「目標である兄を超える」京都がU-18所属のGK若原智哉の来季昇格内定を発表2017.11.10 22:01 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽京都サンガF.C.は10日、U-18所属のGK若原智哉の来季昇格内定を発表した。今シーズンはトップチームに2種登録されていた。

▽若原は、滋賀県草津市出身で、立命館宇治高校に通っている17歳。U-15から京都に所属している。U-15、U-16と日本代表候補に選ばれ、U-16、U-18、U-19と日本代表に選出。昨シーズンから2種登録されている。若原はクラブを通じてコメントしている。

「ひとつの夢であるトップチームに昇格することができ、とても嬉しいです。ここに来るまで僕をサポートしてくれた両親、お世話になった地元の少年団やサンガアカデミーの指導者の皆さん、チームメイトの仲間たち、チームメイトの保護者の皆さん、そして立命館宇治高校の先生方には感謝の気持ちでいっぱいです」

「そして何よりも、サッカーに出会わせてくれて、いつも僕の目の前を歩き続けてくれたお兄ちゃんがいてくれたからこそ、プロの道を歩み始められると思います。トップチーム昇格は通過点にしかありません。後ろから安心感を与えられるゴールキーパーを目指して、目標である兄を超えるため、これからも努力を重ねていきたいと思います。サポーターの皆さん、これからもよろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

京都、DF大西勇輝との契約満了を発表「いつの日か、誰がみても良い選手と思われる選手に」

▽京都サンガF.C.は21日、DF大西勇輝(21)との契約を満了することを発表した。契約期限は今シーズン限りとなっている。 ▽奈良県出身の大西は、京都の下部組織で育ち、2015シーズンに明治安田生命J3リーグのJリーグアンダー22選抜でJリーグデビュー。2016シーズン、今シーズンはJFLの奈良クラブに育成型期限付き移籍をしていた。今シーズンの大西は、JFLの5試合に出場している。 ▽大西は、クラブ公式サイトを通じて以下にようにコメントした。 「今シーズンをもちまして京都サンガF.C.を退団することになりました。中学からの9年間で様々な経験をさせていただいたことに感謝しています」 「プロとしてチームに貢献できなかったこと、そして、サポーターの皆さんに喜びや感動を与えることができなかったことは心残りであり、本当に悔しく思います。ただこの悔しさと苦しさしかなかった3年間は必ずこれからの人生の糧になると思いますし、まだ咲いてない花を咲かせる材料にしようと思います」 「そしていつの日か、誰がみても良い選手と思われる選手に成り上がっていこうと思いますので、これからもどうぞよろしくお願いします。今までありがとうございました」 2017.11.21 18:50 Tue
twitterfacebook
thumb

京都、細川浩三チーム強化本部長ならび野口裕司強化部長の退任を発表

▽京都サンガF.C.は20日、細川浩三チーム強化本部長ならびに野口裕司強化部長が2017シーズンをもって退任することを発表した。 ▽細川氏は、1994~1996年に京都で守備の選手としてプレー。1996シーズンで現役を終えると、1997年から京都で各職を歴任していく。チーム強化本部長には2016年に就任し、約2年間の取り組みは今シーズンまでで終了を迎えることとなった。 ▽野口氏は、1994~2002年に京都でアタッカーから守備まで様々な役割をこなし、主力としてプレー。2003年には大宮アルディージャに移籍したが、同年に引退すると翌2004年からは再び京都での仕事に取り組んでいた。強化部長には2015年に就任し、約3年間での退任となった。 ▽昨シーズンを明治安田生命J1リーグ昇格プレーオフ圏内の5位で終えた京都だったが、今シーズンは全42試合が終了し14勝15敗13分けの12位でフィニッシュしている。 2017.11.20 17:58 Mon
twitterfacebook
thumb

松本、PO進出ならず 最終節で京都に0-1の完封負け《J2》

▽19日に松本平広域公園総合球技場アルウィンで行われた明治安田生命J2リーグ最終節の松本山雅FCvs京都サンガF.C.は、アウェイの京都が1-0で勝利した。この結果、松本はプレーオフ進出の夢を逃した。 ▽この最終節でプレーオフ圏内への滑り込みを狙う7位の松本がホームで京都を迎え撃った。勝てば自力でのプレーオフ進出が決められる松本だったが、序盤から京都に押し込まれる展開となる。 ▽すると、20分には、セットプレーから石櫃のクロスがゴール前の混戦を生み、最後は高崎の中途半端なクリアを拾った本多が左足シュートをでニアサイドに沈め、京都が均衡を破った。 ▽リードを許した松本は、26分に山本が左足のコントロールショット。35分にはセットプレー崩れから田中が右足のミドルシュートで京都のゴールマウスに迫るが、いずれもゴールに繋がらない。 ▽早く追いつきたい松本は、1点ビハインドで迎えた53分に那須川の頭で落としたボールに高崎が反応。那須川がゴール至近距離から右足ダイレクトでシュートを放つが、これは枠の左に外れてしまう。 ▽続く81分には、バイタルエリア中央付近でセカンドボールに反応した武井がミドルレンジから右足を一閃。これがゴール右を捉えるが、相手GKのファインセーブに遭い、チャンスをモノにできない。 ▽83分には途中出場の鈴木が頭でネットを揺らした松本だったが、オフェンスファウルでノーゴールの判定。パワープレーに出たことでゴールに近く回数が増えたものの、ゴールが遠い。 ▽結局、試合はこのまま終了。ホーム最終戦を黒星で終えた松本はプレーオフ進出を逃した。 2017.11.19 18:05 Sun
twitterfacebook
thumb

京都U-18が16年ぶり2度目の載冠! G大阪ユースとの関西勢対決を制す《Jユースカップ》

▽2017Jユースカップ 第25回Jリーグユース選手権大会決勝の京都サンガF.C.U-18vsガンバ大阪ユースが19日に長野Uスタジアムで行われ、2-1で京都U-18が勝利した。京都U-18がクラブ2度目のJユースカップを果たした。 ▽16年ぶりのファイナル進出を果たした京都U-18と、3年ぶりに決勝に勝ち進んだG大阪ユースの関西勢によるタイトルマッチ。試合は、序盤から互いに攻めの姿勢を潰し合う一進一退の攻防となる。その中で、京都U-18は後半アディショナルタイム1分にカウンターで応戦。左サイドの背後で味方のスルーパスを受けた上月がGKとの一対一を制し、京都U-18が均衡を破った。 ▽1点を追うG大阪は、迎えた後半も立ち上がりから相手を圧倒。その中で右ポスト直撃のシュートでゴールに迫るなど猛攻に出る。だが、その直後の53分に京都U-18がカウンターを発動。臼井のオウンゴールを誘い、京都U-18が効率よくゴールを積み重ねた。それでも、G大阪は56分、右サイドで得たFKからセカンドボールに反応した中島が左足でプッシュ。反撃の狼煙を上げる。 ▽すぐさま1点を返したことでより反撃の色を強めたG大阪ユースは、その後も優位な試合運びを展開。だが、決定機をことごとくモノにできず、試合を振り出しに戻すことができない。結局、試合はこのまま終了。最多優勝回数の4度を誇るG大阪ユースの反撃から逃げ切った京都U-18が16年ぶり2度目のJユースカップ優勝を果たした。 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">京都サンガF.C.U-18 2</span>-1 ガンバ大阪ユース 【京都U-18】 上月壮一郎(前45+1) OG(後8) 【G大阪ユース】 中島大雅(後11) 2017.11.19 15:00 Sun
twitterfacebook
thumb

京都、DF牟田雄祐の復帰を発表! 今年8月からFC今治に期限付き移籍

▽京都サンガF.C.は18日、今年8月からJFLに所属するFC今治に期限付き移籍していたDF牟田雄祐(27)が期限付き移籍期間満了に伴い、復帰することを発表した。 ▽2016年に名古屋グランパスから京都に加入した牟田だが、在籍1シーズン半を通じたリーグ戦の出場は6試合にとどまっていた。そして、今年8月に期限付き移籍で加入したFC今治では、JFLで10試合に出場していた。 ▽なお、牟田は退団の決まったFC今治の公式サイトで以下のようなメッセージを残している。 「今シーズン限りで退団することになりました。J3昇格の為に加入しましたが、その目標が達成できず本当に申し訳ありません。それでもいつも温かい声援を送って頂いたサポーターの前でプレーできたことは,自分にとって財産になりました。ありがとうございます」 「また岡田オーナー、監督、スタッフ、チームメイトをはじめ,FC今治に関わるたくさんの人たちのおかげで素晴らしい経験をすることができました。この経験をこれからに生かし感謝の気持ちをプレーで表現していきたいと思います。短い期間でしたが本当にありがとうございました」 2017.11.18 13:21 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース