途中出場アラン弾で逃げ切った東京Vが鬼門西京極攻略! 松本を抜きPO圏内6位浮上《J2》2017.11.11 16:17 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽明治安田生命J2リーグ第41節、京都サンガF.C.vs東京Vが11日に京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場で行われ、アウェイの東京Vが1-0で勝利した。

▽逆転でのJ1昇格プレーオフ圏内浮上を目指す7位東京V(勝ち点64)が、11位京都(勝ち点54)のホームに乗り込んだ一戦。前節、レノファ山口相手にホームで6試合ぶりの敗戦を喫した東京Vは、その試合から先発3人を変更。田村、高木善、アラン・ピニェイロに代わって、平と安在、カルロス・マルティネスが先発に入った。

▽一方、台風の影響で延期されていた第33節の愛媛FC戦を2-0で勝利し9戦無敗の京都は、中2日となるホーム最終戦に向けて先発5人を変更。石櫃や小屋松、古巣対戦の吉野らが先発に復帰。また、田中マルクス闘莉王がベンチに入った。

▽強風の中で風下を選択した東京Vは、立ち上がりから押し込まれる展開に。攻撃時[3-3-2-2]、守備時に[4-1-4-1]の布陣を採用する東京Vだが、4バックで守る展開が続く中、7分には石櫃の右CKを大野にフリーで合わせられるが、ここはクロスバーに救われる。

▽15分を過ぎてようやく流れを引き戻した東京Vは18分、カルロスのスルーパスに抜け出したドウグラス・ヴィエイラと梶川が数的有利でボックス内に抜け出すが、ラストパスが引っかかり、こぼれ球をドウグラスが枠内に飛ばすが、ここはGK清水の好守に遭う。

▽前半終盤にかけては一進一退の攻防となった中、安在や渡辺らに幾つか決定機が訪れたものの、決め切るまでには至らず。前半はゴールレスで折り返した。

▽迎えた後半、やや攻撃で細かいミスが目立つ東京Vは、前半同様に押し込まれる展開に。それでも、61分にはフィードに抜け出したドウグラスがGKと一対一も、ここは相手GKの好守に遭う。

▽攻勢を強めたい東京Vは65分、カルロスを下げてアランを投入。するとこの交代策が先制点をもたらす。67分、GK柴崎のロングフィードに反応したアランが相手最終ラインと完璧に入れ替わって抜け出すと、最後は飛び出したGKを嘲笑うかのようなロングループを流し込んだ。

▽待望の先制点を奪った東京Vだが、ここからは京都の反撃を受ける展開に。大黒、田中マルクス闘莉王の元日本代表2トップをシンプルに使う攻撃に手を焼くも、守備陣が決死の守りで凌ぐ。87分と88分にはボックス内で大黒、伊東に決定的なシュートを許すが、いずれも枠を外れる。

▽その後、安在と渡辺を下げて田村、中後のベテランを投入して逃げ切りを図ると、5分が与えられた追加タイムも一丸となった守りで跳ね返し続ける。そして、鬼門西京極で2007年以来の勝利を手にした東京Vは、今節引き分けた松本山雅を抜いてプレーオフ圏内の6位に浮上した。

コメント

関連ニュース

thumb

栃木が東京VからMF二川孝広を期限付き移籍で獲得! 契約期間は2019年1月31日まで

▽栃木SCは29日、東京ヴェルディに所属する元日本代表MF二川孝広(37)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。契約期間は4月1日〜2019年1月31日まで。なお、東京V並びに選手の保有元であるガンバ大阪と対戦する全公式戦に出場することができない。 ▽二川は2016年に東京Vへ期限付き移籍で加入。加入初年度はリーグ戦20試合に出場するなど主力としてプレーしたが、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督が就任した昨シーズンは出場機会が激減した。 ▽今シーズンもここまで明治安田生命J2リーグで出場機会がなく、出場機会を求めての移籍となる二川は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆<B>栃木SC</B> 「この度、東京ヴェルディから移籍してきました、二川孝広です。チームのために精一杯頑張りますので、よろしくお願いします」 ◆<B>東京ヴェルディ</B> 「初めての移籍で不安だったのですが、 チームメイト、スタッフ、ファン・サポーターの皆さまに温かく迎えられて、すんなり溶け込むことができました。本当に感謝しています。 試合でなかなかチームに貢献することができず、心残りなこともありますが、次のチームでまたしっかり頑張りたいと思います。応援ありがとうございました」 2018.03.29 15:45 Thu
twitterfacebook
thumb

東京Vvs山形はドロー! 前半互いのゴール取り消しも攻め手欠き共に3戦未勝利《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第6節、東京ヴェルディvsモンテディオ山形が25日に行われ、0-0のドローに終わった。 ▽開幕2勝3分けで無敗の東京Vと、1勝2敗2分けの山形による3連戦の最終戦。前節、アビスパ福岡とドローに終わり2戦連続ドロー中の東京Vは前節から先発2人を変更。菅嶋、林陵平に代わって前節途中で存在感を示した林昇吾とカルロス・マルティネスが先発に入った。一方、前節横浜FCに敗れた山形はその試合から4選手を変更。三鬼、茂木、南、アルヴァロ・ロドリゲスに代わって加賀、古部、松岡、汰木を起用した。 ▽共に3試合ぶりの勝利を目指す一戦。[3-5-2]と[4-4-2]の可変システムで後方からの丁寧な繋ぎを見せる東京Vが序盤からボールの主導権を得る。しかし、引き気味の中盤と5バックで構成される山形のコンパクトな守備に苦戦を強いられ、なかなか中盤から前にボールを運べない。 ▽それでも、ホームチームは立ち上がりから中盤と2トップの選手が積極的に相手最終ラインと駆け引きしていた中、後方と前線の選手の呼吸が合い始めて縦パス一本で裏を取る場面が増える。すると29分、左サイドからのクロスをボックス左に走り込んだドウグラス・ヴィエイラが左足ワンタッチで折り返す。これをファーに詰めた林昇吾がゴールに流し込む。しかし、先制点と思われたこのゴールはドウグラスと相手DFの競り合いの中でファウルがあったとの微妙な判定でノーゴールに。 ▽この判定の余波で落ち着かない状況が続く中、37分には再び物議を醸す場面が訪れる。山形の右サイドからのクロスに対してGK上福元と阪野が交錯。この交錯で上福元がファンブルしたボールがゴールラインを割ると、審判団は一度山形のゴールを認める。しかし、東京V陣営の猛抗議の結果、最終的にノーゴールの判定に。互いにゴールが取り消される波乱の展開となった前半はやや消化不良という形で終了した。 ▽迎えた後半、立ち上がりは山形が右サイドの山田を起点にチャンスを作り出す。52分には山田のグラウンダーの折り返しからゴール前に飛び出した中村に決定機も、シュートを枠に飛ばせない。 ▽一方、後半もリズムが出ない東京Vは55分にカルロスを下げてアラン・ピニェイロ、60分には林昇吾を下げて梶川を投入。ここから攻撃にエンジンをかけたいところだが、前半同様に2トップへの長いボール以外に攻め手を見いだせない。 ▽その後も互いにフィニッシュまで持ち込めないこう着状況が続く中、山形は古巣初対戦の南やフェリペ・アウベスと攻撃的なカードを投入。対して東京Vは最後の交代カードで橋本を投入し、攻守のバランスを整える。 ▽その流れの中で78分にはオフサイドラインをかいくぐった山形の阪野がボックス内でシュートを狙うが、これはDFに触られて枠の左に外れる。84分には奈良輪のクロスからホームチームに決定機も、ドウグラスのヘディングシュートはGK児玉に阻まれた。 ▽結局、互いにフィニッシュの形を見いだせない塩試合の様相を呈した一戦はゴールレスで決着。共に3戦未勝利と微妙な形で3連戦を終えることになった。 2018.03.25 16:20 Sun
twitterfacebook
thumb

昨季J1昇格POで対峙した東京Vvs福岡はドロー! 途中投入の助っ人がゴールを奪い合うも痛み分け《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第5節、東京ヴェルディvsアビスパ福岡が21日に味の素スタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。 ▽昨シーズンのJ1昇格プレーオフ準決勝で対峙した東京Vと福岡による因縁の昨季上位対決。前節、大分トリ二ータ戦をゴールレスドローで終え、ここまで2勝2分けのホームチームはその試合から先発3人を変更。井上、菅嶋、林陵平がいずれも今季初先発を飾った。一方、前節ヴァンフォーレ甲府相手に今季初黒星を喫した福岡は先発4人を変更。契約上の問題で甲府戦を欠場したドゥドゥが戻ったほか、篠原、平尾、城後が今季初先発を飾った。 ▽中3日の過密日程に加え、試合前には季節外れの雪が降るなど厳しいコンディションで行われたこの一戦。前節の後半から採用した[3-5-2]の布陣で臨んだ東京Vに対して、福岡も同様の布陣を採用。序盤は後方からの丁寧な繋ぎ、素早い守備への切り替えとホームチームが上々の入りを見せる。 ▽だが、なかなか良い形でフィニッシュに持ち込むことができずにいると、20分過ぎにはゴール前での細かい繋ぎから石津、ゴール右で相手のクリアに反応した平尾と福岡が続けてボックス内で決定機を作る。しかし、DF井林のブロックとGK上福元の好守に阻まれた。 ▽その後も同様の展開が続く中、井上を起点に徐々に崩しの局面でアイデアを見せ始める東京V。しかし、右サイドのスペースを狙うドゥドゥを起点に効率の良い攻めを見せる福岡が前半終了間際に連続で決定機を創出。43分にはドゥドゥの丁寧な折り返しに中央フリーの石津、その直後には石津のパスに抜け出した城後がゴール右でシュートもGK上福元の好守に遭い、前半はゴールレスで終了した。 ▽後半の立ち上がりも福岡ペースが続く中、流れを変えたい東京Vは58分に菅嶋を下げて林昇吾、61分に林陵平を下げてカルロス・マルティネスを投入。するとこの交代策がゴールをもたらす。69分、奈良輪の左クロスのクリアボールを林昇吾がダイレクトシュート。これがDF輪湖のクリアミスを誘うと、ゴール前でフリーのカルロスが右足ボレーで蹴り込んだ。 ▽カルロスの今季初ゴールで試合を動かした東京Vは、その後も再三のカウンターアタックで2点目に迫る。75分にはカルロスのスルーパスからドウグラス、直後のCKではカルロスのボレーシュートで相手ゴールに迫るが、相手の好守に阻まれる。 ▽一方、DF篠原を下げてトゥーリオ・デ・メロを投入するなど、攻撃的な[4-4-2]の布陣で反撃を目指す福岡だが、トゥーリオを狙ったクロスやセットプレー以外に攻め手がない。それでも、試合終了間際の87分に森本を下げて投入したエウレーが同点ゴールをもたらす。ボックス手前右で相手のクリアを拾ったエウレーが左足でGKの前に落とすクロスを入れると、これをGK上福元がキャッチできず、ボールがゴールネットに吸い込まれた。 ▽その後、行ったり来たりの展開の中でより主導権を握った東京Vがカルロスのロングシュートなどで相手ゴールに迫るも、試合はこのまま1-1でタイムアップ。昨シーズンのJ1昇格プレーオフ準決勝で対峙した東京Vと福岡の一戦は痛み分けのドローに終わった。 2018.03.21 18:21 Wed
twitterfacebook
thumb

FC今治、東京Vから期限付き移籍で加入中のMF中野雅臣のアキレス腱断裂を発表

▽FC今治は10日、東京ヴェルディから期限付き移籍で加入中のMF中野雅臣が右足アキレス腱断裂と診断されたことを発表した。 ▽今治の発表によると、中野は今月3日に行われた練習中に負傷。その後、精密検査の結果、右足アキレス腱断裂と診断され、すでに手術を受けたことも伝えている。 ▽なお、中野の離脱期間に関しては約6カ月の見込みであると発表している。 ▽東京Vの下部組織からトップチームに昇格した中野は、2017年7月に今治へ期限付き移籍で加入し昨シーズンはJFL4試合出場。今季は期限付き移籍期間延長という形で同クラブでのプレーを続けていた。 2018.03.10 20:40 Sat
twitterfacebook
thumb

「女性の強さ、命の尊さをあらためて感じた」東京VのDF平智広に第一子となる長男が誕生

▽東京ヴェルディは7日、DF平智広に第一子となる長男が3日に誕生したことを発表した。 ▽平は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「この度、第一子となる男の子が産まれました。出産に立ち会い、女性の強さ、命の尊さをあらためて感じました。元気な子どもを産んでくれた妻と、僕たち夫婦を選んでくれた息子にとても感謝しています」 「家族のために、そして東京ヴェルディのために、これからもより一層頑張りたいと思います」 2018.03.08 10:31 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース