FC岐阜、大木武監督の続投を発表 宮田社長「大木イズムが来季は必ず花開くと確信」2017.11.08 11:37 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽FC岐阜は8日、大木武監督(56)との契約を更新することで合意に達したことを発表した。

▽今シーズンからFC岐阜の監督に就任した大木は、明治安田生命J2リーグでここまで11勝12分け17敗という成績で17位に位置。新体制発表で掲げていた一桁順位に入る目標は達成できなかったが、昨シーズンの20位を上回る成績を残している。

▽続投が決定した大木監督は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。
「来シーズンもFC岐阜の指揮をとらせていただくことになりました。今シーズンの応援本当にありがとうございました。来シーズンはもっともっとみなさんに喜んでもらえるようなゲームをする、それからしっかりと勝てるチームを作るということで頑張っていきますので、よろしくお願いいたします」

「11日はホーム最終戦の湘南戦ですので、是非みなさん長良川競技場へ足を運んで応援してください」

▽また、大木監督の続投について宮田博之社長が以下のように説明した。

「様々な方から、『今シーズンのFC岐阜は個性が光るとても面白いチームになった』とご評価をいただき、私も確かな手ごたえを感じております。シーズン成績は皆様のご期待に沿う形にはなっておりませんが、チームをここまで育ててくれた大木監督の手腕を信頼し、引き続き采配をお任せすることとしました」

「チームに浸透してきた大木イズムが来季は必ず花開き、大いに活躍してくれるものと確信しております。今シーズンも残すところ2試合となり、11日にはホーム最終戦となる湘南ベルマーレ戦が控えております。スタジアムをファン・サポーターの皆様で埋め尽くし、皆様の熱いご声援を支えに来季につながる戦いを繰り広げたいと思います。今週末は是非、長良川競技場にお越しください!」

コメント

関連ニュース

thumb

大分vs岐阜は激しい打ち合いの末にドロー《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第36節が8日に行われ、大分トリニータ(9位/勝ち点55)vs FC岐阜(15位/勝ち点43)は3-3で終了した。 ▽試合は23分、ボックス左に侵入した後藤の折り返しが田森のオウンゴールを誘って大分が先行する。ここから岐阜の反撃に遭った大分だが、43分に引き離すことに成功。ロングボールを三平がさばくと、パスを受けた後藤がボックス内に侵入して冷静にゴールを陥れた。 ▽迎えた後半、2点のビハインドを背負う岐阜は55分にペナルティアークから風間が放ったコントロールシュートが右ポストに直撃。逆に大分は64分、ボックス右手前から鈴木惇がゴールをわずかにはずれる際どい直接FKを放って岐阜を脅かす。さらに大分は68分、ボックス左の松本がGKビクトルのセーブを強いる枠内シュートを放つ。 ▽すると、守護神に助けられた岐阜がここから反撃。70分に庄司のクロスに合わせた風間がヘディングシュートを決めると、79分にはボックス右の大本が入れたクロスに難波がダイビングヘッド。岐阜が一気に2-2のタイスコアとする。 ▽完全に勢いに乗った岐阜はさらに88分、風間の右CKにファーサイドでフリーになった阿部がヘッド。これがゴール右に決まり、2点ビハインドから一気に逆転した。 ▽しかし、大分も意地を見せる。アディショナルタイム1分、ボックス左で縦突破を仕掛けた川西が左足を振る。鋭いシュートをゴール右に決めて、大分が同点に追いついた。さらに直後にも岸田がゴールマウスを襲うが、GKビクトルが4点目を許さない。 ▽結局、試合はそのまま終了。両者譲らず、打ち合いの末に勝ち点を分け合った。 2017.10.08 16:04 Sun
twitterfacebook
thumb

岐阜、中央大学の“地元出身”MF三島頌平の来季加入内定を発表

▽FC岐阜は29日、中央大学MF三島頌平(21)の来シーズン加入内定を発表した。 ▽岐阜県出身の三島は、技術が高く、長短自在の正確なパスで攻撃的なポジションから守備的なポジションまで器用にプレーすることができるMF。地元クラブでプロキャリアの第一歩を踏み出すことになった三島は、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 「来シーズンからFC岐阜に加入する事になりました中央大学の三島頌平です。幼い頃からの夢であったプロサッカー選手になれ、地元である岐阜でプロ生活をスタートできる事を大変嬉しく思っています。今まで支えてくれた両親、チームメイト、スタッフ、たくさんの方々への感謝の気持ちを忘れず、一生懸命頑張ります。応援よろしくお願いします」 2017.09.29 16:40 Fri
twitterfacebook
thumb

FC岐阜GK高木義成、今季限りで18年の現役生活に幕 「思い、悩み、迷い、決断」

▽FC岐阜は27日、GK高木義成(38)の2017シーズン限りでの現役引退を発表した。 ▽東京都出身の高木は、2000年にヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)でプロキャリアをスタート。その後、名古屋グランパスを経て、2016年から岐阜に活躍の場を移した。 ▽通算成績は、J1リーグ123試合、J2リーグ115試合1得点、Jリーグカップ30試合、天皇杯18試合、AFCチャンピオンズリーグ2試合の出場を記録している。 ▽今シーズン限りで18年のキャリアにピリオドを打つことを決断した高木は、クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「FC岐阜を始め、高木義成に関わっていただいたすべての皆様へ」 この度、私、高木義成は今シーズンを持ちまして引退することを決意したことをここにご報告いたします」 「2000年から始まった私の重力との戦い、飛んでくるボールからネットを守る戦いも、はや18シーズンとなりました」 「そろそろこの大きくなってしまった背中を叩いてやりたいと、思い、悩み、迷い、決断いたしました」 「大木監督が僕らに向けて言ってくれる「ミラクル岐阜」を残り2か月、信じて体現し、今シーズンのFC岐阜の目標に向かって戦っていきます。そして、笑ってシーズンを終え、勇退したいと思います」 2017.09.27 17:05 Wed
twitterfacebook
thumb

岐阜が東海学園大学FW榎本大輝を特別指定選手として受け入れ…独特なリズムのドリブルが特徴

▽日本サッカー協会(JFA)は15日、東海学園大学サッカー部FW榎本大輝(21)を、13日付けで2017年JFA・Jリーグ特別指定選手として承認したことを発表した。受け入れ先のFC岐阜も発表している。 ▽榎本は千葉県出身で、中央学院高校から東海学園大学へと進学している。岐阜は榎本について「独特なリズムのドリブルとスピードでサイド突破を得意とするアタッカー」とプレーの特徴を紹介している。背番号は「29」。榎本はクラブを通じてコメントしている。 「今回特別指定選手としてJリーグのピッチに立てる機会をもらい、試合に少しでも多く関わっていけるように自分自身をレベルアップし自分の特徴を出してチームの勝利に貢献できるよう精一杯頑張っていきたいです。よろしくお願いします」 ▽JFA・Jリーグ特別指定選手とは、「サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供すること」を目的とし、全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟、またはJクラブ以外の日本クラブユースサッカー連盟の加盟チームに登録(第2種)したまま、Jリーグ等の試合に出場可能とする制度となっている。 2017.09.15 13:06 Fri
twitterfacebook
thumb

難波の値千金弾で愛媛に勝ち切った岐阜が約4カ月ぶりの連勝!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第31節のFC岐阜vs愛媛FCが3日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われ、ホームの岐阜が2-1で勝利した。 ▽前節終了時点で17位の岐阜(勝ち点34)と、14位の愛媛(勝ち点40)による一戦。連勝を目指すホームの岐阜が、3戦ぶりの白星を目指すアウェイの愛媛を押し込む入りとなる。すると15分、ボックス左でボールを持った風間が見事な右足のコントロールシュートをゴール右上隅に突き刺し、先制点を奪った。 ▽前節、ハットトリックの風間の2試合連続ゴールで幸先良くリードを奪った岐阜は、22分にもゴール前に抜け出したシシーニョ、31分にはボックス中央で大本の折り返しに反応した庄司に決定機も相手GKの好守などに阻まれる。 ▽一方、カウンターから徐々にゴールへ迫る愛媛は34分、ボックス内で仕掛けた河原がGKビクトルをかわすも、ここはシュートの角度、味方のサポートがなくフィニッシュまで持ち込めなかった。 ▽岐阜の1点リードで折り返した試合は、後半立ち上がりに愛媛に決定機。49分、ボックス内で小島のシュートのこぼれ球に反応した白井がゴールネットへ蹴り込むが、ここはオフサイドの判定でゴールは認められず。 ▽一方、51分にシシーニョを下げて永島を投入した岐阜は、前半同様にボールを保持しつつ、前がかりな愛媛のミスを突いては効果的にカウンターを仕掛けていく。だが、永島や田中パウロ淳一らのシュートがなかなか枠を捉え切れず、試合を決め切れない。 ▽上位追走に向けて負けが許されない愛媛は藤田、小池と交代カードを切っていくと、79分にワンチャンスを生かして追いつく。ボックス右で近藤が上げた低いクロスを中央の有田がうまく頭で合わせ、ゴール右隅に流し込んだ。勢い付くアウェイチームは直後にもボックス中央の藤田がグラウンダーのシュートを狙うが、これはDFのゴールカバーに阻まれ、逆転ゴールとはならず。 ▽一瞬の隙を突かれて追いつかれた岐阜だが、途中出場のベテランストライカーが値千金の仕事を果たす。86分、右CKの場面でキッカーの小野が左足のボールを入れると、ボックス中央の難波が頭で左隅に流し込んだ。その後、難波のゴールを最後まで守り切った岐阜がホームで2-1の勝利。5月初旬以来となる約4カ月ぶりの連勝を飾った。 ◆J2第31節 ▽9/3(日) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC岐阜 2</span>-1 愛媛FC ▽9/2(土) モンテディオ山形 1-1 ファジアーノ岡山 水戸ホーリーホック 1-1 名古屋グランパス ジェフユナイテッド千葉 2-2 東京ヴェルディ <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">松本山雅FC 3</span>-1 徳島ヴォルティス 京都サンガF.C. 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 レノファ山口FC</span> カマタマーレ讃岐 2-2 アビスパ福岡 湘南ベルマーレ 2-2 横浜FC ツエーゲン金沢 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 V・ファーレン長崎</span> ロアッソ熊本 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 町田ゼルビア</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">大分トリニータ 1</span>-0 ザスパクサツ群馬 2017.09.03 20:01 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース