ビリッチ解任のウェストハムが新監督にモイーズを招へい2017.11.07 18:02 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ウェストハムは7日、新指揮官にデイビッド・モイーズ氏(54)を招へいすることを発表した。

▽モイーズ氏は、エバートンの指揮官としてプレミアリーグで実績を残すと、2013年7月からサー・アレックス・ファーガソン監督の後任としてマンチェスター・ユナイテッドの監督に就任した。

▽その後は、レアル・ソシエダ、サンダーランドと指揮を執っていたが、昨シーズンのプレミアリーグでは最下位(6勝26敗6分け)でサンダーランドが10年ぶりのチャンピオンシップ(イングランド2部)降格。解任されフリーとなっていた。

▽ウェストハムは、6日にスラヴェン・ビリッチ監督(49)の解任を発表。第11節終了時点で2勝6敗3分けの18位と降格圏に低迷している。

コメント

関連ニュース

thumb

サラーがケインに並ぶ23点目!! リバプールがカンフーキック・エブラ初出場のウェストハムに快勝!!《プレミアリーグ》

▽リバプールは24日、プレミアリーグ第28節でウェストハムをアンフィールドに迎え、4-1で勝利した。 ▽前節のサウサンプトン戦に2-0で勝利して3戦無敗とした3位のリバプール(勝ち点54)が、ワトフォードに勝利して4試合ぶりの白星を飾った12位のウェストハム(勝ち点30)をホームに迎えた。 ▽2位のマンチェスター・ユナイテッドに勝ち点2差と迫るリバプールにとっては負けられない一戦。ユルゲン・クロップ監督は、普段通りに[4-3-3]のフォーメーションを採用し、GKカリウスがゴールマウスを守る。バックラインは右からアレクサンダー=アーノルド、マティプ、ファン・ダイク、ロバートソンが並ぶ。中盤はジャンをアンカーにミルナーとチェンバレンが脇を固め、前線はフィルミノを頂点に右はサラー、左にマネが並んだ。 ▽なおウェストハムでは、昨年11月にファンに対してカンフーキックを見舞いマルセイユを解雇されたエブラが、加入後初出場を果たした。 ▽試合は3分にリバプールが早速決定機を作り出す。ハーフウェイライン付近にいたミルナーのスルーパスを、ボックス左へと流れながら受けたフィルミノが折り返し、最後はサラーがシュート。しかしボールは右のポストを叩いて先制とはならなかった。 ▽その後もリバプールがポゼッションを高めて攻め込む中、15分にはウェストハムが反撃。裏に抜け出したアルナウトビッチがファン・ダイクのチェックを逃げるようにしてボールを運び、ボックス手前右からループ気味にシュートを放つ。しかしGKカリウスが何とか触ったシュートはクロスバーを叩いた。 ▽ピンチを凌いだリバプールは再びウェストハムを押し込んでいくが、シュートチャンスまで至れず。しかし29分には右CKのチャンスでサラーが入れたインスイングのボールを、エブラに競り勝ったジャンが頭で押し込んでついにウェストハムのゴールをこじ開けた。 ▽勢いに乗るリバプールは32分、自陣高い位置でボールを奪ってカウンター。左サイドからのアーリークロスに逆サイドの深い位置まで攻め込んでいたサラーが頭で合わせたが、このシュートは枠外へ。ハーフタイムにかけてはウェストハムが勢いを取り戻すと、42分にアルナウトビッチが中央やや左の距離のある位置からシュートを狙っていく。しかしGKカリウスがまたもこのシュートを触って防ぐ。前半はそのままリバプールが1点リードで終えた。 ▽お互いに交代なしで迎えた後半も先に仕掛けたのはリバプールで、51分にはチェンバレンが粘って相手陣内にボールを運び、体勢を崩しながらもボックス内にパス。これを受けたサラーが反転してシュートを流し込む。サラーはこのゴールでリーグ戦23ゴールとし、トップに立つケインに並んだ。 ▽リバプールはさらに57分、ジャンのインターセプトから裏に抜け出すフィルミノにボールが渡る。飛び出したGKアドリアンをトラップでかわして無人のゴールに流し込み、3点目を奪った。しかし59分には、直前に交代でピッチに立ったアントニオが右サイドから裏に抜け出し、そのままシュートを流し込んでウェストハムも反撃に出る。 ▽オープンな展開になるかと思われたが、リバプールが攻撃のスピードを緩めてパスを回して相手の勢いをいなしていく。再び試合は落ち着き、リバプールがボールを持って危なげなく試合を進めていく展開となった。74分には再びチェンバレンの突破からスルーパスに抜け出したマネが左足で狙っていったが、このシュートは左ポストに嫌われる。 ▽それでも77分、左サイドをオーバーラップしたロバートソンが入れたグラウンダーのパスをマネがダイレクトで押し込み4点目。その後、劣勢のウェストハムがリバプールのポゼッションに抗うことなく、自陣でブロックを敷いてこれ以上の失点を防ぎに回った為、リバプールもバックラインでパスを回す時間が長くなり試合はこう着状態へ。 ▽ウェストハムは83分にアルナウドビッチを下げてエルナンデスを投入する。しかしモイーズの采配虚しく試合の大勢は変わらず。リードするリバプールも前線の3選手をベンチに下げるなど余裕の試合運びを見せる。試合はそのまま終了のホイッスルが吹かれ、リバプールが力の差を見せつけて快勝した。 2018.02.25 01:53 Sun
twitterfacebook
thumb

吉田元相棒のポルトガル代表DFフォンテが中国移籍合意!

▽ウェストハムは23日、ポルトガル代表DFジョゼ・フォンテ(34)の中国スーパーリーグの大連一方への移籍で合意したことを発表。移籍金は非公開であり、契約年数などの詳細も伝えられていない。 ▽しかし、イギリス『デイリー・レコード』の先日の記事では、3年契約で550万ユーロ(約7億3000万円)の移籍金と報じられていた。また、新シーズンから中国スーパーリーグに昇格する大連一方はアトレティコ・マドリーのベルギー代表MFヤニク・フェレイラ=カラスコ(24)獲得にも動いていることが伝えられており、中国の移籍市場が閉じる2月28日まで、その動向は注視される。 ▽昨年1月にサウサンプトンからウェストハムに加入したフォンテは、加入初年度はリーグ戦16試合に出場するなど、主力として活躍。しかし、今シーズンはシーズン途中に負ったケガの影響でリーグ戦8試合の出場に留まるなど、難しいシーズンを過ごしていた。 2018.02.24 00:26 Sat
twitterfacebook
thumb

吉田元相棒のポルトガル代表DFフォンテが中国移籍へ! カラスコ狙う大連一方行き迫る

▽ウェストハムのポルトガル代表DFジョゼ・フォンテ(34)が、中国スーパーリーグの大連一方に移籍することが濃厚となった。イギリス『デイリー・レコード』が伝えている。 ▽昨年1月にサウサンプトンからウェストハムに加入したフォンテは、加入初年度はリーグ戦16試合に出場するなど、主力として活躍。しかし、今シーズンはシーズン途中に負ったケガの影響でリーグ戦8試合の出場に留まるなど、難しいシーズンを過ごしている。 ▽『デイリー・レコード』の伝えるところによれば、新シーズンから中国スーパーリーグに昇格する大連一方はアトレティコ・マドリーのベルギー代表MFヤニク・フェレイラ=カラスコ(24)と共にフォンテ獲得に動いているという。 ▽すでにフォンテ側とは3年契約で合意しており、ウェストハムとも550万ユーロ(約7億3000万円)の移籍金で合意に至っている模様だ。そのため、同選手は週明けの月曜日に現地入りし、契約書にサインする見込みだ。 2018.02.23 04:40 Fri
twitterfacebook
thumb

モイーズと再タッグのエブラ、ウェストハムに感謝「毎朝起きて自分が仕事をする機会を与えてくれた」

▽ウェストハムに加入した元フランス代表DFパトリス・エブラが、復帰を喜んでいる。 ▽エブラは昨年の11月2日までマルセイユでプレー。しかし、ヨーロッパリーグ・グループI第4節のヴィトーリア戦の試合前に、執拗な挑発行為を行ったマルセイユサポーター1人に対して左足のハイキックを見舞ったことで、欧州サッカー連盟(UEFA)から2018年6月30日までのUEFA主催試合における出場停止処分と、1万ユーロ(約132万円)の罰金処分を科されることに。そして、マルセイユは同月11日、双方合意の上での契約解除を発表しており、以来エブラは無所属となっていた。 ▽そんな中、7日にウェストハムと契約。マンチェスター・ユナイテッド時代に指導を受けていたデイビッド・モイーズ監督と再びタッグを組むこととなった。 ▽エブラは自身のインスタグラム(patrice.evra)を更新。ウェストハムへの加入を喜び、再びプレーする機会を与えた同クラブに感謝を告げている。 「僕はとても幸せだよ。今日は初めて新たなチームメイトたちと素晴らしいトレーニングをした。そして、嬉しい歓迎を受けた。僕をサポートしてくれた全ての人々には本当にありがとうと言いたい。毎朝起きて自分が仕事をする機会を与えてくれたウェストハムには感謝しているよ」 2018.02.08 09:20 Thu
twitterfacebook
thumb

ウェストハムがモイーズ再タッグのエブラ獲得を発表! 契約期間は今季終了まで

▽ウェストハムは7日、元フランス代表DFパトリス・エブラ(36)を獲得したことを発表した。契約期間は今年6月末までで、背番号は「27」を着用することが決定している。 ▽エブラは昨年の11月2日までマルセイユでプレー。しかし、ヨーロッパリーグ・グループI第4節のヴィトーリア戦の試合前に、執拗な挑発行為を行ったマルセイユサポーター1人に対して左足のハイキックを見舞ったことで、欧州サッカー連盟(UEFA)から2018年6月30日までのUEFA主催試合における出場停止処分と、1万ユーロ(約132万円)の罰金処分を科されることに。そして、マルセイユは同月11日、双方合意の上での契約解除を発表しており、以来エブラは無所属となっていた。 ▽エブラは、今回の契約に際して以下のように喜びのコメントをしている。 「ハマーになれて、プレミアリーグに復帰できて本当に嬉しい。このゲームが大好きなんだ! 」 「復帰できて信じられないよ。仕事をする機会を与えてくれたウェストハムに感謝する。チームメイトと共に良い時間を過ごしピッチで全力を尽くすためにも、目を覚ます時間であり熱心に努力するつもりだ」 「ウェストハム、会長、監督や全てのチームメイトといった僕を素晴らしく歓迎してくれた人々、そして代理人や兄弟に感謝を述べたい」 「本当に素朴だけど、ここに居ることが嬉しい。自分がどれだけ幸せであるかを認識せずに今朝起きて、新しいチームメイトと一緒に練習する時に顔が綻ぶんだ! 」 ▽無所属となっていたエブラに関してはヨーロッパの幾つかのクラブからオファーが届いていたとみられていたが、新天地はマンチェスター・ユナイテッド時代に短い期間ながらも指導を受けていたデイビッド・モイーズ監督が率いるウェストハムとなった。騒動から心機一転、再び輝きを放つことはできるのだろうか。 2018.02.08 00:40 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース