ビリッチ解任のウェストハムが新監督にモイーズを招へい2017.11.07 18:02 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ウェストハムは7日、新指揮官にデイビッド・モイーズ氏(54)を招へいすることを発表した。

▽モイーズ氏は、エバートンの指揮官としてプレミアリーグで実績を残すと、2013年7月からサー・アレックス・ファーガソン監督の後任としてマンチェスター・ユナイテッドの監督に就任した。

▽その後は、レアル・ソシエダ、サンダーランドと指揮を執っていたが、昨シーズンのプレミアリーグでは最下位(6勝26敗6分け)でサンダーランドが10年ぶりのチャンピオンシップ(イングランド2部)降格。解任されフリーとなっていた。

▽ウェストハムは、6日にスラヴェン・ビリッチ監督(49)の解任を発表。第11節終了時点で2勝6敗3分けの18位と降格圏に低迷している。
コメント
関連ニュース
thumb

来月34歳のサバレタ、引退は全く考えず「自分がもう若くないことは知っているが…」

▽ウェストハムに所属する元アルゼンチン代表DFパブロ・サバレタ(33)の頭に、引退する考えは全くないようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽9年間のシティでのプレーを終え、2017年夏にウェストハムに加入したサバレタ。同年には公式戦39試合に出場すると、今シーズンもここまで公式戦13試合に出場している。 ▽そんなサバレタは、ウェストハムとの契約が2019年6月までとなっている。来年1月には34歳になる同選手だが、契約延長について問われ以下のように明かした。 「わからない。僕にとって大事なことは、今フットボールを楽しみ続けているということ。ウェストハムファミリーの一員でいられることをとても嬉しく思っているよ」 「すでに自分がもう若くないことは知っている。ただ、それでも問題はないよ。あらゆる試合に出ているし、身体的にも良い状態なんだ」 「シーズンの終わりに僕やクラブ、全員にとって最高の決断ができればと思う。今はあまりそういうことについて考えたくはないかな。ただただゲームを楽しみたい。チームが素晴らしいシーズンを送れるよう集中しているよ」 「僕は1月に34歳になるが、フットボールをとても愛している。もし仮にあらゆる試合に出場し続けることができるなら、それはもう数年プレーできるということだね。30代になれば長期的なことは考えられない。ただ、僕は引退について一切考えていないよ」 「まだまだフットボールが大好きなんだ。だからもう数年プレーし続けることができるなら100%そうするよ」 2018.12.14 10:30 Fri
twitterfacebook
thumb

“Mr.ウェストハム”MFマーク・ノーブルが1年間の契約延長!

▽ウェストハムは12日、オプションを行使してイングランド人MFマーク・ノーブル(31)との契約を2021年まで延長したことを発表した。 ▽ウェストハムの下部組織で育ったノーブルは、ハル・シティやイプスウィッチへのレンタルを経験しつつ成長。今ではチームの支柱としてキャプテンを務めており、今シーズンもプレミアリーグ11試合2ゴールを記録している。 ▽また、ウェストハム通算では公式戦446試合51ゴール55アシストをマーク。クラブ公式サイトが呼称する通り、まさに“ミスター・ウェストハム”だ。 ▽ノーブルは、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 「数年前にサインした時、僕の契約にはオプションが付いた。1年間の延長だ。それは僕や僕の家族にとってファンタスティックなものだ」 「僕は生涯を通じてこのクラブに居る。いつも言っているけど、このクラブに居たいんだ。僕らは正しい方向に進んでいると思うし、行使するには適切な時期だったよ」 2018.12.12 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ハマーズがユナイテッド退団噂されるバレンシアに関心

▽ウェストハムがマンチェスター・ユナイテッドに所属するエクアドル代表MFアントニオ・バレンシア(33)の獲得に関心を示しているようだ。イギリス『サン』が伝えている。 ▽2009年にウィガンから加入して以降、レッド・デビルズの右サイドバックのレギュラーを担ってきたバレンシア。だが、先日にSNS上で沸いたジョゼ・モウリーニョ監督の解任待望論に自身の公式インスタグラムから「いいね」をしてしまい、世間の注目を集めた。また、今季はコンディション不良が続きここまでの公式戦出場試合は6試合にとどまっている。 ▽そして、バレンシアの現行契約は、今シーズン限り。そういった状況下にあるバレンシアを巡っては現在、ドイツや、トルコの数クラブが目を光らせている様子だ。 ▽さらに、『サン』は元アルゼンチン代表DFパブロ・サバレタに今季限りでの退団の可能性があるウェストハムがバレンシアの獲得に関心を示しているという。現時点で同クラブはバレンシアを来夏フリーで獲得したい意向のようだが、イングランド人DFライアン・フレデリックスの負傷離脱によって今冬のタイミングでの獲得も検討しているかもしれない。 2018.12.08 13:26 Sat
twitterfacebook
thumb

ウェストハムに痛手…エースのアルナウトビッチが年明けまでアウト

▽ウェストハムのオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチが年明けまで負傷離脱するようだ。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えている。 ▽アルナウトビッチは4日に行われたプレミアリーグ第15節のカーディフ戦に先発出場。しかし、カーディフDfショーン・モリソンと接触した際に足を痛め40分に負傷交代していた。 ▽伝えられることろによると、アルナウトビッチはこの負傷で新年までプレーできないという。同選手はここまでリーグ戦13試合の出場で5ゴール2アシストをマーク。残りの年内にフルアムやサウサンプトン、バーンリー戦を控えるウェストハムにとって大きな痛手だ。 ▽今月はリーグ戦5試合を残すウェストハムは、8日に次節クリスタル・パレスとのロンドン・ダービーを戦う。 2018.12.06 03:20 Thu
twitterfacebook
thumb

復帰から3日…ウィルシャー、足首を負傷か

▽ウェストハムに所属する元イングランド代表FWジャック・ウィルシャーが、再び負傷したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽今夏にアーセナルからウェストハムに加入したウィルシャーは、開幕のプレミアリーグ4試合に出場。しかし、以前から足首に埋め込んでいたボルトの緩みによる痛みを解消するため、9月半ばに手術を実施し、離脱が続いていた。 ▽そんなウィルシャーは、1日に行われたプレミア第14節ニューカッスル戦で戦列に復帰。1アシストを記録し、3-0での解消に貢献していた。 ▽しかし、今後もチームをけん引していくかに思われた矢先、4日のプレミア第15節カーディフ戦でメンバー外に。試合後、ウェストハムを率いるマヌエル・ペジェグリーニ監督が、「ジャック(・ウィルシャー)は足首に小さな痛みを抱えている。以前の負傷とは別の箇所だ」と語り、ウィルシャーが負傷したことを明かした。 ▽なお、離脱期間については伝えられていない。 2018.12.05 17:05 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース