アグエロ、来季後のシティ退団予定を明かす2017.11.09 12:43 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ(29)が2019年にマンチェスター・シティを退団する予定であることを明かした。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えた。

▽2011年夏にマンチェスター・シティ入りしたアグエロは先日、クラブの歴代最多得点記録を更新し、名実ともにレジェンドに。そのアグエロとシティの現行契約は2019年までとなっているが、同選手は満了後に母国アルゼンチンでユース時代を過ごしたインデペンデンテに戻る意向があることを明かした。

「ミランとレアル・マドリーが僕を欲しがっているという話があったが、どこから出てきたのか分からないね。それによれば、『インデペンデンテの夢が台無し』になったらしい。でも僕のアイデアは常に、シティとの契約が満了する2019年にインデペンデンテに戻ることだよ」

「僕はシティにもう1年とどまるオプションを有している。プライオリティだけど、あくまでオプションだ」

「復帰するというアイデアがある。今はうまくいっているし、僕たちがタイトルを獲得できることを願っている。でも、簡単ではない」



コメント

関連ニュース

thumb

EFL決勝進出に歓喜のグアルディオラ「マンチーニやベジェグリーニが成し遂げてきた同じレベルに達しようとしている」

▽マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、EFLカップ決勝進出に喜びをあらわにした。 ▽シティは23日、EFLカップ準決勝2ndレグでブリストル・シティのホームに乗り込んだ。1stレグをアグエロの土壇場の逆転ゴールによって2-1で勝利したシティは43分にザネ、50分にアグエロが決めて2点を先取。しかし、64分に1点を返されると、後半アディショナルタイム4分に同点ゴールを許してしまう。それでも直後、デ・ブライネが勝ち越しゴールを奪って3-2で試合終了。2戦合計5-3で2大会ぶりの決勝進出を決めた。 ▽試合後、グアルディオラ監督は、決勝進出に歓喜しながらも、今回の試合が今後に向けての良いレッスンとなったと冷静に分析。また、これまでシティでタイトルを獲得してきたロベルト・マンチーニ監督やマヌエル・ベジェグリーニ監督と同じレベルに達しようとしていると語った。 「決勝に行くことができてとても嬉しいよ。全員が決勝に行くために素晴らしいゲームをした」 「我々は2点先取したが、その後はコントロールを失った。このような試合ではホイッスルがなるまでわからない。この試合は、今週末のカーディフ戦とチャンピオンズリーグに向けて良いレッスンとなったよ。常に90分の最後まで戦う必要がある」 「前半は、ラストパスの精度が欠けていた。もっと丁寧に正確であればよかった。それでもとてもハッピーだよ。2点リードしたことで簡単な状況になると思っていた。しかし、残り数分の状況で2-2になり、何が起きてもおかしくない状況だった」 「決勝は僕のものではない。マンチェスター・シティのものだ。我々は新たなレベルに達しようとするクラブであり、これまで(ロベルト・)マンチーニ監督や(マヌエル・)ペジェグリーニ監督が成し遂げてきたことと同じレベルに達しようとしている」 「私にとって重要なことは、目の前の試合に向かうことだ。日曜日のカーディフ戦があるFA杯でも、プレミアリーグでも同じさ」 2018.01.24 15:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ペップが監督キャリア通算500試合を達成! 気になる勝率は…圧巻の数字

▽マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、自身のキャリア通算500試合目の指揮を執った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽シティは23日、カラバオカップ(EFLカップ)の準決勝2ndレグでブリストル・シティと対戦。3-2で勝利し、2戦合計5-3で決勝へと駒を進めた。 ▽この試合はシティでの92試合目の指揮となったグアルディオラ監督。シティでは65勝目となり、通算では368勝を記録している。 ▽通算成績では、バルセロナで247試合、バイエルンで161試合、シティで92試合を指揮。勝利数は、バルセロナで179勝、バイエルンで124勝、シティで65勝となった。勝率は73.6%となる。 ▽グアルディオラ体制で最もゴールを奪っているのは、バルセロナ時代のFWリオネル・メッシで211ゴール。次いでバイエルン時代のFWトーマス・ミュラーの79ゴール、FWロベルト・レヴァンドフスキの67ゴールと続き、シティではFWセルヒオ・アグエロが56ゴールを記録してトップに立っている。 ◆ジョゼップ・グアルディオラ監督成績 【バルセロナ】 247試合:179勝47分け21敗 【バイエルン】 161試合:124勝16分け21敗 【マンチェスター・シティ】 92試合:65勝16分け12敗 2018.01.24 13:50 Wed
twitterfacebook
thumb

ペップ熱望の逸材DFラポルテがシティ移籍再接近! 1年半越しのラブコール実るか

▽アスレティック・ビルバオのフランス代表DFアイメリック・ラポルテ(23)のマンチェスター・シティ移籍が近づいている。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽ビルドアップ能力、フィード精度、安定感のある守備が高く評価されているラポルテは、ビルバオの下部組織で育成され、2011-12シーズン後半からトップチームに定着。現在ではビルバオの中心選手となっているが、その高いパフォーマンスは常にビッグクラブからの注目を集めており、昨年夏にはレアル・マドリー、バルセロナからの関心も囁かれた。 ▽中でも、ジョゼップ・グアルディオラ監督の下で質の高いボールゲームを標榜するシティが獲得競争で一歩リードしていると目されており、2016年夏には当時同選手に設定されていた5000万ユ―ロ(現在のレートで約67億7000万円)を支払っての獲得に迫っているとの報道が各所より噴出していた。しかし結局、ビルバオとの契約を2020年6月までに更新。契約解除金も6500万ユ―ロ(約88億円)にまで引き上げられた。 ▽それでも、グアルディオラ監督はラポルテを諦めず。『マルカ』が報じるところでは、ラポルテの契約は今年7月に入ると7000万ユ―ロ(約94億7000万円)にまで増加するものとなっているが、シティは今冬に現行の契約解除金6500万ユ―ロを支払い、5年契約を結ぶ準備を進めているという。取引は、来週初めにも完遂する模様だ。 ▽さらに23日には、ビルバオのホセ・ウルティア会長が練習場を訪れて、ラポルテとの会談を設けたとのこと。記事によれば、その場で同選手の移籍の意思が確認されたものとみられている。 2018.01.24 13:36 Wed
twitterfacebook
thumb

デ・ブライネの劇的弾で勝ち切ったシティが2大会ぶりの決勝進出!《EFLカップ》

▽マンチェスター・シティは23日、EFLカップ準決勝2ndレグでブリストル・シティとのアウェイ戦に臨み、3-2で勝利した。この結果、2戦合計5-3でマンチェスター・シティが決勝進出を決めた。 ▽9日に行われた1stレグをアグエロの土壇場弾で逆転勝利したシティは、直近に行われたリーグ戦のニューカッスル戦から先発を2選手変更。GKエデルソンとスターリングに代えてGKブラーボとベルナルド・シウバを先発に起用した。 ▽立ち上がりから地力で勝るシティが攻勢に試合を進めるが、自陣ボックス内で集中した守りを見せるブリストル守備陣を突破できない。それでも攻勢を続けるシティは、前半終了間際にスコアを動かす。 ▽43分、相手ボックス内でボールを奪ったベルナルド・シウバが、体を張った粘りでボールを繋ぐと、最後はボックス中央のザネが右足を振り抜きゴールネットを揺らした。 ▽迎えた後半、ブリストルはマグヌソンとウェルシュ下げてベイカーとジェジューを投入する2枚替えを敢行。しかし、再びスコアを動かしたのはシティだった。50分、デ・ブライネからのサイドチェンジを右サイドで受けたアグエロが、ボックス右まで持ち込みシュート。これがゴール左隅に突き刺さった。 ▽リードを広げられたブリストルだが、64分に反撃。ストーンズのクリアミスをボックス中央のボビー・リードがダイレクトで左に展開すると、これを受けたパーターソンのクロスをパックがヘディングでゴール左に流し込んだ。 ▽試合終盤、シティはアグエロ、ウォーカーを下げてギュンドアンとダニーロを投入し、試合を締めにかかったが、後半アディショナルタイムの94分に左クロスからファーサイドのボビー・リードに頭で折り返されると、最後は途中出場のケントに押し込まれ、痛恨の失点。 ▽土壇場でブリストルに同点に追いつかれたシティだが直後の96分、シルバの縦パスでボックス左に侵入したザネがダイレクトで折り返しを供給すると、これを中央に駆け上がったデ・ブライネ流し込み、勝ち越しに成功。 ▽直後に試合終了のホイッスル。デ・ブライネの劇的弾で勝ち切ったシティが、2戦合計5-3で2大会ぶりの決勝進出を決めた。 2018.01.24 06:59 Wed
twitterfacebook
thumb

シティ、絶対的司令塔デ・ブライネと2023年までの新契約締結!

▽マンチェスター・シティは22日、ベルギー代表MFケビン・デ・ブライネ(26)と2023年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽2021年までの現行契約を新たに2年延長したデ・ブライネは、クラブ公式サイトで喜びのコメントを残している。 「今回、新契約にサインすることができて本当に嬉しいよ」 「以前から話していたように僕の希望は初めて来たときから自分の家のように感じていたこのクラブに留まることだったんだ」 「今の僕たちは勝ち続けているだけでなく、素晴らしいフットボールをプレーしている。その素晴らしいチームの一員であることを誇りに思うし、これから数年で自分たちがどんなことを成し遂げられるか考えると、とても興奮するんだ」 ▽また、デ・ブライネの契約延長に成功したチキ・ベギリスタインFD(フットボール・ディレクター)は満足感を示している。 「ケビンとの新契約はクラブにとって素晴らしいニュースだ。彼は今シーズン、自分がいかにこのクラブにとって重要なプレーヤーであることを、そのパフォーマンスで示しているよ」 「彼が今後長い間マンチェスター・シティへの忠誠を誓ったことに多くの人たちが興奮しているよ」 ▽デ・ブライネは2015年夏にヴォルフスブルクからシティに加入。非凡なパスセンスで異彩を放ち、同僚のMFダビド・シルバと並ぶ演出家として評価を高めている。今シーズンは、ここまでプレミアリーグ24試合に出場して6ゴール10アシスト。リーグ戦で首位独走のシティを攻撃面でリードしている。 ▽なお、イギリス『デイリー・メール』によれば、デ・ブライネは今回の新契約で週給20万ポンドと、肖像権料6万ポンドの総額26万ポンド(約4000万円)以上の高額サラリーを受け取ることになるようだ。 2018.01.23 04:52 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース