【就任記者会見】テーマは「勝利への執着心」大宮の石井正忠新監督が熱い想いを語る2017.11.07 20:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽大宮アルディージャは7日、新指揮官に就任した石井正忠監督の就任会見を行った。▽明治安田生命J1リーグも残り3試合となった中、降格圏の17位と低迷が続く大宮。5日に、今シーズン途中に監督に就任した伊藤彰監督を解任し、5月まで鹿島アントラーズを率い、大宮の前身であるNTT関東でもプレーしていた石井監督を招へいした。

▽石井新監督は、記者会見の冒頭で「リーグ戦残り3試合、勝利で終わりたい」とコメント。J1残留に向け、残り3試合への意気込みとともに、監督就任までの経緯などを語った。

◆石井正忠監督(大宮アルディージャ)
(C)CWS Brains,LTD.
「今回大宮アルディージャの監督に就任しました石井です。よろしくお願いします」

「社長、強化本部長からもお話ありましたが、こういった厳しい状況の中、今クラブの状況を説明していただきました。その中で、短い時間でしたが、大宮アルディージャの監督に就くことを決断いたしました」

「このオファーを受けるにあたって非常に悩んだ部分はありますが、私は大宮アルディージャの前身であるNTT関東に2年でしたが所属しておりました。このチームへの思い入れもあり、今回はこの状況をどうにか脱したい。リーグ戦残り3試合、勝利で終わりたい。そういった気持ちで、監督のオファーを受けました」

「現場だけではなく、クラブ全体が残り3試合に向けて一丸となって戦えるように、私自身も現場のリーダーとしてしっかりチームを作り直して、3試合戦っていきたいと思います」

「皆さんも是非大宮アルディージャを応援していただいたり、取り上げていただいて、サポートしていただければ嬉しいかなと思います」

「言葉で言うのは簡単ですが、今日からのトレーニング、自分自身の持っている力を全て出して、3試合を勝ち切って今シーズンを終わりたいと思いますので、よろしくお願いいたします」

──大宮アルディージャでどうやってリーダーシップをとりたいか。その先の3試合に必要な部分は
「まずは、私が外から見ていた今までの大宮アルディージャは、それぞれの選手が非常に頑張っていると思いますが、チームの一体感という部分が少し欠けているなと感じました。それを監督の私がまとめて引っ張っていくことが重要じゃないかなと思います」

「残り3試合、仙台、甲府、川崎Fと対戦しますが、しっかり分析しつつ、守備の部分は細かいことは話せませんが、チーム全体が連動するような守備の形を作らないといけないかなと。攻撃の部分は、ポゼッションはできると思いますが、時間をかけての攻撃た多くなっていると思います。その辺りを、もう少しシンプルにゴールに向かう形を作る。あとは、前の方に能力の高い選手が揃っているので、能力を生かせる形を作っていって、3試合勝ち切る形を作りたいと考えています」

──スタメンはこのままで良いのかテコ入れするのか、フォーメーションはテコ入れするのか
「今まで戦ってきた大宮アルディージャというチームが確実にあるので、それを大きく変えようとは思っていません。ただ、その中でも、選手の能力が出し切れていないということを感じていました。その部分を変えていけば、新たなアルディージャの形ができていくと思っています。システムも含めて、大きく変えようということは考えていません」

──勝者のメンタリティを鹿島では植え付けたように感じていますが、今日のトレーニングは緩い雰囲気に見えたが
「今日の練習を見ていただいて緩いと感じられたかもしれませんが、アントラーズもあの手の練習はあんな感じです。そこは変わらないと思います(笑)。僕はそう感じました」

「トレーニングの内容によっては、皆さんから見ると緩く感じることもあるかと思いますが、練習の強弱であったり、どういったテーマでトレーニングするかということも関わってくると思います。今日のトレーニングは気にしていません。ただ、これからは選手に細かく要求しなくてはいけないかなとも思っています」

「勝者のメンタリティは、私が植え付けたのではなく、私は植え付けられてここに来ているので、それをどうにか大宮アルディージャというチームに少しでも感じてもらって、変わっていってくれたらと思います」

──優勝を毎年争うような鹿島と大宮の置かれている状況は全く違うが、その辺りの難しさなどはどう捉えているか
「常にタイトルを狙えるチームとそうでないチームの違いというのは、チームの一体感、チームだけでなく現場だけでなく、クラブが一体となって1つの方向に向いていることが一番大きな部分だと思います」

「各クラブともそれぞれのセクションでやっていることはやっていると思いますが、それが1つの方向に向いているか、向いていないかという細かいところが、常にタイトルを狙える鹿島アントラーズにはあったかなと感じていました」

「そういったところも含めて、クラブ全体が本気でタイトルを獲るんだ。今の状況だと、残り3試合に全て勝つんだということに、取り組んで頂ければいいと感じています」

──オファーがあってから決断までの期間は。また短期決戦で悩みはなかったのか
「悩みがあったら、多分このオファーは断っていたと思います。決断した時点で、このオファーを受けて、この3試合を全うしようという気持ちになったのでオファーを受けました」

「短い期間できることは限られていますが、まず引き分けが多かったり、勝ち星が取れなかったところはありますが、守備の徹底をもう一回やりながら、あとは点を獲れないと勝つことはできません。獲る形、獲れる選手はいると思うので、そこをうまく噛み合わせられれば、残り3試合勝利に結びつけられると思います。この短い期間ですが、選手に徹底させたいと思っています」

「期間は2、3日です。最初のお話をいただいてから2、3日で、オファーを受けた後の期間を考えると早く返事をしなければ遅くなってしまうと考えました」

──残り3試合が目標だと言うことだが、中長期的なチーム作りの考えはあるか
「それは考えていません。この3試合のことだけを考えています。それ以降のことは、クラブの方に判断して頂ければと思います」

──今日は初練習だったが、選手に対してどのように声をかけたのか。選手の反応は
「練習前のミーティングで選手を集めて話をしました。選手もこの状況を感じていルノで、3試合に向けて、選手がそれぞれできることはやらなくてはいけないですが、チームの勝利のために一丸になることが重要だということを話しました」

「ミーティング終わった後、今日のトレーニングの説明をして、中心となる選手が声をかけてミーティングルームを出ていったので、非常に良い形でトレーニングに入れたのかなと思っています」

──仙台戦まで2週間もないですが、選手にこだわって欲しい部分は
「仙台戦に向けては、これから私自身の仙台さんのイメージもありますが、分析担当、コーチングスタッフとミーティングしながら詰めていきたいです」

「まず選手に意識してもらいたいのは、1つ1つの局面で勝負にこだわること。そして、どういった状況であれ、最終的には勝って終わるということを意識して、1週間半のトレーニングをしていきたいです」

「特に守備の面では、全体が連動すること。大宮アルディージャの戦いを見て理解していただいていると思いますが、ある程度自陣に引き込んで守ることができているので、もっとアグレッシブに自分たちがアクションを起こしてボールを奪いに行く形。私がアントラーズ時代からやっていたことなので、それはこのチームでも引き続きやっていきたいと思います」

──アントラーズで培ってきたものの中で一番伝えたいことは
「一対一の局面で絶対負けないということをお話ししましたが、勝負に対する執着心を伝えていきたいと思います」

──この半年ぐらいどんなところでどんな勉強をしてきたか。残留に関しては、どれだけ確信しているか
「この期間、色々な仕事のオファーをいただいて、講演会であったり、スカパーさんの解説だったり、最近はヨーロッパにサッカーを観に行ったりしていました。特に最後のヨーロッパでサッカーを観戦した時は、生でヨーロッパのサッカーを感じ、日本とのさを感じました。今後指導する上では、そういったところも併せて指導者としてやっていきたいなと思っていました」

「この3試合の勝利への確信ですが、勝負事なのでやってみないとわかりませんが、最善を尽くして、私が持っている最大限の力をクラブのため、チームの勝利のために使っていきたいですし、それを選手たちが感じて一緒に戦っていく。クラブ全体もそこを感じてサポートしてもらう。そういった方向に全体が進めば、必ず勝利できると思います」

──NTT関東出身ということ以外に、このオファーを受けた決定打は
「監督としてのオファーを受けるといのは、どういった状況であれ嬉しいことです。あとは、クラブがこういった厳しい状況だからこそ、私にオファーをくれたということ、そういった強い意志を受けたので、それに応えたいと思いました」

「そういった気持ちもありました。本当に厳しい状況で、大変な仕事だと思いますが、それを今までやってきた選手、コーチ、指導者、監督、そういった私の経験をこの短期間でもクラブに何か残すことができればという思いもあって、この状況でも引き受けることを決断しました。最大限の努力をしたいと思います」

「本当に言葉で言うのは簡単ですが、この状況を短い期間で、クラブ全体で勝ち取りたいと思います」

「そういった気持ちでやらないと、この3試合は絶対に勝ちきれないと思うので、その気持ちを全面に出して3週間、4週間を過ごしていきたいと思います」

──大宮サポーターもクラブも鹿島で培ったメンタリティや勝負への執着心を短い期間だが落とし込んでいただきたいと期待していると思います。何から着手していきたいか
「一言で言うと、勝負に対する執着心をどこまでチームに浸透させられるかというところです。1つ1つの練習でしっかりやらせる、そのために今いるコーチングスタッフを含めて、私のサポートをしてもらうことも重要です。当然、負荷のかかったトレーニングになるので、ケガ人のケアであったり、疲労回復であったりはメディカルスタッフのサポートも必要になります」

「ただ現場だけが頑張ってどうにかなるということだとは思わないので、クラブ全体が、チームが良い状態で居られるためにどうすればいいかを含めて、やっていかなくてはいけないです。今回は、クラブ全体が現場をサポートして行くべきだと感じています」

「現場のリーダーである監督の私が、日々のトレーニングからしっかり引っ張ってやっていかなくてはいけないというのが一番大きいと思いますが、練習が緩く見えた部分も含めて、変わったというところを練習から出せればと思います」

──渋谷洋樹元監督と親交があるとのことだが、アドバイスなどはあったか
「渋谷監督とは実際にはプレーしていないのですが、同級生ということで、それぞれのチームで監督のサポート、コーチという同じ立場にいました。試合があるときには交流させていただきました。今回も、一緒にヨーロッパで試合観戦にもいきました」

「今回就任にあたって、彼からも連絡がありまして、チームのために頑張って欲しいという一言をいただきました」

コメント

関連ニュース

thumb

逆転自動昇格目指す福岡&大宮、横浜FCが揃って勝利! 岐阜が待望の14戦ぶりの勝利《J2》

▽明治安田生命J2リーグ37節の6試合が13日に各地で行われた。 ▽維新みらいふスタジアムで行われたレノファ山口FCvsアビスパ福岡は、アウェイの福岡が1-0で勝利した。 ▽後半戦初の連勝で息を吹き返した10位の山口(勝ち点51)と、暫定3位浮上を目指す4位の福岡(勝ち点61)による一戦。試合は開始早々に動く。7分、ボックス内に抜け出したドゥドゥをDF楠本が遅れて倒し痛恨のPK献上。しかし、キッカーの石津が右を狙ったシュートはGK吉満が完璧な読みで阻む。これで一気にホームチームペースに傾くかと思われたが、直後の10分にはバイタルエリアで縦パスを受けた石津の見事なラストパスに抜け出した松田が冷静にGKとの一対一を決め切ってアウェイの福岡が今度こそ先制に成功する。 ▽その後は攻守の切り替えで勝る福岡が引き続きペースを握りながらドゥドゥがフィニッシュに絡んでいくが、山口も粘り強い守備で2点目を許さない。ただ、ホームチームはなかなか決定機を作れないまま前半を終えることになった。 ▽迎えた後半、山口が立ち上がりから相手陣内でのプレーを増やしていく。ボックス付近でボールを受ける回数が増えたオナイウ阿道は67分にボックス右へ抜け出してGKとの一対一の決定機を迎えるが、シュートを枠に飛ばせない。やや守りに入った福岡に対してその後も山口が押し込む時間が続くが、リーグ屈指の堅守を誇るアウェイチームは最後までリードを守り切って1-0の勝利。敵地での接戦をモノにした福岡がJ2通算250勝目を飾ると共に暫定3位に浮上した。 ▽NACK5スタジアム大宮で行われた大宮アルディージャvs栃木SCは、ホームの大宮が1-0で勝利した。 ▽前節の勝利で昇格プレーオフ圏内に浮上した5位の大宮(勝ち点60)と、ここ最近上位陣相手に善戦を見せる16位の栃木(勝ち点45)による関東勢対決。立ち上がりからホームの大宮がボールを保持して攻め込む展開の中、23分にボックス手前やや左の好位置でFKを獲得。ここでキッカーの大前が見事にゴール上隅に決め切ってホームチームが1点リードで試合を折り返す。 ▽迎えた後半、立ち上がりの55分には大山のフィードに反応した大前がボックス内でDFパウロンに倒されてPKを獲得。しかし、ジャンケンで大前に勝ったマテウスがキッカーを務めると、これを右ポストに当ててしまい痛恨の失敗。すると、試合はここから一気に栃木ペースへ。71分には西谷和のハイプレスでDF畑尾のボールロストを誘い大黒がボックス手前で見事なループシュートを放つが、これはクロスバーを叩く。さらに栃木は試合終盤にかけて得意のパワープレーで押し込むが、最後の場面で決定力を欠き試合はこのままタイムアップ。ホームで辛勝も連勝の大宮が暫定4位に浮上した。 ▽ニンジニアスタジアムで行われた愛媛FCvs横浜FCは、アウェイの横浜FCが2-0で快勝した。 ▽18位の愛媛(勝ち点43)と、7位の横浜FC(勝ち点60)による一戦。直近2戦未勝利で昇格プレーオフ圏外の7位に転落した横浜FCは必勝が求められるこの一戦に向けて序盤から攻勢を仕掛ける。すると10分、カウンターから中央突破したレアンドロ・ドミンゲスのスルーパスに抜け出したイバがボックス左ライン際ギリギリでマイナスに折り返すと、ゴール前でフリーの田代が難なくワンタッチで流し込み、先制点を奪取。これで勢いづくアウェイチームはレアンドロ・ドミンゲスとイバを起点に再三の決定機を作り出すが、渡邊一やイバが決定的な場面を決め切れず、前半のうちに追加点を奪えなかった。 ▽それでも、後半も主導権を握った横浜FCは64分、レアンドロ・ドミンゲスのスルーパスに抜け出したイバがボックス左でキープして相手GKの股間を抜く技ありのシュートで2点目を奪い切る。その後、野村の負傷交代というアクシデントや相手GK岡本の再三のビッグセーブで3点目こそ奪えなかった横浜FCだが、敵地で2-0の快勝。3戦ぶりの白星で暫定ながら昇格プレーオフ圏内の5位に浮上した。 ▽山梨中銀スタジアムで行われたヴァンフォーレ甲府vsアルビレックス新潟は、0-0のドローに終わった。 ▽3連勝中の暫定13位甲府(勝ち点48)と、5連勝中の17位新潟(勝ち点45)による今季2度目の川中島ダービー。互いに好調を維持する中での戦いは終始拮抗した展開となったが、最後の場面で決め手を欠いた両者は0-0で試合を終えることに。共に連勝がストップとなり、逆転での昇格プレーオフ進出を目指す甲府にとっては痛恨の勝ち点逸となった。 ▽また、残留争いでは19位の京都サンガF.C.(勝ち点34)が田中マルクス闘莉王のJ2通算100試合出場を自ら祝う決勝弾によって8位の徳島ヴォルティス(勝ち点54)相手に1-0で勝利。同じく20位のFC岐阜(勝ち点33)は12位のファジアーノ岡山(勝ち点49)を2-1で下し、待望の14試合ぶりの勝利を手にした。 ◆明治安田生命J2リーグ第37節 ▽10/13(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC岐阜 2</span>-1 ファジアーノ岡山 愛媛FC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 横浜FC</span> レノファ山口FC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 アビスパ福岡</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">大宮アルディージャ 1</span>-0 栃木SC ヴァンフォーレ甲府 0-0 アルビレックス新潟 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">京都サンガF.C. 1</span>-0 徳島ヴォルティス ▽10/14(日) 《14:00》 水戸ホーリーホック vs 東京ヴェルディ ツエーゲン金沢 vs 松本山雅FC カマタマーレ讃岐 vs ロアッソ熊本 《15:00》 ジェフユナイテッド千葉 vs モンテディオ山形 FC町田ゼルビア vs 大分トリニータ 2018.10.13 19:12 Sat
twitterfacebook
thumb

大宮が今夏クラブユース選手権得点王のユース所属FW吉永昇偉の来季昇格内定を発表

▽大宮アルディージャは25日、ユース所属のFW吉永昇偉(18)が来シーズントップチームに昇格することが内定したと発表した。 ▽吉永は、ジュニアから大宮に在籍。ジュニアユース、ユースと昇格し、2018年はU-18日本代表にも選出されている。 ▽今年行われた第42回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会では、大宮の準優勝に貢献。自身も得点王に輝いていた。 吉永はクラブを通じてコメントしている。 「小学5年生から所属してきた大宮アルディージャで、プロのサッカー選手としてスタートできることを大変うれしく思います。今までお世話になった方々への感謝を忘れず日々、努力していきたいと思います。ファン・サポーターの皆さま、応援よろしくお願いします!」 2018.09.25 17:54 Tue
twitterfacebook
thumb

甲府、ホームで約2カ月ぶりの勝利!大宮は上位と勝ち点縮められず《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第32節のヴァンフォーレ甲府vs大宮アルディージャが、19日に山梨中銀スタジアムで行われ、1-0でホームの甲府が勝利した。 ▽直近5試合で1勝2分け2敗と波に乗り切れない16位・甲府は(勝ち点39)は、土曜日の愛媛FC戦からスタメンを6人変更。ビョン・ジュンボン、山本、フェフージン、瀬戸、小塚、ジュニオール・バホスに代えて、今津、小出、小椋、佐藤、堀米、金園を起用。 ▽一方、直近5試合で4勝1分とJ1自動昇格ラインを猛追する大宮(勝ち点54)は、前節のFC町田ゼルビア戦からは、茨田にかえて大山が先発に名を連ねた。 ▽試合序盤は両者共に中盤でのボールの奪い合いが続く。28分、ボックス手前でフリーでボールを受けたマテウスがゴール前に走り込んだ富山にスルーパスを通す。これを富山がダイレクトでシュートを打つもGK河田の正面に。 ▽なかなか決定機が作れない甲府は、35分、左サイドから小椋がボックス左に走り込んでいた堀米に浮き球でパスを送る。これを堀米がラインギリギリのところでボールに追いつきボックス中央に走り込んできた金園にクロスを供給。金園がヘディングシュートを狙うもゴール左に逸れた。 ▽後半に入り、ボールを徐々に保持する時間が増えてきた甲府は69分、敵陣左サイドで佐藤が清水とのワンツーでボックス左を駆け上がりゴール前にクロスを供給。するとこのクロスが相手DFに当たり、コースが変わってゴールに吸い込まれ、ホームの甲府が先制した。 ▽試合が動いて以降、両者共にチャンスらしいチャンスは作れず試合終了。甲府は7月21日の第24節ロアッソ熊本戦以来のホーム白星。一方、敗れた大宮は、JI自動昇格に向けて痛すぎる1敗となった。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.19 21:34 Wed
twitterfacebook
thumb

大宮、J1昇格争いに向けバブンスキー獲得

▽大宮アルディージャは22日、マケドニア代表MFダビド・バブンスキー(24)が加入したことを発表した。 ▽バルセロナ下部組織出身のバブンスキーは2017年にレッドスターから横浜.F・マリノスに加入。初年度は明治安田生命J1リーグで20試合3ゴールを記録していた。しかし今季はリーグ戦5試合の出場にとどまり、16日に横浜FMとの契約が解除されていた。 ▽バブンスキーはクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「私を信じて、日本でのキャリアアップを続ける機会を与えてくれた大宮アルディージャに深く感謝しています。チームの目標達成のために最善を尽くすのを、興奮と野心を持って心待ちにしています」 2018.08.22 16:06 Wed
twitterfacebook
thumb

大宮MF横谷繁に第二子となる長女が誕生

▽大宮アルディージャは17日、MF横谷繁に第二子となる長女が15日に誕生したことを発表した。 ▽横谷は、クラブ公式サイトで以下のように喜びを語った。 「先日、長女を授かることができました。多くの周りの方の支えと、妻の頑張りに感謝しています。ファン・サポーターの皆さん、これからも応援よろしくお願いします」 ▽2015年に京都サンガF.C.から大宮に加入した横谷。今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグに15試合、天皇杯に2試合出場している。 2018.08.17 18:30 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース