FC岐阜、大木武監督の続投を発表 宮田社長「大木イズムが来季は必ず花開くと確信」2017.11.08 11:37 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽FC岐阜は8日、大木武監督(56)との契約を更新することで合意に達したことを発表した。

▽今シーズンからFC岐阜の監督に就任した大木は、明治安田生命J2リーグでここまで11勝12分け17敗という成績で17位に位置。新体制発表で掲げていた一桁順位に入る目標は達成できなかったが、昨シーズンの20位を上回る成績を残している。

▽続投が決定した大木監督は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。
「来シーズンもFC岐阜の指揮をとらせていただくことになりました。今シーズンの応援本当にありがとうございました。来シーズンはもっともっとみなさんに喜んでもらえるようなゲームをする、それからしっかりと勝てるチームを作るということで頑張っていきますので、よろしくお願いいたします」

「11日はホーム最終戦の湘南戦ですので、是非みなさん長良川競技場へ足を運んで応援してください」

▽また、大木監督の続投について宮田博之社長が以下のように説明した。

「様々な方から、『今シーズンのFC岐阜は個性が光るとても面白いチームになった』とご評価をいただき、私も確かな手ごたえを感じております。シーズン成績は皆様のご期待に沿う形にはなっておりませんが、チームをここまで育ててくれた大木監督の手腕を信頼し、引き続き采配をお任せすることとしました」

「チームに浸透してきた大木イズムが来季は必ず花開き、大いに活躍してくれるものと確信しております。今シーズンも残すところ2試合となり、11日にはホーム最終戦となる湘南ベルマーレ戦が控えております。スタジアムをファン・サポーターの皆様で埋め尽くし、皆様の熱いご声援を支えに来季につながる戦いを繰り広げたいと思います。今週末は是非、長良川競技場にお越しください!」

コメント

関連ニュース

thumb

愛媛が岐阜のMF禹相皓を期限付き移籍で獲得「精一杯頑張っていきたい」

▽愛媛FCは17日、FC岐阜のMF禹相皓(ウ・サンホ/25)を期限付き移籍で獲得することを発表した。期限付き移籍期間は2018年7月18日~2019年1月31日となる。なお、今シーズンの岐阜との公式戦には出場できない。 ▽禹相皓は、柏レイソルU-18から明海大学へと進学。その後はモンテネグロのOFKペトロバツへと移籍。韓国の大邱FCを経て、2018年に岐阜へと加入した。今シーズンの明治安田生命J2リーグでは1試合の出場にとどまっていた。禹相皓は、クラブを通じてコメントしている。 ◆愛媛FC 「初めまして、FC岐阜から移籍することになりました禹相皓です。シーズンの途中での加入になりますが、早くチームに馴染み、勝利に貢献できるように精一杯頑張っていきたいと思います。宜しくお願いします」 ◆FC岐阜 「この度、愛媛FCに移籍する事が決まりました。短い間でしたが、応援してくださったファン、サポーターの方々への感謝の気持ちでいっぱいです。FC岐阜での経験を活かして、これからも頑張ります。本当にありがとうございました」 2018.07.17 16:11 Tue
twitterfacebook
thumb

岐阜MF永島悠史がオーバートレーニング症候群…J2第13節以降ベンチ入りもせず

▽FC岐阜は11日、MF永島悠史(21)がオーバートレーニング症候群と診断されことを発表した。 ▽永島が体調不良のため診察を受けたところ、発覚したようだ。 ▽京都サンガF.C.下部組織出身の永島は、2015年にトップチームに昇格した。その後、2017年に岐阜へ期限付き移籍を果たし、同年の明治安田生命J2リーグで39試合5ゴール。期限付き移籍期間を延長して臨んだ今シーズンはここまでリーグ戦10試合1ゴールを記録していたが、5月6日の第13節松本山雅FC戦以降、メンバーから外れていた。 2018.07.11 17:05 Wed
twitterfacebook
thumb

愛媛が今季初の複数得点で岐阜に逆転勝利! 4戦ぶり白星で暫定ながら降格圏脱出《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第22節のFC岐阜vs愛媛FCが8日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われ、アウェイの愛媛が2-1で勝利した。 ▽前半戦を11位で終えた岐阜と、最下位に沈む愛媛による後半戦初戦。前日に大雨特別警報が発令されたことで開催が危ぶまれたものの、無事に開催にこぎ着けた長良川競技場での一戦はアウェイの愛媛が積極的な入りを見せた。 ▽だが、序盤のピンチを冷静に凌いだ岐阜は10分、左CKの場面でキッカーんほ風間が右足アウトスウィングで入れたボールをファーでフリーの阿部が頭で合わせ、今季初ゴールで先制点を記録した。 ▽幸先良く先制に成功した岐阜はリズム良くボールを動かしながら追加点に迫る。18分には福村、27分には阿部と両サイドバックがボックス内で決定機を迎えるが、ここはフィニッシュまで持ち込めない。 ▽一方、30分を過ぎて盛り返し始めた愛媛は34分に前野の左CKを中央の上原が頭で合わすが、枠の左を捉えたシュートはGKビクトルのビッグセーブに阻まれる。その後も前野を起点に近藤らが決定機を迎えるが、ビクトルの好守やシュートミスによって同点ゴールを奪うことはできなかった。 ▽岐阜の1点リードで折り返した試合は前半同様に立ち上がりは岐阜の時間が続く。だが、ゴール前に抜け出した田中パウロ淳一の決定機をGK岡本に阻止されるなど、追加点を奪うまでには至らず。 ▽一方、53分に上原を下げて有田を投入した愛媛はその有田を背後に走らせるプレーや近藤の縦への鋭い仕掛けを武器に反撃を試みる。すると61分、ボックス手前でパスカットした前野が左足を振り抜くと、強烈なシュートがゴール右上隅の絶妙なコースに突き刺さった。 ▽前野の圧巻のミドルシュートで追いついた愛媛は勢い付いて攻めたれると、70分に待望の逆転ゴールを奪取。自陣中央でボールを奪った西岡が前線に飛び出した有田に絶妙なフィードを通すと、ゴール左まで持ち込んだ有田が冷静に左足で決め切った。 ▽今季初の複数得点で試合を引っくり返した愛媛は後方に重心を置きながらもシンプルなカウンターで試合をコントロール。試合終盤には猛攻に出た岐阜にセットプレーの流れから山岸、難波に決定機を作られるが、いずれも相手のシュートミスに助けられた。そして、チーム一丸となった守備で岐阜の反撃を凌ぎ切った愛媛が2-1で勝利。今季初の複数得点で逆転勝利の愛媛は4試合ぶりの今季4勝目で京都サンガF.C.(1試合未消化)、 カマタマーレ讃岐を抜き残留圏内の20位に浮上した。 ◆明治安田生命J2リーグ第22節結果 ▽7/7(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">水戸ホーリーホック 5</span>-0 カマタマーレ讃岐 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">松本山雅FC 2</span>-0 アルビレックス新潟 町田ゼルビア 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 栃木SC</span> 東京ヴェルディ 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 ファジアーノ岡山</span> ジェフユナイテッド千葉 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 大宮アルディージャ</span> 横浜FC 1-1 モンテディオ山形 ツエーゲン金沢 2-2 レノファ山口 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">徳島ヴォルティス 1</span>-0 ロアッソ熊本 大分トリニータ 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 ヴァンフォーレ甲府</span> ▽7/8(日) FC岐阜 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 愛媛FC</span> ▽未定 京都サンガ vs アビスパ福岡 ※豪雨の影響で中止 2018.07.08 20:08 Sun
twitterfacebook
thumb

3連勝町田が岐阜の連勝を「4」でストップ! 古橋J2記録の7連発も決めたのは自軍のゴールに…岡山vs横浜FCはドロー《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第19節の2試合が17日に行われた。 ▽岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われたFC岐阜vsFC町田ゼルビアは、アウェイの町田が1-0で勝利した。 ▽破竹の4連勝で7位まで順位を上げた岐阜は、今節でクラブ新記録の5連勝とクラブ記録タイとなるホーム4連勝を目指す。レコードブレイクを狙うこの一戦に向けてはJ2記録に並ぶ7試合連続ゴールを目指す古橋ら現状のベストメンバーが起用された。 ▽一方、リーグ戦2連勝中の4位町田は難敵相手のアウェイゲームで3連勝を目指した。なお、ロメロ・フランクや平戸など一部主力をベンチに置いたものの、こちらもほぼベストメンバーが揃った。 ▽互いに狙いのハッキリとしたプレーを見せて立ち上がりから拮抗した展開が続く。この中で素早いスライドと球際の強さを見せる町田が良い守備からカウンターで攻撃を展開していく。この流れの中で吉濱や鈴木に決定機が訪れるも決め切れない。 ▽町田がよりフィニッシュの局面を作った前半を経て試合は0-0で後半に突入。後半も鈴木を起点に町田が先制点を予感させる仕掛けを見せる一方、岐阜も風間と古橋を起点にカウンターからチャンスを創出。74分にはボックス手前左から内に切り込んだ風間の落としから山岸がミドルを狙うも、これは精度を欠く。 ▽すると78分、意外な形から先制点が生まれる。町田が右サイドでCKを獲得すると、途中出場の平戸がアウトスウィングのボールを入れる。これをDFが被ってファーの下坂が右足でダイレクトシュート。ボールは枠を外れていたものの、ゴール右でクリアを試みた古橋の足に当たったボールが岐阜ゴールに吸い込まれた。 ▽J2記録の7試合連続ゴールを目指す中でオウンゴールで町田に先制点を献上した古橋はその直後にボックス手前でボールを収めてGKと一対一のチャンスを得るが、左足で放ったシュートはわずかに枠の右に外れ、正真正銘の7試合連続ゴールとはならず。 ▽その後、ホームで負けられない岐阜はここからリスクを冒して反撃に出たものの、試合終了間際の90分に風間が放ったヘディングはわずかに枠の右に外れ、万事休す。幸運な形からの決勝点ながらも説得力のある内容で難敵岐阜の連勝をストップした町田がアビスパ福岡を得失点差で抜き3位に浮上した。 ▽また、シティライトスタジアムで行われたファジアーノ岡山vs横浜FCは、0-0のドローに終わった。 ▽共に前節で久しぶりの敗戦を喫した6位の岡山と8位の横浜FCによる勝ち点1差の上位対決は、互いに連敗を避けたいという気持ちからやや後ろに重たいゲーム展開となる。それでも、前半半ばからリズムを掴んだ横浜FCがレアンドロ・ドミンゲスや北爪が決定機に絡む場面を見せた。 ▽結局、ゴールレスで折り返した試合は前半と打って変わってオープンな展開に。後半に入って攻勢を強めた岡山は63分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でサインプレーから伊藤が枠の右隅を捉えた決定的なシュートを放つが、これはGK南のビッグセーブに遭う。その後も伊藤や三村を起点に幾度もチャンスを作るが、その前にGK南が立ちはだかる。 ▽一方、横浜FCも後半に入って存在感を出し始めたイバや野村に一対一の決定機が訪れたものの、こちらはGK一森の身体を張ったファインセーブに阻まれ、あと一歩でゴールをこじ開けられない。結局、試合はこのまま0-0でタイムアップ。両GKの躍動した接戦は痛み分けのドローに終わった。 ◆明治安田生命J2リーグ第19節 ▽6月17日(日) FC岐阜 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 FC町田ゼルビア</span> ファジアーノ岡山 0-0 横浜FC ▽6月16日(土) 水戸ホーリーホック 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 大宮アルディージャ</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ジェフユナイテッド千葉 2</span>-1 愛媛FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">東京ヴェルディ 3</span>-1 京都サンガF.C. ヴァンフォーレ甲府 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 モンテディオ山形</span> 松本山雅FC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 大分トリニータ</span> アビスパ福岡 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 アルビレックス新潟</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ツエーゲン金沢 2</span>-0 栃木SC 徳島ヴォルティス 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 レノファ山口FC</span> ロアッソ熊本 1-1 カマタマーレ讃岐 2018.06.17 20:26 Sun
twitterfacebook
thumb

FC岐阜からクラブ史上初! 4戦連発のFW古橋亨梧がJ2リーグ5月度月間MVPに選出!《Mastercard月間MVP》

▽Jリーグは5日、5月度の「明治安田生命JリーグMastercard priceless japan 月間MVP」として、J2リーグからFC岐阜のFW古橋亨梧を選出した。古橋は初受賞となる。 ▽古橋は、5月に行われた全5試合に先発出場し、4試合連続で得点を記録。岐阜からは、クラブ史上初の選出となった。 ▽Jリーグは、受賞者である古橋のコメントとJリーグ選考委員会による総評を次のように紹介している。 ◆FW古橋亨梧(FC岐阜) 「『明治安田生命Jリーグ Mastercard priceless japan 月間MVP』に選んでいただきありがとうございます。個人賞を頂くことが出来ましたが、点を決められているのはビクトル選手をはじめ、体を張って守っているDFの選手のおかげであったり、中盤の選手の運動量・パス回しのおかげで、チーム全体として調子が良く、いい結果が生まれているのだと思います」 「結果的に個人として賞をもらいましたが、一人ではこの賞をもらうことは出来ないですし、チーム全体の賞だと思います。まだシーズンは続くので、今の順位に満足せず、もっと全員が上を目指してプレー出来るようにこの調子をキープし続けて、目標である一桁順位、そしてプレーオフや優勝争いに入っていき、ファン・サポーターの皆さんと一緒に喜べるように、頑張りたいと思います」 ◆Jリーグ選考委員会による総評 「岐阜からクラブ史上初の選出となった。スピードを活かした果敢なドリブルからのシュートで多くのチャンスを演出し、自身は第13節から4試合連続で得点を挙げている。また、チームも一敗を挟んで4勝を記録するなど好調をキープ。今最も波に乗っている選手の一人であり、チームの躍進を支えている岐阜のスピードスターが初のMVPを受賞した」 2018.06.05 17:11 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース