湘南、桐蔭横浜大FW鈴木国友の来季加入内定を発表「幼い頃から憧れていた」2017.11.09 11:44 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
▽湘南ベルマーレは9日、桐蔭横浜大学に所属するFW鈴木国友(22)の来シーズンからの加入が内定したことを発表した。▽神奈川県出身の鈴木は、相洋高校から桐蔭横浜大学に進学。2014年と2016年には関東大学選抜Aに選出されていた。

▽湘南への加入が内定した鈴木は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「来シーズン、桐蔭横浜大学から加入することとなりました鈴木国友です。幼い頃から憧れていた湘南ベルマーレでプロサッカー選手としての第一歩をスタート出来ることを、大変嬉しく思っています。家族、指導者、チームメイトがいて今の自分があります。感謝の気持ちを忘れずに、一歩一歩成長し、湘南ベルマーレの勝利に貢献できるように頑張ります。応援よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

湘南がPK戦で柏との死闘を制す! 柏下し初の決勝進出《YBCルヴァンカップ》

▽YBCルヴァンカップ準決勝第2戦の湘南ベルマーレvs柏レイソルが、14日にShonan BMW スタジアム平塚で行われ、2-2の引き分けで終了。この結果、2戦合計3-3でPK戦に突入した末、5-4で制した湘南が決勝進出を果たした。 ▽10日に三協フロンテア柏スタジアムで行われた第1戦は、1-1のドローで終了。アウェイゴール1点のアドバンテージを得ている湘南は、その試合からスタメンを変更しなかった。 ▽対する柏は、スタメンを3名変更。中山、小泉、手塚に代えて、パク・ジョンス、大谷、キム・ボギョンを起用した。 ▽静かな立ち上がりとなった前半、15分に湘南が大きなチャンスを手にする。右サイドに抜け出した岡本が低い弾道のクロスを入れると、ボックス手前中央に構えていた菊池が上手く姿勢を低くして頭で合わせる。しかし、枠の左を捉えたシュートはGK滝本のファインセーブに阻まれた。 ▽勢いに乗る湘南だが、前半の半ばに良い流れを断ち切るアクシデントが発生。好プレーを続けていた菊池がピッチに座り込んでしまいプレー不可能な状態に。一度は立ち上がったものの担架で運び出され、21分に松田との交代を余儀なくされた。 ▽それでも、湘南は勢いを衰えさせずに攻撃を繰り出し28分に待望の先制点を奪取する。右サイドからのクロスが柏DFに跳ね返されると、ボックス手前中央で石川が反応。左足を豪快に振り抜いてネットに突き刺した。 ▽ギアを上げ切れない柏の守勢が続くと、31分にも湘南に絶好機。最終ラインの後方でパスを出そうとしていたGK滝本にプレスをかけた山崎凌が、ボックス左でボールを奪取。しかし、そのまま無人のゴールへ放ったシュートはバーに嫌われ追加点とはならない。 ▽試合は、柏が大きなチャンスを手にできないまま折り返し。選手交代なしで迎えた後半、湘南が積極的な入りを見せる。51分には右サイドで得たFKから梅崎がクロスを供給し松田がヘディングシュートを放つ。GK滝本が凌いだものの柏にとって苦しい時間が続く。 ▽柏は、57分にキム・ボギョンに代えて手塚を投入。チャンスを増加させようと試みた。すると、62分にはその手塚がボックス手前中央からミドルシュートを放ったが、枠を捉えることができない。 ▽それでも徐々に攻勢を強めていく柏が、70分に戦況を大きく変える。左サイドでボールを持った大谷がドリブルで強引にボックス内に侵攻。湘南DFにブロックされたボールが再び足元にこぼれると、右足で強烈なシュートを放つ。これが決まり、2戦合計スコアがイーブンに。 ▽しかし、直後の72分に今度は柏にアクシデントが発生する。前半の湘南の流れをなぞるようにプレー不可となったパク・ジョンスが担架で運び出され、中山との交代を強いられた。 ▽後半終了間際の93分、柏にビッグチャンス。ボックス内右まで上がった小池が鋭い切り返しで対面の湘南DFを振り切り中央に折り返す。すると、飛び込んだクリスティアーノが押し込んだかに思われたが、小池のクロスの時点でエンドラインを割っており得点とは認められない。試合は延長戦に突入した。 ▽延長前半の93分、湘南がいきなり均衡を破る。左サイド浅い位置からのFKの流れで杉岡がクロスを供給すると、ファーにポジションをとっていたDF坂がヘディングシュートを放つ。パンチングに出てたGK滝本は対応できず、湘南が2戦合計スコアで上回る。 ▽絶体絶命の柏は、102分に仲川に代えて最後の切り札として山崎亮を送り出す。すると延長後半に突入した113分、監督の采配が的中する。右サイドの小池が大きくクロスを上げると、ボールはファーの山崎亮の下へ。山崎亮が右足で上手く合わせ、GK秋元の脇下を抜いてスコアを2-2とした。 ▽その後も試合は柏ペースで続いたが、最後まで決勝点は奪えず。延長戦での得点にアウェイゴールは適応されないため試合はPK戦に突入した。湘南の1人目のキッカーを務めた杉岡が成功させると、柏のトップバッターを務めたクリスティアーノも勢いよくネットを揺らす。その後も1人ずつが決めたが湘南の3人目、梅崎のシュートが枠外に。しかし、柏の4人目を務めた江坂もバーに嫌われ、4-4で再び並ぶ。勝負が決したのは6人目。湘南の高山が決めた後、柏の山崎亮が枠を大きく外し5-4で湘南がPK戦を制した。 ▽初の決勝進出を果たした湘南は、同日勝ち抜けを決めた横浜F・マリノスと激突。決勝戦は、10月27日(土)に埼玉スタジアム2002で開催される。 2018.10.14 18:30 Sun
twitterfacebook
thumb

柏、瀬川電光石火弾も湘南とドローでアウェイゴール許す《YBCルヴァンカップ》

▽YBCルヴァンカップ準決勝第1戦の柏レイソルvs湘南ベルマーレが、10日に三協フロンテア柏スタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。 ▽柏は、3-0で勝利した直近の明治安田生命J1リーグ第29節サンフレッチェ広島戦からスタメンを4名変更。パク・ジョンス、伊東らに代えて、中山、江坂らを起用した。 ▽対する湘南は、1-0で勝利した第29節サガン鳥栖戦からスタメンを1名のみ変更。松田に代えて、金子を起用した。 ▽開始早々、柏はが試合を動かす。中川からのロングボールに抜け出した江坂が右サイドから中央にグラウンダーのボールを折り返す。ファーで受けた瀬川がトラップしてから落ち着いて蹴り込み、電光石火の先制弾とした。 ▽出鼻を挫かれた湘南だったが、すぐさま反撃を開始。9分、大野からの縦パスが柏DFにカットされるも、ルーズになっていたボールをボックス手前左で菊池が拾う。思い切りよく右足を振り抜き、豪快にネットを揺らした。 ▽その後、勢いを保つ湘南が優位に試合を進行し、度々チャンスを作り出していく。39分にはボックス内左まで侵攻した山崎が左足で枠を捉えたが、GK滝本のスーパーセーブに阻まれ決定機をモノにできない。 ▽一方、再びリードを奪いたい柏もカウンターを繰り出して応戦しようとするが、なかなかシュートを枠に飛ばすことができず。試合は、イーブンで折り返しを迎えた。 ▽後半の立ち上がり、押され気味だった柏がギアを上げる。59分にはセットプレーの流れからボックス手前左でこぼれ球に反応した江坂のボレーシュートがGK秋元を強襲し、63分にも小泉にボックス手前やや右からの左足のシュートが右ポストを掠める。 ▽対する湘南も、68分に石川がボックス手前左から左足でゴールを脅かすなど、前半同様に積極的な仕掛けを見せていく。しかし、逆転弾は遠くネットを揺らすには至らない。 ▽後半半ば以降、両指揮官は交代策を弄しつつ打開を図るが、結局は1-1のスコアのままで試合が終了を迎えた。 ▽準決勝第2戦の湘南vs柏は、14日にShonan BMW スタジアム平塚で行われる。 2018.10.10 21:00 Wed
twitterfacebook
thumb

湘南、岡本弾死守で鳥栖との残留争い直接対決を制す! 4試合ぶり白星で暫定13位浮上!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第29節のサガン鳥栖vs湘南ベルマーレが6日にベストアメニティスタジアムで行われ、1-0で湘南が勝利した。 ▽ここまで7勝9分け12敗で16位に沈む鳥栖(勝ち点30)と、8勝8分け11敗で14位に位置する湘南(勝ち点32/1試合未消化)が激突した。前節の北海道コンサドーレ札幌戦に1-2で敗れて2試合未勝利中の鳥栖は、その一戦から先発メンバーを4人変更。累積警告で出場停止の高橋祐治のほか、高橋義希、安在、フェルナンド・トーレスに代えてキム・ミンヒョクと原川、福田、趙東建を起用した。 ▽一方、9月26日に行われた第18節延期分の川崎フロンターレ戦をゴールレスドローで終え、前節のジュビロ磐田戦が台風24号の接近により延期となった湘南。鳥栖戦に向けては、川崎F戦から先発メンバーを3人変更した。秋野と小川、イ・ジョンヒョプに代えて石川、松田、山崎を起用した。 ▽勝ち点『2』差の残留争い直接対決。試合は開始直後、ホームの鳥栖がいきなりゴールに迫る。1分、敵陣中央でのパス回しからボールが右サイドに流れると、走り込んだ藤田がダイレクトで速いクロスを供給。走り込んだ金崎が左足を合わせるも、ボールはわずかにゴール右へと外れた。 ▽その後もペースを握るのは鳥栖。18分、左サイドのハーフウェイラインを越えたあたりでボールを受けた吉田がボックス手前に縦パス。これを収めた金崎が巧みなタッチで相手DFを置き去りにしてボックス左に侵攻する。そのまま左足を振り抜いたが、左サイドネットに外れてしまう。 ▽ボックス内に侵攻するも、なかなかゴールが奪えない鳥栖。27分、ボックス手前中央やや左の良い位置でFKを獲得する。これをキッカーの原川が右足で直接狙うと、GK秋元は反応が遅れる。しかし、シュートはわずかにゴール左外に外れてしまう。 ▽前半終盤にかけても鳥栖が金崎を起点に湘南ゴールを目指す。一方の湘南は、鳥栖の攻撃をなんとか耐え凌ぎ、終盤には攻勢に転じたが、決定的なチャンスを作ることができず、ゴールレスで試合を折り返した。 ▽後半に入ると、ここまで劣勢を強いられていた湘南が反撃に出る。48分、ボックス右手前でFKを獲得。キッカーの梅崎がクロスを供給し、フリーとなっていた菊地がヘディングで合わせる。しかし、ここはGK権田のファインセーブに阻まれてしまう。 ▽絶好のチャンスをモノにできなかった湘南だが62分、待望の先制点を奪う。ボックス右手前でボールを持った岡本が山根とのワンツーでボックス右に侵攻して左足でシュート。これが原川に当たってコースが変わると、そのままゴール右へと吸い込まれた。 ▽前半押し込みながらも先制点を許した鳥栖は、直後に豊田と高橋義希を投入して攻勢を強める。しかし、敵陣への侵攻回数は増加したものの、最後のところで決めきれず。77分には右CKからキム・ミンヒョクがヘディングシュートを放つが、GK秋元の正面へ。 ▽このままでは残留に向けて苦しい立場に追い込まれてしまう鳥栖は、終盤パワープレーに出る。しかし、最後まで湘南の懸命なディフェンスに跳ね返されてしまい、1-0で試合終了。岡本のゴールを死守した湘南は、4試合ぶりの白星で貴重な勝ち点3を獲得した。暫定ながら13位に浮上している。一方、鳥栖は3戦未勝利と残留に向けて痛い黒星を喫した。 2018.10.06 21:01 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】残留争い真っ只中! ホーム好調の鳥栖が勝ち点差「2」の湘南を迎える《鳥栖vs湘南》

▽6日、明治安田生命J1リーグ第29節が開催。サガン鳥栖vs湘南ベルマーレがベストアメニティスタジアムで行われる。 <span style="font-weight:700;">◆正念場となる残留争い直接対決</span> ▽7勝9分け12敗の勝ち点30で16位に位置する鳥栖と、8勝8分け11敗の勝ち点32で14位に位置する湘南の対戦。混戦を極める残留争い真っ只中の両者が激突する。 ▽台風25号の影響で試合の開催可否が直前まで危ぶまれた試合だが、走力を武器にガチンコ対決となる両チームの一戦は、天候以上に激しいものとなるだろう。 ▽この試合の勝敗で決するものは何もないが、勝ち点の有無ではメンタルに与える影響は大きい一戦。意地とプライド、誇りを懸けた一戦となる。 <span style="font-weight:700;">◆ホームで好調の鳥栖</span>〜サガン鳥栖〜 ▽開幕3試合で1勝2分けとまずまずのスタートを切った鳥栖だが、第6節から7連敗を喫し定位置が下位となってしまった。元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスをはじめ、FW豊田陽平、FW金崎夢生、DFジョアン・オマリなど夏に戦力補強。その効果もあってか、後半戦では勝ち点を取り戻している。 ▽特にホームゲームには強く、第17節のベガルタ仙台戦で敗れて以降は、ジュビロ磐田(0-0△)、セレッソ大阪(1-0◯)、浦和レッズ(1-0◯)、ガンバ大阪(3-0◯)、サンフレッチェ広島(1-0◯)と5試合で4勝1分けと結果を残している。 ▽前節は、アウェイの北海道コンサドーレ札幌戦で同点に追いついたものの、微妙な判定のPKで敗戦。その悔しさを、再びホームで晴らしたいところだ。 <span style="font-weight:700;">◆貫け湘南スタイル</span>〜湘南ベルマーレ〜 ▽対する湘南は、後半戦も勝ち点を伸ばせていない状況。直近の10試合では、わずかに2勝。4分け4敗と勝ち切れない試合が多い。 ▽さらに、今シーズンは度重なる台風の影響で2試合が延期となり、イレギュラーなスケジュールにも悩まされている。YBCルヴァンカップでも勝ち上がっていることを考えると、鳥栖戦が無事に開催できたことは大きい。 ▽前節は、その台風の影響でジュビロ磐田戦が中止に。選手のコンディションは問題なく、貫き続けた湘南スタイルのサッカーを繰り広げる準備は整っている。走力で鳥栖に負けること無く、しっかりと勝ち点を獲りたいところだ。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">台風直撃の中の一戦!<br />鳥栖vs湘南をDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆サガン鳥栖</span>[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181006_10_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:権田修一 DF:藤田優人、キム・ミンヒョク、ジョアン・オマリ、吉田豊 MF:小野裕二、高橋秀人、高橋義希、福田晃斗 FW:金崎夢生、フェルナンド・トーレス 監督:マッシモ・フィッカデンティ 出場停止:高橋祐治<hr>▽ディフェンスラインを支えてきたDF高橋祐治が出場停止。センターバックには、キム・ミンヒョクが久々に先発で入ることになるだろう。前線はFWフェルナンド・トーレスとFW金崎夢生の2トップ。そろそろトーレスに2ゴール目が欲しい所。走力で負けない戦いが求められる。 <span style="font-weight:700;">◆湘南ベルマーレ</span>[3-4-2-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181006_10_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:秋元陽太 DF:山根視来、坂圭祐、大野和成 MF:岡本拓也、石川俊輝、齊藤未月、杉岡大暉 MF:菊地俊介、梅崎司 FW:山﨑凌吾 監督:曺貴裁<hr>▽湘南はいつも通りのメンバー。延期されていた第18節の川崎フロンターレ戦からは1名変更。負傷していたMF菊地俊介が先発に復帰すると予想する。1トップに入ることが予想されるFW山﨑凌吾は古巣相手にゴールを目指す。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆GK権田修一</span>(サガン鳥栖)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181006_10_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽鳥栖の注目選手は日本代表にも選出されたGK権田修一だ。前節はビッグセーブを連発しながらも、土壇場のPKを防げずに敗戦。ここ数試合のパフォーマンスは高いだけに、この試合ではホームの声援を後押しに再びクリーンシートが期待される。DF高橋祐治が不在の影響をコーチングでどこまでカバーできるかに期待だ。 <span style="font-weight:700;">◆FW山﨑凌吾</span>(湘南ベルマーレ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181006_10_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽湘南の注目選手は、今夏途中加入したFW山﨑凌吾だ。鳥栖には特別指定選手から2017年まで在籍。プロ入りと自身の道を切り開いてくれたクラブだが、J1では1試合の出場に終わっていた。その後加入した徳島で飛躍し、再びJ1で活躍の場を得た山﨑。古巣のホームで、その成長した姿を見せられるか。 <span style="font-weight:700;">◆熱く激しい残留争い直接対決</span> ▽ホームでの強さを見せる鳥栖が、シーズンを通してブレない湘南を迎える一戦。両者の勝ち点は「2」であり、J1残留に向けた大事なシックスポインターとなる。 ▽熱い展開が期待できる試合のカギは、走力とデュエルの強さ。悪天候の中で、どこまで熱い試合をピッチで見せられるかは、勝ち点のため、そしてクラブのスタイルを示すためにも重要だ。 ▽激しさを増す残留争いから一歩抜け出せるのはどちらのチームか。鳥栖vs湘南は6日(土)の19時にキックオフを迎える。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">白熱の残留争い!<br />鳥栖vs湘南をDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.10.06 12:25 Sat
twitterfacebook
thumb

台風24号の影響で延期…J1第28節磐田vs湘南の代替開催日が10月30日に決定

▽Jリーグは4日、台風24号の影響により延期となった明治安田生命J1リーグ第28節のジュビロ磐田vs湘南ベルマーレの代替開催日が決定したことを発表した。 ▽9月30日に開催予定だった磐田vs湘南。今回の発表で、10月30日(火)19時からヤマハスタジアム(磐田)で開催されることが決定した。 ▽なお、同試合の観戦については、当初予定されていた30日のチケットをそのまま利用することが可能。新たなチケットも販売される。払い戻しについては10月6日(土)から10月14日(日)まで可能とのこと。 2018.10.04 18:15 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース