89分の渡のゴールで勝利した徳島が昇格PO圏内キープ!敗れた大分は昇格の可能性が消滅《J2》2017.11.11 16:01 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽明治安田生命J2リーグ第41節、徳島ヴォルティスvs大分トリニータが11日に行われ、1-0で徳島が勝利した。

▽昇格プレーオフ圏内をキープしたい6位の徳島(勝ち点64)と、昇格プレーオフ圏内を目指す10位の大分(勝ち点61)が激突した一戦。同じ目標に向けて勝利が絶対条件の両チームは序盤から互角の戦いを見せた。まずは10分、徳島の杉本がボックス内からシュートを試みるが、DFに当たって枠へ飛ばすことができない。

▽対して大分は16分に、左サイドからのクロスをファーサイドで三平が頭で落とし、そこに後藤が詰めるが、DFに体をいれられシュートに持ち込めず。さらに18分には、再び左サイドからのクロスに、遅れて入ってきた岸田が左足ダイレクトで合わせるが、これはクロスバーの上へ。

▽前半半ばにかけて攻勢に出る大分は、松本のクロスに三平が頭で合わせチャンスを迎えると、再び松本のラストパスを三平が右足で狙うが、惜しくもゴールの左に逸れてしまう。40分には後藤がミドルシュートでゴールに迫るが、なかなかゴールを割ることができない。

▽0-0で迎えた後半も一進一退の攻防を見せる中、55分にかけては徳島が2度ほどチャンスを迎えるものの、そのチャンスを活かすことができない。62分には右CKから三平がダイレクトで合わせて大分にも得点の雰囲気が漂う。

▽65分には、大分にここまで最大の好機が訪れる。敵陣右サイドで得たFKを鈴木惇が直接狙う。意表を突かれたGK長谷川だが、右手一本で弾くファインセーブをみせ得点を許さない。直後には大分のGK高木も魅せた。68分、島屋がボックス内から枠内シュートを放つが、GK高木が横っ飛びでピンチを脱する。

▽このまま引き分けで終わるかに思えた89分、右サイドの島屋のクロスに渡がダイビングヘッドで合わせネットを揺らした。劇的な幕切れとなった試合は1-0で徳島に軍配。敗れた大分は昇格プレーオフ圏内浮上の希望が絶たれた。

コメント

関連ニュース

thumb

山形DF西村が交通事故…西村の同乗者が軽傷も相手の方にケガなし

▽モンテディオ山形は18日、DF西村竜馬が交通事故を起こしたことを発表した。 ▽事故が起こったのは、17日の13時30分頃。山形市城西町4丁目ならびに同市城北町1丁目境界の国道112号交差点で西村が運転する乗用車が青信号で西に直進中、対向車線から来た車両が右折し、西村竜馬選手の運転席側前方と相手車両の助手席側前方が衝突したとのこと。 ▽西村にケガはないが、西村の同乗者が軽傷を負ったため、直ちに病院にて診察を受けたとのこと。なお、相手の方にはケガはなかったようだ。 ▽山形はクラブ公式サイトで、「関係者の皆様にご迷惑をおかけしたことを心よりお詫び申し上げます。本人に厳重注意を行うとともに、今後の再発防止に向けて交通安全の取り組みを引き続き徹底いたします」とコメントしている。 2018.07.18 22:11 Wed
twitterfacebook
thumb

徳島、アルゼンチン人FWオルシーニの完全移籍、ブラジル人FWナタン・ジュニオールとの契約解除を発表

▽徳島ヴォルティスは18日、アルゼンチン人FWオルシーニ(23)がSAサリメント(アルゼンチン2部)に完全移籍し、ブラジル人FWナタン・ジュニオール(29)とは双方合意のうえ契約を解除することを発表した。 ▽アルゼンチン人のオルシーニは、2016年に徳島入りすると、同年に日本代表MF本田圭佑が実質的なオーナーを務めていたオーストリアのSVホルンに期限付き移籍。2017年7月からはファジアーノ岡山に半年間、今シーズンからはスポルティボ・ルケーニョ(パラグアイ)に1年半の期限付き移籍で加入していた。 ▽ブラジル人のナタンは、今シーズンにアル・ファティフ(サウジアラビア)から徳島に完全移籍。しかし、3月17日に行われたトレーニングで負傷したナタンは右ヒザ関節骨軟骨損傷と診断され、5月初旬に検査のためブラジルに一時帰国した後、5月11日に同箇所の手術を受けた。全治は手術日から約3カ月とされており、再来日の日程が待たれていた中での契約解除となった。なお、ここまで公式戦の出場は記録されていない。 ▽両名は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントした。 ◆FWオルシーニ 「徳島ヴォルティスに貢献することができなかったことが何より心残りです。ファン・サポーターの皆さまには申し訳ない気持ちでいっぱいです。クラブが今年J1へ昇格できると信じています。アルゼンチンに戻りプレーしますが、今後とも応援いただけると幸いです」 ◆FWナタン・ジュニオール 「徳島ヴォルティスの選手、クラブ関係者、そしてファン・サポーターの皆様と短い時間でしたが、とても良い経験と一生の思い出になりました。チームが目標を達成出来ることを願っています。また、いつか徳島ヴォルティスに戻れるように一生懸命頑張ります。大変お世話になりました」 2018.07.18 18:40 Wed
twitterfacebook
thumb

首位松本、パウリーニョが全治3カ月のケガで一時帰国

▽松本山雅FCは18日、ブラジル人MFパウリーニョの一時帰国を発表した。 ▽帰国理由は、治療のため。11日に行われた天皇杯3回戦の浦和レッズ戦で負傷したパウリーニョは、検査の結果、右長内転筋筋断裂で全治約3カ月と診断された。19日より9月下旬までブラジルで治療を受けるという。クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「今回の怪我の治療のためにチームを離れてブラジルに一時帰国することになりました。サッカーの世界でこのような怪我は起きることなので避けることはできません。避けることが出来れば良かったのですが、きちんと自分の怪我と向き合っていきたいと思います。また怪我をしてからも、家族・仲間・クラブを応援してくれる多くの方から温かい励ましの声をいただきました。なるべく早くサポーターのために復帰し、これからも山雅のために戦っていきたいと思います」 ▽パウリーニョは、今シーズンのここまで明治安田生命J2リーグ21試合3得点を記録。11勝8分け4敗で首位の松本は、21日に行われる次節、京都サンガF.C.をホームに迎え撃つ。 2018.07.18 15:45 Wed
twitterfacebook
thumb

福岡DF田村友、山形へ完全移籍「山形で活躍する姿、成長した姿を届ける」

▽モンテディオ山形は17日、アビスパ福岡からDF田村友(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽2015年に福岡大学から福岡に入団した田村は、2017年に浦和への期限付き移籍を経験。復帰した今シーズンは明治安田生命J2リーグに1試合、天皇杯に2試合出場していた。 ▽山形への完全移籍が決定した田村は、両クラブの公式サイトに以下のようにコメントしている。 ◆モンテディオ山形 「アビスパ福岡から移籍してきた田村友です。チームのために、個人の成長のために全力で戦います。よろしくお願いします」 ◆アビスパ福岡 「山形に移籍することになりました。2015年からたくさんの経験をさせてもらったアビスパ福岡には感謝の気持ちでいっぱいです。応援してくれていたファン・サポーターに直接挨拶できず、とても残念で申し訳なく思っていますが、山形で活躍する姿、成長した姿をみなさんに届けられるよう全力で頑張りたいと思います。今までありがとございました」 2018.07.17 13:15 Tue
twitterfacebook
thumb

岡山とゴールレスドローの松本が首位キープ! 平戸3アシストで4戦ぶり白星の町田が2位浮上!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第23節の3試合が16日に行われた。 ▽シティライトスタジアムで行われたファジアーノ岡山vs松本山雅FCは、0-0のドローに終わった。 ▽前節、東京ヴェルディを相手に7試合ぶりの勝利を収めた8位の岡山と、リーグ戦3連勝で大分トリニータ、レノファ山口FCと同勝ち点(40)ながら首位に立つ松本の上位対決。 ▽平成30年7月西日本豪雨で大きな被害を負った岡山での開催となった試合は立ち上がりはアウェイの松本ペースに。開始7分にFKの流れから浦田のフリックをゴール前の當間がアクロバティックなボレーで合わすと、21分には岩間の強烈なミドルシュートでGK金山を脅かす。一方、時間の経過と共にカウンターからチャンスを窺う岡山は神出鬼没な仲間が相手守備を翻弄。40分には喜山の絶妙な浮き球フィードをゴール前に抜け出し正確なトラップからフィニッシュに持ち込むが、ここはGK守田の好守に阻まれた。 ▽ゴールレスで折り返した試合は後半に入って完全に岡山ペースに。49分にはボックス右に抜け出した仲間がGK守田が不用意に飛び出して空けた無人のゴールへシュートを狙うが、守田が触ってゴール方向に向かったボールはゴールライン上でDF飯田にクリアされる。その後も椋原、末吉のミドルレンジのシュートでゴールに迫るが、GK守田の好守に遭う。 ▽その後は前田大然の投入で推進力を増した松本が盛り返し一進一退の攻防が繰り広げられたが、互いに相手の堅守をこじ開けるにはあとひとつパワーが足りず、白熱の上位対決は痛み分けのドローとなった。なお、連勝が「3」でストップした松本だが、勝ち点を「41」に伸ばし首位キープに成功した。 ▽えがお健康スタジアムで行われたロアッソ熊本vsFC町田ゼルビアは、アウェイの町田が3-2で勝利した。 ▽リーグ7戦未勝利の19位熊本と、リーグ戦3戦未勝利の4位町田が対峙した一戦。試合は立ち上がりからオープンな展開に。開始9分、町田の右CKの場面でキッカーの平戸が入れたクロスをニアに飛び込んだ中島が頭で合わせ、アウェイチームが先制点を奪取。続く19分には右サイドのスローインの流れから平戸が入れたクロスを再びニアに飛び込んだ中島が頭で流し込み、町田が追加点を奪った。 ▽ホームで2点のビハインドを背負った熊本だが、田中と黒木の両ウイングバックの攻め上がりを生かしたカウンターから幾度か決定機を創出。すると31分、その田中と黒木の立て続けのクロスからボックス内で伊東が落としたボールを安柄俊が巧みな反転シュートで決め切り、1点を返す。さらに1点ビハインドで折り返した後半立ち上がりの47分にはハーフタイム明けに投入された坂本の左サイドからのクロスをボックス内で皆川が短くマイナスに落とすと、これを安柄俊が冷静に流し込み、同点に追いついた。 ▽2-2のイーブンとなった試合はここからややこう着状態に入る。それでも、試合巧者の町田が得意のセットプレーで突き放す。70分、右CKの場面でキッカーの平戸が右足アウトスウィングのボールを入れると中央でドフリーの藤井が豪快なヘディングシュートを右隅に流し込んだ。さらに76分には接触プレーでこの試合2枚目の警告を受けた安柄俊が退場となり、町田が1点リードに加えて数的優位を手にした。その後、巻らの投入で必死に同点を目指す熊本の反撃を凌いだ町田が平戸の3アシストの活躍もあって4試合ぶりの勝利。暫定2位に浮上した。 ▽また、4戦未勝利で暫定最下位に沈む京都サンガF.C.と3戦負けなしの14位水戸ホーリーホックの一戦は、アウェイの水戸が1-0で勝利した。5戦ぶりの白星を目指す京都が積極的な入りを見せたものの、前半20分を過ぎると水戸のプレスやカウンターが機能し始めて一進一退の展開に。結局、ゴールレスで折り返した後半も拮抗した状況が続くが、65分にボックス手前でパスを受けた伊藤涼太郎がドライブ回転をかけた右足のミドルシュートを放つと、GKの手前でバウンドしたボールがGK若原の手を弾いてネットに吸い込まれた。その後、京都の反撃を危なげなく凌ぎ切った水戸が2連勝。一方、5戦未勝利の京都は最下位を脱出することはできず。 ◆明治安田生命J2リーグ第23節 結果 ▽7/16(月・祝) 京都サンガF.C. 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 水戸ホーリーホック</span> ロアッソ熊本 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 FC町田ゼルビア</span> ファジアーノ岡山 0-0 松本山雅FC ▽7/15(日) ヴァンフォーレ甲府 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 FC岐阜</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アビスパ福岡 3</span>-1 カマタマーレ讃岐 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">東京ヴェルディ 3</span>-1 レノファ山口FC ジェフユナイテッド千葉 3-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 ツエーゲン金沢</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">栃木SC 1</span>-0 モンテディオ山形 アルビレックス新潟 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 横浜FC</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">大宮アルディージャ 1</span>-0 大分トリニータ <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">愛媛FC 1</span>-0 徳島ヴォルティス 2018.07.16 21:13 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース