未だに関心失わず? バイエルンがドラクスラー獲得を検討…リベリの後釜に白羽の矢2017.11.09 12:38 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
バイエルンがパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するドイツ代表MFユリアン・ドラクスラー獲得を検討しているようだ。仏紙『フランス・フットボール』が報じている。

PSGと2021年まで契約を残すドラクスラーに関しては、今夏にもバイエルンが獲得を検討していたことが報じられていた。今夏の獲得には至らなかったものの、ここ最近もバイエルンのウリ・ヘーネス会長が、「ドラクスラーはバイエルンにお似合いだろう」と、発言するなど、関心は失っていないようだ。

バイエルンは、今季限りで契約満了となるMFフランク・リベリの後釜として、この24歳のドイツ代表MFに白羽の矢を立てているという。

ドラクスラーは、2017年1月にヴォルフスブルクから4000万ユーロ(約52億円)でPSGに移籍。昨季は満足のいく出場機会を得られず、今夏もネイマールとキリアン・ムバッペの獲得により、引き続き出場機会を得られないとの見方もあったが、ここまで10試合に出場し、2ゴールを挙げるなど、ウナイ・エメリ監督のもと、出場機会は確保されている。

ネイマールとムバッペの加入も「パリで彼らとプレーするのは楽しみだ。自信はあるし、パリを出ていくつもりはない」と話していたドラクスラーだが、ドイツ王者の誘いに心が揺らぐことはあるのだろうか。


提供:goal.com

コメント



ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース