【就任記者会見】テーマは「勝利への執着心」大宮の石井正忠新監督が熱い想いを語る2017.11.07 20:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽大宮アルディージャは7日、新指揮官に就任した石井正忠監督の就任会見を行った。

▽明治安田生命J1リーグも残り3試合となった中、降格圏の17位と低迷が続く大宮。5日に、今シーズン途中に監督に就任した伊藤彰監督を解任し、5月まで鹿島アントラーズを率い、大宮の前身であるNTT関東でもプレーしていた石井監督を招へいした。

▽石井新監督は、記者会見の冒頭で「リーグ戦残り3試合、勝利で終わりたい」とコメント。J1残留に向け、残り3試合への意気込みとともに、監督就任までの経緯などを語った。

◆石井正忠監督(大宮アルディージャ)
(C)CWS Brains,LTD.
「今回大宮アルディージャの監督に就任しました石井です。よろしくお願いします」

「社長、強化本部長からもお話ありましたが、こういった厳しい状況の中、今クラブの状況を説明していただきました。その中で、短い時間でしたが、大宮アルディージャの監督に就くことを決断いたしました」

「このオファーを受けるにあたって非常に悩んだ部分はありますが、私は大宮アルディージャの前身であるNTT関東に2年でしたが所属しておりました。このチームへの思い入れもあり、今回はこの状況をどうにか脱したい。リーグ戦残り3試合、勝利で終わりたい。そういった気持ちで、監督のオファーを受けました」

「現場だけではなく、クラブ全体が残り3試合に向けて一丸となって戦えるように、私自身も現場のリーダーとしてしっかりチームを作り直して、3試合戦っていきたいと思います」

「皆さんも是非大宮アルディージャを応援していただいたり、取り上げていただいて、サポートしていただければ嬉しいかなと思います」

「言葉で言うのは簡単ですが、今日からのトレーニング、自分自身の持っている力を全て出して、3試合を勝ち切って今シーズンを終わりたいと思いますので、よろしくお願いいたします」

──大宮アルディージャでどうやってリーダーシップをとりたいか。その先の3試合に必要な部分は
「まずは、私が外から見ていた今までの大宮アルディージャは、それぞれの選手が非常に頑張っていると思いますが、チームの一体感という部分が少し欠けているなと感じました。それを監督の私がまとめて引っ張っていくことが重要じゃないかなと思います」

「残り3試合、仙台、甲府、川崎Fと対戦しますが、しっかり分析しつつ、守備の部分は細かいことは話せませんが、チーム全体が連動するような守備の形を作らないといけないかなと。攻撃の部分は、ポゼッションはできると思いますが、時間をかけての攻撃た多くなっていると思います。その辺りを、もう少しシンプルにゴールに向かう形を作る。あとは、前の方に能力の高い選手が揃っているので、能力を生かせる形を作っていって、3試合勝ち切る形を作りたいと考えています」

──スタメンはこのままで良いのかテコ入れするのか、フォーメーションはテコ入れするのか
「今まで戦ってきた大宮アルディージャというチームが確実にあるので、それを大きく変えようとは思っていません。ただ、その中でも、選手の能力が出し切れていないということを感じていました。その部分を変えていけば、新たなアルディージャの形ができていくと思っています。システムも含めて、大きく変えようということは考えていません」

──勝者のメンタリティを鹿島では植え付けたように感じていますが、今日のトレーニングは緩い雰囲気に見えたが
「今日の練習を見ていただいて緩いと感じられたかもしれませんが、アントラーズもあの手の練習はあんな感じです。そこは変わらないと思います(笑)。僕はそう感じました」

「トレーニングの内容によっては、皆さんから見ると緩く感じることもあるかと思いますが、練習の強弱であったり、どういったテーマでトレーニングするかということも関わってくると思います。今日のトレーニングは気にしていません。ただ、これからは選手に細かく要求しなくてはいけないかなとも思っています」

「勝者のメンタリティは、私が植え付けたのではなく、私は植え付けられてここに来ているので、それをどうにか大宮アルディージャというチームに少しでも感じてもらって、変わっていってくれたらと思います」

──優勝を毎年争うような鹿島と大宮の置かれている状況は全く違うが、その辺りの難しさなどはどう捉えているか
「常にタイトルを狙えるチームとそうでないチームの違いというのは、チームの一体感、チームだけでなく現場だけでなく、クラブが一体となって1つの方向に向いていることが一番大きな部分だと思います」

「各クラブともそれぞれのセクションでやっていることはやっていると思いますが、それが1つの方向に向いているか、向いていないかという細かいところが、常にタイトルを狙える鹿島アントラーズにはあったかなと感じていました」

「そういったところも含めて、クラブ全体が本気でタイトルを獲るんだ。今の状況だと、残り3試合に全て勝つんだということに、取り組んで頂ければいいと感じています」

──オファーがあってから決断までの期間は。また短期決戦で悩みはなかったのか
「悩みがあったら、多分このオファーは断っていたと思います。決断した時点で、このオファーを受けて、この3試合を全うしようという気持ちになったのでオファーを受けました」

「短い期間できることは限られていますが、まず引き分けが多かったり、勝ち星が取れなかったところはありますが、守備の徹底をもう一回やりながら、あとは点を獲れないと勝つことはできません。獲る形、獲れる選手はいると思うので、そこをうまく噛み合わせられれば、残り3試合勝利に結びつけられると思います。この短い期間ですが、選手に徹底させたいと思っています」

「期間は2、3日です。最初のお話をいただいてから2、3日で、オファーを受けた後の期間を考えると早く返事をしなければ遅くなってしまうと考えました」

──残り3試合が目標だと言うことだが、中長期的なチーム作りの考えはあるか
「それは考えていません。この3試合のことだけを考えています。それ以降のことは、クラブの方に判断して頂ければと思います」

──今日は初練習だったが、選手に対してどのように声をかけたのか。選手の反応は
「練習前のミーティングで選手を集めて話をしました。選手もこの状況を感じていルノで、3試合に向けて、選手がそれぞれできることはやらなくてはいけないですが、チームの勝利のために一丸になることが重要だということを話しました」

「ミーティング終わった後、今日のトレーニングの説明をして、中心となる選手が声をかけてミーティングルームを出ていったので、非常に良い形でトレーニングに入れたのかなと思っています」

──仙台戦まで2週間もないですが、選手にこだわって欲しい部分は
「仙台戦に向けては、これから私自身の仙台さんのイメージもありますが、分析担当、コーチングスタッフとミーティングしながら詰めていきたいです」

「まず選手に意識してもらいたいのは、1つ1つの局面で勝負にこだわること。そして、どういった状況であれ、最終的には勝って終わるということを意識して、1週間半のトレーニングをしていきたいです」

「特に守備の面では、全体が連動すること。大宮アルディージャの戦いを見て理解していただいていると思いますが、ある程度自陣に引き込んで守ることができているので、もっとアグレッシブに自分たちがアクションを起こしてボールを奪いに行く形。私がアントラーズ時代からやっていたことなので、それはこのチームでも引き続きやっていきたいと思います」

──アントラーズで培ってきたものの中で一番伝えたいことは
「一対一の局面で絶対負けないということをお話ししましたが、勝負に対する執着心を伝えていきたいと思います」

──この半年ぐらいどんなところでどんな勉強をしてきたか。残留に関しては、どれだけ確信しているか
「この期間、色々な仕事のオファーをいただいて、講演会であったり、スカパーさんの解説だったり、最近はヨーロッパにサッカーを観に行ったりしていました。特に最後のヨーロッパでサッカーを観戦した時は、生でヨーロッパのサッカーを感じ、日本とのさを感じました。今後指導する上では、そういったところも併せて指導者としてやっていきたいなと思っていました」

「この3試合の勝利への確信ですが、勝負事なのでやってみないとわかりませんが、最善を尽くして、私が持っている最大限の力をクラブのため、チームの勝利のために使っていきたいですし、それを選手たちが感じて一緒に戦っていく。クラブ全体もそこを感じてサポートしてもらう。そういった方向に全体が進めば、必ず勝利できると思います」

──NTT関東出身ということ以外に、このオファーを受けた決定打は
「監督としてのオファーを受けるといのは、どういった状況であれ嬉しいことです。あとは、クラブがこういった厳しい状況だからこそ、私にオファーをくれたということ、そういった強い意志を受けたので、それに応えたいと思いました」

「そういった気持ちもありました。本当に厳しい状況で、大変な仕事だと思いますが、それを今までやってきた選手、コーチ、指導者、監督、そういった私の経験をこの短期間でもクラブに何か残すことができればという思いもあって、この状況でも引き受けることを決断しました。最大限の努力をしたいと思います」

「本当に言葉で言うのは簡単ですが、この状況を短い期間で、クラブ全体で勝ち取りたいと思います」

「そういった気持ちでやらないと、この3試合は絶対に勝ちきれないと思うので、その気持ちを全面に出して3週間、4週間を過ごしていきたいと思います」

──大宮サポーターもクラブも鹿島で培ったメンタリティや勝負への執着心を短い期間だが落とし込んでいただきたいと期待していると思います。何から着手していきたいか
「一言で言うと、勝負に対する執着心をどこまでチームに浸透させられるかというところです。1つ1つの練習でしっかりやらせる、そのために今いるコーチングスタッフを含めて、私のサポートをしてもらうことも重要です。当然、負荷のかかったトレーニングになるので、ケガ人のケアであったり、疲労回復であったりはメディカルスタッフのサポートも必要になります」

「ただ現場だけが頑張ってどうにかなるということだとは思わないので、クラブ全体が、チームが良い状態で居られるためにどうすればいいかを含めて、やっていかなくてはいけないです。今回は、クラブ全体が現場をサポートして行くべきだと感じています」

「現場のリーダーである監督の私が、日々のトレーニングからしっかり引っ張ってやっていかなくてはいけないというのが一番大きいと思いますが、練習が緩く見えた部分も含めて、変わったというところを練習から出せればと思います」

──渋谷洋樹元監督と親交があるとのことだが、アドバイスなどはあったか
「渋谷監督とは実際にはプレーしていないのですが、同級生ということで、それぞれのチームで監督のサポート、コーチという同じ立場にいました。試合があるときには交流させていただきました。今回も、一緒にヨーロッパで試合観戦にもいきました」

「今回就任にあたって、彼からも連絡がありまして、チームのために頑張って欲しいという一言をいただきました」

コメント

関連ニュース

thumb

5戦4発の大宮FW大前元紀が初受賞! 豊富な得点パターン見せ付けJ2リーグ6月度月間MVPに選出! 《Mastercard月間MVP》

▽Jリーグは13日、6月度の「明治安田生命JリーグMastercard priceless japan 月間MVP」として、J2リーグから大宮アルディージャのFW大前元紀を選出した。大前は初受賞となる。なお、ロシア・ワールドカップ開催につき中断中のJ1リーグからは選考されていない。 ▽大前は、6月に行われた全5試合に先発出場し、4ゴールを記録。その間に3勝2分けと無敗を維持したチームの、好調の原動力となっている。 ▽Jリーグは、受賞者である大前のコメントとJリーグ選考委員会による総評を以下のように紹介している。 ◆FW大前元紀(大宮アルディージャ) 「チームあっての受賞だと思いますし、チームメートやスタッフに感謝したいです。そして、6月の無敗を一緒に戦ってくれたファン・サポーターの皆さんの声援に感謝しています」 「チームの調子が上向いてきた中で、自分自身が貢献できていると評価してもらえたのはうれしいですが、まだまだ納得できる順位ではありません。今シーズンの目標に向かって、より良いプレー、より良い戦いをしていきたいです」 「今シーズンの序盤はワンタッチでのゴールが多かったですが、6月はコントロールしてからシュートに持ち込む場面も増えてきました。いろいろなパターンでゴールを奪えることは自分の強みですし、もっともっと得点を取ってチームを引っ張っていきたいです」 ◆Jリーグ選考委員会による総評 「5試合で4得点を奪い、得点ランキングも2位に浮上するなどチームの無敗に貢献した。ヘディングでの得点や第20節・京都戦で見せた意表を突くFKなど、ストライカーとして豊富な得点パターン、決定力の高さで常に相手の脅威となった。チームの攻撃の核としてチャンスメークをこなす総合的な能力の高さに選考委員会からの支持が集まり、自身初の月間MVP受賞となった」 2018.07.13 16:15 Fri
twitterfacebook
thumb

来季大宮加入内定の明治大MF小野雅史が特別指定選手に

▽日本サッカー協会(JFA)は12日、明治大学のMF小野雅史(21)を2018年JFA・Jリーグ特別指定選手として承認したことを発表した。受け入れ先は、大宮アルディージャとなる。 ▽埼玉県出身の小野は、ジュニア時代から大宮の下部組織に在籍。2012年から2年間はU-17日本代表にも選出された。その後、明治大学に進学すると、2017年から2年間は関東大学選抜に選出され、5月16日に大宮への来季加入が内定した。 ▽JFA・Jリーグ特別指定選手とは、「サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供すること」を目的とし、全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟、またはJクラブ以外の日本クラブユースサッカー連盟の加盟チームに登録(第2種)したまま、Jリーグ等の試合に出場可能とする制度となっている。 2018.06.13 13:05 Wed
twitterfacebook
thumb

巻き返し図る大宮に痛手…キャプテンのDF菊地光将が腓骨骨折で全治約3カ月

▽大宮アルディージャは29日、DF菊地光将の負傷について発表した。 ▽菊地は、27日に行われた明治安田生命J2リーグ第16節の栃木SC戦に先発出場。前半に負傷し、担架でピッチを後に。DF山越康平と交代していた。 ▽クラブの発表によると、菊地は左足腓骨骨折と診断されたとのこと。全治は約3カ月とのことだ。 ▽キャプテンを務める菊地は、今シーズンの明治安田J2リーグで16試合に出場し1得点を記録していた。 2018.05.29 16:11 Tue
twitterfacebook
thumb

主将MF三幸弾で競り勝った山口が勝ち点で首位大分に並ぶ! 大宮&千葉、岡山が久々の白星《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第16節の6試合が27日に行われた。 ▽下関市営下関陸上競技場で行われたレノファ山口vsカマタマーレ讃岐は、ホームの山口が1-0で勝利した。 ▽直近4試合負けなしで2位に位置する山口が4連敗中の最下位讃岐をホームで迎え撃った一戦。立ち上がりからボールを保持するホームチームが押し込んでいくが、最初の決定機は讃岐に訪れる。14分、カウンターから原のパスに抜け出した木島がボックス内でGKと一対一になるが、ここはGK藤嶋が見事な反応で阻む。 ▽すると、その後は再び攻撃のギアを上げた山口が小野瀬や大崎のシュートで相手ゴールに迫ると、前半終了間際の45分に先制点を奪う。ロングカウンターで高木大輔が相手陣内の右サイドで独走しボックス左に走り込むオナイウ阿道に浮き球で繋ぐ。タメを作ったオナイウが短いマイナスのパスを送ると、これを絶妙なファーストタッチでゴール左に運んだ三幸が狭いニアを抜くシュートで決め切った。 ▽迎えた後半は讃岐が早い時間帯の選手交代で盛り返すと、試合は一進一退の攻防に。山口が高木大輔、オナイウのヘディングシュートでゴールに迫るもここは相手GK清水の好守とクロスバーに阻まれる。一方、讃岐も78分にボックス内に抜け出した原の鮮やかなループシュートでゴールに迫るも、これはわずかに枠の上に外れる。互いに見せ場を作ったものの、後半にゴールは生まれず。最下位讃岐に競り勝った山口が首位大分トリニータと並ぶ勝ち点31に到達した。 ▽また、栃木県グリーンスタジアムで行われた栃木SCvs大宮アルディージャは、アウェイの大宮が1-0で勝利した。 ▽前節、ホームでFC岐阜に完敗するなど3戦勝利がない17位大宮が同じく3戦勝利がない11位栃木のホームに乗り込んだ一戦。試合は立ち上がりの14分に動く。嶋田のクロスがDF久富のハンドを誘いPKを獲得した大宮は、これをキッカーの大前が冷静に決めて先制に成功した。 ▽その後、キャプテンのDF菊池が負傷交代に見舞われるもその後も大宮のペースで試合は進み、後半へと突入する。後半も半ばを過ぎると、二川を投入した栃木が押し込んでいく時間が続くも、なかなかシュートを枠に飛ばせない。一方の大宮も嶋田らの仕掛けで幾度か決定機を作り出すも決め切れない。89分にはロングカウンターからマテウスに試合を決めるチャンスもここは飛び出した相手GKの好対応に遭う。結局、序盤の大前のゴールを守り切った大宮が4戦ぶりの白星を手にした。なお、同試合のラストプレーでは古巣対戦のネイツ・ペチュニクが小競り合いを起こした末、試合後にレッドカードを掲示される一幕もあった。 ▽その他の試合ではジェフユナイテッド千葉vsロアッソ熊本は、増嶋とラリベイ、ホルヘ・サリーナスの3ゴールによって千葉が3-1で逆転勝利。3試合ぶりの勝利を収めた。また、FC町田ゼルビアvsファジアーノ岡山はアウェイの岡山が上田の絶妙FKや仲間のスーパーボレーなどの3ゴールで3-1の快勝。5試合ぶりの勝利で4位に浮上している。 ◆明治安田生命J2リーグ第16節 日程・結果 ▽5/27(日) 栃木SC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 大宮アルディージャ</span> 水戸ホーリーホック 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 アビスパ福岡</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">モンテディオ山形 2</span>-1 ツエーゲン金沢 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">レノファ山口 1</span>-0 カマタマーレ讃岐 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ジェフユナイテッド千葉 3</span>-1 ロアッソ熊本 FC町田ゼルビア 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 ファジアーノ岡山</span> ▽5/26(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">甲府 6</span>-2 大分 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">岐阜 2</span>-1 新潟 京都 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 横浜FC</span> 徳島 1-1 松本 東京V 0-0 愛媛 2018.05.27 18:03 Sun
twitterfacebook
thumb

古橋3戦連発の岐阜が敵地で大宮に完勝! ホーム連敗の大宮は3戦未勝利…《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第15節、大宮アルディージャvsFC岐阜が19日にNACK5スタジアム大宮で行われ、アウェイの岐阜が2-0で勝利した。 ▽3連勝から一転、2戦勝利がない14位大宮(勝ち点18)と、前節の敗戦で連勝がストップした18位岐阜(勝ち点16)によるボトムハーフ同士の一戦。 ▽前節、モンテディオ山形と1-1のドローに終わった大宮はその試合からマテウスに代えて奥抜を起用した以外、同じメンバーを起用。一方、大分トリニータに1-2で敗戦した岐阜はその試合と同じ11人で臨んだ。 ▽アウェイながら立ち上がりからボールを保持する岐阜に対して、大宮は自陣でブロックを作り応戦。守備から攻撃への切り替えの部分で2トップの個人技を生かして相手ゴールまで迫っていく。 ▽時間の経過と共に岐阜が押し込む状況が続く中、24分に見事な連係から先制点が生まれる。左サイドの古橋が中央のライアン・デ・フリースにボールを預けてゴール左に飛び出すと、デ・フリースから絶妙なヒールパスが通る。スムーズなファーストタッチでシュートコースを作った古橋が右足のシュートをゴール右隅に流し込み、3試合連続となる今季5点目を決めた。 ▽幸先良く先制に成功した岐阜はその後も質の高いパスワークで大宮のプレスを剥がしては敵陣深くに侵攻していく。35分には小野のフィードに抜け出したデ・フリースがボックス内でワントラップからフィニッシュに持ち込むが、ここはハンドの判定。さらに前半終了間際の45分にはボックス手前で得たFKを小野が直接狙うと、GKが前に弾いたボールに竹田が反応するが、ここはシュートをミートできず。それでも、大宮のシュートをわずか1本に抑え込んだアウェイチームが1点リードで試合を折り返した。 ▽迎えた後半は大宮が押し込む入りとなるが、岐阜がセットプレーから先にゴールをこじ開ける。53分、相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーの小野が左足インスウィングのボールを入れると、ゴール前で競り勝った竹田が巧みなバックヘッドで流し込んだ。 ▽痛恨の2失点目を喫した大宮は直後の58分、奥抜とロビン・シモヴィッチに代えてマテウスと富山を同時投入。だが、この選手交代で流れを変えることができない。不用意なボールロストから再三に渡って岐阜のカウンターを許すと、絶好調のデ・フリースや古橋にあわや3点目という場面を作られる。 ▽岐阜ペースで試合が進んでいく中、何とか追いつきたい大宮は85分、DF河本を下げてマルセロ・トスカーノをピッチに送り出す。DFを1枚削ってここから猛攻に出ると、89分には左サイドを突破したマテウスの鋭いクロスをゴール前に飛び込んだ大前がワンタッチで合わすが、これは枠の左に外れる。続く92分にはボックス手前右の大前が抑えの効いたボレーシュートを放つが、これはわずかにクロスバーの上を越えた。その後も決死の猛攻を見せた大宮だが、最後まで岐阜のゴールをこじ開けられず、試合はこのままタイムアップ。 ▽敵地で大宮に完勝の岐阜が2試合ぶりの勝利で暫定10位に浮上した。一方、敗れた大宮は3試合未勝利で暫定16位に転落した。 ◆明治安田生命J2リーグ第15節 日程・結果 ▽5/19(土) 大宮アルディージャ 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 FC岐阜</span> ▽5/20日(日) 《13:00》 ロアッソ熊本 vs 水戸ホーリーホック 《14:00》 松本山雅FC vs アビスパ福岡 大分トリニータ vs レノファ山口FC 横浜FC vs ジェフユナイテッド千葉 栃木SC vs FC町田ゼルビア アルビレックス新潟 vs モンテディオ山形 カマタマーレ讃岐 vs ヴァンフォーレ甲府 ツエーゲン金沢 vs 徳島ヴォルティス 《17:00》 愛媛FC vs 京都サンガF.C. ▽5/18(金) ファジアーノ岡山 vs 東京ヴェルディ ※雷雨の影響で試合途中に中止 2018.05.19 18:05 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース