町田が2年連続J2残留に導いた相馬直樹監督の続投を発表2017.11.11 13:30 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽FC町田ゼルビアは11日、相馬直樹監督の来シーズン続投を発表した。▽相馬は、2014年に町田の監督に就任。2015年にはリーグ戦で2位に入り、大分トリニータとのJ2・J3入れ替え戦を制して4年ぶりのJ2復帰に導いた。昨シーズンはJ1ライセンスの基準に満たないためにライセンスの申請を断念した中、チームは7位と残留。相馬体制4シーズン目を今シーズンも昨シーズン以上の成績を残すことができていないものの、現在15位で2年連続の残留を決めた。

▽続投に関してクラブは、「今シーズンもJ2リーグ残留を果たしてくれたこと、そして、目標としている2020年のJ1リーグ挑戦に向け、継続した強化をしていきたいとの想いで続投をお願いし、相馬監督にもプロジェクトに賛同していただきました」と説明している。

コメント

関連ニュース

thumb

杉森弾の町田が連勝飾り2位浮上! 山口は連敗《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第26節延期分のレノファ山口FCvsFC町田ゼルビアが17日に維新みらいふスタジアムで行れ、アウェイの町田が1-0で勝利した。 ▽直近5試合で2勝1分2敗の11位・山口(勝ち点51/1試合未消化)と、1勝3分け1敗の3位・町田(勝ち点65/2試合未消化)による一戦。 ▽試合開始序盤は、山口がサイドチェンジの駆使しながら試合を優位に進め、町田ゴール前まで迫るが、決定的なチャンスを作ることができず。 ▽結局、前半は山口のシュート4本に対し町田は1本も打てずに終了。 ▽後半に入ると一転し、両チームともにアグレッシブさを増しゴール前まで迫っていく。すると、比較的多くのチャンスを作るホームの山口に決定機が訪れる。64分、自陣からのクリアボールに反応した岸田が絶妙なトラップから抜け出して、ボックス内へ侵攻。GK福井のビックセーブで先制点は奪えなかったが、ボックス左からのシュートが町田ゴールを脅かす。 ▽押しこまれる展開が続いた町田は70分、ボックス右手前から平戸がグランダーのクロスを供給。途中出場のドリアン・バブンスキーがニアサイドでスルーすると、ボックス中央にいた杉森にパスが渡る。そのまま反転してシュートを放つと、これがゴールネットを揺らしアウェイの町田が先制する。 ▽その後、山口がカウンターでチャンスを伺うも町田が上手く試合を運び、このままのスコアで終了。 ▽町田は連勝を飾って勝ち点を「68」に伸ばし2位に浮上した。一方、山口はホームで連敗を喫した。 ◆J2順位表(10月17日時点) [勝ち点(得点/失点/得失点)試合数] <span style="position: relative;display: inline-block;font-weight: bold;font-size:13px;padding: 0.5em 0.3em;margin: 0.25em 0.25em;text-decoration: none;color: #000000;background: #99df99;transition: .4s;width:100%;">1位 松本山雅FC 69(52/33/19)37</span> <span style="position: relative;display: inline-block;font-weight: bold;font-size:13px;padding: 0.5em 0.3em;margin: 0.25em 0.25em;text-decoration: none;color: #000000;background: #99df99;transition: .4s;width:100%;">2位 FC町田ゼルビア 68(56/38/18)36</span> <span style="font-weight: bold;font-size:13px;">── ↑ 自動昇格 ↑ ──</span> <span style="position: relative;display: inline-block;font-weight: bold;font-size:13px;padding: 0.5em 0.3em;margin: 0.25em 0.25em;text-decoration: none;color: #000000;background: #ffffaa;transition: .4s;width:100%;">3位 大分トリニータ 66(67/44/23)37</span> <span style="position: relative;display: inline-block;font-weight: bold;font-size:13px;padding: 0.5em 0.3em;margin: 0.25em 0.25em;text-decoration: none;color: #000000;background: #ffffaa;transition: .4s;width:100%;">4位 アビスパ福岡 64(52/36/16)37</span> <span style="position: relative;display: inline-block;font-weight: bold;font-size:13px;padding: 0.5em 0.3em;margin: 0.25em 0.25em;text-decoration: none;color: #000000;background: #ffffaa;transition: .4s;width:100%;">5位 大宮アルディージャ 63(59/43/16)37</span> <span style="position: relative;display: inline-block;font-weight: bold;font-size:13px;padding: 0.5em 0.3em;margin: 0.25em 0.25em;text-decoration: none;color: #000000;background: #ffffaa;transition: .4s;width:100%;">6位 横浜FC 63(55/41/14)37</span> <span style="font-weight: bold;font-size:13px;">── ↑ プレーオフ ↑ ──</span> <span style="font-weight: bold;font-size:13px;">7位 東京ヴェルディ 63(50/36/14)37</span> 2018.10.17 21:12 Wed
twitterfacebook
thumb

町田DF橋口拓哉が左ヒザ内側側副じん帯損傷で2ヶ月離脱…今季柏からレンタル加入

▽FC町田ゼルビアは17日、DF橋口拓哉が左ヒザ内側側副じん帯損傷と診断され復帰まで約8週間と見込まれることを発表した。 ▽橋口は12日のトレーニング中に負傷。検査の結果、今回の離脱が判明した。 ▽橋口は、柏レイソルからのレンタルで今年から町田でプレー。今シーズンは明治安田生命J2リーグ1試合に出場していた。 2018.10.17 19:20 Wed
twitterfacebook
thumb

サイバーエージェントの藤田晋代表が株式会社ゼルビアの取締役に就任

▽FC町田ゼルビアは16日、株式会社サイバーエージェントの藤田晋代表取締役社長、同社の中山豪常務取締役が株式会社ゼルビアの取締役に就任したことを発表した。 ▽町田は、練習場の整備に関しては、株式会社サイバーエージェントからサポートの確約を受けていることを改めて表明。なるべく早期に着工し、J1ライセンスの取得、そして選手のプレー環境の向上に努めるとしている。 ▽また、16日に開かれた臨時株主総会と取締役会では第三者割当増資で株式を発行し、株式会社サイバーエージェントに割り当てることが決定したことも報告。強固な結び付きを築いている。 ▽町田は現在、今シーズンの明治安田生命J2リーグ第37節終了時点で2試合未消化ながら3位。優勝にも手が届く位置に付けているが、Jリーグクラブライセンス判定でJ1ライセンスを取得できず、来シーズンもJ2での戦いが確定している。 2018.10.16 16:40 Tue
twitterfacebook
thumb

昇格目指す上位対決は町田に軍配!松本&東京Vも勝利し依然混戦、「裏天王山」は讃岐が11戦ぶり勝利で最下位脱出!《J2》

▽14日、明治安田生命J2リーグ第37節の5試合が行われた。 ▽15時からは、J1昇格を目指すFC町田ゼルビア(6位)vs大分トリニータ(1位)の直接対決と、ジェフユナイテッド千葉(16位)vsモンテディオ山形(9位)の2試合が行われた。 ▽2試合消化が少ない町田と首位・大分の一戦は、大分が攻勢を強めてスタート。馬場、伊佐を中心に町田ゴールに迫るが、フィニッシュの精度を欠いて得点を奪えない。すると15分、ホームの町田が先に試合を動かす。右CKを得た町田は、サインプレーでグラウンダーのボールをニアに。これをボックス内右でロメロ・フランクがダイレクトシュートを放つと、GK高木の手を弾いてネットを揺らし、町田が先制する。 ▽先制を許した大分は19分、馬場からのパスを受けた伊佐がGK福井と一対一になるも、シュートは左手で阻まれゴールを奪えない。さらに21分、CKの流れからサインプレーでクロスを上げると、最後はファーサイドに走り込んだ星が合わせるも、シュートは枠を越えていく。 ▽その後も攻め込む大分は26分、ロングボールでDFラインの裏を使うと、抜け出した小手川がGK福井をかわして落ち着いてゴールに流し込み、同点に追いつく。同点に追いついた大分は32分、小手川がボックス右からクロス。これを、ニアに飛び込んだ馬場がヒールで流し込む技ありシュートを決め、1-2と逆転する。 ▽逆転を許した町田だったが42分、町田は右からのクロスに対しニアで鈴木がヘッド。GKに阻まれるも、こぼれ球を中島が流し込んで町田が同点に追いつく。 ▽2-2のタイスコアで迎えた後半、大分が前半に続き主導権を握るが、町田も少ないチャンスで大分ゴールに迫る。町田は57分、ボックス手前でパスを受けたロメロ・フランクが鋭い切り返しでDFをかわり、左足シュート。しかし、これはGKがセーブ。町田は、これで得たCKからのクロスを中村がヘッド。クロスバーに跳ね返ったこぼれ球を鈴木が蹴り込みネットを揺らすが、その前にハンドがあったとしてノーゴールの判定となる。 ▽逆転が幻となった町田だが、63分にスローインをボックス内で受けたロメロ・フランクがDFを背負いながら反転するとすぐさまシュート。これがゴール左に決まり、3-2と今度は逆転する。 ▽逆転を許した大分は、68分に馬場、伊佐の前線2人に代えて、三平、藤本を投入。すると70分、出場したばかりの藤本がボックス内でクロスに合わせるが、シュートは右ポストに嫌われてしまう。 ▽防戦が続いた町田は83分、酒井からのパスを受けたロメロ・フランクがGKの位置を見てループシュート。しかし、これはわずかに枠を越え、ハットトリックとはならない。その後は大分が攻め込むも、町田が粘り3-2で試合終了。勝った町田は2試合消化が少ないながらも暫定3位に浮上。大分は連勝が「5」でストップした。 ▽千葉vs山形は、ホームの千葉が優勢に進める。12分、ボックス左からのクロスを折り返すと、中央で待ち構えた町田がヘディングで叩き込み、千葉が先制する。 ▽更に千葉は前半終了間際の45分、ボックス手前で小島が縦パス。これがディフレクトしてコースが変わり、そのままゴールに吸い込まれ、千葉が2点リードで試合を折り返す。 ▽後半に入っても攻め込むのは千葉。48分、ボックス手前でFKを得ると、船山が直接狙う。シュートはゴール左に飛ぶが、GK櫛引が手を伸ばしセーブする。 ▽山形は53分、三鬼からのスルーパスに抜け出た安西が、ボックス内右でGK大野に倒されPKを獲得。これを阪野がしっかりと決め、1点を返す。その後は互いに攻め込むも、ゴールは生まれず。千葉は連勝、山形は6戦未勝利となり昇格プレーオフ圏内が遠ざかった。 ▽また、14時にキックオフを迎えた3試合は、ツエーゲン金沢(12位)vs松本山雅FC(2位)、水戸ホーリーホック(14位)vs東京ヴェルディ(7位)、カマタマーレ讃岐(22位)vsロアッソ熊本(21位)。J1昇格を目指す松本、東京V、さらにはJ3降格圏同士の対決となった。 ▽金沢vs松本は、U-21日本代表として出場したアジア競技大会で負傷し離脱していたFW前田大然が復帰。昇格に向けて戦力が整った。試合は開始25秒、右サイドからのクロスにボックス中央で高崎がヘッド。シュートは枠を捉えるも、GK白井が横っ飛びで開始早々の失点を免れる。 ▽14分にも松本は決定機。左CKからのクロスを繋ぐと、最後は石原のボックス手前からのクロスを浦田がコースを変えボールはゴールへ。しかし、GK白井が再びビッグセーブを見せ、失点を逃れる。16分には味方の落としに反応したセルジーニョがボックス手前からループシュート。意表を突いたシュートになるが、GK白井が落ち着いてセーブする。 ▽攻め続ける松本は21分、石原からのロングボールをボックス内で胸トラップで受けた高崎がそのままシュート。これは左ポストに嫌われるも、前田が押し込んで松本が先制する。 ▽先制した松本の攻勢は止まらない。33分、前田の落としを受けた田中が遠い位置からミドルシュート。低空シュートが枠を捉えるが、GK白井がセーブする。それでも37分、左サイドから崩すと、石原からの横パスを受けた藤田がトラップし、ボックス手前からミドルシュート。これがゴール左に突き刺さり、松本がリードを2点に広げる。 ▽松本の2点リードで迎えた後半、金沢は65分にボックス手前でFKを獲得すると藤村が直接シュート。しかし、これはわずかにクロスバーを越えてゴールとはならない。85分には自陣からの良い流れから佐藤の落としを毛利がボックス手前からダイレクトシュート。しかし、シュートは枠を越えていく。 ▽松本はセットプレーなどでゴールを狙いながら、粘りの守備を見せて2-0と完封勝利。大分が敗れたため、首位に浮上した。 ▽水戸vs東京Vは、立ち上がりから東京Vが積極的に攻め込む展開に。2分、クロスのこぼれ球をおボックス手前の内田がシュート。DFに当たりディフレクトしたシュートが枠に向かって飛ぶも、わずかに左に外れる。 ▽32分、水戸は佐藤祥が左CKからのこぼれ球に反応しボックス中央でボレーシュート。しかし、GK上福元が間一髪セーブする。 ▽試合は一瞬の隙を突いた東京Vが動かす。42分、ドウグラス・ヴィエイラ、李栄直と繋いだボールを佐藤優平がボックス手前からダイレクトシュート。これが右隅に決まり、東京Vが先制。東京Vが1点リードして迎えた後半は、互いに攻め込むも決定機が作れない展開に。それでも81分、水戸がロングボールから左サイドを崩すと、船谷がグラウンダーのクロス。これに茂木が飛び込んで合わせようとするが、東京Vが体を張って対応し、得点を奪えない。 ▽終盤は水戸が攻勢を強めて何度か東京Vゴールに迫るが、最後までネットを揺らせずに試合終了。0-1でアウェイの東京Vが勝利を収めたが、町田が勝利したためにプレーオフ圏内に浮上とはならなかった。 ▽勝ち点差「1」の中行われた讃岐vs熊本は、意地のぶつかり合いとなる。17分、讃岐の森川が右からのクロスに頭で合わせるも、シュートはわずかに左に外れる。20分にも讃岐がチャンス。スルーパスに抜け出した原がボックス内左からシュート。しかし、GK佐藤がなんとかセーブする。 ▽熊本は中々攻撃の形が作れないまま前半をゴールレスで終了。後半もこう着状態のまま80分を迎えたが、ホームの讃岐が1つのチャンスをモノにする。 ▽自陣からのロングボールに抜け出た原が、DFに寄せられながらも浮き球のシュート。これが決まり、讃岐が先制。その後も攻め込んだ讃岐が1点を守り切り、裏天王山を制して第25節以来11試合ぶりの勝利。一方、敗れた熊本は4連敗となり最下位に転落した。 ◆明治安田生命J2リーグ第37節 ▽10/14(日) ツエーゲン金沢 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 松本山雅FC</span> 水戸ホーリーホック 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 東京ヴェルディ</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">カマタマーレ讃岐 1</span>-0 ロアッソ熊本 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ジェフユナイテッド千葉 2</span>-1 モンテディオ山形 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC町田ゼルビア 3</span>-2 大分トリニータ ▽10/13(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC岐阜 2</span>-1 ファジアーノ岡山 愛媛FC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 横浜FC</span> レノファ山口FC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 アビスパ福岡</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">大宮アルディージャ 1</span>-0 栃木SC ヴァンフォーレ甲府 0-0 アルビレックス新潟 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">京都サンガF.C. 1</span>-0 徳島ヴォルティス ◆J2順位表(第37節終了時点) <span style="position: relative;display: inline-block;font-weight: bold;font-size:13px;padding: 0.5em 0.3em;margin: 0.25em 0.25em;text-decoration: none;color: #000000;background: #99df99;transition: .4s;width:100%;">1位 松本山雅FC 69(52/33/19)37</span> <span style="position: relative;display: inline-block;font-weight: bold;font-size:13px;padding: 0.5em 0.3em;margin: 0.25em 0.25em;text-decoration: none;color: #000000;background: #99df99;transition: .4s;width:100%;">2位 大分トリニータ 66(67/44/23)37</span> <span style="font-weight: bold;font-size:13px;">── ↑ 自動昇格 ↑ ──</span> <span style="position: relative;display: inline-block;font-weight: bold;font-size:13px;padding: 0.5em 0.3em;margin: 0.25em 0.25em;text-decoration: none;color: #000000;background: #ffffaa;transition: .4s;width:100%;">3位 FC町田ゼルビア 65(55/38/17)35</span> <span style="position: relative;display: inline-block;font-weight: bold;font-size:13px;padding: 0.5em 0.3em;margin: 0.25em 0.25em;text-decoration: none;color: #000000;background: #ffffaa;transition: .4s;width:100%;">4位 アビスパ福岡 64(52/36/16)37</span> <span style="position: relative;display: inline-block;font-weight: bold;font-size:13px;padding: 0.5em 0.3em;margin: 0.25em 0.25em;text-decoration: none;color: #000000;background: #ffffaa;transition: .4s;width:100%;">5位 大宮アルディージャ 63(59/43/16)37</span> <span style="position: relative;display: inline-block;font-weight: bold;font-size:13px;padding: 0.5em 0.3em;margin: 0.25em 0.25em;text-decoration: none;color: #000000;background: #ffffaa;transition: .4s;width:100%;">6位 横浜FC 63(55/41/14)37</span> <span style="font-weight: bold;font-size:13px;">── ↑ プレーオフ ↑ ──</span> <span style="font-weight: bold;font-size:13px;">7位 東京ヴェルディ 63(50/36/14)37</span> 2018.10.14 17:20 Sun
twitterfacebook
thumb

小手川2発で逆転の大分が暫定首位浮上! 新体制移行の町田は山形とドローで4戦勝利なし《J2》

▽明治安田生命J2リーグ36節の6試合が7日に各地で行われた。 ▽大分銀行ドームで行われた大分トリニータvs京都サンガF.C.は、ホームの大分が2-1で逆転勝利した。 ▽4連勝で暫定ながら自動昇格圏内の2位に浮上した大分(勝ち点63)が、ホームに連勝中の19位京都(勝ち点34)を迎えた一戦。今節の勝利で首位浮上となる大分だったが、いきなり出鼻を挫かれる。開始6分、仙頭の左クロスのクリアボールをボックス右で拾ったカイオに左足のシュートで流し込まれた。 ▽早い時間帯に先制を許した大分だが13分には相手GK清水の自陣深くからのショートパスが味方に引っかかると、このこぼれ球に反応した小手川が無人のゴールへ左足の浮き球シュートを流し込み、相手のミスから同点に追いつく。これで完全に勢いに乗ったホームチームは京都をポゼッションで押し込み、再三のゴールチャンスを創出。だが、三平のゴールが直前の味方のファウルで取り消しになるなど前半のうちに試合を引っくり返すことはできず。 ▽迎えた後半、先にチャンスを作ったのは京都。54分、石櫃のFKをゴール前の闘莉王がドンピシャのタイミングのヘッドで枠に飛ばすが、これはGK高木のビッグセーブに阻まれる。すると66分、ハーフウェイライン付近の岩田からの縦パスを伊佐がワンタッチで前線のスペースに流すと、これに抜け出した小手川がボックス内まで持ち込み冷静な左足シュートで逆転ゴールを奪った。 ▽その後、残留争い真っ只中の京都はレンゾ・ロペス、岩崎と攻撃的なカードを次々に切って、試合終盤には闘莉王やレンゾ・ロペスを目がけた決死のパワープレーで勝ち点1獲得を目指す。だが、チーム一丸となった守備でこの反撃を凌ぎ切った大分が2-1で逆転勝利。破竹の5連勝を飾った大分は勝ち点66で並んだ松本山雅を得失点差で抜き暫定首位に浮上した。 ▽町田市立陸上競技場で行われたFC町田ゼルビアvsモンテディオ山形は、0-0のドローに終わった。 ▽先日に株式会社『サイバーエージェント』の経営権取得が発表された3位の町田(勝ち点61)が、9位の山形(勝ち点50)をホームで迎え撃った一戦。今季中のJ1ライセンス取得は叶わなかったものの、新体制移行でムード一新の町田だが、立ち上がりは阪野と古巣対戦の南を起点とする山形の攻撃に対して受け身の時間が続く。 ▽それでも時間の経過と共に持ち味の鋭い攻守の切り替えから主導権を奪い返した町田は、前半終盤にかけて攻勢を強めていく。40分には右サイド深くに侵攻した大谷のクロスからニアの中村祐が絶妙なファーストタッチで相手DFを外して右足シュートも、これは角度がなく枠の左に外れた。 ▽ゴールレスで折り返した試合は引き続き拮抗した展開が続く。互いに球際で激しくやり合うも、共に攻撃面でのアイデア不足が顕著で相手の集中した守備を崩し切れず、セットプレーやミドルシュート以外でなかなかフィニッシュの形を作り出せない。 ▽その後、互いに選手交代で流れに変化を加えようと腐心したものの、最後まで決定機を作れないままタイムアップの笛を聞くことになった。この結果、2戦連続ドローの町田は4試合未勝利という結果となった。 ▽また、J1自動昇格、プレーオフ出場を目指す6位の横浜FC(勝ち点59)と、8位の徳島ヴォルティス(勝ち点54)の2チームは、それぞれ15位の栃木SC(勝ち点44)と、13位のツエーゲン金沢(勝ち点46)と対戦し、横浜FCはゴールレスドロー、徳島は0-3で大敗と共に勝ち点を取りこぼす結果となった。なお、横浜FCは2戦未勝利で7位に転落し、徳島は6戦ぶりの敗戦となった。 ▽J2残留争いでは21位のロアッソ熊本(勝ち点27)、20位のFC岐阜(勝ち点33)が、それぞれ16位のジェフユナイテッド千葉(勝ち点42)、11位のレノファ山口(勝ち点48)と対戦し、熊本が1-3のスコア、岐阜が1-4のスコアで共に敗戦。互いに連敗を喫して勝ち点を積み上げることができなかった。 ◆明治安田生命J2リーグ第36節 ▽10/7(日) 栃木SC 0-0 横浜FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">レノファ山口 4</span>-1 FC岐阜 徳島ヴォルティス 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 ツエーゲン金沢</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">大分トリニータ 2</span>-1 京都サンガF.C. ロアッソ熊本 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 ジェフユナイテッド千葉</span> FC町田ゼルビア 0-0 モンテディオ山形 ▽10/6(土) 松本山雅FC 0-0 愛媛FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アルビレックス新潟 2</span>-1 カマタマーレ讃岐 東京ヴェルディ 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 ヴァンフォーレ甲府</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">大宮アルディージャ 2</span>-1 水戸ホーリーホック アビスパ福岡 1-1 ファジアーノ岡山 2018.10.07 18:00 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース