【試合後会見】ハリルホジッチ「前半は残念だった」2017.11.11 03:11 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表は10日、ブラジル代表とフランスのリールで国際親善試合を戦い、1-3で敗れた。日本を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督の試合後の会見は以下の通り。

「前半、ビデオでPK判定があった。それでチームのバランスが少し崩れたのかと思う。以前から言っている通り、現在最も強いブラジルを相手に不安定な状態となったところを突かれたのかと思う」

「ただ、後半に入って全く違った展開となった。ハーフタイムにメンタルと戦術のところで修正した。2点目が決まったかに思ったが、オフサイドに阻まれた。また、素晴らしいプレーから浅野に決定機が生まれた場面もあった。後半はかなり満足のいくものだった。しかし、改善点もたくさんあることも見られた。このような試合からは多くの結論が出せると思う。前半は残念だった。もっとできたと思う」

――監督は負けず嫌いな性格だが、そこまで悔しがっていないように思われるが
「世界中のどこのチームと戦っても敗戦は嫌いだ。しかし、現実的に考えることも必要だ。試合前から世界最高のチームと戦うと言ってきた。そのようなチームと、後半のようなプレーができたことはある程度満足している。我々のチームの形、実行しようとしている部分に良いものが見られた。しかし、それが得点につながっていない。場合によっては個人でゴールを奪う必要があるかもしれない」

「がっかりとまでは行かないが、選手たちのメンタルの面で満足はしていない。少し未熟なところが出たかもしれない。前半と後半を分けて考えている。ボールポゼッション、パス回しのところで同等か、それ以上のことができたと思う。後半、もっと冷静にプレーできればシュートまで行けたと思えるシーンがあった。次回、このような試合があれば、経験があるので、より冷静にプレーできると思う。7、8カ月先のW杯に向けてこれからも成長していかなくてはならない」

――前半やろうとしていたことはどの程度できていたのか
「戦術のトレーニングはたくさんやってきた。相手の3トップにはしっかりと付くように指示を出していた。ターンをさせないために。ネイマールはターンをさせると止められない。ただ、それを行うにもメンタルのコントロールが重要になってくる。相手をリスペクトし過ぎたのかなと思う。中盤の選手たちにも相手の中盤にしっかり付くように指示していた。しかし、少し距離があったのかと思う。その5分後に吹かれたPK(の判定)が、チームを不安にさせてしまった。2失点目も、完全にフリーな状態でのクリアミスだ。相手が拾って25メートルの距離から右足で決められた」

「後半に入ってからも、相手にフィニッシュに至るチャンスが何度もあったが、スピードアップせずにプレーしていた。守備的にも少し崩れたときに、相手のカウンターが3~4回あった。相手の裏へのプレーも押し上げも速い。このPKが、われわれの安定性を崩したと思う。ボールを動かしていけば、クロスやシュートまでいけるというところでペースダウンしてしまったが、それはメンタルの部分によるものだと思う」

「後半はより相手の近いところ、より自分たちがコンパクトにプレーして相手に寄せることができた。中央でもサイドでもそれができて、ボールを奪うこともできた。奪った直後の1本目のパスをしっかりつないでいれば、そこから生まれるチャンスもあった。修正点や改善点はたくさんあるが、その中でもメンタルの面は大きかった」

「ダイアゴナルのボールや背後へのパスでも、ちょっとしたテクニックのミスでうまくいかなかった。セカンドボールの予測のところも少し欠けていた。純粋な気持ちでこの試合を見て、改善すべきものはあるものの満足すべき点もあった。後半のみを見れば1-0だし、2点目、3点目が決まっていてもおかしくなかった。もちろん、相手にもチャンスがあったが。前半に残念な部分があり、後半に満足いく部分があった試合だった」

――デュエルの局面でボールを奪い切れないシーンが多かったが。また試合後に選手たちにどんな声をかけていたのか

「ネイマール、(ガブリエル・)ジェズス、ウィリアンと対戦した試合だ。一対一で彼らにデュエルで勝てる選手はそうはいない。後半はそれでも改善された。だからこそメンタルの部分が重要だ。ネイマールと対峙した(酒井)宏樹もいくつかのデュエルで勝っていた。そういったメンタルの分野で、さらにこのチームは良くなるのではないかと選手たちには話をした。つまりノーファウルだけれど、よりアグレッシブにいくということだ」

「ブラジルはアグレッシブにいって、その中で(相手の)ファウルを誘うことが巧みなチームだ。ハームタイムで選手には『恐れなくていい』という話をした。前半ではアグレッシブさの部分で満足していなかった。勇気付ける1点目が決まれば、2点目も決まる。そして最終ライン、中盤、前線での修正点も伝えた。浅野が入ってからは、相手の背後に顔を出すようになったのも良かった。

「そして(長友)佑都は今日キャプテンを務めたが、試合後に代表100戦目を讃えた。彼はキャラクターの部分で、良いものを持っている。チームメートの誰とも愛着でつながっているし、手本にもなっている。私にとっても誇らしいことだ。そして最後に、『今日の試合は佑都がキャプテンなので負けた。私のせいではない』ということを伝えた(笑)」

――アルジェリア代表を率いた時のようなことが日本でも実現できるか
「もちろんそれを再現して、さらに上を目指したい。サッカーは何が起こってもおかしくない。試合後に話すのは簡単だし、後半の出来を過信するわけではないが、前半が0-0だったら、この試合で偉業を成し遂げることもできたと思う。残念ながらそうはならなかったが、後半で満足できる時間帯があった。これから7カ月、準備をする期間がある。その目的は、アルジェリアで成し遂げたことを再現することだ」

――前半と後半でブラジルのパフォーマンスが違ったように見えるが、それでも後半の出来に満足なのか
「ブラジルが世界一のプレーを見せなかったのは、日本が(そうさせない)プレーをしたからだ。選手たちのパフォーマンスも、しっかり評価してあげないといけない。ポジションにもしっかりと入っていたし、前からもプレッシャーをかけていた。少し低いところでブロックを作ったとしても、そこからプレッシャーをかけていた。奪ったあと、もう少し冷静にプレーして、もう少し運があれば、より良い形ができて、より決定機があったと思う」

「デュエルでも、より相手に近いところでプレーをしていた。ゲームの読み、予測、そういったところでも良くなっていたので、パフォーマンスが後半に良くなった。もちろん今日の試合は敗戦だから喜ぶべきではない。しかし、後半は良かったと選手に話すことができた。前半(の内容)からはしっかり教訓を得て(失敗を)繰り返さないこと。このような試合から学んで進化しないといけない。現実的に考えて、ブラジルは別格であることも認めないといけない。ブラジルも、ブロックを作って、しっかり戻って、プレッシングをするというこれまで見たことのないような守備をしている。このようなブラジル代表は、歴史的にも見たことがない。つまり良かったところと、あまり良くなかったところ、2つの要素がある試合だった」

コメント

関連ニュース

thumb

コラボキャンペーン開催!「ヴィクトリア」で観戦グッズを揃えて「HUB」で応援しよう!

▽スポーツ専門店「ヴィクトリア」が、British Pub「HUB」、「82」とコラボレーション!お得なコラボキャンペーンを6月14日(木)から7月31日(火)の期間限定で実施する。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="http://bit.ly/2tfuD9q" target="_blank">>> キャンペーン詳細は <<<br />>> こちら <<</a><hr></div>▽世界的にスポーツが盛り上がるこのシーズン、感動や興奮を多くの人たちと共有したい方のために、「ヴィクトリア」と「HUB」がコラボ。プレーする人、応援する人のどちらにとっても充実したスポーツ用品を取り揃えている「ヴィクトリア」、「年齢も職業も性別も違う人が自由に集まり、それぞれの楽しみ方で素の自分に戻れる場所」を提供している「HUB」と「82」が感動の価値を届けるため、異業種コラボが実現した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/victoria20180618_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> ▽今回のコラボキャンペーンでは、期間中に東京、千葉、埼玉、神奈川の「ヴィクトリア」、「スーパースポーツゼビオ」の対象店舗にて、観戦グッズや応援グッズはもちろんのこと、スパイクやトレーニングウェアなど実用品など、スポーツ用品を税込み1,080円以上購入された方に、同じく1都3県にある「HUB」と「82」で利用できる『ドリンク1杯無料クーポン件』がプレゼントされる。 ▽「HUB」と「82」では、期間中にスポーツパブリックビューイングを実施。「ヴィクトリア」や「スーパースポーツゼビオ」で応援グッズを購入し、ドリンク無料券をゲットして、パブリックビューイングに参加しよう! <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">※クーポン券のご利用は税込み1,000円以下のドリンクに限ります。 ※日本代表戦は予約制のためご利用いただけません。 ※未成年者のみでの「HUB」「82」店舗への入店はお断りしておりますのでご了承下さい。</span><div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="http://bit.ly/2tfuD9q" target="_blank">>> キャンペーン詳細は <<<br />>> こちら <<</a><hr></div>【キャンペーン対象店舗】 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/victoria20180618_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2018.06.20 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

数的不利跳ね返せず黒星スタート…コロンビア代表指揮官「ポジティブなことがあるとすれば…」

▽コロンビア代表を率いるホセ・ペケルマン監督が、日本代表戦を振り返った。『ESPN』が伝えている。 ▽2大会連続6回目のW杯出場となったコロンビアは19日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループH第1節で日本と対戦。序盤から日本を押し込みたかったコロンビアだったが、試合開始早々の3分にボックス内でのハンドで決定機を阻止したカルロス・サンチェスにレッドカードが提示されてしまう。そのPKから先制点を許すと、39分にはキンテーロのFKで試合を振り出しに戻したが、73分に勝ち越しゴールを決められ、1-2で初戦を落とした。 ▽試合後、ぺケルマン監督は日本戦を回想。試合開始早々に数的不利の状況になりながらも1点を返したことについてポジティブに捉え、次戦に切り替えた。 「我々は全く違う結果を予想していた。勝利してスタートを切りたいと思っていた」 「ポジティブなことがあるとすれば、困難な状況に対応し、一度はなんとか試合を振り出しに戻せたことだ。そのことについてはとても良いリアクションであったと思う。これを示し続ければ、残りの試合で良い結果が残せるはずだ。これからの2試合で今回の敗戦を補うことができる」 「途中からピッチへ送り出した選手によって、私が守備的なスタイルを展開することを望んでいないことを示した。日本を苦しめるためにより前方へパスを送り、両サイドを使ってプレーしたかった」 2018.06.20 14:42 Wed
twitterfacebook
thumb

ベッカムサプライズ登場! 日本代表の歴史的勝利にお台場が歓喜! 《2018 FIFA WORLD CUP RUSSIA PUBLIC VIEWING in ODAIBA FOOTBALLZONE》

▽日本のフットボールを盛り上げるスポーツコミュニティパーク『ODAIBA FOOTBALLZONE 2018』は19日、ロシア・ワールドカップ(W杯)初戦に臨む日本代表の初戦となるコロンビア代表戦のパブリックビューイングを、アクアシティお台場で開催した。 ▽試合開始前には元日本代表の中田浩二氏とヴィッセル神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが登壇。日本が勝利するためには何が必要かと尋ねられたポドルスキは、「日本のスカウティング担当がどういう選手を使えばいいか、分かってくれているといいな」と2014年のブラジルW杯王者として独特の見解を示した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180620_16_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽また、日本代表のユニフォームを着て登場したポドルスキは、日本代表に入る気はあるかと問われると「呼ばれればね。今からでもロシアに行くよ(笑)」とコメントし、会場を沸かせた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180620_16_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽そして、ハーフタイム中にはなんと元イングランド代表のデイビッド・ベッカム氏がシークレットゲストとして登場。「ポルトガルvsスペインなんかの物凄い試合が行われているけど、やっぱり今日の日本とコロンビアは注目。日本は物凄く若いチームではあるけど、一体となっている感じがする」と日本を評した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180620_16_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽また、日本代表のユニフォームを中田氏から手渡され、「もの凄く素晴らしいユニフォームで色とデザインのセンスも抜群」と感想を述べたベッカム氏は、スタッフが用意したボールにサイン。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180620_16_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽MCからまだプレゼントの抽選方法が決まっていないがどうしたらいいか、と相談されると「キックかな」と返答。ボールを蹴り込む際にはスタジアムが大きな歓声に包まれた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180620_16_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽降壇する前に「日本に来るたびにすごく楽しいし家族も日本が大好きなんだ。後半もぜひ日本に頑張って欲しい」と日本にエールを送ったベッカム氏。その言葉の通り、日本が2-1で勝利を収めると2100人のサポーターが詰めかけたPV会場は歓喜の渦に巻き込まれた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180620_16_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽国中に希望をもたらした日本代表は、24日の24:00にセネガル代表との第2戦を迎える。 2018.06.20 14:30 Wed
twitterfacebook
thumb

「グループの行方を複雑にした」ポーランド紙が日本の勝利を“マイアミの奇跡を再現”と伝える

日本代表と同じくグループHに入るポーランド代表の地元メディアは、コロンビア代表戦の勝利を&ldquo;ミラクル&rdquo;と報じた。<br><br>19日に行われたワールドカップのグループH初戦で日本代表はコロンビア代表と対戦。開始早々にコロンビア代表が退場者を出して得たPKを、香川真司が冷静に沈めて日本代表が先制点に成功する。一時はFKからコロンビア代表に同点弾を許したものの、後半には大迫勇也がCKに頭で合わせて決勝点を挙げ、2-1で日本代表が勝利した。<br><br>日本代表の勝利をポーランド『PREZEGLAD SPORTOWY』は「10人に陥った本命のコロンビアを日本が2-1で沈めた。これでグループHのシチュエーションが複雑になった」と伝えた。<br><br>同記事では、アトランタ五輪でブラジル撃破の快挙を成し遂げた&ldquo;不可能なことのスペシャリスト&rdquo;西野朗監督の手腕を称賛。「アキラ・ニシノは1996年に全くチャンスがないと考えられていたブラジル戦で1-0の勝利を挙げた。これは日本で&ldquo;マイアミの奇跡&rdquo;と呼ばれている。ニシノはワールドカップが開幕する4月に就任したばかりだが、サランスクで再び奇跡を起こした」<br><br>また、この試合について同メディアは「2009年にセレッソ大阪でともにプレーしたシンジ・カガワとタカシ・イヌイのデュオが試合を支配した」と2選手の活躍に言及。さらに、この試合のヒーローとして大迫勇也の名前を挙げ「オオサコは後半2度の決定機を逃したが、最後に得点を奪った」と決勝点をマークしたストライカーを高く評価した。<br><br>そして、最後に「日本がグループ初戦に勝利したことで、このグループの行方を複雑にした」と日本代表がサプライズを起こしたことによって、ポーランド代表、セネガル代表、コロンビア代表で争われると考えられていたグループHだが、突破のためには多くの計算が必要になったとまとめた。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.20 09:30 Wed
twitterfacebook
thumb

バックアップメンバーのFW浅野拓磨が帰国

▽日本サッカー協会(JFA)は19日、ロシア・ワールドカップ(W杯)に出場している日本代表にバックアップメンバーとして参加していたハノーファーのFW浅野拓磨が帰国することが決定したことを発表した。 ▽浅野は20日に帰国予定。グループHに所属する日本は、19日にコロンビア代表と対戦して2-1で勝利した。24日にセネガル代表、28日にポーランド代表と対戦する。 2018.06.20 09:15 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース