町田が2年連続J2残留に導いた相馬直樹監督の続投を発表2017.11.11 13:30 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽FC町田ゼルビアは11日、相馬直樹監督の来シーズン続投を発表した。

▽相馬は、2014年に町田の監督に就任。2015年にはリーグ戦で2位に入り、大分トリニータとのJ2・J3入れ替え戦を制して4年ぶりのJ2復帰に導いた。昨シーズンはJ1ライセンスの基準に満たないためにライセンスの申請を断念した中、チームは7位と残留。相馬体制4シーズン目を今シーズンも昨シーズン以上の成績を残すことができていないものの、現在15位で2年連続の残留を決めた。

▽続投に関してクラブは、「今シーズンもJ2リーグ残留を果たしてくれたこと、そして、目標としている2020年のJ1リーグ挑戦に向け、継続した強化をしていきたいとの想いで続投をお願いし、相馬監督にもプロジェクトに賛同していただきました」と説明している。

コメント

関連ニュース

thumb

昨季現役引退の平本一樹氏、町田のチームPRリーダー就任「満員のスタジアムをつくれるよう」

▽FC町田ゼルビアは、昨シーズン限りで現役を引退した平本一樹(36)がチームPRリーダーに就任することを発表した。正式契約は2月1日。 ▽平本氏は読売日本SCジュニア、読売日本SCJrユース、ヴェルディユースと下部組織で育ち、1999年にトップチームに昇格した。 ▽トップチームでは2004年に第84回の天皇杯で優勝。2005年のゼロックススーパーカップでも優勝。2007年に横浜FCへと期限付き移籍するも翌年には東京Vに復帰。2012年にFC町田ゼルビア、2013年にヴァンフォーレ甲府へと期限付き移籍でプレーしたが、2014年に復帰しプレーしていた。 ▽17シーズンに渡って東京Vでプレーしたが、今シーズンは公式戦の出場はなかった。J1リーグでは通算186試合出場29得点、J2では227試合出場45得点、YBCルヴァンカップでは31試合出場5得点、天皇杯では23試合出場5得点を記録。 ▽クラブ公式サイトによると、平本氏は祖父や親戚が町田在住と縁があり、チームの発展や地域の発展に貢献したいとの想いから入社した模様。今後は地域振興を主な業務とし、地域イベントの参加や各小学校の訪問、出前サッカーの参加など豊富な経験を活かした役割を担うとのことだ。 ▽町田のチームPRリーダーに就任することを発表した平本氏は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「2018シーズンよりゼルビアで働かせていただくことになりました平本です。ゼルビア発展のため、今の自分に何ができるのかは、まだまだ未知数ですが、やるべきことは、もっと世の中にゼルビアを知ってもらうこと、一人でも多くの皆様に野津田へ足を運んでもらうようにすることだと思っております。満員のスタジアムをつくれるよう、これから努力して参ります」 「2012シーズンは、自分の力のなさでゼルビアを降格させてしまいました。その過去は消し去ることはできませんが、またこうして先祖や祖父、親戚も多い町田の地で、少しでも恩返しできる機会を与えてくださったゼルビア関係者の皆様には、本当に感謝しています」 「『平本が町田に来て良かった』関わる皆様にそう言ってもらえるように日々努力していきます。ファン・サポーターの皆様、パートナー企業の皆様、行政の皆様、地域の皆様、自分のできる限りの力を捧げたいと思いますので、これからよろしくお願い申し上げます」 2018.01.17 17:20 Wed
twitterfacebook
thumb

町田が鹿児島へ期限付き移籍していたFWドリアン・バブンスキーの復帰を発表「勝利のためにベストを尽くしたい」

▽FC町田ゼルビアは10日、鹿児島ユナイテッドFCに期限付き移籍していたFWドリアン・バブンスキー(21)の復帰を発表した。 ▽ドリアン・バブンスキーは、横浜F・マリノスのMFダビド・バブンズキーの実弟。2017シーズンにスロベニアのNKラドムリェから加入すると、そのまま鹿児島へと期限付き移籍。明治安田生命J3リーグで1試合の出場に留まっていた。バブンスキーは両クラブを通じてコメントしている。 ◆FC町田ゼルビア 「ファン・サポーターの皆様、あけましておめでとうございます。FC町田ゼルビアに戻ってくることができて嬉しく思いますし、新シーズンを迎えることが楽しみです。ぜひ、熱い応援でサポートしてください。より強いチームになるために、毎試合一緒に戦ってください。私はチームの勝利のためにベストを尽くしたいと思います。皆様にお会いできることを楽しみしていますので、これからよろしくお願い致します」 ◆鹿児島ユナイテッドFC 「皆様、あけましておめでとうございます。この度、FC町田ゼルビアに復帰することになりました。短い間でしたが、私にチャンスをくれた鹿児島ユナイテッドFC、そして応援してくれたサポーターの皆様には、本当に感謝しています。ありがとうございました。2018シーズン、鹿児島ユナイテッドFCの飛躍を心から祈っています。たくさんのゴールが生まれ、サポーターのみんなが喜べる、そんなシーズンになることを願っています」 2018.01.10 16:52 Wed
twitterfacebook
thumb

名古屋、期限付き移籍でDF酒井隆介とMF杉森考起の町田加入を発表

▽名古屋グランパスは9日、DF酒井隆介(29)とMF杉森考起(20)が期限付き移籍で町田ゼルビアに加入することを発表した。移籍期間は両選手ともに2018年2月1日から2019年1月31日までとなっており、移籍期間中は名古屋と対戦する全ての公式戦に出場できない。 ▽駒澤大学から京都サンガF.C.に加入した酒井は松本山雅FCを経て、2016年にユース時代を過ごした名古屋に復帰。2017年の明治安田生命J2リーグでは10試合1ゴールをマークした。 ▽名古屋グランパスU12時代から名古屋でプレーする杉森は、2014年にトップチームに昇格。2017年の明治安田生命J2リーグでは26試合2ゴールを奪っている。 ▽両選手はそれぞれのクラブの公式サイトでコメントを残した。 ◆町田ゼルビア DF酒井隆介 「はじめまして。2018シーズンより加入することになりました酒井隆介です。一日でも早くFC町田ゼルビアの力になれるよう頑張ります。ファン・サポーターの皆様、ご声援をよろしくお願いします」 MF杉森考起 「名古屋グランパスより期限付き移籍することになりました杉森考起です。FC町田ゼルビアの勝利に貢献し、一日でも早くファン・サポーターの皆様に認めてもらえるよう精一杯、頑張ります。応援よろしくお願いします」 ◆名古屋グランパス DF酒井隆介 「2018シーズンよりFC町田ゼルビアへ期限付き移籍をすることになりました。昨シーズンはチームとして一年でJ1復帰を果たせましたが、個人的にはなかなかチームの力になることができず悔しいシーズンとなりました。期限付き移籍をすることで、ファン・サポーターの方々に成長した姿を見せられるよう、これからも日々努力したいと思います。約一年半、ご声援ありがとうございました」 MF杉森考起 「ジュニアの頃から今まで応援し、支えてくださった全ての方々のおかげで、これまで頑張ってくることができました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。昨シーズンは自分のチャントも作っていただき、スタジアムで聞いた時はとても感動しました。そのチャントにふさわしい選手になれるようにもっともっと成長し、そしてシーズン通して闘える選手になれるように頑張ってきますので、これからも応援よろしくお願いします」 2018.01.09 15:59 Tue
twitterfacebook
thumb

福岡DF下坂晃城、町田に期限付き移籍 「全力で頑張ります」

▽FC町田ゼルビアは6日、アビスパ福岡に所属するDF下坂晃城(24)の期限付き移籍加入を発表した。 ▽福岡県北九州市出身の下坂は、2016年に鹿屋体育大学から福岡入り。2017シーズンは明治安田生命J2リーグ8試合に出場した。 ▽来シーズンから町田でプレーすることになった下坂は、両クラブの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 ◆FC町田ゼルビア 「このたび、期限付き移籍加入することになりました下坂晃城です。町田のファン・サポーターの皆さんに会えるのを楽しみにしています。早く名前と顔を覚えてもらえるよう、まずは自分らしさをピッチでたくさん表現できればと思っています。期待に応えられるよう全力で頑張ります。ちなみにうどんが大好きなので、皆さん、ぜひ町田のおいしいうどん屋さん情報も教えてください!」 ◆アビスパ福岡 「このたび期限付き移籍をすることになりました。アビスパでプロ生活をスタートし2シーズンが終了しました。監督、コーチングスタッフ、そしてチームメイトからいろんなことを教えていただき成長出来た2年間でしたが、さらにステップアップするために、今ここで環境を変えて新たなチャレンジをすることも必要と感じ、決断しました。自分にとっては初めて九州を出ての挑戦となりますが、福岡魂を持ってしっかりと頑張ってきたいと思います。そして福岡に戻ってきたときに、皆さんに大きく成長した姿を見せられるよう日々全力で取り組みたいと思っています」 2018.01.06 12:25 Sat
twitterfacebook
thumb

千葉、昨季町田に期限付き移籍していたFW吉田眞紀人の復帰を発表

▽ジェフユナイテッド千葉は4日、昨シーズンにFC町田ゼルビアへ期限付き移籍していたFW吉田眞紀人(25)の復帰を発表した。 ▽千葉県出身の吉田は、2016年に水戸ホーリーホックから千葉に加入。昨シーズンは3月に町田に期限付き移籍を果たし、明治安田生命J2リーグに千葉として1試合、町田として28試合に出場して、3ゴールを記録した。 ▽千葉への復帰が決定した吉田は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆ジェフユナイテッド千葉 「この度、ジェフユナイテッド市原・千葉に復帰することになりました。昨年、町田に移籍し違った角度からジェフを見ることになりましたが一度離れて思うこと、このクラブに対する思いを再確認できました」 「もう一度、このエンブレムを胸に付けて戦えることを改めて嬉しく思います。ファン、サポーターやスポンサーの方々のジェフに対する熱い思い、そして自分自身の思いも大事にしながら選手として全力で戦いたいと思います」 ◆FC町田ゼルビア 「この度、ジェフユナイテッド市原・千葉に復帰することになりました。シーズン途中の加入にもかかわらず、温かく迎え入れていただき、ありがとうございました」 「チームとしても僕個人としても満足のいく結果にはなりませんでしたが、多くのことを学ばせていただきました。この経験を活かし、皆さんに成長した姿を見せられるように頑張っていきます。短い間でしたが、本当にありがとうございました!」 2018.01.04 17:42 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース