ケルンの守備の要ハインツが左足太もも負傷で年内絶望2017.11.11 01:17 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ケルンは10日、ドイツ人DFドミニク・ハインツが年内欠場となることを発表した。

▽ハインツは9日に行われた練習中に負傷。検査の結果、左足太ももの腱を断裂したとのことだ。

▽左利きのセンターバックであるハインツは今季のブンデスリーガ11試合全てに先発し、1ゴールをマーク。ヨーロッパリーグも4試合全てに先発するなど、ケルンの主力として活躍している。

▽リーグ戦で未勝利が続くケルンにとっては追い打ちをかけるハインツの長期離脱となった。

コメント

関連ニュース

thumb

大迫先発復帰のケルン、テローデのドッペルパックで伊藤途中出場のHSVに勝利し3連勝《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第19節、ハンブルガーSVvsケルンが20日に行われ、0-2でケルンが勝利した。HSVのDF酒井高徳はベンチ入りも出場せず、FW伊藤達哉は77分からプレー、ケルンのFW大迫勇也は64分までプレーしている。 ▽前節アウグスブルク戦を0-1で敗戦し、3連敗中の17位HSV(勝ち点15)は、酒井高と伊藤が引き続きベンチスタートとなった。 ▽一方、前節ボルシアMG戦をテローデの復帰弾で2-1と劇的に勝利した最下位ケルン(勝ち点9)は、大迫がリーグ戦5試合ぶりに先発となった。 ▽大迫がテローデと2トップを形成したケルンに対し、HSVは開始30秒にハーンがボレーシュートでゴールに迫った。そのHSVが良い入りを見せた中、ケルンは6分にヨイッチが直接FKで応戦する。 ▽引き続き前がかるHSVに対し、ケルンは11分に大迫にビッグチャンス。しかし、スルーパスに抜け出した大迫は独走するも、GKとの一対一を決めきれない。すると直後、ロングカウンターに転じたHSVはコスティッチが枠内シュートを浴びせたが、GKホルンの好セーブに阻まれた。 ▽互いにゴールに迫った中、27分にケルンが先制する。左CKからテローデが右足ボレーで押し込んだ。新戦力テローデの2戦連発弾で先手を取ったケルンは、ハーフタイムにかけてHSVに付け入る隙を見せずに1点をリードしたまま前半を終えた。 ▽迎えた後半、50分にマフライのクリアミスからテローデが際どいシュートを浴びせたケルンは、HSVに押し込まれる時間が続いたものの、決定的なシュートは打たせずに時間を進めていく。 ▽そして64分にはポストプレーで存在感を示していた大迫を下げて中盤のレーマンを投入し、逃げ切り体勢を整えた。 ▽すると67分、カウンターに転じたケルンは、ヨイッチの浮き球パスをボックス中央に走り込んだテローデがボレーで流し込み、追加点を奪った。 ▽2点を追うHSVは76分にフントの直接FKが枠の右角に当たる決定機を演出するもゴールが遠い。結局、伊藤を右サイドに投入して攻撃の活性化を図ったものの、最後までゴールは奪えず0-2で敗戦。4連敗となった。一方、勝利したケルンは3連勝を飾っている。 2018.01.21 04:30 Sun
twitterfacebook
thumb

大迫ケルン、ニースからフランス人MFコジエロ獲得!

▽ケルンは16日、ニースからフランス人MFヴァンサン・コジエロ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は41に決定。契約期間は2022年6月30日までとなる。 ▽育成の名門カンヌ出身のコジエロは2014年にニースに加入。168cmと小柄ながらも卓越した戦術眼とパスセンスを併せ持つセントラルMFは、加入2シーズン目にリーグ戦35試合に出場し3ゴール4アシストの活躍を披露。本格ブレークを果たすと、その後も同クラブの主力MFとして活躍している。 ▽ケルンでゼネラル・マネジャーを務めるアルミン・フェー氏は、「ヴァンサンは私のトップターゲットだった。彼は中盤の複数ポジションをこなすことができ、我々に多くの可能性を与えてくれるはずだ」と、コジエロの加入に満足感を示している。 ▽また、海外リーグ初挑戦となるコジエロは新天地での意気込みを語っている。 「ケルンは僕の獲得に強い熱意を示してくれた。僕たちは何度も話し合いを行い、ここで必ずうまくやれると感じたんだ。強いリーグに身を置くビッグクラブへの加入になったけど、まずはできるだけ早くプレーし、チームの目標を達成する助けとなれることを願っているよ」 ▽なお、ドイツ『ビルト』の伝えるところによれば、今回の移籍金は350万ユーロ(約4億7000万円)ほどとなった模様だ。 2018.01.17 02:31 Wed
twitterfacebook
thumb

大迫不出場のケルン、古巣復帰のテローデのラストプレー弾で劇的2連勝《ブンデスリーガ》

▽ケルンは14日、ブンデスリーガ第18節でボルシアMGとのホーム戦に臨み、2-1で勝利した。ケルンのFW大迫勇也はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽ウインターブレイク前の前半戦最終戦となったヴォルフスブルク戦でようやく今季初勝利を飾った最下位ケルン(勝ち点6)は、この冬にシュツットガルトから獲得し、5年ぶりの復帰となったテローデを先発で起用。肺炎でウインターブレイク前のリーグ戦2試合を欠場していた大迫はベンチスタートとなった。 ▽6位ボルシアMG(勝ち点28)に対し、押し込まれる展開となったケルンは、13分にシュティンドルに枠内シュートを浴びせられる。続く17分にはCKの流れからクラマーに決定的なシュートを許したが、枠を外れて助かった。 ▽その後もボルシアMGがポゼッションを高めていく中、28分にはカウンターからT・アザールがケルンゴールに迫る。しかし34分、先制したのはここまで攻め手のなかったケルン。中央やや右の位置で得たFKをヨイッチがゴール前へ蹴り込むと、ゴールエリア左のソーレンセンが右ヒザで合わせたシュートがネットを揺らした。 ▽後半からグリフォに代えてラファエウを2トップの一角に投入し、T・アザールを左サイドに回した1点ビハインドのボルシアMGが、押し込む流れで試合は推移していく。 ▽そのボルシアMGが攻めあぐねる状況を強いられていたが、67分にT・アザールのヘディングシュートでゴールに迫ると、69分に同点に追いついた。シュティンドルのスルーパスでボックス中央に抜け出したヘアマンのシュートはGKホルンのファインセーブに阻まれ、ルーズボールをボックス右のラファエウがシュート。これもゴール前のヘクターにブロックされたが、ルーズボールを再びラファエウが拾ってゴールへ蹴り込んだ。 ▽ケルンは失点直後、ソーレンセンがFKからゴールに迫ると、75分には途中出場のクレメンスがGKを強襲するシュートを浴びせる。しかし、終盤にかけてもボルシアMGが攻勢に出ると、86分には逆転のチャンス。T・アザールのスルーパスをボックス右で受けたJ・ホフマンがシュート。だが、わずかに枠の左に外れ、1-1のままタイムアップとなるかに思われた。 ▽ところが、ラストプレーとなった追加タイム5分、ラウシュの左クロスにテローデがヘッド。これがゴール右に決まり、ケルンが土壇場で勝ち越し。古巣復帰となったテローデの劇的ゴールでケルンが後半戦初戦を制し、2連勝としている。 2018.01.15 01:32 Mon
twitterfacebook
thumb

大迫勇也に実戦復帰の可能性…ケルン指揮官「力が戻って来ている印象」

ケルンの日本代表FW大迫勇也が、ブンデスリーガ後半戦開幕戦で出場できる可能性が出てきたようだ。ドイツ『ksta』が報じた。<br><br>肺炎から回復したばかりで、ボルシアMGとのダービー戦では欠場する可能性が高いと見られていた大迫。しかし、ここにきてシュテファン・ルーテンベック監督は「大迫には力が戻って来ている印象がある。練習でも良い成果を見せている」とコメントし、クラウディオ・ピサーロとともに&ldquo;ジョーカー&rdquo;候補に挙がっているようだ。なお、大迫は昨年12月に行われたヨーロッパリーグ、レッドスター戦以来実戦から遠ざかっている。<br><br>ブンデスリーガでは勝ち点6で最下位に沈むケルンにとって大迫が復帰すれば、大きな力になることは間違いない。今季リーグ戦の2勝目を後期開幕戦で幸先よくあげることはできるだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.01.13 17:50 Sat
twitterfacebook
thumb

大迫勇也、肺炎から復帰もリーグ再開の次節は欠場か…独紙「まだ体力も瞬発力も不足」

ケルンに所属する日本代表FW大迫勇也は、14日に行われるブンデスリーガ第18節ボルシア・メンヒェングラットバッハ(ボルシアMG)戦に間に合わないかもしれない。ドイツ紙『ビルト』が伝えている。<br><br>勝ち点6で最下位に沈むケルンだが、後半戦に向けてシュトゥットガルトからFWシモン・テロッデを獲得。また昨年最後の数試合を欠場していた大迫やセルー・ジウラッシ、クラウディオ・ピサロやシモン・ツォラーが全体練習に復帰しており、攻撃陣の状況が大幅に改善したところだ。<br><br>しかし、そのため、シュテファン・ルーテンベック監督はダービーである次節でそのうち少なくとも3人をベンチに置くかメンバーから外すことになる。『ビルト』の見解では、最も出場が見送られる可能性が高いのは大迫のようだ。「大迫が外れることはほぼ確定だろう。肺炎を乗り越えた日本人選手はまだ体力も瞬発力も不足している。ダービーに間に合わない」と記されている。<br><br>同紙は、新加入のテロッデが最前線で先発し、ジュラッシやツォラー、さらに最近数試合でFW起用が好印象を残したDFルーカス・クリュンターがチャンスをうかがうことになると予想している。ピサロに関しては、カウンター攻撃を主体とした戦略が用いられるケルンでは、出場機会が少ないとの見解が述べられている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.11 22:23 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース