不調オーバメヤンに助言するレヴァンドフスキ「いつもの軽やかさを取り戻せば…」2017.11.07 21:40 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
バイエルンは4日に行われたブンデスリーガ第11節でドルトムントを3-1で撃破した。この一戦でチーム2点目を挙げたFWロベルト・レヴァンドフスキが、ノーゴールに終わった相手FWピエール=エメリク・オーバメヤンについてコメントした。

レヴァンドフスキはドルトムント戦の37分に今シーズン11ゴール目となる得点を奪い、得点ランキングの単独首位に躍り出た。一方、これまでリーグ戦10ゴールを決めてきた昨季のリーグ得点王、オーバメヤンはバイエルン相手にも決定力を発揮できず、ここ3試合は得点を挙げていない。

そんな元同僚のガボン代表FWについて、ポーランド代表FWはドイツ紙『ビルト』で「このような時期は誰にもあるさ。点取り屋の仕事は、ピッチの中で一番難しい!」とコメント。「波に乗れば何をしても決まる。だが、そうでないとポストに当ててしまい、色々考えてしまうんだ。彼にとって大事なのは、早めに心を解き放ち、いつもの軽やかさを取り戻すこと。そうできれば、彼もまた上手くいくことを確信しているよ」と話している。

一方、この勝利でバイエルンはドルトムントに勝ち点6差をつけることになった。だが、レヴァンドフスキは「ブンデスリーガで6ポイントの差は何の意味もない。まだまだドルトムントを見切ることはないね」と古巣の復調を信じているようだ。


提供:goal.com

コメント



ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース