徳島が浦和ユースMF井澤春輝の来季期限付き移籍加入内定を発表2017.11.10 14:48 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽徳島ヴォルティスは10日、浦和レッズユースのMF井澤春輝(18)の来季期限付き移籍加入内定を発表した。契約期間は2019年1月31日までとなる。

▽井澤は、2014年にU-15日本代表、2015年にU-16日本代表、U-17日本代表、2017年にU-18Jリーグ選抜、U-18日本代表に選出されている。

▽「球際の強さや得点感覚に優れている」と浦和はプレーの特長を紹介していた。井澤はクラブを通じてコメントしている。

「徳島ヴォルティスのファン・サポーターのみなさま、はじめまして。浦和レッズから期限付き移籍をさせていただきます井澤春輝です。今回、小さいころからの夢であったプロサッカー選手になることができて大変嬉しく思うと同時に、これまでお世話になった方々への感謝の気持ちでいっぱいです。プロサッカー選手としての自覚と責任を持ち、ピッチの上で活躍した姿をお見せすることでお世話になった方々へ恩返ししたいと考えています。そして徳島の皆さまに、いち早く認めていただけるよう全力で頑張りますので、応援のほど、よろしくお願いいたします」

コメント

関連ニュース

thumb

徳島、リカルド・ロドリゲス監督との来季契約更新を発表!「この攻撃的なスタイルを貫きながら、来年もJ1に昇格するために戦っていきます」

▽徳島ヴォルティスは20日、リカルド・ロドリゲス監督との契約を更新したことを発表した。 ▽スペイン人指導者であるリカルド監督は、昨シーズン終了後に徳島の指揮官に就任した。すると、昨シーズンを明治安田生命J2リーグを9位で終えた徳島は、今シーズン中最後まで昇格争いに絡み7位でフィニッシュ。得点数も昨シーズンが46得点であったことに比べ、今シーズンは71得点で名古屋クランパスの85得点に次ぎ、リーグ2位の得点数を叩き出している。 ▽徳島のサッカーを攻撃的なものに作り替えたリカルド監督は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントした。 「ホームでもアウェイでもサポートしていただいたファン・サポーターの皆様、今シーズン1年間ありがとうございました。今シーズン我々のサッカーを観て楽しんでいただけたことを願っています」 「今シーズンはプレーオフにたどり着くことが出来ませんでした。ただ、私は徳島ヴォルティスをより強くするために来シーズンも監督として続投することとなりました。この攻撃的なスタイルを貫きながら、来年もJ1に昇格するために戦っていきます。そして、さらに強くなって来シーズン戻ってきます。1年間応援ありがとうございました。また来年会いましょう」 2017.11.20 17:59 Mon
twitterfacebook
thumb

内田の土壇場弾で徳島をPO圏外に追いやった東京Vがクラブ史上初のJ1昇格PO進出!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ最終節、東京ヴェルディvs徳島ヴォルティスが19日に味の素スタジアムで行われ、ホームの東京Vが2-1で勝利した。この結果、今季を5位で終えた東京Vがクラブ史上初のJ1昇格プレーオフ進出を決めた。 ▽前節終了時点で5位の徳島(勝ち点67)と6位の東京V(勝ち点67)、7位の松本山雅(勝ち点66)、8位のジェフユナイテッド千葉(勝ち点65)の4チームがプレーオフ進出残り2枠を争う混戦J2。共に勝ち点67で並ぶ東京Vと、徳島によるJ1昇格プレーオフ進出を懸けた運命の大一番では東京Vが勝利で、今季J2において得失点差で最上位に位置する徳島が引き分け以上で自力でのプレーオフ行きを決定できる状況だ。 ▽松本と千葉が取りこぼす可能性があるものの、勝ち点3奪取が必須となるホームの東京Vは、3試合ぶりの白星を掴んだ前節の京都サンガF.C.から先発3人を変更。出場停止の主将DF井林、体調不良の渡辺、カルロス・マルティネスに代わって、田村、井上、アラン・ピニェイロを起用した。一方、前節、大分トリニータ相手に劇的勝利を掴んで2連勝の徳島は、その試合から山崎に代えて内田を起用した以外、同じメンバーを揃えた。 ▽今季最多の1万4000人を超える観客を集めた注目の一戦は、攻撃力で勝る徳島が序盤から押し込む。8分には内田裕の左クロスをゴール前の渡が頭で落とし、これを島屋が押し込みにかかるが、これはGK柴崎の好守に遭う。さらに20分にはボックス手前で得たFKを岩尾が狙うが、右隅を捉えたシュートは再びGKにセーブされる。 ▽一方、苦しい立ち上がりとなったホームチームは23分、安西の見事な突破でFKを獲得。キッカーの梶川の意表を突いたクロスにアランが合わせるが、これはGK長谷川の好守に遭う。それでも、この一連のプレーをキッカケに流れを掴んだ東京Vは31分、相手陣内左サイド深くで得たFKの場面で安在が左足のクロスを入れると、これをファーで競り勝った平が頭で流し込み、待望の先制点を奪う。 ▽これで流れを掴んだ東京Vは、39分にも左CKの流れから梶川の左クロスを畠中がドンピシャのヘッドで合わせるが、これはGK長谷川の驚異的な反応に阻まれ、前半のうちに追加点を奪えず。 ▽迎えた後半、前半の失点後に前川に変えて山崎、ハーフタイム明けにキム・ジョンピルを下げて井筒を投入し、攻撃的な4バックの布陣に変更した徳島。すると49分、藤原のパスを受けた馬渡が右サイド深くでグラウンダーの折り返しを入れると、これをエースFW渡が右足でニアサイドに蹴り込み、早々に試合を振り出しに戻した。 ▽この同点ゴールで完全に勢いを取り戻した徳島は流れるようなパスワークとインテンシティの高いプレーで相手を圧倒。だが、58分に訪れた渡のゴール前での決定機や再三のカウンターチャンスをモノにできない。 ▽一方、守護神の柴崎を中心に我慢強い守備で耐える東京Vだが、70分過ぎには相手との接触で負傷した井上がプレー続行不可能となり、橋本の緊急投入を強いられる。 ▽その後は一進一退の攻防が続く中、84分にアランを下げてカルロスを投入した東京Vは、87分にそのカルロスのお膳立てからボックス右角の安在が左足で決定的なシュートを放つが、ここは徳島DF馬渡のスーパークリアに遭う。だが、このプレーで得た左CKの場面でゴール前の混戦から内田達が泥臭く押し込んで土壇場の勝ち越しに成功した。 ▽そして、このリードを守り切った東京Vが2-1で勝利を飾り、今季を5位でフィニッシュ。クラブ史上初のJ1昇格プレーオフ進出を決めた。なお、26日に行われるプレーオフでは今季4位の福岡と熊本の地で対戦する。 ▽一方、土壇場被弾で敗戦した徳島は、同時刻開催の試合で7位千葉が勝利したため、悪夢のプレーオフ圏外の7位転落で今季を終えることになった。 2017.11.19 18:19 Sun
twitterfacebook
thumb

昇格PO進出を目指す徳島に痛手…DF広瀬陸斗が左ハムストリング肉離れ

▽徳島ヴォルティスは12日、DF広瀬陸斗が左ハムストリングス肉離れと診断されたことを発表した。全治については明かされていない。 ▽広瀬は、10月22日に行われた明治安田生命J2リーグ第38節のロアッソ熊本戦(1-1で引き分け)にフル出場。しかし、その一戦で負傷した模様だ。 ▽埼玉県出身の広瀬は2015年に水戸ホーリーホックから徳島に加入。今シーズンは明治安田生命J2リーグでここまで13試合に出場している。 2017.11.12 15:09 Sun
twitterfacebook
thumb

89分の渡のゴールで勝利した徳島が昇格PO圏内キープ!敗れた大分は昇格の可能性が消滅《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第41節、徳島ヴォルティスvs大分トリニータが11日に行われ、1-0で徳島が勝利した。 ▽昇格プレーオフ圏内をキープしたい6位の徳島(勝ち点64)と、昇格プレーオフ圏内を目指す10位の大分(勝ち点61)が激突した一戦。同じ目標に向けて勝利が絶対条件の両チームは序盤から互角の戦いを見せた。まずは10分、徳島の杉本がボックス内からシュートを試みるが、DFに当たって枠へ飛ばすことができない。 ▽対して大分は16分に、左サイドからのクロスをファーサイドで三平が頭で落とし、そこに後藤が詰めるが、DFに体をいれられシュートに持ち込めず。さらに18分には、再び左サイドからのクロスに、遅れて入ってきた岸田が左足ダイレクトで合わせるが、これはクロスバーの上へ。 ▽前半半ばにかけて攻勢に出る大分は、松本のクロスに三平が頭で合わせチャンスを迎えると、再び松本のラストパスを三平が右足で狙うが、惜しくもゴールの左に逸れてしまう。40分には後藤がミドルシュートでゴールに迫るが、なかなかゴールを割ることができない。 ▽0-0で迎えた後半も一進一退の攻防を見せる中、55分にかけては徳島が2度ほどチャンスを迎えるものの、そのチャンスを活かすことができない。62分には右CKから三平がダイレクトで合わせて大分にも得点の雰囲気が漂う。 ▽65分には、大分にここまで最大の好機が訪れる。敵陣右サイドで得たFKを鈴木惇が直接狙う。意表を突かれたGK長谷川だが、右手一本で弾くファインセーブをみせ得点を許さない。直後には大分のGK高木も魅せた。68分、島屋がボックス内から枠内シュートを放つが、GK高木が横っ飛びでピンチを脱する。 ▽このまま引き分けで終わるかに思えた89分、右サイドの島屋のクロスに渡がダイビングヘッドで合わせネットを揺らした。劇的な幕切れとなった試合は1-0で徳島に軍配。敗れた大分は昇格プレーオフ圏内浮上の希望が絶たれた。 2017.11.11 16:01 Sat
twitterfacebook
thumb

徳島MF川上エドオジョン智慧が左股関節軟骨損傷の手術で全治4カ月

▽徳島ヴォルティスは10日、MF川上エドオジョン智慧(19)が左股関節軟骨損傷に負傷で手術したことを発表した。全治は約4カ月の見込みだ。 ▽川上エドオジョン智慧は、8月1日に行われたトレーニング中に負傷。左股関節軟骨損傷と診断され、7日に手術が行われた。 ▽今シーズンに浦和ユースから徳島に加入した川上エドオジョン智慧は、これまで公式戦の出場機会はなかった。 2017.10.10 22:56 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース