トッテナム戦でのバウンスバックを誓うウィルシャー「偉大なトッテナムから勝ち点を」2017.11.09 16:17 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルのイングランド代表MFジャック・ウィルシャーが、次節トッテナム戦への意気込みを語っている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。

▽アーセナルは、代表ブレーク明けの11月18日に行われるプレミアリーグ第12節でトッテナムとのノースロンドン・ダービーを控えている。前節のマンチェスター・シティ戦で今季リーグ戦2試合目に出場したウィルシャーは、昨シーズン22年ぶりに後塵を拝したトッテナムとの戦いに向け、アーセナルは「バウンスバックしなければならない」として、強気の姿勢を示した。

「彼らはここ数年、長い道のりを経て偉大なチームになった。昨シーズンの彼らは僕たちより上だった。でも今年はそうはいかないよ」

「タフな試合になることは分かっている。彼らとの試合に集中しなければいけないね」

「僕たちはシティ戦を落としてしまった。バウンスバックする必要がある。大きな意味のある試合になるだろう。3ポイント獲得する準備は整っているよ」

コメント

関連ニュース

thumb

前半圧巻4発のアーセナルが公式戦6試合ぶり勝利で2018年初白星!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第24節、アーセナルvsクリスタル・パレスが20日にエミレーツ・スタジアムで行われ、ホームのアーセナルが4-1で快勝した。 ▽リーグ戦6位のアーセナル(勝ち点39)と、12位のパレス(勝ち点25)によるロンドン・ダービー。前節、ボーンマス相手に逆転負けしたアーセナルは公式戦5戦未勝利と泥沼の状況が続く。2018年初勝利を目指す今節は2017年の年末に対戦して勝利したパレスをホームで迎え撃った。ボーンマス戦からのメンバー変更は4点。負傷明けのコシエルニーとモンレアルが最終ラインに戻り、ナイルズとウェルベックに代わってエルネニー、エジルがスタメンに入った。なお、マンチェスターユナイテッド移籍が報じられるサンチェスはベンチを外れた。 ▽アンカーにエルネニー、2列目にエジル、ウィルシャー、ジャカ、イウォビが並ぶ攻撃的な布陣で臨んだアーセナルは、ここ最近の不振がまるで嘘のような圧巻のゴールラッシュを見せる。まずは6分、右CKの場面でマッカーサーのマンマークを振り切ったファーのモンレアルがジャカのクロスを頭で流し込み、先制に成功する。 ▽勢い付くホームチームは10分、バイタルエリアでパスを受けたラカゼットの仕掛けからルーズボールを回収したモンレアルがボックス左ライン際まで運んで入れたマイナスクロスをゴール前のイウォビがワンタッチで流し込む。続く13分には先制点と同じ右CKのシチュエーションからマッカーサーを振り切ったファーのモンレアルが左足ダイレクトでゴール前に折り返すと、今度はコシエルニーが押し込んだ。さらに22分には再びらしい繋ぎで中央を完璧に崩すと、最後はエジルの足裏を使った巧みな落としをラカゼットが精度の高い右足のシュートでゴール右隅に流し込み、20分過ぎまでに大量4点を奪った。 ▽この立て続けの4ゴールによって勝利をほぼ手中に収めたアーセナルだったが、30分過ぎにアクシデントが発生。ここまで3点に絡む活躍を見せていたモンレアルが負傷を再発させたか、34分にナイルズとの交代を強いられる。それでも、試合の主導権を譲らないホームチームは前半終盤に訪れたザハの決定機をGKチェフの好守などで凌ぎ、前半を4-0で終えた。 ▽前半のうちに大勢の決した試合は後半に入ってより拮抗した展開に。パレスが前がかりになったことで、やや行ったり来たりの状況が続く。56分にはイウォビ、60分にはベンテケと互いにボックス内でGKと一対一の決定機を迎えるが決め切れない。 ▽4-0のまま試合終盤へと突入する中、ヴェンゲル監督は71分にエジルを下げてネルソンを投入。さらに82分にはイウォビを下げてコラシナツを投入。78分にはキャバイエの右CKの流れからミリボイェビッチに巧みな反転ボレーシュートを決められ、クリーンシートを逃がす。 ▽それでも、パレス意地のゴールも試合の大勢に影響を与えることはなくホームで完勝のアーセナルが、公式戦6試合ぶりとなる2018年初勝利を手にした。 2018.01.21 02:07 Sun
twitterfacebook
thumb

マン・Cとは違う? サンチェス強襲のユナイテッドをリスペクトするヴェンゲル「彼らの資金力は彼ら自身が生み出したもの」

▽アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督が、マンチェスター・ユナイテッドを擁護している。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽ユナイテッドは現在、今季限りでアーセナルとの契約が満了するFWアレクシス・サンチェスの獲得に近づいているとみられる。当初はマンチェスター・シティ移籍が濃厚とみられてきたサンチェスだが、ユナイテッドが参戦したことでオペレーション費用が高騰。最終的には、サンチェスに対してシティ以上の条件を提示し、アーセナルにはMFヘンリク・ムヒタリアンをトレード要員として提示したユナイテッドが争奪戦で勝利したとみられている。 ▽ユナイテッドは、サンチェスに対して週給35万ポンド(約5400万円)という巨額の給与をオファーしたとみられている。しかし、ヴェンゲル監督は豊富な資金力を見せるユナイテッドを擁護している。 「数字のことに口を挟みたくはないね。それはマン・ユナイテッドの問題だから。私は彼らをリスペクトしている。なぜなら、選手に支払うお金は、彼ら自身で生み出したものだからだ。それはリスペクトされるべきだ」 ▽アレックス・ファーガソン元監督の退任以降、プレミアリーグではなかなかタイトルを争えていないユナイテッドだが、世界的な人気から商業面では低迷することなく、プレミアリーグNO.1の収益を誇っている。『デイリー・メール』はヴェンゲル監督が、シティの資金力の背景にオーナーであるシェイフ・マンスール氏のアブダビ・ユナイテッド・グループによるものがあるということから、ユナイテッドと異なるという意見を示唆したと伝えている。 2018.01.20 19:41 Sat
twitterfacebook
thumb

サンチェス&ムヒタリアン、それぞれチームメートに別れを告げた?

▽アーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェス(29)が20日中にもマンチェスター・ユナイテッド移籍に向けたメディカルチェックに向かうようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じている。 ▽今季限りでアーセナルとの契約が満了するサンチェスに関しては、シティ移籍濃厚から一転して、急きょ参戦したユナイテッドへの移籍が確実視されている状況。報道によれば、サンチェスは金曜日にアーセナルの練習に参加し、チームメートに別れを告げた。深夜にはホテルを離れた。現地時間の20日(土)にもユナイテッド移籍に向けたメディカルチェックに臨むという。 ▽一方、サンチェスとの等価トレードでアーセナル移籍が伝えられるMFヘンリク・ムヒタリアンも、金曜日の練習後にユナイテッドのチームメートに別れを告げたとのこと。プレミアリーグを牽引してきた2チームによる珍しい大型トレード成立が、いよいよ近づいている模様だ。 2018.01.20 19:02 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドのサンチェス獲得交渉が大詰めか?! モウリーニョ「静かにニュースを待つ」

▽マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督がバーンリー戦の前日会見に出席し、同クラブのアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(28)とアーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェス(29)のトレードについて語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽今冬の去就について注目を集めているサンチェスは、当初濃厚と伝えられていたマンチェスター・シティ移籍から一転して、急きょ参戦したユナイテッドへの移籍が確実視されている状況。オペレーションに関しては、ムヒタリアンとのトレードの可能性が伝えられており、つい先日にはアーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督も「起こりそうだね」と語るなど一層の現実味を帯びている。 ▽モウリーニョ監督は、20日に行われるプレミアリーグ第24節バーンリー戦の前日会見に出席。「静かにニュースを待つ」と語り、交渉の大詰め段階にあることを仄めかした。 「誰もが把握していると思うが、アーセナルの監督が非常にクリアに語っている時に、隠したり否定しようとすることに意味はない。だが、(交渉は)全く決定していないんだ」 「この瞬間も(ヘンリク・)ムヒタリアンは私たちのプレーヤーであり、(アレクシス・)サンチェスはアーセナルの選手だ。そして、明日には試合が控えているため、私は(移籍交渉に関する)スイッチをオフにして最も重要なことに集中したい。それは試合だ」 「(交渉がムヒタリアンに依存しているかどうかは)知らない。時より人々は、交渉に多くの監督たちが関わっていると考える。私はそれはクラブのプロフィール、仕事の確立方法に依存することだと考えている。交渉の時には私は外に出ているのが好きだね。席を離れているし、静かにニュースを待つよ。それ以上はない」 「いつかサインができたら口を開くし、彼や彼が私たちのチームにもたらしてくれるものについて話せる。(現状では)彼はアーセナルの選手であって、私の選手ではないんだ。起こるかもしれないし、起こらないかもしれない。かもしれない何かに対して語れることは無い。現状で私が関与していることは、選手を欲しがっている理由を述べることだけで、それ以上はない。(交渉ごとに関しては)蚊帳の外だよ」 2018.01.20 00:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ヴェンゲル「オーバはフィットする」発言にドルトムントSD「無礼だ」

▽ドルトムントのスポーツディレクター(SD)を務めるマイケル・ゾルク氏が、アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督を非難した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽ここ最近過熱している、ドルトムントのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンのアーセナル移籍報道。すでに複数メディアが「移籍は確実」と報じる中、先日、ヴェンゲル監督がこの一連の噂に言及。「彼はアーセナルにフィットするだろう」と移籍の可能性をさらに高める発言をした。 ▽これにゾルク氏が反応。憶測で発言したことを「無礼だ」として、軽率な態度をとったヴェンゲル監督を批判した。 「このように他クラブの選手について話すことは無礼だと思う。アーセナルとはなにもコンタクトは無い」 「ミスター・ヴェンゲルは自分の選手のことをだけ話していればいい」 2018.01.19 16:14 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース