湘南、桐蔭横浜大FW鈴木国友の来季加入内定を発表「幼い頃から憧れていた」2017.11.09 11:44 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
▽湘南ベルマーレは9日、桐蔭横浜大学に所属するFW鈴木国友(22)の来シーズンからの加入が内定したことを発表した。

▽神奈川県出身の鈴木は、相洋高校から桐蔭横浜大学に進学。2014年と2016年には関東大学選抜Aに選出されていた。

▽湘南への加入が内定した鈴木は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「来シーズン、桐蔭横浜大学から加入することとなりました鈴木国友です。幼い頃から憧れていた湘南ベルマーレでプロサッカー選手としての第一歩をスタート出来ることを、大変嬉しく思っています。家族、指導者、チームメイトがいて今の自分があります。感謝の気持ちを忘れずに、一歩一歩成長し、湘南ベルマーレの勝利に貢献できるように頑張ります。応援よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

神戸っ子の小川慶治朗、湘南に期限付き移籍

▽湘南ベルマーレは8日、ヴィッセル神戸に所属するFW小川慶治朗(25)の期限付き移籍加入を発表した。期間は今シーズン終了まで。背番号は「50」に決定している。なお、同期間中、神戸との全公式戦に出場することができない。 ▽神戸下部組織出身の小川は、日本代表FW宇佐美貴史らと同じプラチナ世代のアタッカーで、2010年にトップチーム昇格。有望株として期待を集めたが、今シーズンは明治安田生命J1リーグ5試合の出場にとどまるなど出番を減らした。 ▽シーズン途中で湘南に活躍の場を求めることになった小川は、両クラブの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 ◆湘南ベルマーレ 「初めまして、この度ヴィッセル神戸より移籍して来ました小川慶治朗です。僕の売りである走力が、湘南ベルマーレの連動した動きにフィットしたときに、チームの躍進につながると確信しています! 早くチームに馴染んでゴールに向かって走り続けますので、応援よろしくお願いします」 ◆ヴィッセル神戸 「ヴィッセル神戸ジュニアユース、ユースで育ちプロになり、クニさん(北本選手)の背中を見て育ってきたので、神戸一筋で活躍することは夢の一つでした。プロの世界で成功するため、とても悩みましたが、今回移籍することを決めました。J1のライバルとしてより良い成績をおさめるために頑張ります」 ▽湘南は現在、J1リーグ5勝3分け7敗の12位。11日に行われる次戦、天皇杯3回戦でV・ファーレン長崎と対戦する。 2018.07.08 17:35 Sun
twitterfacebook
thumb

徳島の長身FW山崎凌吾、完全移籍で湘南へ 「1日でも早く湘南スタイルに」

▽湘南ベルマーレは2日、徳島ヴォルティスに所属するFW山崎凌吾(25)の完全移籍加入を発表した。背番号は「38」に決定している。 ▽岡山県出身の山崎は、福岡大学在学中の2013年に特別指定選手としてサガン鳥栖に入団。2015年に鳥栖入りが正式決定すると、翌2016年から徳島に期限付き移籍した。その翌年、徳島に完全移籍加入。同年に身長187cmの大型FWとして明治安田生命J2リーグ40試合5得点を挙げ、今シーズンもここまで18試合3得点を記録した。 ▽シーズン途中で湘南移籍を決断した山崎は両クラブの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 ◆湘南ベルマーレ 「この度、湘南ベルマーレに加入することになりました山﨑凌吾です。湘南ベルマーレの一員になれたことを本当に嬉しく思います。1日でも早く湘南スタイルに適応し、チームの勝利のために犠牲心を持って精進していきます。これからどうぞよろしくお願いします」 ◆徳島ヴォルティス 「このたび、湘南ベルマーレに移籍することになりました。シーズン途中にチームを離れることを大変申し訳なく思っていますし、本当に悩みました。色々なことを考えた中でこのチャンスに挑戦したいという思いが強く、J1でチャレンジすることを決めました」 「また、再びJ1の舞台でプレー出来るチャンスを頂けたのは徳島ヴォルティスというチームでプレーしていなかったら出来なかったと思っています。それほど、徳島ヴォルティスでは成長させていただきました」 「そして何より、チームがどのような状況でも変わらず応援してくださったファン・サポーターのみなさまには感謝の気持ちでいっぱいです。「山﨑チャント」が本当に大好きでした」 「徳島ヴォルティスクラブ関係者、ファン・サポーターの皆さま、監督、スタッフ、選手、徳島ヴォルティスに関わる全ての皆さまに、J1で活躍する姿を見せることが僕にとって出来る恩返しだと思います。2年半という短い期間でしたが、本当にありがとうございました」 2018.07.02 14:15 Mon
twitterfacebook
thumb

湘南、中央大学FW大橋祐紀の来季加入内定を発表! 今季は特別指定選手としてプレー

▽湘南ベルマーレは20日、中央大学に所属するFW大橋祐紀(21)の来シーズン加入内定を発表。また、15日付で日本サッカー協会(JFA)から2018年JFA・Jリーグ特別指定選手としての承認を受けたことを発表した。今シーズンの背番号は「37」。 ▽大橋は八千代高校から中央大学に進学。2018年には全日本大学選抜にも選出された。クラブ公式サイトでは同選手の特徴を「スピードを生かした動き出しや積極的なシュートで常に得点機会に関わり、また前線での献身的なプレーも厭わない」と説明している。 ▽来シーズンの加入が内定し、今シーズンは特別指定選手としてプレーすることになった大橋は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「来季から湘南ベルマーレに加入することとなりました大橋祐紀です。これからとても素晴らしいクラブでプレーできることを心より嬉しく思います。また今季も特別指定選手としてプレーする機会をいただけたので、プロの一員としての意識を強く持ち、いち早くチームの勝利に貢献していきたいです。これまで自分に関わり、そして支えてくださった方々へ感謝の気持ちを忘れず、ひたむきに努力し、成長していきたいと思います」 2018.06.20 12:05 Wed
twitterfacebook
thumb

湘南、ルヴァン杯鳥栖戦でA契約選手を4名しか起用せず規約違反

▽Jリーグは12日、Jリーグ規約第42条「最強のチームによる試合参加」違反における湘南ベルマーレの処分を発表した。 ▽4月18日にYBCルヴァンカップ第4節のサガン鳥栖vs湘南ベルマーレがベストアメニティスタジアムで開催された。この際に湘南はスタメンにプロA契約選手が4名しか含まれておらずJリーグ規約第42条に定められている「最強のチームによる試合参加」の補足基準を満たしていなかったことが発覚。これによりけん責(始末書をとり、将来を戒める)と制裁金600万円を科すことを伝えた。制裁の理由については以下の通り。 「過去にも他クラブにて同様の違反があった際、再三にわたり各クラブに対し注意喚起しているにも関わらず、クラブ職員による先発メンバーの基準該当の有無の確認措置を採らず、今回のような事態となったことは非常に遺憾であり、湘南ベルマーレの責任は看過できない」 「一方で、Jリーグはルヴァンカップを若手選手の出場機会創出と捉え、2017シーズンより、21歳以下選手を1名以上先発出場させるレギュレーションを新設し、2018シーズンも継続している。その状況下、 湘南ベルマーレは、積極的に若手選手を育成すべく、本試合において21歳以下の選手3名を先発(3名を控え選手)としてベンチ入りさせたことで結果的に第42条補足基準を満たすことができなかったが、若手選手を積極起用しようとした同クラブの方針は酌量すべき事情と考える」 「上記より、過去の違反事例に倣えば1,000万円を相当とするところ、過去の事例以後に上記に記載の方針が打ち出され、湘南ベルマーレがその方針を遵守しようとする余り、本件違反にいたった事情を考慮して600万円の制裁金を科すのが相当と考える」 ▽また今回の件について湘南の代表取締役社長を務める水谷尚人氏は、以下のようにコメントしている。 「この度は、ヤマザキビスケット株式会社様はじめ、サポーターの皆様、関係者の皆様に大変なご迷惑をお掛けし、申し訳ございませんでした。Jリーグの若い選手をもっと育てていくという意向に深く、強く共感している中、一方で守らねばならない規約の理解、確認において至らぬ点があり、間違いを犯してしまいました。今後同じ間違いを起こさぬようにクラブ一同、襟を正して日々の仕事に取り組みます。今後ともご指導、ご鞭撻の程、よろしくお願いいたします」 ▽なお、株式会社湘南ベルマーレにおける処分については、以下の通り。 ◆代表取締役会長 眞壁潔 下記、代表取締役社長水谷尚人と同額を一般社団法人Ring Smileに寄付 ◆代表取締役社長 水谷尚人 減給(月給5% 1カ月) 2018.06.13 13:38 Wed
twitterfacebook
thumb

仙台気迫の猛攻も及ばず…値千金野田弾の湘南が22年ぶり準々決勝! 《YBCルヴァンカップ》

▽JリーグYBCルヴァンカップ・プレーオフステージ第2戦、ベガルタ仙台vs湘南ベルマーレが9日にユアテックスタジアム仙台で行われ、3-1で仙台が勝利。この結果、2戦合計4-3で湘南が準々決勝に進出した。 ▽2日に湘南のホームで行われた第1戦では、グループA首位通過の仙台がアウェイゴールを奪えず、グループD2位通過の湘南に0-3で敗北。ホームとアウェイを入れ替えた2試合の合計スコアで勝敗が決まるプレーオフステージ、仙台が巻き返しを図るべく臨んだ。 ▽堅い入りとなった試合、仙台がボールを持ちつつ進行していくが、なかなかシュートが生まれない。スコアが動きをみせたのは、仙台の右CKからだった。キッカーの野津田が速いクロスを供給すると、ニアに走り込んだ平岡がヘディングでファーを射抜き、先制点とする。 ▽さらに35分、またしても仙台が鋭い攻撃を浴びせる。ピッチ中央付近の石原がスルーパスを送ると、西村がGK秋元との一対一に。これを冷静に制し、2戦合計スコアタイまであと1点に迫る。 ▽試合を折り返して迎えた後半、湘南が早々にチャンスを迎える。49分、カウンターから左サイドを持ち上がった梅崎がアーリークロスを入れると、中央フリーの菊池が頭でボールを捉える。しかし、ヘディングシュートは枠を超え貴重な1点は奪えない。 ▽その後は、仙台がペースを握り湘南ゴールに迫っていく。GK秋元のファインセーブに阻まれたものの、63分には西村が右足で際どいコースにシュートを放った。 ▽しかし69分、湘南が状況を一変させる。ピッチ中央付近で前を向いた梅崎がボックス手前左の野田にスルーパスを供給。野田が中央にカットインしてグラウンダーのシュートでニアを射抜いた。仙台は、この失点によりあと3点が必要な状況となる。 ▽それでも74分、相手陣内右でルーズボールを拾った奥埜が、右足を振り抜く。すると、強烈なミドルシュートが枠を捉え、ネットに突き刺さった。その後も猛攻をかける仙台だったが、これ以上得点を生むことはできず。 ▽結局、試合は1-3のスコアで終了。この結果、2戦合計スコアを4-3とした湘南が、22年ぶりとなるプレーオフステージ突破を決めた。 ▽勝ち進んだ湘南が臨む準々決勝第1戦は9/5(水)に、第2戦は9/9(日)に開催される。なお、準々決勝の組み合わせは、7/29(日)にオープンドローの抽選で決定される。 2018.06.09 17:00 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース