内6位浮上《J2》2017.11.11 16:17 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽明治安田生命J2リーグ第41節、京都サンガF.C.vs東京Vが11日に京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場で行われ、アウェイの東京Vが1-0で勝利した。▽逆転でのJ1昇格プレーオフ圏内浮上を目指す7位東京V(勝ち点64)が、11位京都(勝ち点54)のホームに乗り込んだ一戦。前節、レノファ山口相手にホームで6試合ぶりの敗戦を喫した東京Vは、その試合から先発3人を変更。田村、高木善、アラン・ピニェイロに代わって、平と安在、カルロス・マルティネスが先発に入った。

▽一方、台風の影響で延期されていた第33節の愛媛FC戦を2-0で勝利し9戦無敗の京都は、中2日となるホーム最終戦に向けて先発5人を変更。石櫃や小屋松、古巣対戦の吉野らが先発に復帰。また、田中マルクス闘莉王がベンチに入った。

▽強風の中で風下を選択した東京Vは、立ち上がりから押し込まれる展開に。攻撃時[3-3-2-2]、守備時に[4-1-4-1]の布陣を採用する東京Vだが、4バックで守る展開が続く中、7分には石櫃の右CKを大野にフリーで合わせられるが、ここはクロスバーに救われる。

▽15分を過ぎてようやく流れを引き戻した東京Vは18分、カルロスのスルーパスに抜け出したドウグラス・ヴィエイラと梶川が数的有利でボックス内に抜け出すが、ラストパスが引っかかり、こぼれ球をドウグラスが枠内に飛ばすが、ここはGK清水の好守に遭う。

▽前半終盤にかけては一進一退の攻防となった中、安在や渡辺らに幾つか決定機が訪れたものの、決め切るまでには至らず。前半はゴールレスで折り返した。

▽迎えた後半、やや攻撃で細かいミスが目立つ東京Vは、前半同様に押し込まれる展開に。それでも、61分にはフィードに抜け出したドウグラスがGKと一対一も、ここは相手GKの好守に遭う。

▽攻勢を強めたい東京Vは65分、カルロスを下げてアランを投入。するとこの交代策が先制点をもたらす。67分、GK柴崎のロングフィードに反応したアランが相手最終ラインと完璧に入れ替わって抜け出すと、最後は飛び出したGKを嘲笑うかのようなロングループを流し込んだ。

▽待望の先制点を奪った東京Vだが、ここからは京都の反撃を受ける展開に。大黒、田中マルクス闘莉王の元日本代表2トップをシンプルに使う攻撃に手を焼くも、守備陣が決死の守りで凌ぐ。87分と88分にはボックス内で大黒、伊東に決定的なシュートを許すが、いずれも枠を外れる。

▽その後、安在と渡辺を下げて田村、中後のベテランを投入して逃げ切りを図ると、5分が与えられた追加タイムも一丸となった守りで跳ね返し続ける。そして、鬼門西京極で2007年以来の勝利を手にした東京Vは、今節引き分けた松本山雅を抜いてプレーオフ圏内の6位に浮上した。

コメント

関連ニュース

thumb

かつてヴェルディで活躍したGK藤川孝幸氏が逝去…末期の胃ガンで闘病も56歳での早過ぎる別れ

▽北海道サッカーリーグ所属の社会人チーム、北海道十勝スカイアースは20日、同クラブで代表取締役社長を務めていた藤川孝幸氏(享年56)の逝去を発表した。 ▽神奈川県川崎市出身の藤川氏は読売ユースを経て1980年から読売クラブ、1992年からヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)と1995年の現役引退までヴェルディのGKとして活躍した。 ▽現役引退後は古巣ヴェルディやヴィッセル神戸、ベガルタ仙台、セレッソ大阪、アビスパ福岡でGKコーチを歴任。その一方、甲南大学や 国際武道大学、 静岡FCを監督として指揮。2017年からは北海道十勝スカイアースの代表を務めてきた。 ▽2018年4月にはステージ4以上の末期の胃ガンであることを公表し、今年5月26日に行われた明治安田生命J2リーグの東京ヴェルディvs愛媛FCの試合前にはラモス瑠偉氏や武田修宏氏、永井秀樹氏らかつてのチームメートらを中心とした激励マッチ『juntos num so coracao』が開催され、同氏も会場となった味の素スタジアムを訪れていた。 ▽北海道十勝スカイアースは藤川氏の逝去を受けて、以下のような声明を発表している。 「弊社 代表取締役社長 藤川孝幸 儀 平成30年11月15日 永眠いたしました。ここに生前のご厚誼を深謝し謹んでご通知申し上げます。故人の遺志により葬儀は近親者にて相済ませました」 「なお 誠に勝手ながらご香典 ご供花 ご供物の儀は固くご辞退申し上げます。後日「お別れの会」を執り行う予定ですが 日時・場所の詳細につきましては追ってご案内申し上げます」 ▽また、藤川氏の古巣である東京Vは代表取締役社長を務める羽生英之氏が弔辞を捧げている。 「藤川孝幸氏が逝去されたとの報に接し、深い悲しみに包まれております。現役時代には、私たちヴェルディに数多くのタイトルを残してくれました。その気迫のこもったプレーに、多くの人々が力をいただきました」 「また、クラブを離れられてからも、ビジネス面でも多大なるサポートをいただき、物心両面で熱く支えていただきました。藤川氏が残されてきたご功績にあらためて敬意を表するとともに、東京ヴェルディを代表して、ここに謹んでご冥福をお祈り申し上げます」 2018.11.20 18:15 Tue
twitterfacebook
thumb

逆転優勝を狙う町田、東京VとのJ2最終節『東京クラシック』は全席完売!

▽FC町田ゼルビアは16日、17日にホームの町田市立陸上競技場(収容10,328人)で行われる明治安田生命J2リーグ最終節の東京ヴェルディ戦の全席チケット完売を発表した。 ▽当日販売は行われないとのこと。そのほか、当日の試合運営に関する諸注意に関しても以下のように伝えている。 「当日は満員に近い状況が予想されます。お席は譲り合いの上、空席を作らずにお座りください」 「随時、スタッフより席詰めのお声かけをさせていただきますので、ご協力の程、よろしくお願い致します」 「当日は誰もが楽しめる、より良い試合運営を行なって参りたいと考えております。ファン・サポーターの皆様、ご理解・ご協力の程をよろしくお願い致します」 ▽現在、勝ち点75で2位の大分トリニータと並ぶ3位の町田は、首位の松本山雅FC(勝ち点76)とも勝ち点差はわずかに1ポイント。そのため、今回のダービーマッチで勝利できれば、逆転でクラブ史上初のJ2優勝の可能性がある。 ▽一方、勝ち点70でJ1参入プレーオフ圏内の5位に位置する東京Vは、6位のアビスパ福岡(勝ち点69)と7位の大宮アルディージャ(勝ち点68)と2ポイント差の中でのプレーオフ争いを戦っており、今回の『東京クラシック』は歴史的な熱戦が期待されるところだ。 2018.11.16 20:43 Fri
twitterfacebook
thumb

西『マルカ』が東京V監督のロティーナを現地取材 「代理人にはスペインからのオファーを聞くことを禁じている」

▽スペイン『マルカ』が、東京ヴェルディで指揮を執るミゲル・アンヘル・ロティーナ監督を現地取材した様子を伝えた。 ▽これまでセルタやデポルティボ、エスパニョール、ビジャレアルなど母国スペインの名門クラブの指揮官を歴任してきたロティーナ監督は、キプロスやカタールと国外のクラブでの指揮を経て2017年からJ2リーグに所属する東京Vの新指揮官に就任。右腕であるイバン・パランコ・サンチアゴコーチと共に、“ポジショナルプレー”、“5レーン理論”というヨーロッパ最先端の戦術、以前から定評がある組織的な守備をチームに植え付けると、昨季は前年に18位に低迷した古豪を昇格プレーオフ圏内の5位に躍進させると、就任2年目となった今季もチームはJ2第41節終了時点で昇格プレーオフ圏内の5位に位置している。 ▽現在、ヴィッセル神戸MFアンドレス・イニエスタ、サガン鳥栖FWフェルナンド・トーレスと世界的なスーパースター2選手と、ヨーロッパでも知名度が高いフアン・マヌエル・リージョ監督(ヴィッセル神戸)の到来でスペイン旋風巻き起こるJリーグにおいて、その礎を築いた1人であるロティーナ監督をスペインの有力紙の取材班がこのたび現地取材を行った。 ▽ロティーナ監督は2012年のビジャレアル指揮官退任後、一度は監督業引退を決断したものの、親しい2人の友人の説得によって国外のクラブで指揮を執ることを考えたという。 「彼らは私を説得してくれた。あの時、私の監督キャリアに関して多くの人たちが幾つかのチームを降格させたという印象を持っており、スペイン国内での指揮は難しかった。したがって、私はここで日本という場所で初めからスタートを切りたかった」 ▽就任2年目の東京Vでの戦いに関して、クラブ創立50周年目をJ1の舞台で迎えたいと、1-0で勝利したJ2第41節カマタマーレ讃岐戦後に語っている。 「このクラブは日本で最も歴史があるクラブだ。来年に我々は50周年を迎える。私には当時より多くの情熱が必要だった。そして、日本行きを決めたんだ。その選択に満足しているよ」 「我々にはまだゲームが残っている。そして、プレーオフを勝ち抜いて昇格を果たしたいと思っている」 ▽また、61歳の知将はイニエスタやトーレスらのJリーグ参戦や日本サッカーの印象に関しても語っている。 「日本サッカーには観客動員や観客のフットボールを見る目をより養っていくため、外国からのクラックを必要としていた。今のところ、彼らはうまくやっていると思う。現在、リージョもここに来ているし、来年からは外国人枠が3人から5人に拡張される。彼らは今後も大いに成長していくと思うよ」 「君たち(取材班)から見れば、スペインとは異なるフットボールに見えると思うが、ここには多くのレベルがあり、戦術的な多様性も同様だ。それは他のアジアの国々にはないものだと感じている」 ▽さらに、少しばかり遠ざかっている母国スペインのフットボールに関しても言及。先日にレアル・マドリー指揮官の座を追われた元教え子、フレン・ロペテギ氏へのエールも送っている。 「個人的にベティスのプレースタイルやセティエンのアイデアが好きだ。同様にルイス・エンリケからバルセロナを引き継いだバルベルデにも敬意を抱いているよ」 「ロペテギに関しては不運だったと思う。ただ、彼は偉大な監督だ。すぐに指揮官としての仕事を再開すべきだし、3、4年後にはチェルシーやユベントス、マンチェスター・ユナイテッドのようなクラブから声をかけられるようになってほしい」 ▽最後にロティーナ監督は自身の今後のキャリアに関しても言及。今後も日本でのキャリアを継続していきたいという意向を示している。 「個人的にはあと2、3年は日本に留まりたいと思っている。代理人にはスペインからのオファーを聞くことを禁じている。私は61歳だが、今の状況に満足している。そして、自分自身を再開発できたことを誇りに思っている。同時にスペインの自宅でかつての昇格やコパ・デル・レイ優勝といった自分の成功の様子をビデオで見たいとは思っていない」 2018.11.13 14:56 Tue
twitterfacebook
thumb

東京V、ユースからMF森田晃樹の昇格内定を発表! 今季天皇杯浦和戦でトップデビュー

▽東京ヴェルディは20日、東京ヴェルディユースからMF森田晃樹(18)の来季トップチーム昇格が内定したことを発表した。 ▽東京都出身の森田は東京Vジュニアからジュニアユースを経てユースに昇格。近年、トップチームで活躍するMF井上潮音、MF渡辺皓太、MF藤本寛也が付けてきた背番号10を背負う逸材MFはU-15日本代表やU-17日本代表でも招集歴もある。 ▽170cmに満たない小兵ながらヴェルディの下部組織出身らしい繊細な足下の技術とパスセンス、戦術眼を併せ持つ中盤のマルチロールは、2種登録選手として今季の天皇杯の浦和レッズ戦ですでにトップチームデビューも飾っている。 ▽トップチーム昇格が決定した森田はクラブ公式サイトを通じて意気込みを語っている。 「来シーズンからトップチームに昇格することが決まりました。東京ヴェルディユースの森田晃樹です。今まで関わってくださった人たちへの感謝の気持ちを忘れず、日々努力してチームに貢献できるように頑張ります。応援よろしくお願いします」 2018.10.20 13:16 Sat
twitterfacebook
thumb

東京V、MF森俊介が入籍「互いに成長し、温かい家庭を築いていきたい」

▽東京ヴェルディは12日、MF森俊介(24)が10月11日に一般女性と入籍したことを発表した。 ▽兵庫県出身の森は2017年に関西学院大学からアルビレックス新潟に加入。プロ2年目となった今季は東京Vに期限付き移籍し、J2第20節の栃木SC戦ではプロ初ゴールを記録。しかし、ここまでは公式戦4試合の出場にとどまっている。 ▽森はクラブ公式サイトを通じて以下のようなコメントを残している。 「私ごとですが、10月11日に入籍しました。苦しい時いつも支えてくれて、妻には本当に感謝しています。これからは互いに成長し、温かい家庭を築いていけたらと思います。サッカー選手としてより一層責任感を持って日々頑張っていきますので、引き続き応援よろしくお願いします」 2018.10.12 15:34 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース