イングランド3部で画期的なMDP配布? ARを駆使した最先端テクノロジー2017.11.10 14:06 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イングランドのフットボールリーグ1(実質3部相当)で、画期的なマッチデー・プログラムを配布しているようだ。

▽昨今は拡張現実(AR)やバーチャルリアリティ(VR)を用いたスポーツ観戦が進んでいる。そんな中、かつてはプレミアリーグに所属したブラックプールが新たな取り組みとして、ARを用いたマッチデー・プログラムの配布を行っているようだ。

▽クラブ公式のツイッターによると、そこには一見、普通のマッチデー・プログラムが現れる。しかしスマートフォンをその紙面の一部にかざすとハイライト動画が流れるのだ。

▽本来は対戦相手の紹介や過去の結果などが文章と写真で記載されてあるマッチデー・プログラムだが、今回のように動画を取り入れることでより深い知識を得られる。そして何よりも、新たなテクノロジーを用いたこのマッチデー・プログラムを求めてファンやサポーターがスタジアムに押し寄せてくるだろう。

コメント

関連ニュース

thumb

ファーガソン「ヴェンゲルはプレミアリーグ最高の監督」

▽マンチェスター・ユナイテッドの監督を27年務めたアレックス・ファーガソン監督が、20日に22年間務めたアーセナルの指揮官退任を発表したアーセン・ヴェンゲル監督について言及している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽プレミアリーグで長年凌ぎを削り、タイトルを分け合うなどライバルと認めるヴェンゲル監督について、ファーガソン監督は次のように語った。 「私は退任の決断を下したことが、アーセン・ヴェンゲルのことを考えると本当に嬉しいよ。私は彼がアーセナルで果たした仕事に大きな敬意を抱いている。彼の才能やプロ意識は22年間にわたって彼が愛したサッカーに捧げられた。それこそが素晴らしい証だよ」 「サッカーの監督は1年か2年でクビを切られるものだ。それをアーセナルのような規模のクラブで、これだけの長期政権を築いたことが、ヴェンゲルの成果を物語っているね。彼は間違いなくプレミアリーグで最高の監督だ。ライバル、同僚、友人として私は偉大な彼を誇りに思うよ」 2018.04.21 04:56 Sat
twitterfacebook
thumb

「ケインも2年以内に移籍するかもしれない」トッテナムOB、無冠が続くチームに警告

トッテナムOBグレアム・スーネス氏は、このままクラブの無冠が続けばFWハリー・ケインがチームを去ることになるだろうと『オムニスポーツ』に語った。<br><br>24歳のケインは、先日発表されたPFA(イングランドサッカー選手協会)年間ベストイレブンに選出。これで4年連続の選出となった。さらに得点王争いでも、トップのリヴァプールFWモハメド・サラーに4点差を付けられているものの、ここまで26ゴールと2位につけており、3年連続でのゴールデンブーツ獲得も射程圏内にある。<br><br>チームの大黒柱であるケインだが、スーネス氏は今後のチームの成績次第ではエースを失うことになると語った。<br><br>「変化があるだろう。ハリー・ケインは移籍し、他の何人かも去るだろう。もしかしたら、監督はクビになるかもしれない。これらは全て2年以内に起こる。ポチェッティーノは今のところ素晴らしい仕事をしていると見られているが、最終的にはタイトルを取れたかどうかで判断されるだろう」<br><br>古巣に厳しい意見を述べたスーネス氏だが、スパーズの見せている攻撃的なサッカーは観客を楽しませていると称賛した。<br><br>「リヴァプールと全く同じだ。素晴らしいフットボールを見せ、サポーターはそれを見るために毎週お金を払う。私は何試合かスカイ(イギリスのテレビ局)で解説を務めた。試合が始まる前は、みんな『素晴らしいゲームになろうだろう』と言っている。(マンチェスター・シティを含む)この3チームは、常に相手より1点でも多く取ろうとしている。それが見るものを楽しませている」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.20 23:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【レジェンドチーム回顧】アーセン・ヴェンゲルの偉大な足跡…アーセナル “インビンシブルズ”〜2003-2004〜

▽20日、アーセナルはアーセン・ヴェンゲル監督の退任を発表。1996-97シーズンから指揮を執っていたヴェンゲル監督は、2017-18シーズンの終了を以って、22年間の歴史に幕を下ろす決断をした。 ▽ヴェンゲル監督は、アーセナル在籍期間中に3度のプレミアリーグ優勝、7度のFAカップ優勝を成し遂げた。中でも、魅力的な攻撃サッカーでプレミアリーグを席巻し無敗優勝を果たした2003-04シーズンの勇姿は語り草となっている。 ▽そこで今回は、当時のアーセナル黄金期のチームを過去の特集から再掲して紹介。2003-2004シーズンにプレミアリーグ無敗優勝を成し遂げた“インビンシブルズ”を紹介する。 <div style="text-align:center;"><span style="font-weight:700;">【2003-2004シーズン】〜インビンシブルズ〜</span></div> <div style="text-align:center;"><span style="font-weight:700;">◆基本布陣◆ [4-4-2]</span></div><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180114_52_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:イェンス・レーマン DF:ラウレン、コロ・トゥーレ、ソル・キャンベル、アシュリー・コール MF:フレデリク・リュングベリ、パトリック・ヴィエラ、ジウベウト・シウバ、ロベール・ピレス FW:デニス・ベルカンプ、ティエリ・アンリ 監督:アーセン・ヴェンゲル(53)※当時<hr>攻撃力8:★★★★★★★★☆☆ 守備力9:★★★★★★★★★☆ タレント8:★★★★★★★★☆☆ 連係10:★★★★★★★★★★ 選手層8:★★★★★★★★☆☆<hr><span style="font-weight:700;">【シーズン実績】</span> <span style="font-weight:700;">◆プレミアリーグ史上初の無敗優勝</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180114_52_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽このシーズン、ヴェンゲル監督の下で、アンリやピレス、ヴィエラ、ヴィルトールなど多くのフランス人選手を擁したアーセナルは、26勝12分0敗という素晴らしい成績でプレミアリーグを制覇。勝ち点90を獲得し、2シーズンぶりとなる優勝を見事に無敗で達成した。その圧倒的な強さから、当時のチームは “インビンシブルズ”(=無敵の集団)と呼ばれた。 ▽前シーズンから続けていたリーグ戦無敗記録は結局、翌2004-05シーズンまで継続。10月にマンチェスター・ユナイテッドに敗れるまで、実に49試合にわたる無敗記録を樹立した。なお、この記録は現在でもプレミアリーグレコードとして燦然と輝いている。ちなみに、無敗記録が途絶えた試合でゴールを奪われたルーニーはアーセナルにとって天敵。アーセナルは2002年にも、当時の記録だった30試合無敗をルーニーのプレミアリーグ初弾でストップさせられていた。 ▽プレミアリーグでは2位チェルシーに勝ち点11差を付ける圧倒的な強さを披露したアーセナルだったが、FA杯とリーグ杯は惜しくも準決勝で敗退。また、CLでも準々決勝でチェルシーに2戦合計2-3で敗れ、ダブル達成とはならなかった。 <span style="font-weight:700;">【チーム紹介】</span> <span style="font-weight:700;">◆完璧な流動性</span> ▽システムは一貫して、中盤がフラットなイングランド伝統の4-4-2を採用。特長は、何といっても攻撃陣の流動性だ。左サイドハーフを務めるピレスは右利きのテクニシャン。そのため、カットインしながらゲームメークを担当した。ピレスに縦の力がない分、左サイド深くのスペースを活用したのは、2トップの一角を務めるアンリだった。元々、左ウイングだったアンリはピレスがカットインすると左サイドに流れてボールを受け、縦突破からクロスを送るのが得意の形だった。 ▽また、ゲームメークを担当するピレスとは対照的に、右サイドではリュングベリが激しいオフ・ザ・ボールの動きでアクセントを付けた。とりわけ、飛び出しの能力は秀逸で、巧みなラインブレイクから幾度もゴールに迫った。そして、アンリとコンビを組んだベルカンプも、熟練のボールコントロールで相手DFを翻弄。ポストプレーやダイレクトプレーでアンリやリュングベリを巧みに操った。 ▽攻撃陣ばかりに注目がいくチームだったが、守備陣も安定していた。ヴィエラとジウベルト・シウバがコンビを組むセントラルMFは攻守のバランスが抜群で、フィジカルとテクニックを高いレベルで兼ね備えていた。また、キャンベルとコロ・トゥーレが組むセンターバックもソリッド。アシュリー・コールとラウレンを擁するサイドバックに関しても隙はなかった。シーマンの後継者となったドイツのレーマンは、ときおり見せる大胆なプレーが少し不安ではあったが、気迫のこもった好守が非常に目立っていた。 <span style="font-weight:700;">【ピックアップ・プレーヤー】</span> <span style="font-weight:700;">◆ティエリ・アンリ</span>(25)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180114_52_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽キャリア絶頂期に突入しつつあったアンリはこのシーズン、プレミアリーグで30ゴールを記録。公式戦では51試合に出場して39ゴール14アシストと、まさにチームの中心だった。また、2年連続でPFA年間最優秀選手賞、FWA年間最優秀選手賞をダブル受賞。PFA年間最優秀選手賞を2シーズン連続で受賞した初めての選手となった。なお、アンリは2001シーズンから5シーズンにわたって、アーセナルで公式戦30ゴール以上を記録し続けた。 2018.04.20 20:50 Fri
twitterfacebook
thumb

交代に怒り爆発のモラタ、試合後にSNSで謝罪「決定的なチャンスを外して…」

チェルシーのFWアルバロ・モラタが、バーンリー戦の交代時に見せた自身の行動を謝罪している。<br><br>19日にチェルシーは、プレミアリーグ第31節で7位バーンリーと対戦。勝ち点を落とせない戦いが続くアントニオ・コンテ監督は、この試合でモラタとオリヴィエ・ジルーという2人のストライカーを先発で同時起用した。試合は、2-1で勝利している。<br><br>しかし、試合中にトラブルも。69分にヴィクター・モーゼスが決勝点を決めた直後の71分、モラタはエデン・アザールと交代に。GKと1対1の場面を外してフラストレーションを溜め込んでいたスペイン代表FWは、交代後にスパイクとすね当てを投げ捨てるなど怒りを露わにしていた。<br><br>物議を醸す行動をとったモラタだったが、試合後に自身のツイッターで後悔と謝罪を綴っている。<br><br>「この勝ち点3は、僕らにとって非常に重要だ。今日の勝利は日曜日の試合(FAカップ準決勝サウサンプトン戦)へ最高の準備になった。ベンチに下がった時にとった行動を謝罪したい。チャンスを逃した時、自分自身に対してものすごく怒りを感じていた」<br><br>コンテ監督は、モラタについて「あの場面で決めきれず、自信にも影響を与えかねないから怒り狂うはずだ」と心境を理解していると言及。続けて「以前は2人のストライカーを同時に起用することは不可能と思っていたが、今日彼らは素晴らしい働きを見せた。70分辺りでアザールを入れるのが良いと判断したが、彼らのプレーに満足している」と得点こそなかったものの、働きを評価している。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.04.20 20:45 Fri
twitterfacebook
thumb

トッテナム指揮官、FA杯での激突前にモウリーニョをベタ褒め「未だ世界最高」

トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督を最高の指揮官の1人と褒め称えた。<br><br>今シーズン、ユナイテッドはリーグ優勝には手が届かず、チャンピオンズリーグ(CL)でもセビージャに不覚を取りベスト16で敗退。連覇を目指したカラバオ・カップでも早々に敗れるなど、タイトル獲得のチャンスはFAカップのみと、サポーターが決して満足できる成績ではない。<br><br>昨夏も今冬も大型補強に動いたにもかかわらず、ライバルであるマンチェスター・シティの独走を許してしまうなど。モウリーニョ監督へは非難の声も挙がっている。<br><br>それでも、ポチェッティーノ監督は、21日にFAカップ準決勝を前に、ポルトガル人指揮官の手腕に疑いの余地はないと語った。<br><br>「私にとって、ジョゼ・モウリーニョはいまだ世界最高の監督の1人だ。なので、改めて誰かに証明する必要はないと考えている。我々と同様に、彼らもCLからの敗退に失望しているだろうが、それでもユナイテッドは素晴らしいシーズンを送っていると思う」<br><br>「今、我々は似たような立場だが、彼らはプレミアリーグで多くのポイントを稼いでいる。トッテナムよりも優れているよ。私からすれば、彼はユナイテッドでの2シーズン目でファンタスティックな働きを見せているね」<br><br>そして、ユナイテッド戦に向けて「素晴らしいメンバーを揃えている彼らが相手だ。間違いなく難しい試合になる。もちろん、モウリーニョも勝利のために何が必要かを理解している監督だ。準決勝は面白い試合になるだろう」とコメントを残している。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.04.20 17:10 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース