指骨折のバトランド、4~6週間の離脱2017.11.11 00:49 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ストーク・シティのイングランド代表GKジャック・バトランドが4~6週間離脱するようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

▽バトランドは、9日に行われたドイツ代表戦の前日練習中に手を負傷。その後の検査の結果、指の骨折と診断され、代表チームを離れていた。

▽この負傷によりバトランドはリバプール戦やトッテナム戦をはじめ、プレミアリーグ5試合を欠場することが確実となり、復帰に6週間を要すればウェストハム戦とWBA戦の出場も難しくなる状況だ。

▽ストークの正GKを務めるバトランドは今季のプレミアリーグ11試合にフル出場していた。

コメント

関連ニュース

thumb

エリクセン2発のトッテナムがストークに勝利しリーグ戦6連勝!《プレミアリーグ》

▽トッテナムは6日、プレミアリーグ第33節でストーク・シティとアウェイで対戦し、2-1で勝利した。 ▽前節チェルシーに完勝し、トップ4の座をより確かなモノにしたトッテナム(勝ち点64)。リーグ戦13試合無敗で19位の沈むストークの本拠地ブリタニア・スタジアムに乗り込む今節は、チェルシー戦から4選手を変更。ディフェンスラインにはトリッピアーとB・デイビスに代わりオーリエとローズが入り、ラメラとE・ダイアーが、ワニャマ、ケインと変更になった。 ▽序盤はストークの素早いチェックにトッテナムは苦戦。中盤での組み立てが厳しいとみるや、後方からロングボールを前線のケインやソン・フンミンに向かって放るがなかなか繋がらない。ストークは13分に左サイドを突破すると、クロスにM・ディウフが飛び込むがシュートは枠を超えてしまう。これに対し、トッテナムもロングボールからエリクセンがボックス右に飛び込みシュートを放つが、相手のマークもありこちらも枠を捉えることができない。 ▽20分頃にトッテナムがボックス外左の位置でFKを得るがエリクセンの右足は精彩を欠く。ポゼッションでは70%を超えるアウェイチームがチャンスを迎えたのは23分。エリクセンの自陣からの高速パスをデレ・アリが収めると、走り出したソン・フンミンにすぐさまスルーパス。上手くボールを受けたソン・フンミンだったが、シュートはGKバトランドに止められてしまう。 ▽その後もトッテナムが高い支配率をキープしストークゴールに迫っていくがゴール前が固く閉ざされ、前半は0-0。ストークの奮闘が目立った。 ▽迎えた後半、トッテナムがすぐに試合を動かす。52分、デレ・アリが味方のスルーパスで一気にボックス右を侵攻すると、遅れてゴール前に入ってきたエリクセンに供給。エリクセンはこれをダイレクトでゴール左に流し込み先制点を奪った。 ▽しかしその5分後、ハーフウェイラインにいたシャキリから見事なスルーパスがM・ディウフに送られると、M・ディウフは飛び出してきたGKロリスと交錯しながらも、空っぽになったゴールに押し込み、ストークがすぐに同点に追いついた。 ▽だが、後半に入ってギアを高めてきたトッテナムには問題ではなかった。63分、敵陣左サイドでFKを獲得すると、エリクソンのクロスをケインが頭で微かに逸らしゴールに流し込んだ。当初、ケインのゴールと判定されたものの、後にボールに触れてないとしてエリクセンのゴールとなった。 ▽68分にソブヒに代えてキャンベルを投入したストークはその直後、CKの場面でGKロリスに弾かれたボールをキャンベルが頭で狙って早速チャンスを迎えた。その後は決定機が作れないストークは78分にG・ジョンソンに代えてクラウチをピッチへ。そのあとに訪れたFKの場面ではシャキリがクロスバー直撃の素晴らしいFKを見せる。84分にはカウンターからM・ディウフがボックス左でビッグチャンスを迎えるがクロスは相手にあっさりとカットされてしまう。 ▽終盤にかけてはストークペースに。86分にはCKの流れからチャンスを迎えるが、ショークロスのヘディングシュートは惜しくも枠を外れる。後半アディショナルタイムには、M・バウアーのクロスにジョー・アレンが合わせるがシュートはGKの正面に飛んでしまう。 ▽およそ8分の後半アディショナルタイムの末、ストークの攻撃を粘り強く防ぎきったトッテナムが2-1で勝利。リーグ戦6連勝としている。 2018.04.08 01:06 Sun
twitterfacebook
thumb

低迷ストーク、アフェライに続きベラヒノも干す

▽不振を極めるストーク・シティ内で選手追放の動きが相次いでいるようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽先日、練習中の態度の悪さが原因で元オランダ代表MFイブラヒム・アフェライを追放したポール・ランバート監督。コンディション調整を目的に同チームU-23の一員としてプレー予定のアストン・ビラ戦に遅刻したイングランド代表FWサイード・ベラヒノに対しても、ユースチーム降格と罰金を命じたという。 ▽ストークは、プレミアリーグ第32節終了時点で降格圏内の19位。ランバート監督は1月にマーク・ヒューズ氏の後任としてストーク監督に就任したが、現在8試合で白星から遠ざかっており、厳しい戦いが続いている。 2018.04.07 10:15 Sat
twitterfacebook
thumb

後半目を覚ましたアーセナルがオーバの3戦連発弾とラカゼット復帰弾でストークに快勝! 公式戦4連勝でELのCSKAモスクワ戦へ《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第32節、アーセナルvsストーク・シティが1日にエミレーツ・スタジアムで行われ、ホームのアーセナルが3-0で快勝した。 ▽公式戦3連勝でインターナショナルウィークに入ったリーグ6位のアーセナルが降格圏の19位に低迷するストークをホームに迎えた代表ウィーク明け最初の一戦。来週ミッドウィークにヨーロッパリーグ(EL)準々決勝のCSKAモスクワ戦を控えるチームは、招集外となった守護神チェフやコシエルニー、ジャカと一部主力を温存。その一方代表ウィークで負傷したウィルシャーが先発に、離脱が続いていたラカゼットがベンチに入るなどケガ人も戻ってきた。 ▽立ち上がりから代表ウィーク明け特有の緩さに加え、リーグ戦へのモチベーションの低さが目立つアーセナルは、残留に向けて勝ち点が必須のアウェイチームに押される入りとなる。開始4分にはボックス手前右でM・ディウフからパスを受けたシャキリに際どい左足のシュートを許す。 ▽この試合、オーバメヤンを最前線に2列目にエジル、ウェルベック、ウィルシャーと主力クラスを前線に置いたものの、複数選手の連係もほとんどないアーセナルの攻撃。個人で仕掛けては不用意にボールを失うなど、徐々にホームサポーターもフラストレーションを募らせていく。23分には右サイドでラムジー、ベジェリン、ウィルシャーと繋いでGKの短いパンチングに反応したラムジーがボックス右でタップインを試みるが、これはクロスバーの上を叩く。 ▽その後、30分を過ぎてようやく攻撃のリズムが生まれ始めたアーセナルはボックス付近でのウィルシャーやラムジーの個人技から幾度かフィニッシュのシーンを演出していくが、オーバメヤンやウェルベックの存在感が希薄なこともあり、前半のうちに決定機を演出するまでには至らず。 ▽互いに選手交代なしで迎えた後半、ハーフタイムにヴェンゲル監督から激しい檄が飛んだのか、全体的な動きの量を増やして引き続き相手を押し込むホームチーム。58分には波状攻撃からエルネニーが枠を捉えた鋭いシュートを放つが、これはゴール前の密集で相手DFのブロックに遭う。 ▽アタッキングサードでもう一押しがほしいアーセナルは61分にウェルベックを下げてヒザの手術から約1カ月半ぶりの復帰となったラカゼットを投入する。対するストークは足を痛めたM・ディウフを下げてベラヒノをピッチに送り出した。 ▽この交代で試合の流れに変化が期待された中、互いに決定機を作り合う。まずは69分、ストークが右CKの場面で左足のキッカーのシャキリが鋭く曲がるボールを入れると、これが直接クロスバーを叩く。さらに直後にはボックス左でベラヒノにシュートチャンスもここはGKオスピナにコースを消される。 ▽一方、ピンチを凌いだアーセナルは71分、エジルのスルーパスに抜け出したオーバメヤンがボックス内でGKと一対一を迎えるが、ここはGKバトランドのビッグセーブに遭う。しかし、75分にボックス内で仕掛けたエジルがDFマルティンス=インディと交錯すると、PKが与えられる。これをキッカーのオーバメヤンが冷静に決めてリーグ3試合連続ゴールで先制に成功した。 ▽その後、CSKAモスクワ戦を睨んで76分にウィルシャー、エルネニーを下げてムヒタリアン、ジャカを投入したアーセナルは積極的に追加点を狙っていく。すると86分には右CKの流れからファーでルーズボールを拾ったオーバメヤンが冷静に流し込み2点目。さらに89分にはボックス内でラカゼットが倒されて得たPKをフランス代表FW自ら決めて復帰戦で早速ゴールを記録。そして、得意のホームで得意の相手に3-0で勝ち切ったアーセナルが公式戦4連勝でCSKAモスクワ戦に弾みを付けた。 2018.04.01 23:36 Sun
twitterfacebook
thumb

降格危機の責任は周囲にあり?! シャキリが不満をぶちまける

▽降格圏に沈むストーク・シティのスイス代表FWジェルダン・シャキリが、チームへの不満を爆発させた。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽シャキリは、2015年夏にインテルからストークに移籍。3年目となる今シーズン、シャキリはプレミアリーグ29試合7ゴール6アシストを記録しているものの、クラブは第31節消化時点で降格圏の19位に沈んでいる。シャキリは、低迷の原因が周囲の質によるものだと『シュバイツ・イラストレ』に語った。 「これは冷静な考えなんだけど、ロナウジーニョでさえこのチームじゃほぼ何もできないと思うよ」 「打ち明けると、バイエルンの(フランク・)リベリーやチアゴ(・アルカンタラ)、インテル時代のマルロ・イカルディ、マテオ・コバチッチ(現・レアル・マドリー)がいた時は少し違ったよ」 「ここストークでは、僕も大きな影響を及ぼすことができないんだ。周囲がクオリティに欠けるからね」 ▽インテル、バイエルンと過去に所属したビッグクラブの同僚を引き合いに出したシャキリ。残留のために一致団結が求められる状況でのこの発言は、悪手だったかもしれない。 2018.04.01 20:20 Sun
twitterfacebook
thumb

アフェライが練習態度悪く干される

▽イギリス『スカイ・スポーツ』は、ストーク・シティに所属する元オランダ代表MFイブラヒム・アフェライがチームから干されたと伝えている。 ▽今シーズンのプレミアリーグで19位に沈むストーク。シーズン途中から指揮を執るポール・ランバート監督はアフェライの練習中における姿勢がチームに悪影響を及ぼしかねないとし、謹慎処分を命じたという。 ▽アフェライは2004年にPSVにプロデビュー。その後、バルセロナ、シャルケ、オリンピアコスを経て、2015年にストーク入りを果たした。 ▽ランバート監督は1月にマーク・ヒューズ氏の後任として、ストーク監督に就任。だが、就任して以降、アフェライを起用していない。 2018.03.30 08:30 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース