北九州、日章学園FW佐藤颯汰が来季から加入2017.11.07 20:19 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ギラヴァンツ北九州は7日、2018シーズンより日章学園高等学校からFW佐藤颯汰(18)が加入することを発表した。

▽宮崎県出身の佐藤は、U-15日本代表やU-16日本代表歴もある将来有望なFWだ。佐藤は北九州加入に際して、以下のようなコメントを残している。

「ギラヴァンツ北九州に加入できることを素直にすごく嬉しく思っています。小さいころからここまで育ててくださったコーチの皆さんや両親へ感謝しています。また小さいころからの夢であったJリーグで活躍するという夢が一つ叶えられて嬉しく思います。ギラヴァンツ北九州に加入してチームに貢献できるように裏への飛び出しや攻守の切り替えをストロングポイントにしてJ2昇格するために1年目から他の選手にも負けないくらい、自分の走力を生かして、走って走ってゴールを決めることができたらと思います」

コメント

関連ニュース

thumb

北九州、MF山藤健太に第一子(長男)が誕生したことを発表「頑張ってくれた妻を見て自分も更に頑張らないといけない気持ちに」

▽ギラヴァンツ北九州は17日、MF山藤健太に第一子となる長男が誕生したことを発表した。 ▽山藤は、8月16日にツエーゲン金沢からの期限付き移籍で北九州に加入。今シーズンはここまで明治安田生命J3リーグ8試合に出場して1ゴールを記録している。山藤は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントした。 「この度、私事ではありますが、元気な男の子が誕生いたしました!妻には感謝の気持ちでいっぱいです。頑張ってくれた妻を見て自分も更に頑張らないといけない気持ちにさせてもらいました!これから父としてサッカー選手として成長していけるように頑張ります!引き続き応援をよろしくお願いします!」 2017.11.17 18:13 Fri
twitterfacebook
thumb

北九州MF八角剛史が今季限りでの現役引退を発表「プロとして過ごせた事は何にも代え難い経験」

▽ギラヴァンツ北九州は16日、MF八角剛史(32)が今シーズン限りで元気を引退することを発表した。 ▽千葉県出身の八角は、2008年に駒澤大学から横浜FCに加入。その後、5年間のプレーを経て北九州に移籍した。今シーズンは明治安田生命J3リーグでの出場はここまでない。J2リーグ通算214試合4ゴール、天皇杯通算12試合1ゴールを記録。 ▽なお、八角の引退セレモニーは26日のホーム最終戦である明治安田生命J3リーグ第33節のアスルクラロ沼津との試合後に実施されるとのこと。10年間のプロ生活に終止符を打った八角は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「今シーズンをもちまして引退を決意致しました。サッカー界でしか味わえない感覚や、たくさんの方々に出会えた事は何よりも幸せな事だと思います。怪我も含め理想とは程遠く、やり切れたとは言えませんが人生の10年をプロとして過ごせた事は何にも代え難い経験になりました」 「応援してくださった方々、支えてくださった方々に心から感謝申し上げます。サッカーに関わる全ての人がもっともっと幸せでいれるような環境になっていく事を願っています。ありがとうございました」 2017.11.16 13:22 Thu
twitterfacebook
thumb

元北アイルランドOBらがPKの判定に怒り心頭「10人中10人がPKを取らない」「よくPKを宣告できたものだ」

▽元北アイルランド代表のFWイエイン・ダウイー氏と元同国代表DFジェリー・タガート氏が、9日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ1stレグのスイス代表戦でのPKの場面について怒りを露わにしている。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽ロシアW杯欧州予選のグループCを2位で終えた北アイルランドがホームに、グループBで2位のスイスを迎えた一戦。前半をゴールレスで終えると、68分には問題となる場面が訪れる。 ▽シャキリが放ったシュートに対してC・エバンスがブロックに入ると、レフェリーは同選手の腕に当たったとの判定を下し、スイスにPKが与えられた。C・エバンスは肩に当たったと必死に主張するが判定は覆らず。このPKをR・ロドリゲスに決められるとこれが決勝点となりスイスがアウェイで先勝した。 ▽試合後、北アイルランドのマイケル・オニール監督は「あの状況でレフェリーがPKを下したことに驚きだ」と、今回の判定に対して不服であることを公に示した。実際にリプレー映像でもC・エバンスの背中辺りにボールが当たっており、誤審との見方が強まっている。 ▽この場面についてダウイー氏は「今はビデオレフェリーというものがあり。なぜこのような重要な試合でそれがなかったかわからないが、それにしても10人が10人、PKを取らないだろう」と主審の誤審であることを強調した。 ▽タガート氏もダウイー氏と同様の見解を持っているようで「C・エバンスは身体を回転させてボールに入っていっている。この場合、レフェリーは彼の腕なんて見えないと思うのだが。本当に馬鹿げている判定だよ。見えていないはずなのに、よくPKを宣告できたものだ」 2017.11.10 10:43 Fri
twitterfacebook
thumb

G大阪U-23が一時逆転も…北九州、意地のドロー!《J3》

▽明治安田生命J3リーグ第29節のガンバ大阪U-23vsギラヴァンツ北九州が市立吹田サッカースタジアムで行われ、2-2の引き分けに終わった。 ▽最下位のG大阪U-23(勝ち点17)が、9位の北九州(勝ち点37)をホームに迎えた一戦。試合は開始早々にアウェイの北九州が先制する。4分、自陣中央右から刀根が相手最終ラインの裏へロングボールを供給。抜け出した平井がボックス内でGKと一対一を迎え、冷静にゴールに流し込んだ。 ▽先制を許したG大阪U-23は、時間の経過とともに次第に応戦。すると25分、野田のロングボールに反応した妹尾が相手ディフェンスの背後を突破。ボックス内に侵攻して右足を振り抜いたが、GK高橋の好守に阻まれてしまう。 ▽しかし、迎えた37分、G大阪U-23が同点に追いつく。ハーフウェイライン付近でパスを受けた食野がスルーパス。これは飛び出したGK高橋にクリアされるも、敵陣中央にこぼれたボールを芝本がダイレクトで左足を振り抜くと、ボールは無人のゴールへと吸い込まれた。 ▽試合を振り出しに戻したG大阪U-23。すると前半アディショナルタイム、高江のパスを受けた食野がボックス内に侵攻し、混戦の中からシュートコースを作り左足を振り抜いてゴールネットを揺らした。 ▽迎えた後半、追いつきたい北九州は67分に福田に代えて西嶋を投入。すると74分、ボックス右手前でFKを獲得し、キッカーの内藤がファーサイドへのクロスを選択する。これをフリーになっていた西嶋が頭で合わせ、GK林の手を弾いて右サイドネットに吸い込まれた。 ▽試合を振り出しに戻されたG大阪U-23は81分、高からパスを受けた食野がボックス手前からシュートを放つが、左ポスト直撃。その後も要所で巧みなパスワークを見せてシュートまで繋げるも最後まで勝ち越しゴールは生まれず。G大阪U-23が一時逆転も北九州が意地を見せて2-2のドローに終わった。 ◆J3第29節 ▽10/30(月) G大阪U-23 2-2 ギラヴァンツ北九州 ▽10/28(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">Y.S.C.C.横浜 4</span>-1 鹿児島ユナイテッドFC FC東京U-23 1-1 福島ユナイテッドFC ▽10/29(日) AC長野パルセイロ 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ブラウブリッツ秋田</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アスルクラロ沼津 1</span>-0 C大阪U-23 ガイナーレ鳥取 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 FC琉球</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">SC相模原 3</span>-2 カターレ富山 栃木SC 0-0 藤枝MYFC 2017.10.30 21:00 Mon
twitterfacebook
thumb

北九州、J2昇格へ苦境も「J2昇格という結果に最後の最後までこだわる」

▽ギラヴァンツ北九州は19日、クラブの公式サイト上で「ギラヴァンツ北九州を支えて下さる皆様へ」とする声明文を掲載した。 ▽1年でのJ2復帰を目指す北九州だが、現在勝ち点37で8位に位置。15日に行われた明治安田生命J3リーグ第27節では、鹿児島ユナイテッドFCとホームで対戦した。北九州ダービーとなった一戦だったが、北九州は後半だけで4失点を喫して大敗。残り6試合を残して昇格圏内の2位に位置するアスルクラロ沼津との勝ち点差10と厳しい状況となった。 ▽この結果を受け、北九州は以下のような声明を発表。悪天候の中でも応援に駆けつけたファン・サポーターの期待に応えられなかったことを詫びつつ、目標であるJ2昇格を最後まで諦めないことを説明した。 「いつもギラヴァンツ北九州へご声援をいただき、ありがとうございます」 「先日のホームゲーム(10月15日/J3第27節vs鹿児島ユナイテッドFC)では悪天候にも関わらず多くの皆様のご来場とご声援をいただき、誠に感謝御礼申し上げます」 「雨の中、どのような状況になろうとも最後まで声を枯らし、全力で声援を送り続けて下さった皆様へ残念ながら勝利をお届けすることができず、J2昇格へ向けて非常に厳しい状況に追い込まれたのは事実でございます」 「しかし、昇格への可能性が無くなったわけではありません。これまで積み上げてきたチーム力を継続していくことこそ最高の結果を残す最善策と考え、クラブは残り6試合をこれまでの原田監督の下、一丸となって戦って参ります。ファン、サポーター、ギラヴァンツ北九州を支えて下さる皆様と共に全力で戦い、今季のJ2昇格という結果に最後の最後までこだわって参ります」 「ギラヴァンツ北九州を支えて下さる全ての皆様に於かれましては、選手が最高のパフォーマンスを発揮できるよう、引き続き力強いご声援とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます」 2017.10.19 10:01 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース