【前日会見】ハリル、強豪ブラジルに力試し 「守備を完璧に、攻撃でリアリストに」《国際親善試合》2017.11.09 22:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督が9日、翌10日に行われるブラジル代表との国際親善試合に向け、前日記者会見に出席した。

▽日本にとって、今回のブラジル戦はロシア・ワールドカップを見据えた強敵との貴重な力試しの一戦。ハリルホジッチ監督は「守備を完璧に、攻撃でリアリストに」と述べ、自身の自宅があるリールを舞台にした強豪とのテストマッチに闘志を燃やした。

◆ヴァイッド・ハリルホジッチ監督(日本代表)
「多くの人が(会見に)来てくれて、日本を見に来てくれていると思っている。かなり大きなテストになる。現段階で世界で一番強いチームと対戦する。個人も組織もハイレベルな選手が揃っていて、私にとって世界一になる第一候補のチームだ」

「長い間、このチームを追跡しているが、抜本的にチームが変わった。古い世代のブラジル人は、何人か守備していたが、オフェンスしかやっていなかった。初めてブラジルというチームがブロックで守備をするというのを目にしている」

「全員がしっかりハードワークしている。これは新しいこと。新しい監督が来てから、彼らの勝率には素晴らしいものがある。アルゼンチン戦で負けたが、それは偶然だ。得点効率も非常に高い。15試合で4失点しかしていない。つまり、このチームは強いということを証明している」

「守備面で規律が素晴らしく伴ったブラジルを初めて見る。歴史的にも、ずっと素晴らしいアタッカーを揃えている。我々も勇気を持って、強い気持ちを持って臨みたい。彼らにダメージを与えたい。日本がどのレベルにいるかの確認にもなる」

「ブラジル戦も、ベルギー戦も、我々にとっては非常に貴重なもの。世界で最も強い2カ国だ。我々がどのようにプレーするか見ていきたい」

――リールに戻ってきた。このスタジアムで試合をすることについて
「本当に嬉しい。ここの近くに住んでいて、新しいスタジアムを目にして嬉しく思う。私の時代にこういうものがあってほしかった。ただ、私もこの新しいスタジアムを作ろうと言ったうちの一人。関係者、政治家の人に少しプレッシャーをかけたことを思い出す。素晴らしいスタジアムを作ってくれた。選手にも“私の地元でやる”と言った。“絶対に勝たないといけない。そうしないと、私は生活できないよ”と」

――ブラジルに対する勝算について
「勝てると思っている。そう信じたいが、冷静に、真面目に、真剣に捉えないといけない。ブラジルの方が強いだろう。現段階で世界一強いのがブラジルだと思う。ただ、我々も何かをトライしないといけない。こういう試合の経験はある」

「前回のワールドカップでドイツ戦に向けて準備した。当時のドイツは、世界で一番強いチームだった。実際、世界一になった。同じような状況だ。特別な準備をしないといけない。全ての試合を分析したが、どのようなプレーをするか完璧に把握している」

「あとは我々の守備の仕方、攻撃の仕方を作らないといけない。守備するためだけに来たわけではない。ボールを奪えば攻撃を仕掛ける。このチームを揺れ動かしたい」

――ブラジル戦に向けた先発メンバーについて
「この2日間準備してきた。誰が先発するかということだが、それはわからない。守備で何をすべきか、ブロックの仕方、攻撃の仕方もやっている。選手も守備だけしなければいけないと思ったら不安になるが、我々は守備だけをするようなクオリティではない」

「我々のアイデンティティを伴ったサッカーをしたい。しっかり守備して、しっかり攻撃する。結果は見てみないとわからないが、勇気と勇敢さを持ってやらないといけない。負けるための準備をしたことはない。10回のうち、このようなチームに1回成功するかもしれない」

「守備を完璧にやって、攻撃のところはリアリストになって、逃さないことをしっかりやらないといけない」

――強者と対戦した方が良さを出しやすいか
「ワールドカップの準備をしている。ワールドカップの準備ということは、厳しさが高くなるということ。フィジカル、テクニック、タクティクス、メンタル、全てにおいてだ。色々なことを伸ばさないといけない。野心を高く持たないといけない」

「私が就任したのは、ワールドカップ、アジアカップが終わったときだった。私が受け持ったグループは失望していて、野心もない状態だった。ブラジルでのワールドカップ、オーストラリアでのアジアカップを終えて、彼らは失望でいっぱいだった」

「3年をかけて、このチームに勝つ文化を植え付けてきた。今のところ、ここまで進んできた道のりは悪くなかったと思っている。ただ、世界で一番のチームと対戦したことはない。本大会で一番のチームとやるかもしれないので、今やっておかないといけない」

「ブラジル戦、ベルギー戦が終わったら色々な答えが出るだろう。私のスピーチもより細かくなり、どのポイントを伸ばさないといけないかがわかると思う。選手がクラブでやらないといけないこと、次の合宿までに何をやらないといけないか、何を伸ばさないといけないか」

「ブラジルより良い結果を求めようと思えば、大きな野心を持ってトライしないといけない」

――新しい戦術、システムを試すか
「新しいシステム、やり方があるかはわからないが、我々は我々のシステムで戦う。戦術的な練習もかなりやってきた。速く、テクニックもあって、能力の高い3人のFWをどう抑えるか。良いパスの出てくる中盤をどう抑えるか。左右の両サイドバックをどう抑えるか。ボールを奪ったら何をすべきか。それは完璧に説明している」

「どこに繋いで、誰が顔を出すかまでやっている。速く、たくさん走らないといけない。リズムの変化が大事になるが、相手もそれはうまい。特に、ネイマール、(ガブリエウ・)ジェズス、(ロベルト・)フィルミノ、あるいはウィリアン。彼らは足が速い。ただ、我々は我々のプレーを試す」

「日本代表もコンプレックスなしにやりたい。我々も得点を取れる、何かができると。“何もできないな”ではなく、そういうメンタル面もすごく大事になる。戦術的な面は各自に細かく説明している。コミュニケーション能力はもっと高めたい。何人かは怒った。試合中のコミュニケーション能力はもう少し高めてほしい」

コメント

関連ニュース

thumb

サウサンプトンが日本代表DF吉田麻也の負傷を発表…全治約5週間の見込み

▽サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也は約5週間の離脱となるようだ。同クラブを率いるマウリシオ・ペジェグリーノ監督が、22日に行われた公式会見で語った内容をクラブの公式ツイッターが伝えている。 ▽吉田は、今シーズンのここまでプレミアリーグ18試合に出場。だが、第23節のワトフォード戦を境にプレーチャンスを得られておらず、17日に行われたFAカップ5回戦のWBA戦でベンチメンバーから外れていた。 ▽その吉田は、18日に自身のツイッター(@MayaYoshida3)で「膝の怪我でしばし離脱します。やっと肉離れ後コンディションも上がってきて試合に絡めそうな時だっただけに残念ですが更にパワーアップして帰ってきたいと思います!」と、負傷を報告していた。 ▽なお、日本代表は3月中旬以降にルーマニア代表やアルジェリア代表と国際親善試合を行う欧州遠征を予定しているが、吉田の出場は絶望的となっている。 2018.02.23 02:02 Fri
twitterfacebook
thumb

広島ユースMF鮎川峻がケガのためU-17日本代表不参加…川崎FのMF有田恵人を追加招集《UAE遠征》

▽日本サッカー協会は22日、サンフレッチェ広島ユースに所属するMF鮎川峻がケガのため、UAE遠征に臨むU-17日本代表への不参加を発表した。また、川崎フロンターレU-18のMF有田恵人を追加招集することも併せて発表している。 ▽U-17日本代表は23日に出発し、3月3日まで遠征を実施。遠征先ではUAEフットボールカップに参戦し、U-17ロシア代表(26日)、U-17UAE代表(28日)、U-17バーレーン代表(3月2日)と対戦する。 2018.02.22 17:24 Thu
twitterfacebook
thumb

【六川亨の日本サッカーの歩み】鈴井コーチ誕生の経緯

▽今週は先週に引き続き、JFLから関東リーグに降格したブリオベッカ浦安のコーチに就任した鈴井智彦くんを紹介したい。今年で46歳になる彼の指導者としてのスタートは、09年にFC琉球のヘッドコーチから始まった。JFA(日本サッカー協会)公認A級コーチの資格を取得し、その後は秋田 U-18 監督やアカデミーダイレクター、栃木のスカウティング、大分U-18の監督などを歴任し、今シーズンから浦安のヘッドコーチに就任した。 ▽彼と初めて出会ったのは、東海大学を卒業する前だった。静岡学園、東海大とサッカーの名門校を歩み、大学時代はレギュラーではなかったものの、草サッカーでは群を抜いていた(当然ではあるが)。 <span class="split"></span> ▽そんな彼が、当時務めていたサッカーダイジェストに入社を希望していると、部下だった金子達仁くんから相談を受けた。金子くんは、東海大のエースで、その後はGK大阪でプレーし、現在は宮大工をしている礒貝洋光くんと親交が深かったため、礒貝くんを通じて鈴井くんを紹介されたのだった。 ▽会ってみると、とても素直な好青年だった。そのまますんなり入社が決まったものの、サッカー一筋の人生だったため、記者・編集者としては金子くんや上司で現在はフリーの記者として活躍している戸塚啓くんから厳しい指導を受けた。 ▽そんな彼の転機となったのは、やはり金子くんの存在が大きかったのだろう。金子くんは95年の結婚を契機にダイジェストを退社し、憧れだったヨハン・クライフが監督を務めるバルセロナへ移住する。バルセロナには当時、専門誌の契約カメラマンが長く在住していたため、その縁もあって移住しやすかった。 ▽そんな金子くんを追って、同年には羽中田昌くんが指導者を目指してバルセロナへ旅立つ。さらに翌年、鈴井くんも「記者ではなくフォトグラファーになりたいんです」と相談を受け、ダイジェストを辞めた。 ▽その後、鈴井くんは08年までバルセロナに滞在し、フォトグラファーだけでなくスポーツライターとしてもナンバーなどで活躍。帰国後は金子くんが経営に関わっていたFC琉球の広報としてチームを支えていたが、いつのまにか指導者の道に転身し、J2の複数のチームを渡り歩き、今シーズンから浦安のヘッドコーチに就任した。 ▽思い起こせば金子くんの後を追ってバルセロナに渡った羽中田くんと鈴井くんが、同じチームで夢を追うのは当然のことかもしれない。2人とも指導者として成功を収めたとは言い切れないが、だからこそ浦安で頑張って欲しいと願わずにはいられない。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2018.02.19 19:00 Mon
twitterfacebook
thumb

U-17日本代表、UAE遠征メンバーを発表 G大阪ユースのMF岩本翔が招集

▽日本サッカー協会(JFA)は19日、UAE遠征に臨むU-17同国代表メンバー20名を発表した。 ▽メンバーリストを見ると、ガンバ大阪ユースのMF岩本翔が招集。U-17日本代表は23日に出発し、3月3日まで遠征を行う。 ▽遠征先でUAEフットボールカップに参戦。U-17ロシア代表(26日)、U-17UAE代表(28日)、U-17バーレーン代表(3月2日)と対戦する。 ◆U-17日本代表メンバー GK 三井大輝(名古屋グランパスU-18) 板橋洋青(サガン鳥栖U-18) DF 山崎大地(サンフレッチェ広島ユース) 橋本柊哉(市立船橋高校) 岩井龍翔司(横浜F・マリノスユース) 木村誠二(FC東京U-18) 馬場晴也(東京ヴェルディユース) 半田陸(モンテディオ山形ユース) 畑大雅(市立船橋高校) MF 岩本翔(ガンバ大阪ユース) 松田詠太郎(横浜F・マリノスユース) 山崎稜介(清水エスパルスユース) 松本凪生(セレッソ大阪U-18) 鮎川峻(サンフレッチェ広島ユース) 小林夏生(横浜F・マリノスユース) 山本理仁(東京ヴェルディユース) FW 藤尾翔太(セレッソ大阪U-18) ブラウンノア賢信(横浜F・マリノスユース) 宮城天(川崎フロンターレU-18) 斉藤光毅(横浜FCユース) 2018.02.19 18:00 Mon
twitterfacebook
thumb

最新FIFAランキング!日本代表は1つ上げるもアジア3番手は変わらず…

▽国際サッカー連盟(FIFA)は15日、最新のFIFAランキングを発表した。 ▽前月56位の日本代表は、ランキングを1つ上げて55位となりアジア3位をキープ。アジア1位のイラン代表は1つ上げて33位、一方、2位のオーストラリア代表は36位をキープした。 ▽今回も全体での大きな変化は見られず、1位から17位までは変動なし。18位にはランキングを2つ上げたアイスランド代表が入り、スウェーデン代表とウェールズ代表が順位を1つずつ下げている。 ▽また、3月に日本との親善試合が決定しているマリ代表はランキングを2つ上げ69位、一方、ウクライナ代表はかわらず35位に位置している。 ◆<span style="font-weight:700;">1月のFIFAランキング50位(カッコ内は前月の順位)</span> 1.ドイツ(1) 2.ブラジル(2) 3.ポルトガル(3) 4.アルゼンチン(4) 5.ベルギー(5) 6.スペイン(6) 7.ポーランド(7) 8.スイス(8) 9.フランス(9) 10.チリ(10) 11.ペルー(11) 12.デンマーク(12) 13.コロンビア(13) 14.イタリア(14) 15.クロアチア(15) 16.イングランド(16) 17.メキシコ(17) 18.アイスランド(20) 19.スウェーデン(18) 20.ウェールズ(19) 21.オランダ(21) 22.ウルグアイ(22) 23.チュニジア(23) 24.アメリカ(25) 25.コスタリカ(27) 26.北アイルランド(25) 27.セネガル(24) 28.スロバキア(28) 29.オーストリア(29) 30.パラグアイ(31) 31.アイルランド(32) 31.スコットランド(32) 33.イラン(34) 34.セルビア(37) 35.ウクライナ(35) 36.オーストラリア(36) 36.ルーマニア(40) 38.トルコ(41) 39.コンゴ(43) 40.ブルガリア(42) 41.ボスニアヘルツェゴビナ(38) 42.モロッコ(39) 43.エジプト(30) 44.モンテネグロ(46) 45.ギリシャ(47) 46.チェコ(48) 47.ボリビア(49) 48.ベネズエラ(52) 49.ハンガリー(54) 50.ジャマイカ(55) ◆<span style="font-weight:700;">アジア内トップ10(カッコ内は総合順位)</span> 1.イラン(33) 2.オーストラリア(36) 3.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">日本(55)</span> 4.韓国(58) 5.サウジアラビア(64) 6.中国(68) 7.ウズベキスタン(72) 8.パレスチナ(73) 9.シリア(75) 10.UAE(78) 2018.02.15 19:35 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース