「天使のように見えるが…」ピルロの“意外で恐ろしい一面”をガットゥーゾが明かす2017.11.09 11:01 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ミランのレジェンドである元イタリア代表MFジェンナーロ・ガットゥーゾ氏が、先日引退を表明した元イタリア代表MFアンドレア・ピルロ氏の“意外で恐ろしい一面”を暴露した。イギリス『FourFourTwo』が伝えた。

▽MLS(メジャーリーグサッカー)のニューヨーク・シティに所属するピルロは6日、今季終了後、現行契約が満了する12月をもって現役を引退することを発表。多くのフットボーラーから労いとキャリアに対する称賛のコメントが出ており、改めてピルロの選手としての存在価値がフォーカスされている。

▽ミランと長年ピルロと共に闘って多くのタイトルを勝ち取ったガットゥーゾは、黄金期を支えた盟友の意外な一面を『Che tempo che fa』で明かしている。

「みんな、あいつの顔は天使みたいに見えてるだろ? だが、なかなかヤバい奴だ。常に冗談を言っている。止まらねぇんだ」

「ある日、俺がミラネッロでメシを食っている時、携帯を置いてテーブルを離れたんだ。そしたら奴はガッリアーニ(副会長)と(スポーツマネージャーの)ブライダに、俺の姉妹を差し出すみたいなメールを送っていやがった」

▽常に冷静で温厚なイメージのピルロ。だが、FWマリオ・バロテッリなどのやんちゃな選手からも慕われているだけに、実際の性格は世間のイメージとは少し違うのかもしれない。

コメント

関連ニュース

thumb

イグアインの2戦連発弾でミランが辛勝スタート《EL》

▽ミランは20日、ヨーロッパリーグ(EL)グループF第1節でデュドランジュとのアウェイ戦に臨み、1-0で辛勝した。 ▽ベティス、オリンピアコスが同居しているグループF。昨季セリエAで6位のミランが、ルクセンブルク王者のデュドランジュのホームに乗り込んだ一戦。イグアインとロマニョーリを除いて控えメンバーで臨んだミランは[4-3-3]を採用し、3トップに右からカスティジェホ、イグアイン、ボリーニと並べ、中盤アンカーにJ・マウリ、インサイドにバカヨコとベルトラッチを配した。 ▽そのミランがポゼッションする展開となると、12分にイグアインが際どいミドルシュートでゴールに迫る。しかし、その後は押し込むもののチャンスを作れない状況が続いた。 ▽膠着状態を打破できない中36分、ボックス内からシュトルツに際どいシュートを打たれてヒヤリとしたミランは、39分にチャンス。左CKからカルダーラがヘディングシュートを放ったが枠の上に外れ、前半をゴールレスで終えた。 ▽低調な前半を終えて迎えた開始5分、ラクサールの左クロスをイグアインがボレーで合わせる決定機を迎えるも、GKのファインセーブに阻まれる。 ▽それでも59分、ボックス右のカスティジェホのパスをボックス中央のイグアインがダイレクトでシュート。これがGKの脇をすり抜けてゴール左に決まった。 ▽これ以降は互いにチャンスを作れず1-0で終了。ミランがグループ最弱とみられる相手にリーグ戦に続くイグアインの2戦連発弾で辛勝スタートとなっている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">ヨーロッパリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.21 06:20 Fri
twitterfacebook
thumb

【ELグループステージ展望】サムライ5人にロンドン勢登場! ジェラード初采配にも注目

▽2018-19シーズンのヨーロッパリーグ(EL)・グループステージが20日に開幕する。昨シーズンと同様、優勝チームに翌シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権が与えられるELに、今シーズンは5人の日本人選手がグループステージから参加。また、チェルシーやアーセナル、ミラン、セビージャ、ラツィオなどの優勝候補も参戦する。 ▽ここでは、注目クラブや日本人選手の所属するチームを中心にグループステージを展望していきたい。 <span style="font-weight:700;">◆優勝候補筆頭のロンドン勢&ミランやセビージャが参戦</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180919_35_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽今大会の優勝候補はチェルシーとアーセナルのロンドン勢だ。とりわけ、サッリ新監督の下でリーグ開幕から5連勝と最高のスタートを切ったチェルシーは優勝候補筆頭と言っても差し支えないはずだ。過去にベニテス体制で同タイトルを獲得しているチェルシーは、PAOK(ギリシャ)、BATEボリソフ(ベラルーシ)、ヴィディ(ハンガリー)と移動距離は難点も力の劣る対戦相手と戦うため、ホームで重要度が高い試合を除いてDFアンパドゥやMFロフタス=チーク、FWハドソン=オドイら若手に出番が回ってきそうだ。 ▽一方、リーグ戦は連敗スタートも直近3連勝で復調気配漂うアーセナルはセビージャ時代にEL3連覇に導いたエメリ新監督の下で昨季準決勝でアトレティコ・マドリーを前に散ったリベンジを果たしたいところだ。グループEではスポルティング・リスボン(ポルトガル)、カラバフ(アゼルバイジャン)、ヴォルスクラ(ウクライナ)とヴォルスクラを除く2チームはCL出場経験もある難敵だ。そのため、大幅なターンオーバーは難しく当面はリーグ戦の対戦相手に合わせて主力と控えをミックスした布陣での戦いとなるはずだ。 ▽昨季ELでは決勝トーナメントでアーセナルに敗れ再びELでの戦いを余儀なくされたミラン。国内リーグではローマ相手の劇的な勝利で勢いに乗るかに思われたが、直近のカリアリ戦で引き分けるなど相変わらず波に乗り切れないスタートとなっている。今回のグループではオリンピアコス(ギリシャ)、ベティス(スペイン)、デュドランジュ(ルクセンブルク)と、デュドランジュを除く三つ巴の様相を呈しており、リーグ戦との厳しい二足の草鞋を強いられるはずだ。 ▽ラツィオと予備予選を勝ち抜いた今大会最多優勝回数を誇るセビージャの2チームも優勝候補の一角に挙がる強豪だ。ラツィオに関してはマルセイユ(フランス)、フランクフルト(ドイツ)、アポロン・リマソル(キプロス)と厳しいグループに入った。一方、セビージャはFCクラスノダール(ロシア)との一騎打ちとなっており、勝ち上がりの可能性は高そうだ。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">ヨーロッパリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> <span style="font-weight:700;">◆グループHで酒井宏vs長谷部、乾はミランと同組</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180919_35_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>>▽今シーズンのELグループステージでは、5人の日本人選手がプレーすることになる。昨季ELファイナリストであるマルセイユDF酒井宏樹はロシア・ワールドカップ(W杯)で共闘したフランクフルトMF長谷部誠と同じグループHに入った。ただ、絶対的主力に君臨する酒井とは異なり、今季の長谷部は新指揮官の下で控えに甘んじており、日本人対決実現は微妙なところだ。 ▽また、2013-14シーズンのフランクフルト時代以来となるEL参戦のベティスMF乾貴士はミランと同じグループFに入った。国内リーグでは目に見える結果こそ残せていないものの早くもチームの戦術に順応しており、久々のELの舞台でも大暴れを期待したい。 ▽CL予備予選で敗れて今季もELで戦うことになったザルツブルクMF南野拓実はクラブでも主力を担い、先日の日本代表ではコスタリカ相手に待望の代表初ゴールを記録しており、勢いに乗っている。グループBは昨季決勝トーナメントで対戦した姉妹クラブのRBライプツィヒ(ドイツ)、セルティック(スコットランド)、ローゼンボリ(ノルウェー)とCLクラスの相手との難しい戦いになるが、今後のステップアップに向けて格好のアピールの場となるはずだ。 ▽最後にアンデルレヒトMF森岡亮太だが、クラブ内では今季不遇をかこっており、自身初のELの舞台での出場に向けては国内リーグでのアピールが必須だ。なお、同グループにはフェネルバフチェ(トルコ)、ディナモ・ザグレブ(クロアチア)と注目チームが入っており、南野と同様に今後に向けたアピールの場としたい。 <span style="font-weight:700;">◆ジェラード&イラオラがEL初采配</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180919_35_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽その他のクラブでは、EL初采配となる新米監督を含めて指揮官に注目したい。今回の出場チームの指揮官で最も注目を集めるのが、レンジャーズ(スコットランド)を率いるスティーブン・ジェラード監督。イングランド代表とリバプールで世界最高峰のMFとして活躍した同監督は今季からスコットランド屈指の名門で指揮を執る。国内リーグとEL予備予選を勝ち抜くなど早くも優れた手腕を発揮しつつあるスティービーは本大会でどんな采配を見せるのか。 ▽また、ジェラードほどのネームバリューはないものの、リーガファンにお馴染みだった元アスレティック・ビルバオの元スペイン代表DFのアンドニ・イラオラは、今季からAEKラルナカ(キプロス)で監督業をスタート。そして、ジェラード同様に指揮官としてEL初挑戦となる。 ▽そのほかではPSVから今季フェネルバフチェ(トルコ)に移ったフィリップ・コクー監督、かつて鹿島アントラーズやセレッソ大阪を率い、今季からルドゴレツ(ブルガリア)を率いるパウロ・アウトゥオリ監督、それぞれ名将を父親に持つPAOKのラズヴァン・ルチェスク監督、デュドランジュのディノ・トップメラー監督の2世監督にも注目したい。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">ヨーロッパリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div>【ELグループステージ出場チーム】 【グループA】 レバークーゼン(ドイツ) ルドゴレツ(ブルガリア) チューリッヒ(スイス) AEKラルナカ(キプロス) 【グループB】 ザルツブルク(オーストリア) セルティック(スコットランド) RBライプツィヒ(ドイツ) ローゼンボリ(ノルウェー) 【グループC】 ゼニト(ロシア) コペンハーゲン(デンマーク) ボルドー(フランス) スラビア・プラハ(チェコ) 【グループD】 アンデルレヒト(ベルギー) フェネルバフチェ(トルコ) ディナモ・ザグレブ(クロアチア) スパルタク・トルナバ(スロバキア) 【グループE】 アーセナル(イングランド) スポルティング・リスボン(ポルトガル) カラバフ(アゼルバイジャン) ヴォルスクラ(ウクライナ) 【グループF】 オリンピアコス(ギリシャ) ミラン(イタリア) ベティス(スペイン) デュドランジュ(ルクセンブルク) 【グループG】 ビジャレアル(スペイン) ラピド・ウィーン(オーストリア) スパルタク・モスクワ(ロシア) レンジャーズ(スコットランド) 【グループH】 ラツィオ(イタリア) マルセイユ(フランス) フランクフルト(ドイツ) アポロン・リマソル(キプロス) 【グループI】 ベシクタシュ(トルコ) ヘンク(ベルギー) マルメ(スウェーデン) サルプスボリ(ノルウェー) 【グループJ】 セビージャ(スペイン) FCクラスノダール(ロシア) スタンダール・リエージュ(ベルギー) アクヒサル(トルコ) 【グループK】 ディナモ・キエフ(ウクライナ) アスタナ(カザフスタン) レンヌ(フランス) ヤブロネツ(チェコ) 【グループL】 チェルシー(イングランド) PAOK(ギリシャ) BATEボリソフ(ベラルーシ) ヴィディ(ハンガリー)<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">ヨーロッパリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.20 18:00 Thu
twitterfacebook
thumb

就任から約10年…アーセナル、ガジディスCEOの退任&ミラン入閣を発表

▽アーセナルは18日、クラブの最高経営責任者(CEO)を務めるイヴァン・ガジディス氏が10月末に退任し、12月1日からミランのCEOに就任することを発表した。また、クラブは今後ラウール・サンレヒ氏がフットボールディレクター、ヴィナイ・ヴェンカテシャム氏がマネージングディレクターを務めることも併せて伝えている。 ▽ガジディス氏は2009年にアーセナルのCEOへ正式就任。長期政権を築いたアーセン・ヴェンゲル前監督を支えたほか、近年ではバルセロナからラウール・サンレヒ氏、ドルトムントからスヴェン・ミスリンタート氏の2人の敏腕ディレクターの引き抜き、今夏のウナイ・エメリ監督の招へいも成功させた。 ▽退任が決定したガジディス氏は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「私はこの10年間、偉大なこのクラブで仕事に打ち込むことができた。そして、今アーセナルは新たな章に突入する。私はそのチャレンジを確固たるものにするためにできる限りのことはしてきた。それは世界レベルの施設を作ること、そしてクラブの価値を担う全ての分野で優れた指導者を招へいすることだ。もちろん、ウナイ・エメリ、ラウール・サンレヒ、ヴィナイ・ヴェンカテシャムもそうだ」 「私の人生で最も難しい決断だった。しかし、10年が経ち、新たなリーダーシップ、エネルギーで刺激を与え、新たな時代に向かってクラブが前進するためには適切な時だと考えている。クラブのポジティブな変化を信じているし、楽しみにしている。私個人としては、ミランと共に新たな挑戦に向かう」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_s" terget="_blank">セリエAを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.19 10:30 Wed
twitterfacebook
thumb

元アメリカ代表DFオニェウが36歳で現役引退

▽ミランやスポルティング・リスボン、マラガなどでプレーした元アメリカ代表DFオグチ・オニェウ(36)が17日、自身のインスタグラムで現役引退を発表した。 ▽ナイジェリア出身の両親を持つ191cmの屈強なフィジカルを持つセンターバックのオニェウは、メスでプロデビュー後、スタンダール・リエージュで頭角を現し、2009年夏にミランへ移籍。しかし、ミランでは負傷により出場機会を得られず。そして当時の同僚だったFWズラタン・イブラヒモビッチと大喧嘩を起こし、2011年冬にトゥベンテへ追われていた。 ▽その後はスポルティング・リスボンやマラガ、QPRといったクラブでプレー。2017年には母国アメリカのフィラデルフィア・ユニオンに移籍していた。 ▽アメリカ代表としては通算69試合に出場。2006年ドイツ・ワールドカップに出場していた。 2018.09.18 04:01 Tue
twitterfacebook
thumb

ガットゥーゾ、ミランのドローに落胆「戦術もメンタルも本当に酷い。潜在力はあるが」

ミランの指揮官ジェンナーロ・ガットゥーゾは16日、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、ドローに終わったカリアリ戦の反省点を述べた。<br><br>■立ち上がりが課題と分析するガットゥーゾミランは16日、セリエA第4節においてアウェイでカリアリと対戦。試合開始直後の4分に先制点を献上すると、55分、ミランはFWゴンサロ・イグアインのゴールで追いついたが、試合はこのまま1-1で終了した。試合終了後、ガットゥーゾは課題を述べた。<br><br>「試合の立ち上がりだが、解決すべき点がある。今日のような最初の20分間は困る。戦術面、メンタル面において本当に酷かった。当然、改善していかなければならない。0-2でリードを許してしまえば、追いつくこともできなくなるからね。良かったところを考えている場合ではなく、問題点と向き合わなければならない。ボールをキープするのが好きだとは言え、上手くいかなければリセットして残りの10分間を別の形でプレーしなければならない。後半の出来で取り返せたとは言えない。カリアリには2-0になるチャンスもあったわけで、そうなっていれば今頃、別の話をしていただろう。このチームは若くて強いチームだ。今のミランなら、もっとできるということをいまだに感じ取っていない者もいる。態度から改善していくべきだ」<br><br>またミランの闘将は、試合終了後に怒りを露わにしていたイグアインに対して、「試合が終わった後に怒るべきではない。勝てる可能性があったのだから、もっと前に考えなければ」と述べ、苦言を呈した。だが一方でイグアインを十分に活かすことができていない現実も認めている。「その通り。彼の方から近寄って来ることが多い。(ハカン)チャルハノールやスソと試行錯誤しているが、今日は30分間、中盤やサイドから誰も飛び出してくる選手がいなかった」と続けた。<br><br>最後に指揮官は、「道のりはまだ長い。このチームには潜在能力があるが、2位や3位だと言う声には吹き出してしまう。改善していくことでより良い成績を収めることができるはずだ。このチームには毒牙があるが、まだ出せずにいる」と述べ、チームの成長を期待した。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.17 15:15 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース