「目標である兄を超える」京都がU-18所属のGK若原智哉の来季昇格内定を発表2017.11.10 22:01 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽京都サンガF.C.は10日、U-18所属のGK若原智哉の来季昇格内定を発表した。今シーズンはトップチームに2種登録されていた。

▽若原は、滋賀県草津市出身で、立命館宇治高校に通っている17歳。U-15から京都に所属している。U-15、U-16と日本代表候補に選ばれ、U-16、U-18、U-19と日本代表に選出。昨シーズンから2種登録されている。若原はクラブを通じてコメントしている。

「ひとつの夢であるトップチームに昇格することができ、とても嬉しいです。ここに来るまで僕をサポートしてくれた両親、お世話になった地元の少年団やサンガアカデミーの指導者の皆さん、チームメイトの仲間たち、チームメイトの保護者の皆さん、そして立命館宇治高校の先生方には感謝の気持ちでいっぱいです」

「そして何よりも、サッカーに出会わせてくれて、いつも僕の目の前を歩き続けてくれたお兄ちゃんがいてくれたからこそ、プロの道を歩み始められると思います。トップチーム昇格は通過点にしかありません。後ろから安心感を与えられるゴールキーパーを目指して、目標である兄を超えるため、これからも努力を重ねていきたいと思います。サポーターの皆さん、これからもよろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

京都MFマティアス・カセラスが右ヒザ内側側副じん帯損傷

▽京都サンガF.C.は19日、MFマティアス・カセラスが右ヒザ内側側副じん帯損傷と診断されたことを発表した。 ▽クラブの発表によると、マティアス・カセラスは18日のトレーニング中に負傷したとのこと。 ▽マティアス・カセラスは2018年にウルグアイのプラサ・コロニアから期限付き移籍。今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグに2試合出場している。 2018.06.19 18:30 Tue
twitterfacebook
thumb

京都、FW大野耀平とMF重廣卓也のプロA契約締結を発表

▽京都サンガF.C.は14日、FW大野耀平(23)とMF重廣卓也(23)とのプロA契約締結を発表した。 ▽両選手は天皇杯2回戦のツエーゲン金沢戦で、規定の公式戦出場時間に到達した。2017年に常葉大学から入団した大野は、今シーズンここまで明治安田生命J2リーグで12試合2ゴールを記録。2018年に阪南大学から加入した重廣は、J2リーグでここまで12試合2ゴールを記録している。 ▽プロA契約を結んだ両選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆大野耀平 「プロA契約を締結していただくことが出来て、本当に良かったです。ただ、僕自身やることは変わらないので、もっと自覚を持って、チームに貢献できるように頑張ります」 ◆重廣卓也 「まずはプロA契約を締結していただいたことにホッとしています。さらに身が引き締まったので、これからもっと責任感を持って、ピッチの上に立ちたいと思います」 2018.06.14 18:35 Thu
twitterfacebook
thumb

京都、MF荻野広大の左肩関節脱臼を発表

▽京都サンガF.C.は30日、MF荻野広大が左肩関節脱臼のケガを負ったことを発表した。 ▽萩野は、27日に東城陽グラウンドで行われたトレーニング中に負傷。なお、離脱期間についての詳細は明かされていない。 ▽萩野は、今シーズンの明治安田生命J2リーグで出場機会を得ることができていなかった。 2018.05.30 22:25 Wed
twitterfacebook
thumb

京都U-18のMF財前淳、オーストリア1部昇格クラブと3年契約

▽ヴァッカー・インスブルック(オーストリア)は23日、京都サンガF.C.U-18のMF財前淳(18)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は3年となる。 ▽福岡県出身の財前は攻撃的MF。ヴァッカー・インスブルックは今シーズンの2部を優勝で飾り、来シーズンから1部に昇格するクラブだ。 ▽クラブのゼネラルマネージャーを務めるアルフレッド・ヘルトナーグル氏は「彼は欧州でチャンスを求めていた若くて、才能があるプレーヤー。トップチームの一員となるが、まず2軍で新しい環境に慣れていき、出場機会を得ることもできる」と話している。 2018.05.24 11:50 Thu
twitterfacebook
thumb

不振の京都、布部陽功監督の退任発表…コーチのジュロヴスキー氏が指揮官に昇格

▽京都サンガF.C.は11日、布部陽功監督(44)の退任を発表した。 ▽布部監督は、2017年から京都を指揮。だが、就任初年度の明治安田生命J2リーグで12位フィニッシュにとどまり、今シーズンもここまで2勝3分け8敗のJ3降格圏最下位に沈み、6日に行われた第13節のレノファ山口FC戦からコーチを務めるボスコ・ジュロヴスキー氏(56)が暫定的に指揮を執った。 ▽なお、後任として、2016年夏から名古屋グランパスで指揮官歴を持つボスコ・ジュロヴスキー氏の内部昇格による監督就任が決定している。布部氏とジュロヴスキー新指揮官は、クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 ◆布部陽功 「京都サンガF.C.を支えて下さっているファン・サポーターの皆様、練習場、スタジアムではもちろん、日頃より温かいご声援を頂き本当にありがとうございました。また、クラブを支えて下さるスポンサーの皆様、メディアの皆様、京都サンガF.C.に関わる全ての皆様に大変感謝しております。約1年と4ヶ月でしたが、皆様のご期待にお応えすることができなく心からお詫び申し上げます。クラブに関わる全ての皆様と、素晴らしいスタッフ、選手達でつくる京都サンガF.C.をこれからも応援しています。本当にありがとうございました」 ◆ボスコ・ジュロヴスキー 「今は本当に難しい状況ですが、我々はまだ生きているし、選手たちはいい質を持っています。今すぐに先のことは言えませんが、目の前の1試合1試合を集中して、すべての試合で100%の力を出しきる、ハードワークすること、歴史ある京都のクラブの監督を務めるにあたり、感謝と誇りを持って、選手・クラブと共に戦うことを約束します。サポーターの皆さん、これからもチームを共にサポートしてください」 2018.05.11 16:10 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース