アグエロ、来季後のシティ退団予定を明かす2017.11.09 12:43 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ(29)が2019年にマンチェスター・シティを退団する予定であることを明かした。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えた。

▽2011年夏にマンチェスター・シティ入りしたアグエロは先日、クラブの歴代最多得点記録を更新し、名実ともにレジェンドに。そのアグエロとシティの現行契約は2019年までとなっているが、同選手は満了後に母国アルゼンチンでユース時代を過ごしたインデペンデンテに戻る意向があることを明かした。

「ミランとレアル・マドリーが僕を欲しがっているという話があったが、どこから出てきたのか分からないね。それによれば、『インデペンデンテの夢が台無し』になったらしい。でも僕のアイデアは常に、シティとの契約が満了する2019年にインデペンデンテに戻ることだよ」

「僕はシティにもう1年とどまるオプションを有している。プライオリティだけど、あくまでオプションだ」

「復帰するというアイデアがある。今はうまくいっているし、僕たちがタイトルを獲得できることを願っている。でも、簡単ではない」



コメント

関連ニュース

thumb

グアルディオラ、ヴェンゲルの後任候補のヴィエラに言及「すでにトップレベルの監督」

マンチェスター・シティのペップ・グアルディオラ監督は、退任が発表されたアーセン・ヴェンゲル監督の後任として名前の挙がっているパトリック・ヴィエラはすでにトップレベルの監督だと語った。<br><br>ヴィエラは現役時代、ヴェンゲル監督の下でアーセナルの黄金期を支え、03-04シーズンのプレミアリーグ無敗優勝達成時にはキャプテンを務めていた。引退後はマンチェスター・シティでのエリート育成マネージャーを経て、2016年よりMLSのニューヨーク・シティを指揮。今季は7試合を消化した時点で首位に立っている。<br><br>ニューヨーク・シティと同じシティ・フットボール・グループ傘下であるマンチェスター・シティのグアルディオラは、ヴィエラがトップレベルの監督になれるかとの質問に「すでになっている」と答えた。<br><br>「(ヴェンゲルの退任発表後)多くの名前が挙がっているが、アーセナルは最善の選択をするだろう。そして、もちろん彼は準備ができている。これから名前が挙がってくるであろう全員がその準備ができていると思う」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.22 20:53 Sun
twitterfacebook
thumb

グアルディオラ、去就注目の教え子イニエスタを絶賛「彼との友人関係は喜び」

▽マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、今季限りでのバルセロナ退団が決定的となったかつての同僚で教え子であるスペイン代表MFアンドレス・イニエスタを称賛している。 ▽バルセロナは21日、コパ・デル・レイ決勝でセビージャと対戦。今季限りでバルセロナを退団し、中国移籍が濃厚とされているイニエスタは先発出場を果たし、試合を通して好パフォーマンスを見せた。 ▽同試合後、イニエスタは「僕の去就については、今週発表する。それよりも今日のような日が幸せにさせる。僕はキャリアを通じて多くの人々に特別な感情を抱いているよ」 と、自身の去就に関して語っていた。 ▽2008年から2012年までイニエスタを指導し、3度のリーガエスパニョーラ制覇、2度のコパ・デル・レイ制覇、2度のチャンピオンズリーグ制覇など多くのタイトルを分かち合ったグアルディオラ監督は海外版『goal.com』でその教え子に関して語っている。 「私は彼に関する一連の報道が事実かどうかわからない。したがって、バルセロナに留まるのか、それとも去るのか、彼の決断を待ちたいと思っている」 「もちろん、私としては彼が最善の選択をすることを願っている。私にとって彼との友人関係は喜びだ。我々は共にプレーし、かつて指導者として彼を指導することもできた」 「この15年間にわたってバルセロナとスペインフットボールに彼が残してきた功績は計り知れないものだ。彼は本物のマスタークラスであり、トッププレーヤーだ」 「彼はフットボールというゲームを最も理解しているプレーヤーの1人なんだ。彼以上のプレーヤーを見つけることは決して簡単なことではない」 「彼は小さな子供たちにとってどのようにプレーすべきか、どうやってボールをコントロールすべきかを示してくれる最高のお手本だ」 2018.04.22 17:16 Sun
twitterfacebook
thumb

シティ、マフレズ獲得諦めず! 90億オファー決裂も今夏再交渉へ

▽マンチェスター・シティは、レスター・シティのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズ(27)への興味を失っていない。イギリス『ミラー』が報じた。 ▽マフレズに関しては1月、マンチェスター・シティからの関心を受けて選手側がクラブに退団希望を伝えたものの、移籍は実現せず。今回の報道によると今冬にマンチェスター・シティは6000万ポンド(現在のレートで約90億6000万円)を用意していたが、レスター側の要求額8000万ポンド(現在のレートで約120億8000万円)と折り合いがつかずに交渉決裂となっていた。 ▽しかし、マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は現在もマフレズを高く評価しており、他のウインガーとの契約には消極的だという。 ▽マフレズとレスターの契約は2020年6月30日までとなっているが、当人がシティ移籍を望んでいる可能性は高い。したがって、焦点となるのは移籍金額の擦り合わせに関する事項だ。レスター側が残している契約2年という段階で8000万ポンドの要求額を引き下げるか否か、その動向に注目が集まる。 2018.04.20 17:15 Fri
twitterfacebook
thumb

プレミア制覇はクラブ全体の勝利! ペップがエモーショナルなスピーチ

▽マンチェスター・シティは15日、5節を残して4シーズンぶり5度目のプレミアリーグ優勝を決定した。この快挙を受けて、ジョゼップ・グアルディオラ監督は選手やコーチングスタッフ、運営スタッフを前にした祝勝会で感動的なスピーチを行った。クラブ公式チャンネルが伝えている。 ▽ジョゼップ・グアルディオラ体制2年目となった今シーズン。昨季課題となった守備陣に大型補強を敢行したシチズンズはその守備の安定に加え、MFダビド・シルバ、MFケビン・デ・ブライネ、MFフェルナンジーニョら盤石の中盤、FWセルヒオ・アグエロら破壊力のある攻撃陣の活躍で見事にプレミア制覇を成し遂げた。 ▽しかし、多くのクラブスタッフを前にスピーチを行ったグアルディオラ監督は今回の優勝は選手、コーチングスタッフだけでなくボランティアなども含めたクラブ全体の勝利であることを強調している。 「優勝が決まったとき、私たちは一緒にお祝いできなかった。我々はそれぞれ自分たちの家に居た」 「簡単なスピーチをしようと思う。同時に一番難しいスピーチでもある」 「大きなおめでとうを言いたい。私たちはチャンピオンだ。イングランドで一番のチームだよ。すべてのスタッフ、洗濯係も全員がその一部だと感じてほしい」 「それはコーチやプレーヤーたちにいつも話していることだ。私たちが成し遂げたことは、みんなの信じられないようなサポートなしには不可能だ。私たちは全員プレーヤーのためにここに居る」 「彼らがどれだけ際立った存在であるかはみんなが知っている。それは1試合だけじゃなく、試合には負けるときもある」 「アスリートが周りの人々と9、10カ月の間や日々の生活で証明することが最高に素晴らしいことだ。スピリットや友人関係など特別なことをドレッシングルームで作り上げる」 「私たちが成し遂げたことは他者を受け入れられない人や悪い人間には達成できなかったことだ」 「私たちがやってきたことは他の19チームよりも上回っていた。他には何もないよ。大きなことだが他には何もない」 「毎日積み重ねてきたものがある。スタッフたちがプレーヤーの面倒をみてきた。ステイシーやリー、ここに居るみんなだ。ここに居る全員が私のリスペクトに相応しい存在なんだ。みんなも私と同じ気持ちであることを願うよ」 「私の人生の最後の日まで、私の心の中にある。それを確信しているよ」 「今季私が感じてきたことは素晴らしいものだ。だから、みんなでピッチに降りて写真を撮りたいんだ。プレーヤーだけではない、スタッフ全員だ」 「でもスピーチを終わらせる前に我々に相応しい最高で大きな拍手をしたい」 ▽そして、グアルディオラ監督の最後の言葉のように大きな拍手で締めくくられたスピーチの後に選手、スタッフ全員は指揮官の希望通りに記念撮影を行った。 ▽今回のグアルディオラ監督のエモーショナルなスピーチからうかがい知れるのは、今季シティが圧倒的な強さでリーグ制覇を果たせたのは、ピッチ内だけでなくオフ・ザ・ピッチも含めたクラブの一体感があったからこそのようだ。 ◆ペップのエモーショナルなスピーチ(日本語字幕付き) https://www.youtube.com/watch?time_continue=181&v=Yp4IK1hd-xE 2018.04.20 02:30 Fri
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、最下位相手に敗戦したチームの不安定さを嘆く「だから優勝できない」

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、下位チーム相手からの取りこぼしの多さがマンチェスター・シティとの差につながっていると語った。<br><br>ユナイテッドは14日、本拠地オールド・トラフォードにてプレミアリーグ第33節でWBAと対戦。リーグ最下位に沈む相手に0-1でまさかの敗戦を喫し、ライバルであるシティの優勝が決まった。<br><br>18日に行われたボーンマス戦では2-0の勝利を収めたものの、試合後の記者会見で指揮官が語ったのは前節の敗戦についてだった。<br><br>「我々は不安定だと思う。気持ちの面で不安定なことが多い。トップ5のチーム相手にはポイントを失っていない。シティとは1勝1敗。スパーズとも1勝1敗。チェルシーとも1勝1敗。リバプールとは1勝1分。アーセナルには1勝しており、もう1試合残っている」<br><br>「しかし、3ポイントを昇格組から奪われた。ハダーズフィールド・タウンには敗れ、ニューカッスルにも敗れた。さらにおそらく降格するであろうチーム、残留争いをしているチームからポイントを失った。WBAに3ポイントを奪われ、2ポイントを他の降格争いをしているチームに奪われた。ストーク(・シティ)、サウサンプトンだ。我々は安定性を欠いていたと思う。そして代償を払うことになった」<br><br>モウリーニョは、この下位チーム相手に対する成績こそが優勝を決めたシティとの大きな差であると語った。<br><br>「我々のトップ4は安泰だと思う。2位で終える大きな可能性がある。すでに昨季よりも多くの勝ち点を積み上げており、得点もより多く、失点もより少なくなっている。それでももっとよくできたはずだ。『優勝できた』とは言わない。それはマンチェスター・シティが我々より優れているからだ。勝ち点の差がそれを示している。我々は心構えの面でより安定している必要がある」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.19 19:50 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース