川島所属のメス、左サイドの職人パルミエーリをフリーで獲得2017.11.09 23:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表GK川島永嗣が所属するメスは8日、フランス人MFジュリアン・パルミエーリ(30)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は今シーズン終了までとなる。

▽メスでは、先日にフランス人DFマテュー・ウドルがヒザのじん帯を断裂する重傷を負い、今季中の復帰が絶望的な状況になっている。そのため、左サイドバックの補強が急務となっていた。

▽そして、クラブは昨シーズン限りでリールを退団して以降、フリーの状態が続いていたパルミエーリを緊急補強することになった。

▽これまでイストレやバスティアで活躍してきたパルミエーリは、左サイドの全てのポジションでプレー可能なサイドのスペシャリストだ。

コメント

関連ニュース

thumb

川島永嗣、4試合連続先発でリヨン相手に奮闘も…メス5連敗《リーグ・アン》

▽日本代表GK川島永嗣が所属するメスは29日、リーグ・アン第11節でリヨンとのアウェイ戦に臨み、0-2で敗れた。川島は4試合連続の先発出場を果たした。 ▽4連敗中のメスは6分、FWナビル・フェキルに味方とのワンツーから左足シュートを決められて失点。続く20分にも味方の折り返しから再びフェキルにネットを揺らされて、リヨンに突き放されてしまう。 ▽2点ビハインドで試合を折り返したメスは、72分にもピンチを迎えるが、GK川島が渾身の横っ飛びセーブで死守。88分にも川島の好セーブが飛び出したが、チームは強豪リヨンを相手に反撃ならず、5連敗となった。 リヨン 2-0 メス 【リヨン】 フェキル(前6) フェキル(前20) 2017.10.30 08:45 Mon
twitterfacebook
thumb

川島所属のメス、昨季までモンペリエ率いたアンツ氏を新指揮官に招へい! ル・マン時代に松井大輔を指導

▽日本代表GK川島永嗣の所属するメスは28日、フレデリック・アンツ氏(51)の新監督就任を発表した。契約期間は2019年6月までとなる。 ▽今シーズン、開幕から極度の成績不振に陥り、第10節終了時点で1勝9敗の最下位に低迷していたメスは、22日にフィリップ・ヒンシュベルガー前監督(57)の解任を発表していた。 ▽メスの新指揮官に就任するアンツ氏は、これまでル・マンやル・アーヴル、バスティアの監督を歴任。昨季途中まではモンペリエで指揮を執っていた。なお、アンツ氏はル・マン時代に元日本代表MF松井大輔(現オードラ・オポーレ)を指導しており、川島にとっては日本人のメンタリティを理解する相性の良い指揮官かもしれない。 2017.10.29 20:56 Sun
twitterfacebook
thumb

川島所属のメス、ヒンシュベルガー監督を解任…開幕10戦で1勝9敗の最下位に低迷

▽日本代表GK川島永嗣の所属するメスは22日、フィリップ・ヒンシュベルガー監督(57)の解任を発表した。 ▽2015年に当時リーグ・ドゥに所属していたメスの指揮官に就任したヒンシュベルガー監督は、就任1年目でクラブを一部に昇格にさせ、昨シーズンは14位でリーグ・アン残留に導いた。 ▽だが、今シーズンは開幕から極度の成績不振に陥り、第10節終了時点で1勝9敗の最下位に低迷していた。 ▽また、フランス『レキップ』は後任監督候補として昨季途中までモンペリエで指揮を執っていたフレデリック・アンツ氏(51)の名前を挙げている。なお、アンツ氏はル・マン時代に元日本代表MF松井大輔(現オードラ・オポーレ)を指導しており、川島にとっては日本人のメンタリティを理解する相性の良い指揮官かもしれない。 2017.10.24 05:58 Tue
twitterfacebook
thumb

PKストップのGK川島永嗣、直後に味方OGで失点 メスは逆転負け《リーグ・アン》

▽日本代表GK川島永嗣が所属するメスは14日、リーグ・アン第9節のサンテチェンヌ戦に臨み、1-3で敗れた。川島はフル出場を果たしている。 ▽メスが敵地に乗り込んだ一戦。21分にDFファロウ・ディアニェのゴールで先制したが、74分にMFヴァンサン・パジョに一発を許して、追いつかれてしまう。 ▽その後、メスは75分に川島のPKストップでピンチを脱したかに思われたが、その直後の左CKからオウンゴールで失点。後半アディショナルタイムにも被弾したメスは逆転負けを喫している。 サンテチェンヌ 3-1 メス 【サンテチェンヌ】 パジョ(後29) OG(後40) マイガ(後49) 【メス】 ディアニェ(前21) 2017.10.15 09:30 Sun
twitterfacebook
thumb

「W杯まで時間がない」GK川島永嗣が語る現チームの現在地《キリンチャレンジカップ2017》

▽日本代表は8日、10日に行われるキリンチャレンジカップ2017のハイチ代表戦に向け、試合会場となる日産スタジアムでトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、GK川島永嗣(メス/フランス)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。残り数カ月後に迫るロシア・ワールドカップまで「時間がない」と述べ、チームとしても個々としてもさらなる成長の必要性を説いた。 <span style="font-weight:700;">◆GK川島永嗣</span>(メス/フランス) <span style="font-weight:700;">──ニュージーランド戦のプレーぶりにチームメートから称賛の声</span> 「こういうフレンドリーマッチで大切なのは、自分たちの質。もちろん、結果も大事だけど、質も追求していかないといけない。ゲームの中で、もっとアイデアを出さないと。チームとしてやっていけるように毎試合、積み重ねていきたい」 <span style="font-weight:700;">──ニュージーランド戦後、選手間で話し合った失点の修正ポイント</span> 「個々のポジショニングだったり、対応の仕方の共有。レベルが高くなるほど、ピンポイントのクロスは増えてくる。相手の決める能力も高くなる。ああいう場面に直面したとき、自分たちがどう対応できるのかが僕らの課題。もっと突き詰めていきたい」 <span style="font-weight:700;">──守備の手応え</span> 「個々が与えられたチャンスの中でアピールしていくのは今のチームにとってプラス。誰が出ても同じレベル、同じスタンスにならないと、チームは強くならない。チームとしても、個々としても良い時間になった」 <span style="font-weight:700;">──GKのポジションは1つ。次出られるかわからない</span> 「試合に出るために、練習から全力でやる。そのスタンスは変わらない。その中で、チームとしてワールドカップに向けた可能性を探っていかないといけない。どうなるかはわからないけど、色々な選手が出ることは確実にプラス。どういう状況になっても、チームのプラスになるような行動を取っていきたい」 <span style="font-weight:700;">──現在のチームに対する手応え</span> 「ワールドカップまで時間が限られている。そういう中で、チームの中でどれだけ共通認識を高められるかが大事。どこが相手だろうと共通認識は変わらない。そこはもう日々、個々が試合だけじゃなくて、練習でもアピールしていくことが大切になってくる」 <span style="font-weight:700;">──過去と比較した共通認識の高まり具合</span> 「監督が違う分、比較するのは難しい。個人的な見解としては、今までの予選と比べてテンポだったり、イメージは比較的良い。でも、自分たちから湧いてくるアイデアや確信的な部分をもっと突き詰めていかないといけない」 2017.10.08 22:30 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース