ルカクの“相棒”ポグバ、代表ウィーク明けに復帰か2017.11.08 16:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバが代表ウィーク明けにもピッチに戻ってくるかもしれない。イギリス『メトロ』が報じた。

▽今シーズン開幕から印象的な活躍を見せていたポグバ。だが、12日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループA第1節のバーゼル戦でハムストリングを痛めて以降、現在までに公式戦12試合の欠場を余儀なくされている。

▽ポグバは、5日に行われたプレミアリーグ第11節のチェルシー戦で戦列復帰の可能性があったようだが、リスクを懸念した医療スタッフの判断で見送りに。第12節のニューカッスル戦でのベンチ入りが見込まれているという。

▽ユナイテッドは現在、首位のマンチェスター・シティを勝ち点8差で追う2位に位置。直近のリーグ戦4試合でわずか1勝にとどまるチームにとって、ここ4試合無得点のFWロメル・ルカクの“良き相棒”ポグバの復帰が起爆剤となるかもしれない。

コメント

関連ニュース

thumb

モウリーニョ「セーザルなら片腕でカシージャス以上」

▽フラメンゴの元ブラジル代表GKジュリオ・セーザルが、ジョゼ・モウリーニョ監督の辛辣なジョークを回想した。ブラジル『Selecao Sportv』のインタビューを基にスペイン『マルカ』が伝えている。 ▽2005年から2012年までインテルで活躍したジュリオ・セーザルは、2009-10シーズンにはモウリーニョ監督(現マンチェスター・ユナイテッド)の下で正守護神として活躍し、チャンピオンズリーグ、セリエA、コッパ・イタリアの主要大会3冠に貢献した。 ▽エピソードの舞台となるのは、モウリーニョ監督がレアル・マドリーで指揮を執っていた2013年のコンフェデレーションズカップ。ブラジル代表としてスペイン代表と決勝で対戦したジュリオ・セーザルは、3-0で勝利して大会ベストGK賞に輝き、試合後には当時マドリーに所属していた元スペイン代表GKイケル・カシージャス(現ポルト)とシャツを交換した。 ▽ジュリオ・セーザルは、“カシージャスの全ての功績に敬意を表す”ために同選手のユニフォームを着用。しかし、この行動が当時マドリーでカシージャスとの確執が報じられていたモウリーニョ監督の琴線に触れたようだ。 「ドレッシングルームに戻った時、モウリーニョから僕の携帯電話に送られたメッセージを開いたんだ」 「『お前はイカれてる。カシージャスがお前のユニフォームを着るべきなんだよ、お前じゃない』と書かれていたよ。おまけに、僕なら腕1本でカシージャスより止められるとも言われたね」 「イケル(・カシージャス)がドレッシングルームを訪れたから、モウリーニョと話し合うべきだと言ったよ。難しいことだけど、直視しないとね」 ▽モウリーニョ監督との親交を保ちつつ、カシージャスにもアドバイスを送ったジュリオ・セーザル。人間関係においても、その守備範囲は相当なものだ。 2018.04.20 19:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ポグバ放出なら最大211億円要求か

▽イギリス『デイリー・メール』は、マンチェスター・ユナイテッドが今夏、フランス代表MFポール・ポグバ(25)を放出することになった場合、獲得希望クラブに対して高額な移籍金を求めていると報じた。 ▽2016年夏に当時の世界最高額8900万ポンドでユナイテッドに復帰したポグバは、ジョゼ・モウリーニョとの冷え切った関係が取り沙汰されている。その中、18日に行われたプレミアリーグ第35節のボーンマス戦で後半途中に交代を命じられた際、モウリーニョ監督と言葉も握手も交わすことなくドレッシングルームへ。メディアからより注目を集めている。 ▽そういったポルトガル人監督との軋轢から今シーズン終了後の補強に向けた資金捻出のための放出候補に挙がっているポグバだが、ユナイテッド上層部は売却に難色を示している模様。ただ、手放すことになった場合として、獲得時の移籍金をはるかに上回る1億2000〜1億4000万ポンド(約181億3000〜211億5000万円)を要求するという。 ▽これが事実であれば、獲得に動けるクラブは世界中でも限られてくる。パリ・サンジェルマンやレアル・マドリー、バルセロナ、マンチェスター・シティ、チェルシーといったクラブの資金力であれば獲得に動けるとみられているが、果たして…。 2018.04.20 16:00 Fri
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、最下位相手に敗戦したチームの不安定さを嘆く「だから優勝できない」

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、下位チーム相手からの取りこぼしの多さがマンチェスター・シティとの差につながっていると語った。<br><br>ユナイテッドは14日、本拠地オールド・トラフォードにてプレミアリーグ第33節でWBAと対戦。リーグ最下位に沈む相手に0-1でまさかの敗戦を喫し、ライバルであるシティの優勝が決まった。<br><br>18日に行われたボーンマス戦では2-0の勝利を収めたものの、試合後の記者会見で指揮官が語ったのは前節の敗戦についてだった。<br><br>「我々は不安定だと思う。気持ちの面で不安定なことが多い。トップ5のチーム相手にはポイントを失っていない。シティとは1勝1敗。スパーズとも1勝1敗。チェルシーとも1勝1敗。リバプールとは1勝1分。アーセナルには1勝しており、もう1試合残っている」<br><br>「しかし、3ポイントを昇格組から奪われた。ハダーズフィールド・タウンには敗れ、ニューカッスルにも敗れた。さらにおそらく降格するであろうチーム、残留争いをしているチームからポイントを失った。WBAに3ポイントを奪われ、2ポイントを他の降格争いをしているチームに奪われた。ストーク(・シティ)、サウサンプトンだ。我々は安定性を欠いていたと思う。そして代償を払うことになった」<br><br>モウリーニョは、この下位チーム相手に対する成績こそが優勝を決めたシティとの大きな差であると語った。<br><br>「我々のトップ4は安泰だと思う。2位で終える大きな可能性がある。すでに昨季よりも多くの勝ち点を積み上げており、得点もより多く、失点もより少なくなっている。それでももっとよくできたはずだ。『優勝できた』とは言わない。それはマンチェスター・シティが我々より優れているからだ。勝ち点の差がそれを示している。我々は心構えの面でより安定している必要がある」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.19 19:50 Thu
twitterfacebook
thumb

完勝のユナイテッド、モウリーニョはポグバを絶賛「MOMに興味はないが…」

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、ボーンマス戦のポール・ポグバはマン・オブ・ザ・マッチに値すると称賛した。<br><br>18日にマンチェスター・ユナイテッドは敵地でボーンマスと対戦。この試合に先発で出場したポグバは、1-0で迎えた70分にロメル・ルカクのゴールをアシストするなど、2-0の勝利に貢献した。<br><br>今シーズン、ポグバはパフォーマンスが一貫性に欠けると多くの批判を浴びてきた。モウリーニョ監督も1月に公然と批判するなど両者の関係性は冷めきっていると報じられていたが、この試合で圧倒的なパフォーマンスを見せたフランス代表MFを『BTスポーツ』で称えた。<br><br>「ポール・ポグバはこの試合で大活躍だった。マンチェスター・シティ戦でも飛び抜けたプレーを見せ、今日もとても、とても良いプレーをしてくれた。私はマン・オブ・ザ・マッチに興味はあまりないが、今日のポグバはそれに匹敵する活躍だった」<br><br>前節最下位のウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンに不覚を取るも、この試合で完勝したマンチェスター・ユナイテッドは、21日にFAカップ準決勝でトッテナムと対戦する。この試合に向け、モウリーニョ監督は「ピッチに立った全選手がポジティブなプレーを見せて、土曜日の試合に起用できることをアピールしてくれた」と言及。<br><br>「無駄なフェイントやターン、タッチがなく、シンプルにプレーできていた。それに、責任を持ってプロフェッショナルとしての見本となるパフォーマンスに終始し、強い信念を持って戦えていた。優先すべき目標であるトップ4確保に大きく近づけ、私はハッピーだ」<br><br> <br>提供:goal.com 2018.04.19 12:10 Thu
twitterfacebook
thumb

主力温存のユナイテッドがスモーリング&ルカク弾でボーンマス撃破! 2戦ぶり白星でFA杯スパーズ戦に弾み《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第35節、ボーンマスvsマンチェスター・ユナイテッドがヴァイタリティ・スタジアムで行われ、アウェイのユナイテッドが2-0で勝利した。 ▽前節、ホームで最下位WBAに0-1の敗戦を喫して宿敵マンチェスター・シティのリーグ制覇をアシストした2位ユナイテッド(勝ち点71)。今週末にトッテナムとのFAカップ準決勝を控える中、11位ボーンマス(勝ち点38)のホームに乗り込んだ。モウリーニョ監督はトッテナム戦を考慮してWBA戦から先発7人を変更。バレンシアとヤングのベテランサイドバックに代えてダルミアンとショー、サンチェスとルカク、マタに代えて前線はリンガード、マルシャル、ラッシュフォードの若手3選手が起用された。 ▽試合は立ち上がりから激しいハイプレスを仕掛けるホームのボーンマスが小兵フレイザーの鋭い仕掛けを起点に攻勢を見せる。この流れの中でウィルソンがゴール前に抜け出して決定機に絡むが、先制点には至らず。 ▽一方、時間の経過と共に相手を押し返すユナイテッドだが、パワーやスピードを生かしたフィジカル的な仕掛けが機能するものの、なかなかチームとしての崩しを見せられない。それでも、マルシャルやラッシュフォードが積極的に足を振っていく。すると28分、セットプレーの二次攻撃から味方の縦パスに抜け出したリンガードがボックス右からグラウンダーで折り返す。これを攻め残っていたスモーリングがストライカーさながらのスライディングシュートで流し込んだ。 ▽伏兵スモーリングのゴールで先制に成功したユナイテッドだが、その後は前がかりとなるホームチームの攻勢に晒されてフレイザーやキングに際どいシュートを許したものの、何とか前半を1点リードで終えた。 ▽後半もピリッとしないユナイテッドは56分にピンチ。キングの左からのクロスに対してウィルソンへの寄せが遅れたショーが後ろから抱え込む形で対応。ウィルソンを含めてボーンマス側がPKを要求も主審はここでファウルを取らない。 ▽判定に救われてリードを保ったユナイテッドは63分にリンガードを下げてルカクを投入。すると、この選手交代が2点目をもたらす。70分、自陣からのカウンターで左サイドを豪快にドリブルで持ち上がったポグバが相手を引き付けてボックス左に走り込むルカクへラストパス。ルカクは飛び出したGKベゴビッチの寸前でチップキックを試みると、これがゴールネットを揺らした。 ▽この2点目で勝利を大きく近づけたユナイテッドは72分にエレーラを下げてマティッチ、80分にポグバを下げてブリントを続けて投入し、試合をクローズにかかる。その後は集中した守備でホームチームの反撃を難なくはね返し、敵地で2-0の完勝。やや判定に恵まれた面もあったものの、効率よい攻撃と堅守で勝ち切ったユナイテッドが2試合ぶりの勝利でFAカップ準決勝に弾みをつけた。 2018.04.19 05:44 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース