大分、DF黒木恭平に第一子となる女児誕生! 「元気な赤ちゃんを産んでくれた奥さんに感謝」2017.11.07 20:13 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽大分トリニータは7日、今月2日にDF黒木恭平に第一子となる女児が誕生したことを発表した。

▽黒木はクラブ公式サイトを通じて、喜びのコメントを残している。

「この度、11月2日に第一子となる女の子が生まれました。元気な赤ちゃんを産んでくれた奥さんに感謝しています。今季も残り2試合になりましたが、プレーオフ進出そしてJ1昇格目指してチーム一丸となって闘っていきます!引き続き応援よろしくお願いします!」

▽なお、黒木は今季のJ2リーグで9試合に出場し、1ゴールを記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

大分DF刀根亮輔が全治8カ月の重傷

▽大分トリニータは16日、DF刀根亮輔の負傷を発表した。 ▽今シーズンのここまで明治安田生命J2リーグ17試合に出場している刀根は、12日のトレーニング中に負傷。右ヒザ前十字じん帯損傷で全治8カ月の見込みだ。 ▽大分は現在、12勝4分け7敗の2位。21日に行われる次節は、栃木SCをホームに迎え撃つ。 2018.07.16 17:00 Mon
twitterfacebook
thumb

名古屋DFイム・スンギョム、木浦市庁FCに完全移籍…今季は大分へ期限付き移籍

▽名古屋グランパスは12日、大分トリニータに期限付き移籍中の韓国人DFイム・スンギョム(23)が韓国ナショナルリーグの木浦市庁FCに完全移籍することを発表した。 ▽韓国出身のイム・スンギョムは、2017年7月に韓国の名門・高麗大学校から名古屋に入団。2017シーズンは明治安田生命J2リーグに12試合、昇格プレーオフに2試合出場した。今シーズンは大分トリニータに期限付き移籍。しかし、天皇杯での1試合に出場がとどまっていた。 ▽木浦市庁FCへの完全移籍が決定したイム・スンギョムは、名古屋・大分の公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆名古屋グランパス 「Jリーグに来てから今まで、新しいサッカー観に出会い学ぶ事も多くすごく楽しかったです。 また違うチャレンジをすると同時に自分の成長の為に韓国に帰る事にしました」 「今まで多くの声援を下さり感謝しています。名古屋グランパスを応援しています。ありがとうございました」 ◆大分トリニータ 「6カ月間多くの応援に本当に感謝しております。シーズン通してチームの力になれず移籍となり申し訳ない気持ちです。チームを離れてもトリニータを応援します。本当にありがとうございました」 2018.07.12 18:30 Thu
twitterfacebook
thumb

松本首位浮上も、大分と山口も同勝ち点「40」で三つ巴に《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第22節の10試合が7日に行われた。 ▽松本山雅FCvsアルビレックス新潟は、2-0で松本が勝利した。 ▽ゴールレスで迎えた後半、57分に高崎が相手GKに倒され松本にPKが与えられる。これを高崎自ら沈めて先制すると、81分には右サイドのスローインから岩上がボックスの右端からシュートを放つ。このシュートは枠から大きく外れたコースに飛んだが、高崎がこれを頭で合わせてゴールイン。結果、2-0で松本が勝利し、首位に浮上した、 ▽一方の大分トリニータvsヴァンフォーレ甲府は、4-2で甲府が勝利。 ▽序盤から積極的な攻撃を見せた甲府は、堀米と曽根田のゴールで2点のリードを得て後半へ。59分には、堀米のループシュートがクロスバーに跳ね返ったところを佐藤が頭で押し込んで3点目。さらに84分には、最終ラインにいた大分MF小手川のミスを見逃さず、GKも躱してゴールに流し込み4点目。最終的に4-2で甲府が勝利した。敗れた大分は、松本に抜かされ2位に転落した。 ▽ツエーゲン金沢vsレノファ山口は、2-2の引き分けに終わっている。 ▽試合は早々に動く。5分、山口が細かいパス回しで金沢のゴールに迫ると、三幸からオナイウ阿道へのパスが相手の足に当たり跳ね上がってしまう。だが、このルーズボールをオナイウ阿道が豪快にダイレクトボレーで振り抜き、見事なシュートが金沢ゴールに突き刺さった。 ▽山口がリードして迎えた後半だったが60分に、ジェルソン・ビエイラが杉浦を倒してしまいPKを献上。これをマラニョンに決められ同点に。さらにその3分後にも加藤にゴールを決められ逆転を許してしまう。 ▽それでも69分に高木が今季6点目となるゴールを決めて再び同点にした。その後は互いにチャンスを迎えつつも得点を奪えず試合終了。勝ち点を「1」伸ばした大分はは、首位松本と2位大分と同じ勝ち点「40」に積み上げ、3位に並んでいる。 ◆明治安田生命J2リーグ第22節 ▽7/7(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">水戸ホーリーホック 5</span>-0 カマタマーレ讃岐 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">松本山雅FC 2</span>-0 アルビレックス新潟 町田ゼルビア 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 栃木SC</span> 東京ヴェルディ 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 ファジアーノ岡山</span> ジェフユナイテッド千葉 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 大宮アルディージャ</span> 横浜FC 1-1 モンテディオ山形 ツエーゲン金沢 2-2 レノファ山口 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">徳島ヴォルティス 1</span>-0 ロアッソ熊本 大分トリニータ 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 ヴァンフォーレ甲府</span> ▽7/8(日) FC岐阜 vs 愛媛FC ▽未定 京都サンガ vs アビスパ福岡※雨天中止 2018.07.07 21:35 Sat
twitterfacebook
thumb

大分、宮崎産業経営大MF長谷川雄志の来季加入内定を発表…武器はハードワークと両足からの高精度なキック

▽大分トリニータは25日、宮崎産業経営大学に所属するMF長谷川雄志(21)の来シーズン加入内定を発表した。 ▽長谷川は鹿児島城西高校から宮崎産業経営大学に進学。クラブは同選手の特徴を「中盤のボランチでのプレーを得意とし、献身的なプレーでハードワークができ、左右両足からの精度の高いキックで攻撃を操る」と紹介している。 2018.06.25 14:50 Mon
twitterfacebook
thumb

九州ダービー制した大分が首位堅守! 3連勝の松本が土壇場ドローの横浜FCを躱して6位浮上《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第17節の3試合が行われた。 ▽大分トリニータvsロアッソ熊本の九州ダービーは、2-1で大分が勝利した。 ▽暫定3位の大分が同16位の熊本をホームに迎えた一戦。先制パンチは大分。23分、右サイド深くからの松本のクロスを馬場が胸トラップで収めると、ゴール前で右足を振り抜きシュートを突き刺した。 ▽後半は、50分に黒木がクロスバー直撃のヘディングシュートを放ち熊本がゴールに迫る。対して大分も64分、後藤がボックス内からシュートを狙うが、GKのファインセーブに遭う。 ▽以降はこう着状態が続いたが、試合終了間際の後半アディショナルタイム、敵陣でボールを奪った大分は鈴木がドリブルで前線へ。ボックス右の後藤にラストパスを送ると、冷静にループシュートを沈めて試合を決める2点目を奪った。 ▽その直後試合終了。バトル・オブ・九州を制した大分が3試合ぶり白星で首位を堅守した。 ▽また、横浜FCvs東京ヴェルディは、2-1で横浜FCが勝利した。 ▽ここ5試合勝ちがない東京Vが先制点を奪う。14分、敵陣中央から渡辺がドリブルで仕掛けボックス手前で左に展開。これを佐藤優がダイレクトで流し込み、ネットを揺らした。 ▽しかし、横浜FCは57分にFKから佐藤謙が同点に持ち込むと、74分にはボックス左の野村のクロスを戸島が合わせて逆転。ここ3試合無敗の横浜FCが粘り強さを見せる。 ▽それでも東京Vも譲らなかった。後半アディショナルタイムに入った95分、ハーフウェイライン付近からのロングフィードを李栄直がバックヘッド気味に合わせると、GKの頭上を越えてゴールに吸い込まれた。 ▽劇的な展開となった試合はここで終了。横浜FCは惜しくも連勝を逃す結果に。東京Vは2試合連続ドローとなった。 ▽同日行われたもう一試合、松本山雅FCvs栃木SCは、1-0で松本が勝利した。 ▽互いに決定機を作れないまま迎えた後半、松本が右サイドからのスローインでリスタート。岩上のスローインを高崎がワンタッチで落とすと、走り込んだパウリ―ニョがダイレクトシュートを放つ。これがカーブを描きながらゴール左抜突き刺さり、松本が先制。 ▽その後、栃木は大黒のヘディングシュート、松本は石原のシュートで追加点に迫るが、両者に得点は生まれず試合終了。1-0で松本が勝利し、引き分けを挟んで3連勝とした。 ◆明治安田生命J2リーグ第17節日程・結果 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アビスパ福岡 1</span>-0 徳島ヴォルティス <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC岐阜 4</span>-0 水戸ホーリーホック <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC町田ゼルビア 2</span>-1 愛媛FC 大宮アルディージャ 2-2 カマタマーレ讃岐 ジェフユナイテッド千葉 2-2 レノファ山口FC ファジアーノ岡山 2-2 モンテディオ山形 ツエーゲン金沢 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 京都サンガF.C.</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">松本山雅FC 1</span>-0 栃木SC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">大分トリニータ 2</span>-0 ロアッソ熊本 横浜FC 2-2 東京ヴェルディ ▽6/20(水) 《19:00》 アルビレックス新潟 vs ヴァンフォーレ甲府 2018.06.03 16:16 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース