指骨折のバトランド、4~6週間の離脱2017.11.11 00:49 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ストーク・シティのイングランド代表GKジャック・バトランドが4~6週間離脱するようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

▽バトランドは、9日に行われたドイツ代表戦の前日練習中に手を負傷。その後の検査の結果、指の骨折と診断され、代表チームを離れていた。

▽この負傷によりバトランドはリバプール戦やトッテナム戦をはじめ、プレミアリーグ5試合を欠場することが確実となり、復帰に6週間を要すればウェストハム戦とWBA戦の出場も難しくなる状況だ。

▽ストークの正GKを務めるバトランドは今季のプレミアリーグ11試合にフル出場していた。

コメント

関連ニュース

thumb

イングランド代表、GKバトランドが指の負傷で負傷離脱…《国際親善試合》

▽イングランドサッカー協会(FA)は9日、今月行われる国際親善試合に臨むイングランド代表メンバーからGKジャック・バトランド(ストーク・シティ)が負傷離脱したことを発表した。 ▽バトランドは、9日に行われたドイツ代表戦の前日練習中に手を負傷。その後の検査の結果、指の骨折と診断された。バトランドはすでに代表チームを離脱し、所属クラブで今後の治療を行う予定だ。 ▽なお、バトランドは2016年3月26日に行われたドイツとの国際親善試合に出場した際に、足首を骨折。このケガで1年以上に渡って戦線離脱を余儀なくされた。そして、奇しくもドイツ戦を前にした練習中の負傷で、再び負傷離脱を強いられた。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選を無敗で突破したイングランドは、10日にドイツ、同14日にブラジル代表と対戦する。 2017.11.10 05:16 Fri
twitterfacebook
thumb

元プレミアリーガーが25歳で死去

▽ストーク・シティは6日、以前に同クラブに所属していたDFディオナタン・テイシェイラが亡くなったことを発表した。25歳だった。 ▽ブラジル出身のテイシェイラは、2014年から2017年までストークに在籍。プレミアリーグでは2試合に出場した。今年冬にはシェリフ・ティラスポルに移籍していた。 ▽死因について、イギリス『ストーク・センチネンタル』によれば、ブラジルに帰国中に心臓発作を起こしたことで帰らぬ人となったようだ。 ▽ストークは「ディオナタン・テイシェイラの25歳という早すぎる死。我々の想いは彼の家族や友人と共にあります」と哀悼の意を表した。 2017.11.06 13:42 Mon
twitterfacebook
thumb

イボーラの移籍後初弾もレスターは2度のリードを守れずドロー、岡崎は59分までプレー《プレミアリーグ》

▽レスター・シティは4日、プレミアリーグ第11節でストーク・シティとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。レスターのFW岡崎慎司は59分までプレーしている。 ▽ピュエル新監督の初陣となった前節エバートン戦を2-0と快勝してリーグ戦2連勝とした11位レスター(勝ち点12)が、前節ワトフォード戦を1-0と勝利して連敗を2で止めた14位ストーク(勝ち点11)のホームに乗り込んだ一戦。 ▽前節ベンチスタートとなった岡崎が[4-4-2]の2トップの一角でスタメンに戻ったレスターが立ち上がりからボールを保持して仕掛けると、21分にチャンス。ボックス左からグレイが上げたクロスにファーサイドの岡崎が飛び込んだが、わずかに届かなかった。 ▽なかなかシュートシーンが生まれない中、引き続きレスターがボールを持つ展開となっていたが、28分にピンチ。ソビヒのスルーパスに抜け出したチュポ=モティングにボックス内から枠内シュートを浴びる。しかし、GKシュマイケルがセーブした。 ▽すると33分、レスターが先制する。右CKをファーサイドのマグワイアが頭で折り返し、イボーラが左足ボレーで蹴り込んだ。 ▽イボーラの移籍後初ゴールで先制したレスターは続く37分、岡崎に決定機。ボックス左に侵入したグレイのクロスを岡崎がダイビングヘッドで合わせる。しかし、GKバトランドのビッグセーブに阻まれた。さらに直後のCKの流れからイボーラがフリーでヘディングシュートに持ち込むも、枠の上に外してしまう。 ▽するとチャンスを生かせなかったレスターは同点に追いつかれる。39分、チュポ=モティングのダイレクトスルーパスをボックス右で受けたシャキリにゴール左へ流し込まれた。 ▽1-1で迎えた後半もレスターがボールを持つ流れとなると、53分に勝ち越しのチャンス。グレイのパスをボックス左で受けたマフレズがシュート。しかし、枠の右に外れてしまった。 ▽59分に岡崎に代えてイヘアナチョを投入したレスターは直後にピンチ。CKからショークロスに決定的なヘディングシュートを許すも、GKシュマイケルがファインセーブで凌いだ。 ▽すると直後の60分に勝ち越す。マフレズがボックス左にドリブルで侵入。対応したヴィマーの股間を抜くシュートでゴール左に流し込んだ。 ▽勝ち越し後はレスターが自陣に引いて対応。しかし、クラウチを投入してきたストークのパワープレーを受けると、73分に再び同点とされる。左CKからそのクラウチにヘディングシュートを叩き込まれた。 ▽終盤にかけては互いに決め手を欠いて2-2のまま終了。イボーラに移籍後初ゴールが生まれたものの、レスターは2度のリードを守れずに勝ち点1獲得に留まっている。 2017.11.04 23:25 Sat
twitterfacebook
thumb

岡崎不出場のレスター、マフレズ弾でWBAにドローも降格圏に後退《プレミアリーグ》

▽レスター・シティは16日、プレミアリーグ第8節でWBAをホームに迎え、1-1で引き分けた。レスターのFW岡崎慎司はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節ボーンマス戦を圧倒されながらもゴールレスドローに持ち込んだ17位レスター(勝ち点5)は、岡崎が3試合ぶりにベンチスタートとなり、イヘアナチョが先発となった。 ▽前節ワトフォード戦を2-2と引き分けて5試合勝利のない10位WBA(勝ち点9)に対し、序盤にマフレズのFKからゴールに迫ったレスターが徐々に圧力を強めていく展開とする。 ▽しかし、自陣に守備ブロックを作るWBAに対し、レスターはポゼッションこそするものの、崩せない状況が続いた。 ▽そんな中、35分にようやくレスターに決定機。左CKのルーズボールがボックス右に流れたところをシンプソンがダイレクトでシュート。枠を捉えていたが、GKのセーブに阻まれてしまった。ハーフタイムにかけてもレスターがボールを持ったが、チャンスは作れずに前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半も圧力をかけたレスターは51分に大チャンス。ヴァーディのヒールパスに抜け出したオルブライトンがボックス左深くまで侵入。折り返しをマフレズがシュートしたが、枠の上に外してしまった。 ▽その後は一進一退の攻防となると、63分にWBAが均衡を破った。ゴール正面やや右で得たFKをシャドリが直接狙うと、GKシュマイケルの逆を突いたシュートがゴール右に決まった。 ▽ワンチャンスを活かされて失点したレスターは、前がかったものの攻めあぐねる状況が続く。そこで74分、イヘアナチョに代えてスリマニを、シンプソンに代えてチルウェル投入し、[3-5-2]に布陣変更した。 ▽すると80分、レスターが交代選手2人の働きによって同点に追いついた。チルウェルの左クロスをファーサイドのスリマニがヘッドで落とすと、これを受けたボックス右のマフレズが胸トラップから右足を一閃。うまく捉えたボレーシュートがゴール左に決まった。 ▽その後、マグワイアの強烈なミドルシュートでゴールに迫ったレスターだったが、GKにセーブされると、終盤にかけてはチャンスを生み出せずにタイムアップ。勝ち点1を積み上げるにとどまり、降格圏の18位に後退している。 2017.10.17 06:02 Tue
twitterfacebook
thumb

7発大勝にご満悦のペップ「ファンのように楽しんだ」

▽マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラがストーク・シティ戦での大勝にご満悦の様子だ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽シティは14日、プレミアリーグ第8節でストーク・シティをホームに迎えた。試合は17分に記録したFWガブリエウ・ジェズスの先制弾を皮切りに、シティのゴールラッシュ。2失点こそ喫したものの、チームとして7点を奪い、首位キープに成功した。試合後、グアルディオラ監督は試合を回想し、結果と内容ともに満足感を示している。 「私はシティのファンのように楽しんだ。結果と内容には満足しているよ」 「今シーズンは、良い内容のゲームが多くある。ただ、今日は特に良かった。我々はだいたい試合開始30分、もしくは45分まで良いプレーをする。それでも、今日は前半終盤と後半序盤を除けば、私が就任して以降、一番良い出来だったんじゃないかな」 「チームにはインターナショナルウィークの影響について話をしたが、ロッカールームでの雰囲気がとても良い。ポジティブであり、互いに助け合っている」 2017.10.15 17:30 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース