ヘタフェ柴崎、バルサ戦負傷からリハビリ最終段階に…早ければ今月末に復帰!2017.11.08 11:12 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヘタフェに所属する日本代表MF柴崎岳の復帰が近づいているようだ。スペイン『アス』が報じている。

▽柴崎は、9月16日に行われたリーガエスパニョーラ第4節のバルセロナ戦に先発出場。39分に豪快なボレーシュートから1部初ゴールとなる一発を決めたが、後半開始早々に左足を痛めてピッチを後に。その後、左足中足骨亀裂骨折と診断され、手術を受けたが、離脱期間については明かされていなかった。

▽そんな中、『アス』が伝えるところによると、柴崎は今月末もしくは12月上旬に復帰する見込みとのこと。本人も日本でのリハビリからすでにマドリードに帰国。練習場に復帰してリハビリの最終段階に入っているようだ。

▽今シーズンのリーガエスパニョーラでここまで4試合に出場し1ゴールを記録している柴崎。背番号「10」を背負う日本人の復帰に同メディアも「ヘタフェファンにとって最高のニュースの1つ」と期待を寄せている。

コメント

関連ニュース

thumb

元アーセナルのMFフラミニが柴崎岳所属のヘタフェと契約へ

▽日本代表MF柴崎岳が所属するヘタフェが、かつてアーセナルでプレーしていた元フランス代表MFマテュー・フラミニ(33)と契約を結んだようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽フラミニは、2004年にマルセイユからアーセナルへと移籍。中盤のつぶし役として活躍すると、2008年7月にミランへと移籍。2013年8月にアーセナルへと復帰していた。2016年7月にアーセナルを退団すると半年間フリーに。2016年9月にクリスタル・パレスへと加入。2017年7月に退団して以降はフリーとなっていた。 ▽昨年12月にヘタフェでトライアルを受けていたフラミニだが、『スカイスポーツ』によると1年半契約で合意したとのこと。柴崎との中盤での共演も見られるかもしれない。 2018.01.22 22:42 Mon
twitterfacebook
thumb

途中交代の柴崎岳についてヘタフェ指揮官「運がなかったが、仕事ぶりはファンタスティック」

現地時間19日に行われたリーガ・エスパニョーラ第20節、ヘタフェvsビルバオの一戦は、2-2の引き分けに終わった。先発した柴崎岳は56分にピッチから退いている。試合後、ヘタフェのホセ・ボルダラス監督は、柴崎を途中交代させたことについて、試合後の会見で次のように述べている。<br><br>「ガクは長期間離脱を強いられ、先週金曜日にスタメンとして復帰したばかり。そんな中でもよくやっていたと思うよ。今日のビルバオ戦は激しいリズムの試合となったが、彼はピッチ上でプレーをうまくこなしていたわけではなかった。プレーに関与しようとしていたが、ボールを受けたり、リズムを変えるプレーでうまくいかなかったようだね」<br><br>柴崎途中交代の要因は「本領を発揮できなかったこと」と語る一方で、ボルダラス監督は「それでもガクの仕事ぶりはファンタスティックだった。ピッチ上で確かにチャレンジをしようとしていたからね。今日は運に恵まれなかったが、フットボールではそういう試合もあるさ。だが彼は素晴らしい選手であることに疑いはないし、これからもっとフィットネスを上げて、最高のプレーを見せてくれるに違いない」と発言。柴崎に大きな信頼を寄せていることを強調した。<br><br>ヘタフェはこのドローで暫定ながらリーグ7位に浮上。柴崎はチームをさらなる高みに導き、ロシア・ワールドカップのメンバー入りに向けてアピールすることができるのか。柴崎にとって、正念場のリーガ後半戦はしばらく続くことになりそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.20 19:32 Sat
twitterfacebook
thumb

ビルバオ戦途中交代の柴崎岳に現地メディアも辛口評価…『AS』はチーム唯一の0点

現地時間19日に行われたリーガ・エスパニョーラ第20節、ヘタフェvsアスレティック・ビルバオの一戦は、2-2の引き分けに終わった。<br><br>この試合で日本代表MF柴崎岳は先発出場。だが、56分に途中交代でピッチから退いている。なお、柴崎との交代で途中出場したアンヘルは、74分に同点弾を叩き込み、引き分けに持ち込む原動力となった。<br><br>この試合について、地元メディア『AS』は柴崎に対し、3点満点中チーム唯一となる0点の採点を付け「ヘタフェに到着してから最低のプレーだった。ビルバオ守備陣への良質なプレッシングが目立ったのが唯一の貢献か。ピッチ上で姿をくらまし、パスをつなぐこともできなかった」と報じている。<br><br>その一方で『マルカ』は柴崎に1点(3点満点)を付け、「ホセ・ボルダラスは、アンヘルという有効な手駒を保持していた」と、柴崎に代わって途中出場したアンヘルに2点の高評価を与えている。<br><br>ヘタフェは引き分けたことで勝ち点1を積み重ね、リーグ暫定7位に浮上した。だが、本領を発揮できなかった柴崎について、厳しい現地評となっているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.20 12:00 Sat
twitterfacebook
thumb

柴崎2戦連続先発! 試合は両者譲らずドロー決着《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第20節のヘタフェvsビルバオが19日に行われ、2-2の引き分けに終わった。ヘタフェの日本代表MF柴崎岳は先発して56分までプレーした。 ▽前節、柴崎が先発復帰しマラガを1-0で下したヘタフェと、リーガ8試合3勝5分けと負けの無いビルバオが、折り返しを迎えたリーガ最初の試合で対戦。9位のヘタフェ(勝ち点26)が、12位に沈みつつも調子を上げつつあるビルバオ(勝ち点25)をホームに迎え、スコアレスドローに終えた開幕戦と同一のカードで今シーズン初の連勝を目指した。 ▽最初のチャンスを得たのはビルバオ。6分にヘタフェの攻撃がボックス手前で止められると、ロングカウンターが発動する。最前線に残っていたイニャキ・ウィリアムズがヘタフェDF2人と対峙しつつもシュートまで持ち込んだが、枠を右に逸れていく。 ▽反撃に出るヘタフェは10分、ショートカウンターからDFジェネが相手陣内右付近からの速いクロスを入れていく。しかし、ニアに走り込んだモリーナが放った鋭いヘディングシュートはGKイアゴ・エレリンに阻まれた。 ▽お互いにゴール前まで運べる展開が目立ち始めた13分、試合が動く。ビルバオがやや押し込んだシーンで、ラポルテが高精度のフィードを供給。ボックス右のイニャキ・ウィリアムズが、クロス気味のループシュートをダイレクトで狙うと、GKマルティネスの手をかすめつつもファーのネットを揺らした。 ▽それでも、追い付きたいヘタフェはすぐさま反撃に出ていく。21分、ポルティージョのスルーパスに反応したモリーナがボックス右に走り込むと、前に出たGKイアゴ・エレリンと交錯して転倒。すると、これがPKの判定に。倒されたモリーナ自ら沈め、同点弾とした。 ▽しかしヘタフェはその後、なかなか良い形でモリーナや柴崎の待つ前線にボールを繋げられず、ビルバオのペースが続いていく。それでも、大きなチャンスはなくスコアを動かすまでには至らない。試合は均衡を保ったまま折り返しを迎えた。 ▽後半に入ると、ビルバオが攻勢をかけていく。すると48分、ボックス手前左のFKのシーンでボックス内の混戦から途中出場のモリネーロが相手選手を倒してしまい、ヘタフェはPKを与えてしまう。これを、ラウール・ガルシアが落ち着いて決め、勝ち越し弾とした。 ▽直後の52分には、ボックス右に抜け出したモリーナが再びGKイアゴ・エレリンに倒され、この日3回目のPKとなる。しかし、GKイアゴ・エレリンはキッカーを務めるモリーナのシュートを右腕一本でセーブ。同点弾とすることはできなかった。 ▽流れを変えたいヘタフェは、疲れの見える柴崎に代えて56分にアンヘルを投入。アタッカーを起用し、勝ち点の獲得を目指していく。対するビルバオは、61分にスサエタに代えてベニャトを入れる。キックの名手を投入し、カウンターの鋭さを増していった。 ▽それでもヘタフェがボールを持つ時間がやや増えると、74分にアントゥネスのフィードを受けたポルティージョが、DFサボリの前に入り込み頭で落とす。途中出場のアンヘルがフリーの状態で蹴り込み、監督の起用に応えた。 ▽86分にもアンヘルがボックス内で一対一を迎えたが、シュートはカバーに入ったラポルトがブロック。結局、試合は2-2のまま終了することに。この結果、ヘタフェは2戦負けなし、ビルバオはリーガ9戦負けなしとなった。 2018.01.20 06:51 Sat
twitterfacebook
thumb

ヘタフェのアルゼンチン人DFゴロシートがアルバセテへ移籍

▽ヘタフェは15日、アルゼンチン人DFニコラス・ゴロシート(29)がリーガエスパニョーラ2部のアルバセテへ完全移籍することを発表した。 ▽2016年夏にスロバキアのスロバン・ブラチスラバからヘタフェに加入したセンターバックのゴロシートは昨季、リーグ戦22試合に出場して1ゴールを記録し、ヘタフェのプリメーラ昇格に準主力として貢献した。しかし、今季はコパ・デル・レイで1試合に出場したのみと、構想外に近い状況となっていた。 ▽移籍先のアルバセテは現在リーガ2部で12位に付け、昇格プレーオフに回れる6位ルーゴとは8ポイント差となっている。 2018.01.16 00:51 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース