カーン、バイエルンの監督選考に言及「ナーゲルスマンは若すぎるが、トゥヘルも…」2017.11.09 13:13 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
バイエルンのレジェンドで、元ドイツ代表GKオリバー・カーン氏が、古巣の監督選考に自身の見解を述べている。『OMNISPORT』が報じた。

バイエルンは先日、カルロ・アンチェロッティを解任し、すでに監督業を離れていたユップ・ハインケスを後任として招聘。それからは無傷の連勝を続け、デア・クラシカーと呼ばれるドルトムントとの一戦にも3-1で勝利した。

しかし、カーンは「ハインケスは唯一の解決策だった」と述べつつ、将来的には困ることになると予想する。

「しかし、将来的な解決策にはならない。バイエルンは監督を探すのが難しくなるだろう。バイエルンにも監督にも哲学があるからね」

また、ユリアン・ナーゲルスマンやトーマス・トゥヘルといった候補に挙がる若きドイツの有望な指揮官たちにも言及。

「ナーゲルスマンやトゥヘルといった名前が挙がっている。彼らは興味深いが、ナーゲルスマンは若すぎる。まだ何年か早いだろう」

「トゥヘルは良い監督だが、彼のシステムがバイエルンに合うかというと、それはまた難しい問題だ」

「バイエルンの問題は自分たちの哲学を進歩させられていないこと」と断言するカーン氏。今後、誰がハインケスの後を引き継ぐかということはバイエルンの大きなテーマとなりそうだ。


提供:goal.com

コメント



ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース