世界最高の若手ムバッペ、今夏バルサ移籍で合意していた?2017.11.07 20:59 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペ(18)が今夏にバルセロナ移籍が間近に迫っていたようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』などが『レキップ21』の報道を基に伝えた。

▽ヨーロッパでプレーする21歳以下の選手に贈られるゴールデンボーイ賞を10月に受賞し、世界最高峰の若手選手と認知されているムバッペ。同選手は今夏、様々なビッグクラブからの関心が伝えられる中、モナコからPSGにレンタル移籍した。買い取りオプション額は1億8000万ユーロ(約238億円)とも伝えられており、これが行使されればFWネイマールに次ぐ歴代2位の移籍金となる。

▽そのムバッペに関して、今回の報道によればPSGではなくバルセロナへの移籍が間近まで迫っていたようだ。バルセロナはモナコとMFアルダ・トゥランの譲渡+金銭で合意に達していており、移籍市場の最終日にムバッペ陣営を迎えるジェット機まで用意していたが、最終的にPSGへの移籍が決まったという。

コメント

関連ニュース

thumb

バルサのレジェンド、イニエスタに敵地サポがスタンディングオベーション…メッシは?

22日に行われたチャンピオンズリーグ、グループD第5節ユベントス対バルセロナ戦(0-0)において、MFアンドレス・イニエスタにスタンディングオベーションが贈られた。『Goal』の取材により明らかになった。<br><br>今年で33歳を迎えてなおバルセロナの&ldquo;頭脳&rdquo;として活躍を続けるイニエスタ。ユベントス戦ではスターティングメンバーに名を連ね、この日も最高レベルのプレーを披露してみせた。82分にMFジョルディ・アルバと交代してピッチを去る際には、ユベントスの本拠地ユベントススタジアムの観客が総立ちとなり、スタンディングオベーションで見送られた。イニエスタは突然の拍手喝采に驚く素振りも見せたが、自身も手を叩いて敵地の観客に応えた。<br><br>『ガゼッタ・デロ・スポルト』も観客席から沸き起こった拍手は「準備されたものではなく、感じるままに自然と生まれた」と描写しており、「とても美しい拍手」だと評した。<br><br>なお『Goal』の現地記者は、イニエスタがユベントスのレジェンドであるGKジャンルイジ・ブッフォンに対する賛辞を贈っていたことも、敵地サポーターの心をつかむ要因となったと分析している。またバルセロナのもう1人の英雄、FWリオネル・メッシは56分にFWジェラール・デウロフェウに代わりピッチに入ったが、メッシには通常どおりの拍手が贈られた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.23 15:52 Thu
twitterfacebook
thumb

彼はやめとけ! バルサ絶対君主メッシ、あのドイツ人司令塔の加入を嫌う?

▽近い将来のバルセロナ行きが報じれてきたアーセナルのドイツ代表MFメスト・エジル(29)。しかし、バルセロナの絶対君主がそのドイツ人プレーメーカーの加入に難色を示しているようだ。イギリス『デイリー・スター』がスペイン『Diario Gol』の情報をもとに伝えた。 ▽事前の報道によれば、かねてより噂されてきたリバプールのブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ獲得が難航を極めるバルセロナは、今シーズン限りでアーセナルとの契約が満了を迎えるエジルをリストアップ。今後、獲得の動きを本格化させるとみられてきた。 ▽だが、その動きにバルセロナの絶対的エースであるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが待ったをかけた。エジルについて絶頂期を過ぎた選手とみなしているようで、さらに試合での消え癖を懸念している模様。そのため、バルセロナ首脳陣にターゲットの見直しを促したという。 2017.11.23 10:45 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング:ユベントス 0-0 バルセロナ《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループD第5節、ユベントスvsバルセロナが22日に行われ、0-0で引き分けた。この結果、バルセロナの首位での決勝トーナメント進出が決まっている。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ユベントス採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171123_8_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ブッフォン 5.5 難しい枠内シュートはなかった DF 15 バルザーリ 6.0 イニエスタを水際で止める 4 ベナティア 6.5 キエッリーニ負傷を受けて3バックの中央でプレー。スアレスを封じる 24 ルガーニ 6.0 セーフティーなプレーを続け、デウロフェウを止めた MF 7 クアドラード 5.5 守備によく戻っていたが、攻撃面で仕事をするには至らず (→マルキジオ 5.5) そつのないつなぎを見せた 5 ピャニッチ 5.0 中盤を制圧された (→ベンタンクール 5.5) 守備に専念 6 ケディラ 5.5 攻守に及第点の出来 12 アレックス・サンドロ 5.5 ドグラス・コスタと共に左サイドを打開にかかったが、難しかった FW 10 ディバラ 6.5 バイタルエリアでボールを受けてアクセントに。劣勢のチームをけん引した 9 イグアイン 5.0 ピケとユムティティに潰された 11 ドグラス・コスタ 5.5 単騎突破で打開を狙うも突破しきれず (→マテュイディ -) 監督 アッレグリ 5.5 後半は劣勢となったが、最低限の勝ち点1 ▽バルセロナ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171123_8_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 テア・シュテーゲン 6.5 立ち上がりのドグラス・コスタの枠内シュートと最後のディバラのミドルをスーパーセーブ DF 2 N・セメド 6.0 質の高い攻撃参加を見せる 3 ピケ 6.0 的確なカバーリングを続けた 23 ユムティティ 6.5 イグアインに仕事をさせず。貫録のプレー 19 ディーニュ 6.0 高い位置を取って起点に。68分のチャンスはシュートを打ちたかった MF 16 デウロフェウ 5.0 右サイドからの打開を狙ったが、突破できたのは1度のみ (→メッシ 5.0) 直接FK以外に見せ場はなかった 4 ラキティッチ 5.5 ポスト直撃のFKが唯一の見せ場だった 15 パウリーニョ 5.5 トップ下の位置でプレーもスアレスを孤立させる 5 ブスケッツ 6.0 さすがのキープ力、展開力 8 イニエスタ 6.0 アタッキングサードで違いを生む。ユーベファンからスタンディングオベーションを受ける (→ジョルディ・アルバ -) FW 9 スアレス 5.0 さほどボールが入らなかった 監督 バルベルデ 6.0 メッシをベンチスタートとした中、思惑通りの引き分けで首位での決勝トーナメント進出 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ユムティティ(バルセロナ) ▽両守備陣が好パフォーマンスを見せたが、引き分けでも良いバルセロナの守備を締めたユムティティを選出。好調イグアインを試合から締め出した。 ユベントス 0-0 バルセロナ ※バルセロナの首位での決勝トーナメント進出が決定! 2017.11.23 06:51 Thu
twitterfacebook
thumb

ユーベvsバルサは譲らずゴールレスドロー、バルサの首位通過が決定!《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループD第5節、ユベントスvsバルセロナが22日に行われ、0-0で引き分けた。この結果、バルセロナの首位での決勝トーナメント進出が決まっている。 ▽前節スポルティング・リスボン戦を辛くも引き分けに持ち込んだ2位ユベントス(勝ち点7)は、勝利すれば決勝トーナメント進出が決まる中、2-3と敗戦した直近のサンプドリア戦のスタメンから6選手を変更。マンジュキッチや負傷したキエッリーニ、ベルナルデスキらに代えてディバラやGKブッフォン、バルザーリらがスタメンに戻った。 ▽一方、オリンピアコスにゴールレスドローに終わった首位バルセロナ(勝ち点10)は、引き分け以上で首位での決勝トーナメント進出が決まる中、3-0と勝利した直近のレガネス戦のスタメンから3選手を変更。4日後にバレンシア戦を控えることからメッシがベンチスタートとなった他、ジョルディ・アルバ、アルカセルに代えてデウロフェウ、パウリーニョ、ディーニュを起用した。 ▽パウリーニョをトップ下に、デウロフェウを右サイドに配す[4-5-1]のような布陣で臨んだバルセロナに対し、最前線のイグアインの後方にディバラとドグラス・コスタを並べる[3-4-3]で臨んだユベントスは開始2分、ドグラス・コスタがGKテア・シュテーゲンを強襲するシュートを浴びせた。 ▽攻守の切り替えの早い一進一退の攻防で立ち上がった中、ユベントスは18分にディバラが枠内シュートを浴びせれば、バルセロナは22分に決定機。ゴール正面やや左の位置で得たラキティッチのFKが誰にも触らず右ポスト内側を直撃した。 ▽前半半ば以降も緊迫感ある攻防が続くと、ユベントスはディバラが、バルセロナはイニエスタがアタッキングサードでアクセントを付けにかかると、44分にディバラがドリブルシュートに持ち込んだが枠の上に外れ、ゴールレスで前半を終えた。 ▽迎えた後半、スアレスの直接FKでゴールに迫ったバルセロナが敵陣でのプレー時間を増やしていく。そんな中56分、メッシがデウロフェウに代わって投入された。引き続きバルセロナがボールを保持する時間が高まると、64分にはメッシが直接FKでユベントスゴールを脅かした。 ▽そして68分には決定機。ディーニュがボックス左に侵入し、GKブッフォンと一対一となったが、パスを選択してチャンスを潰してしまった。 ▽終盤にかけてはこう着状態が続いた中、83分にユベントスはドグラス・コスタがミドルシュートを狙ったが枠を外れ、追加タイム2分のディバラのミドルシュートはGKテア・シュテーゲンのビッグセーブに阻まれてゴールレスでタイムアップ。 ▽勝ち点1を積み上げたバルセロナの首位での決勝トーナメント進出が決まった一方、ユベントスは最終節オリンピアコスとのアウェイ戦で決勝トーナメント進出を懸けて戦うこととなった。 ▽グループDもう一試合のスポルティング・リスボンvsオリンピアコスはドストの2ゴールなどでスポルティングが3-1で勝利。2位ユベントスに1ポイント差に迫っている。そのスポルティングは最終節、バルセロナとのアウェイ戦で逆転でのグループステージ突破を狙う。 2017.11.23 06:50 Thu
twitterfacebook
thumb

ユベントスがDFキエッリーニのバルセロナ戦欠場を発表

▽ユベントスは22日、同日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループD第5節のバルセロナ戦でイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニが欠場することを公式ツイッターで明かした。 ▽ユベントスによると、キエッリーニはトレーニング中に右大腿部の筋肉を痛めたようでバルセロナ戦は欠場するとツイート。 ▽ここまで勝ち点7を積み上げているユベントスは、首位バルセロナ(勝ち点10)に次ぐ2位に位置。バルセロナ戦を引き分け以上で終えれば4大会連続のグループステージ突破が決まる。 2017.11.23 01:06 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース