指骨折のバトランド、4~6週間の離脱2017.11.11 00:49 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ストーク・シティのイングランド代表GKジャック・バトランドが4~6週間離脱するようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

▽バトランドは、9日に行われたドイツ代表戦の前日練習中に手を負傷。その後の検査の結果、指の骨折と診断され、代表チームを離れていた。

▽この負傷によりバトランドはリバプール戦やトッテナム戦をはじめ、プレミアリーグ5試合を欠場することが確実となり、復帰に6週間を要すればウェストハム戦とWBA戦の出場も難しくなる状況だ。

▽ストークの正GKを務めるバトランドは今季のプレミアリーグ11試合にフル出場していた。

コメント

関連ニュース

thumb

キャロル撤退のチェルシー、次なるターゲットはクラウチか

▽チェルシーが、ストーク・シティの元イングランド代表FWピーター・クラウチ(36)を獲得リストに加えたようだ。イギリス『テレグラフ』が伝えている。 ▽深刻なゴール不足から今冬での新たなストライカー探しが急務となっているチェルシー。ウェストハムの元イングランド代表FWアンディ・キャロルにも触手を伸ばしていたとされているが、足首の負傷が明らかになり、獲得の噂は絶たれた。 ▽そこで新たにリストに挙がったのが2メートル超えの長身を武器とするベテランFWだ。『テレグラフ』によれば、チェルシーはクラウチをシーズンレンタルで獲得したい意向のようだが、ストーク側は手放すならシーズン終了後にと考えている模様だ。また、新たにストークの指揮官に就任したポール・ランバート監督は、ワントップにターゲットマンを据える戦術を得意としており、クラウチはその役割を担う選手として重宝されるのではないかと推測している。 ▽なお、イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、チェルシーはローマのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ゼコ(31)にも興味を示しているようだ。 2018.01.19 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ストーク・シティ、アウグスブルクからギリシャ代表DFをシーズン終了までのレンタルで獲得

▽ストーク・シティは18日、アウグスブルクからギリシャ代表DFコスタス・スタフィリディス(24)をレンタル移籍で獲得した。契約期間は今季終了までとなる。 ▽母国ギリシャの強豪PAOKでプロデビューしたスタフィリディスは、2012年の夏にレバークーゼンへ完全移籍で加入したもののレギュラーに定着できず、その後は古巣PAOKやフルアムへのレンタルを経験。 ▽2015年の夏に加入したアウグスブルクでは、在籍2年半で公式戦47試合に出場し5ゴール3アシストをマーク。今季はケガに悩まされ、ここまでリーグ戦2試合の出場にとどまっていた。 ▽また、U-17から各年代のギリシャ代表に選出されてきたスタフィリディスは、2012年9月にA代表デビューを飾ると、これまで22キャップを記録している。 2018.01.19 00:50 Fri
twitterfacebook
thumb

「試合開始からコントロールできたとは言えない」モウリーニョ、3発で連勝もストークの反撃を称える

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、ストーク・シティ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽ユナイテッドは16日、プレミアリーグ第23節でストーク・シティをホームに迎えた。試合は9分にバレンシアのゴールでユナイテッドが先制したが、その後はストークにやや押し込まれる展開に。それでも38分にマルシャルが追加点を奪うと、後半には72分にルカクがダメ押しゴールを記録して3-0で勝利。3発快勝でリーグ戦2連勝を飾った。 ▽試合後、モウリーニョ監督はストーク戦を回想。幸先良く先制するも、ストークの素晴らしい反撃に「開始から試合をコントロールできたとは言えない」と反省を口にした。 「前半はあまり良くなかった。ストークは積極的な姿勢でプレーしており、素晴らしかった。我々は驚くべきゴールを記録したが、相手にダメージを与えるまでには至らなかった。彼らはポジティブに受け止めて素晴らしい反撃を見せた。前半にはストークに大きなチャンスがあった。我々が美しい2点目を奪えたことはラッキーだった」 「後半は前半と異なり、我々が試合をコントロールし、2-0というスコアがストークを難しくさせた。彼らのチャンスはすでに3-0になっている時のディウフのシュートくらいだっただろう。3点目を奪うまでに試合を決めるためのチャンスは多くあった。開始から試合をコントロールできたとは言えない。相手が非常に素晴らしかったからね」 「前半は落ち着き過ぎていた部分や遅すぎる場面があり、相手にコンパクトで組織的形を作らせてしまった。後半には良くなってより速くボールを回し、素早い切り替えを見せた。パスやリカバリーでストークに隙を作らせたね」 2018.01.16 09:59 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ストークに3発快勝で2連勝!《プレミアリーグ》

▽マンチェスター・ユナイテッドは15日、プレミアリーグ第23節でストーク・シティと対戦し、3-0で勝利した。 ▽前節のエバートン戦で新年初戦を勝利で飾った2位のユナイテッド(勝ち点47)。同時にリーグ戦3試合連続ドローからも脱出し、直近のFAカップでは勢いそのままにダービー・カウンティを一蹴した。10日ぶりの試合となった今回の18位ストーク(勝ち点20)戦では、ダービー・カウンティ戦から5選手を変更。GKデ・ヘアやフィル・ジョーンズ、マティッチ、マルシャル、ルカクらが先発入りした。 ▽試合はユナイテッドが幸先よく先制する。9分、中央のポグバから右サイドのバレンシアに展開されると、クロスのタイミングを窺いながらドリブルで中へと切り込みシュートを選択。ボックス手前から利き足とは逆の左足で放たれたシュートはゴールのファーを貫いた。 ▽早くも余裕ができたユナイテッドだが、その後はやや押される展開に。11分にシャキリのオーバーヘッドシュートを浴びるもGKデ・ヘアがしっかりキャッチ。16分のアイルランドに打たれたシュートは枠の外へ。さらに25分には、チュポ=モティングに至近距離からシュートを打たれるが、フィル・ジョーンズが体でブロック。 ▽押し込まれる場面もあったユナイテッドだが、前半のうちに2点目を挙げる。38分、敵陣右サイドでボールを奪ったホームチームはルカク、ポグバと中に繋いで、最後はボックス手前でフリーとなっていたマルシャルがダイレクトでゴールの右上隅に突き刺した。 ▽前半終了間際にはGKデ・ヘアのファインセーブも飛び出しユナイテッドの2点リードで迎えた後半、攻め続けるユナイテッドは、59分にリーグ戦2試合連続ゴール中のマルシャルがゴール前まで迫るが、GKバトランドのセーブに遭う。続く62分には、カウンターから最後はマタがフィニッシュに持ち込むも、シュートは惜しくも枠の左に逸れた。 ▽72分にはこの男にダメ押しの追加点が生まれる。ボックス内でボールを受けたルカクは相手を背にしながらも、強靭なフィジカルでボールをキープ。そして振り向きざまに左足を振り抜きゴールを決めた。 ▽ルカクのリーグ戦11ゴール目でほぼ試合を決定付けたユナイテッドは、80分にマルシャルとリンガードを下げてラッシュフォードとフェライニを投入。その後にも、マタに代わりマクトミネイが今季リーグ戦出場3試合目を果たした。 ▽1点でも返したいストークは86分に、シャキリのクロスを胸で抑えたM・ディウフがトラップでDFをかわしシュート。GKに跳ね返されたところをもう一度狙うがサイドネットを叩きゴールを奪えない。そして試合終了の笛。久しぶりに3得点を奪ったユナイテッッドが完勝でリーグ線2連勝を飾った。 2018.01.16 06:53 Tue
twitterfacebook
thumb

ストークがポール・ランバート新監督との合意を発表! 期間は2年半契約

▽ストーク・シティは15日、ポール・ランバート氏(48)を新監督として招へいすることで合意に至ったと発表した。任期は2年半となり、16日に本拠地のBet365スタジアム(ブリタニア・スタジアム)で正式なメディア発表会が行われる。 ▽ランバート新監督は、ノリッジやアストン・ビラ、ブラックバーンで指揮を執った経験があり、プレミアリーグやチャンピオンシップ(イングランド2部相当)での経験が豊富な指揮官。2016年冬から指揮を執っていたチャンピオンシップのウォルバーハンプトンでの仕事を昨年5月末に終えてからは、フリーとなっていた。 ▽マーク・ヒューズ監督体制5年目となりスタートした今シーズンのストークは、プレミア第22節を終了した時点で5勝12敗5分けで18位と低迷。6日に行われたFAカップ3回戦でも、イングランド4部に相当するコベントリー・シティを相手に1-2で敗戦し、直後に同監督の解任が発表となった。 ▽今回の合意に際して、クラブ会長のピーター・コーツ氏と副会長のジョン・コーツ氏は、以下のようにコメントした。 ◆ピーター・コーツ会長 「ポール(・ランバート)の私たちのスカッドに関する知識には大変感銘を受けました。そして彼は、私たちの結果を改善するための明確な計画を持っています」 「彼は選手としても復活した人物です。スコットランドでのオファーを蹴って、ドイツ・ブンデスリーガのボルシア・ドルトムントのトライアルを受けた時(その後、ドルトムントでチャンピオンズリーグを制覇)以上のものはありませんが、監督としても同じアプローチを採用しようとしていることは明らかです」 ◆ジョン・コーツ副会長 「ポールは強力で安定した基盤を持つ地元の人間が所有するクラブの監督として、成功を収めています。そしてそれは、私たちが監督に与えることのできる基盤です」 「プレミアリーグの経験や、イングランドサッカーに関する豊富な知識を持つ人物を指名しようと決めていました。私たちは、ポールと協力して目標を達成すること、彼を支援することを楽しみにしています」 2018.01.15 21:15 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース