自動昇格目指す福岡がパウリーニョの芸術弾に沈み痛恨ドロー…3位浮上も長崎勝利で昇格POへ《J2》2017.11.11 15:55 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽11日に明治安田生命J2リーグ第41節のアビスパ福岡vs松本山雅FCがレベルファイブスタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。▽自動昇格圏の2位に位置するV・ファーレン長崎に勝ち点2差の4位・福岡(勝ち点72)が、昇格プレーオフ圏内の5位に位置する松本(勝ち点65)を迎えた一戦。福岡にとっては最終節まで望みを繋ぐうえでも負けられない戦いとなった。

▽しかし余は入りを見せたのは松本で、2分に相手陣内でこぼれ球を拾った武井がやや距離のある位置から左足で狙う。ドライブ回転がかかったシュートは惜しくもクロスバーを叩くが、その後も松本が前線の高崎にボールを集めて福岡を押し込んでいく。

▽対する福岡も前線に入るウェリントンをターゲットマンとして深さを作り出して攻めていくが、ファイナルサードでの崩しが乏しくフィニッシュまで持ち込めない。23分にはようやく中盤でフリーとなった山瀬がミドルレンジから右足を振り抜くが、このシュートは枠に飛ばなかった。

▽ハーフタイムにかけてはウェリントンの高さと仲川のスピードを活かした攻撃を見せる福岡が主導権を握る。37分には右サイドの駒野が入れたクロスにウェリントンが囲まれながらも頭で合わせたが、ボールはゴールマウスの左へと流れていった。

▽しかし42分、福岡は左サイドの亀川が深い位置まで攻め込んでクロスを入れると、ボックス内の山瀬がこれに合わせる。下がりながらも左足を振り抜くと、GK鈴木の手を弾いてボールはネットに収まり、福岡が欲しかった先制点を奪いきった。

▽そのまま福岡がリードして試合を折り返すと、後半は追いかける松本が前に出る。46分にはボックス右でボールを受けた高崎が強引にシュートを放つと、55分にはパウリーニョがボックス手前右の位置で右足からコントロールシュートを狙うなどチャンスを作り出す。

▽押し込まれる福岡も56分ごろから高い位置でのプレスを仕掛けるようになり主導権を握り返すと、59分にはウェリントンのヒールパスからボールを受けた仲川がドリブルを仕掛けて最後はボックス手前中央から左足で狙うが、ここは相手のブロックに阻まれた。

▽終盤にかけては両監督共に交代カードを切って主導権を奪い合う。しかし追いかける立場の松本は福岡のプレッシングに手を焼き、相手陣内に攻め込めない。75分には左サイドの亀川が入れたクロスにウェリントンがゴールマウス急襲のヘディングシュートを放つなど、福岡の方がシュートシーンを多く作り出していった。

▽しかし84分、松本が久しぶりに攻め込んでいくと、ボックス手前でボールを受けた武井が横に流したボールをセルジーニョがヒールで落とす。最後はパウリーニョが右足で放ったコントロールシュートがゴールマウス右隅に収まり、松本が試合を振り出しへと戻した。

▽負けられない福岡は攻めようとする姿勢は見られるも、冷静さを欠いてからか単調な攻撃となる。後半アディショナルタイム2分にはエウレーがボックス手前から狙っていくが、ボールは枠外へ。試合終盤には左サイドからのクロスにウェリントンが飛び込むが、わずかに枠を捉えきれず。

▽試合はそのまま終了を迎え、ドロー決着。福岡は、同時刻に行われていた試合で名古屋が敗れたため3位に浮上するも、ナイトゲームで長崎が勝利した時点で自動昇格が決定する。

コメント

関連ニュース

thumb

大分、MF清本拓己との契約満了を発表…今季J2で26試合4得点

▽大分トリニータは21日、MF清本拓己(25)との来シーズンの契約を更新しないことを発表した。 ▽2016年にFC岐阜から期限付き移籍で大分に加入した清本。加入初年度は明治安田生命J3リーグで29試合7得点を記録し、チームのJ2昇格に貢献していた。その後、2017年に完全移籍を果たし、今シーズンは明治安田生命J2リーグに26試合出場で4得点を記録して、チームのJ1昇格の力となった。 ▽大分退団を受け、清本はクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「大分トリニータが大好きです。そして、みんなで勝ち取ったJ1昇格という素晴らしい結果、本当に嬉しかったです。口下手であまりいいことは言えないですが、今の素直な気持ちを伝えます」 「トリニータがJ3降格した時の悔しさは知りません。でも、僕がJ3のトリニータに来た時、クラブの施設、スタジアムの凄さ、ファン・サポーターの気持ちの熱さ、それを肌で感じた時はこのチームがJ3にいてはいけない。もっと上で戦えるはずだって思いました。この3年間、僕にとってはいろいろな経験ができ、とても成長できました。1年でのJ2復帰、プロ人生初の大怪我、3年でJ1昇格。こんなに経験できる選手はそんなにいないと思います。そこにいれただけでも幸せです。試合に全く絡めてない時にトリニータに拾ってもらって、試合に出るようになって自信も付いたし、怪我した時はチームが全力で助けてくれて、怪我したことは全然幸せじゃないないですけど、そのおかげで強くもなれました。本当にこのチームには感謝しかないです」 「でも、ただやっぱりみんなとJ1でやりたかった。この気持ちは隠そうにも隠しきれない事実です。しかし、僕はまだJ1でプレーできるレベルではありませんでした。この3年間、僕がチームに何ができたかって言ったら最初の年のJ2復帰だけだと思います。J2に上がってからはほとんど貢献できず、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。でも、少しでも清本のドリブル好きだったなって思ってくれる人がいたら幸せです。どこに行っても僕は大分トリニータを応援するし、大分トリニータが大好きです。J1で輝く大分の作り上げたサッカーを見せて欲しいです。バモストリニータ!!3年間ありがとう」 2018.11.21 19:00 Wed
twitterfacebook
thumb

讃岐、DF渡邉大剛の契約満了を発表…「J3に降格してしまい本当に申し訳ない」

▽カマタマーレ讃岐は21日、DF渡邉大剛(33)の契約満了を発表した。 ▽京都サンガF.C.や大宮アルディージャでプレーした渡邉は、2016年7月に韓国の釜山アイパークから讃岐に加入。今シーズンは明治安田生命J2リーグに23試合出場したが、チームは最下位でJ3降格が決定してしまった。 ▽讃岐の退団が決定した渡邊は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「今シーズン限りで讃岐を退団することになりました。讃岐には2016年の夏に日本でクラブを探してる時に拾ってもらい、そこから2年半在籍させていただきました。自分の事を必要だと言ってくれたクラブ、クラブ関係者の方には深く感謝致します。毎年残留争いに巻き込まれてしまい、なかなか勝つ試合をサポーターやファンの皆さんにお見せする事ができず、また今年はJ3に降格してしまって本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです」 「それでも練習場や試合、試合が終わってからのバス待ちのところでたくさんの方に暖かい声を掛けていただいて本当に嬉しかったです。なのでもっと試合に勝って皆さんと喜びを分かち合いたかったです」 「来年は讃岐のユニホームを着てプレーする事はできませんが、1年でJ2に戻れる事を願ってますしサポーターの皆さんには引き続きカマタマーレを応援していただき力を貸してほしいと思います。1年での復帰は簡単な事ではないですが、クラブが良い方向に向かうために時には厳しい目を持ってもらい、クラブがしっかりとしたビジョンを皆さんに示してくれる事を強く願います」 「最後になりますが、改めてカマタマーレ讃岐というクラブ、スポンサーの皆様、ファン、サポーターの皆様、チーム、今まで関わった選手、スタッフに感謝しています。2年半本当にありがとうございました。All the best.」 2018.11.21 17:05 Wed
twitterfacebook
thumb

筑波大DF会津雄生、岐阜への来季加入が内定「両サイドでプレーできる攻撃的サイドバック」

▽FC岐阜は21日、筑波大学に所属するDF会津雄生(22)の来シーズン加入内定を発表した。 ▽会津はU-12からU-18まで柏レイソル下部組織に在籍。その後、筑波大学に進学した。身長168㎝、体重63㎏のサイドバックだ。クラブは同選手の特徴を「両サイドでプレーができる運動量豊富な攻撃的サイドバック。持ち前のテクニックでチャンスを演出する」と紹介している。また、会津はU-15からU-18まで日本代表にも選出されていた。 ▽岐阜への来シーズン加入内定が発表された会津は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「2019シーズンよりFC岐阜に加入することになりました筑波大学の会津雄生です」 「大木監督が目指すFC岐阜の魅力的なサッカーに惹かれ、ここでプレーしたいと強く思い、プロサッカー選手としてのキャリアをFC岐阜でスタートできることを大変嬉しく思います。日々サポートしてくれた家族、今まで指導していただいた監督やコーチ、切磋琢磨したチームメート、応援して下さったたくさんの方々に感謝の気持ちを忘れず、成長した姿を見せることができるように日々努力を継続したいと思います」 「最後にFC岐阜サポーターや関係者の皆様と多くの感動や喜びを分かち合えるよう、しっかりとチームに貢献していきたいと思います。応援よろしくお願いします」 2018.11.21 16:40 Wed
twitterfacebook
thumb

大分の大型ブラジル人DFウイリアン・エンリケ・アントゥネスが今季契約満了「またお会いしましょう」

▽大分トリニータは21日、ブラジル人DFウイリアン・エンリケ・アントゥネス(31)の契約満了に伴い来シーズンの契約を更新しないことを発表した。 ▽190cm、85kgと恵まれた体格を持つウイリアンは、グレミオやポンチ・ブレッタ、クルゼイロといったブラジルの複数クラブを渡り歩き、今年8月に大分に到着。しかし、9月下旬に全治6週間のケガを負い、1試合の出場もないままクラブを去ることとなった。 ▽ウイリアンは、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆DFウイリアン・エンリケ・アントゥネス 「短い間でしたが、チームがJ1に昇格することができてうれしく思います。自分はこれがお別れではなく、いつか成長した姿で、再びJ1の大分トリニータに戻ってプレーしたいと思っています。またお会いしましょう」 ▽今シーズンの大分は、明治安田生命J2リーグを23勝7分け12敗の2位で終了。来シーズンのJ1参入を決めている。 2018.11.21 11:30 Wed
twitterfacebook
thumb

J3降格の讃岐DF岡村和哉が契約満了「6年間本当にありがとうございました」

▽カマタマーレ讃岐は21日、DF岡村和哉(30)との契約が満了を迎え、来シーズンの契約を更新しないことを発表した。 ▽プロデビューを飾ったロアッソ熊本から期限付き移籍を経て2014年に讃岐に完全移籍した岡村は、今シーズンの明治安田生命J2リーグ40試合に出場して1ゴールを記録。複数ポジションをこなせるユーティリティプレイヤーとしてクラブを支えていた。 ▽岡村は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆DF岡村和哉 「この度讃岐との契約が満了になりました。讃岐に来て6年で本当にたくさんのことがありました。入れ替え戦でJFLからJ2に上がったこと、J2初年度なかなか勝てず、入れ替え戦に回りなんとか残留したこと。人生で初めてと言っていいほどの大怪我からのリハビリ生活。数えきれないほどの経験をさせてもらいました。そして今年、J3に降格してしまい、自分の力不足も痛感しました。もっと讃岐の力になりたかったし悔いは残りますが、この6年間で思い出すことは一緒に戦った仲間、サポーターのことばかりです。本当に支えてもらいました。感謝してもしきれません。本当にありがとうございました」 「愛する仲間、サポーターがいる讃岐を離れなければならないことは寂しいですが、いつも通り明るく元気に頑張っていこうと思っています。6年間本当にありがとうございました」 ▽今シーズンの讃岐は、7勝10分け25敗の最下位でフィニッシュ。初のJ3降格が決定していた。 2018.11.21 11:20 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース