新潟、“豊富な運動量でチームを活性化するダイナモ”筑波大MF戸嶋祥郎の来季加入内定を発表!2017.11.07 14:19 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アルビレックス新潟は7日、筑波大学に所属するMF戸嶋祥郎(22)の来シーズンからの加入が内定したことを発表した。

▽埼玉県出身の戸嶋は、市立浦和高校から筑波大学へと進学。2016年にはデンソーカップチャレンジ関東選抜Aに、2017年にはユニバーシアード日本代表にも選出されていた。新潟は、同選手の特徴を「豊富な運動量を活かしてチームを活性化するダイナモ。ポジションセンスに優れ、的確なプレーでチャンスを構築するだけではなく、自らエリアに飛び込んでフィニッシュに絡む嗅覚を持つ」選手と紹介している。

▽新潟への加入が内定した戸嶋は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「このたび、来季からアルビレックス新潟に加入することが内定しました戸嶋祥郎です。ピッチ内外でアルビレックス新潟に貢献できるよう取り組んでまいりますので、ファン・サポーターをはじめ関係者の皆さま、今後ともよろしくお願いいたします」

コメント

関連ニュース

thumb

移籍問題に揺れた新潟MFホニ、交渉が成立しフリーに

▽去就問題で所属チームが決まっていなかったアルビレックス新潟MFホニ(22)だが、どうやら問題は解消されたようだ。ブラジル『グローボ』が報じた。 ▽昨シーズン、クルゼイロから加入したホニは、明治安田生命J1リーグで32試合に出場し7得点を記録していた。しかし、今冬にクルゼイロとボタフォゴとの間の移籍交渉に絡むとされ、新潟のキャンプに不参加。ブラジル復帰が濃厚とみられていた。 ▽しかし、ブラジルで起きているホニの移籍話に保有権を持つ新潟が関わっておらず、話だけが勝手に進む状態に。ボタフォゴ入りが決定したかのような報道もあったが、事態は暗礁に乗り上げていた。 ▽そんな中、新潟は3月30日にホニを選手登録。本人がブラジルにいる中での選手登録となったが、この度、新潟とクルゼイロの間に起きていた難局が解決したようだ。 ▽『グローボ』によると、ホニの代理人とクラブ幹部の会談の結果、契約解除が成立したとのこと。ホニがフリーとなったようだ。なお、新潟からの公式発表はまだない。 ▽ホニは、自身の移籍問題が解決したことについてコメント。サッカー選手としてのキャリアを続けられることを喜んでいる。 「すべてが上手く終わったことを神様に感謝する。今、僕は自分のキャリアを続けることができる」 「どのクラブに行くのかはまだ分からないけど、ヘラクレス(代理人)が最善の道を見つけるだろう。今、僕はサッカーをできることを幸せに感じ、落ち着いているよ」 2018.04.03 10:50 Tue
twitterfacebook
thumb

移籍話飛び交った新潟FWホニが追加登録!

▽Jリーグは30日、追加登録・登録抹消選手を発表。アルビレックス新潟で去就が不透明な状況にあったFWホニが登録されている。 ▽ホニを巡っては今オフにボタフォゴ移籍が取り沙汰され、去就が不透明な状況に。そのため、新潟のキャンプに参加することなく、長らく交渉が続けられたが、破談に終わり、今後の去就に注目が集まっていた。 ▽Jリーグの発表によれば、ホニの背番号は、昨シーズンまで背負った7番に決定。登録に伴い、ホニは4月1日に行われる明治安田生命J2リーグ第7節のロアッソ熊本戦から出場可能となる。 2018.03.30 19:45 Fri
twitterfacebook
thumb

河田が決勝点! 徳島下した新潟がホーム初白星《J2》

▽25日にデンカビッグスワンスタジアムで行われた明治安田生命J2リーグ第6節のアルビレックス新潟vs徳島ヴォルティスは、ホームの新潟が1-0で勝利した。 ▽試合は31分に動く。ハーフウェイライン付近でボールを奪った河田がドリブルを仕掛け、バイタルエリア中央から右足を一閃。これがGKカルバハルの手を弾いて左ポストの内側を叩いてゴールラインを割り、新潟が先制した。 ▽1点ビハインドの徳島はハーフタイム明けに井筒、山崎を投入。さらに、61分にも呉屋をピッチに送り込む早い交代策で流れを引き寄せにかかるが、ボールを保持してもなかなかシュートチャンスを作り切れない。 ▽すると、73分には守勢の新潟にビッグチャンス。バイタルエリア中央でこぼれ球を拾った磯村がワントラップ目で相手を剥がして左足シュートに持ち込む。だが、これを枠の中に飛ばせず、追加点の好機を逸する。 ▽肝を冷やした徳島だが、その後もボール保持率で新潟を押し込む展開に。だが、3連勝中の徳島を相手に河田のシーズン3ゴール目で手にした1点を守り抜き、4試合目にしてホーム初勝利を手にした。 2018.03.25 15:56 Sun
twitterfacebook
thumb

指揮官の采配に応える丹羽の決勝弾で愛媛が新潟相手に今季初勝利!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第5節、アルビレックス新潟vs愛媛FCが21日に行われ、1-0で愛媛が勝利した。 ▽4位の新潟(勝ち点8)と最下位に沈む愛媛(勝ち点0)の一戦。 ▽ここまでリーグ戦で2勝2分けの新潟は、ルヴァンカップの日程も重なり、連戦が続く中、前節の横浜FC戦から2選手を変更。小川と坂井を代えて、高木と原を先発に起用した。 ▽一方、開幕から4戦全敗と厳しい状況が続く愛媛は、前節のロアッソ熊本戦から丹羽を代えて小池を先発起用。今季初勝利を目指した。 ▽まずは新潟が3分に河田のボックス左からのシュートでゴールに迫る。さらに5分には、カウンターで前に運んだ加藤がやや遠い位置からシュートを選択。ゴールとはならなかったが、新潟が主導権を握り始める。 ▽対する愛媛は10分に前野がボックス左から強烈なシュートを浴びせる。しかしこれはGKの正面。30分には自陣でボールを奪うと最後は有田がボックス手前からシュートを放つが枠の外。さらに37分には、山崎ドリブルシュートで新潟ゴールに迫るもこれも枠の外へ飛んでしまう。 ▽0-0で迎えた後半、新潟の53分の敵陣中央でのFKの場面。加藤のクロスを矢野が逸らすとゴール前の磯村がバックヘッドでゴールを狙うが惜しくもゴール右外に外れる。 ▽なかなか攻め手が見つからない中、愛媛は有田に代えて丹羽、新潟は矢野に代えてターレスを投入。互いに前線にテコ入れをする。 ▽後半も終盤に入った84分、愛媛が右サイドを突破すると小池のクロスに上原が飛び込むがGK大谷がセーブ。その直後には山崎のクロスが相手に当たりゴールに入りそうになるところをGK大谷が掻き出された。 ▽するとこのプレーで得た愛媛のCKの場面。神谷が左からクロスを入れると、途中出場の丹羽がバックヘッドでゴールに流し込み、86分に愛媛が先制した。 ▽終盤に先制点を奪った愛媛は、このまま試合を締めて1-0で新潟を撃破。途中出場の丹羽の決勝ゴールで愛媛が今季初勝利を手にした。 2018.03.21 17:40 Wed
twitterfacebook
thumb

新潟DF大武峻に第一子の女の子 「精進していきたい」

▽アルビレックス新潟は19日、DF大武峻(25)に第一子となる3.090gの女の子が3月17日に誕生したことを発表した。 ▽大武は2014年に福岡大学から練習生として名古屋グランパスに加わると、翌年に正式入団。2017年途中から新潟入りし、明治安田生命J1リーグ9試合に出場した。今シーズンのここまで明治安田生命2リーグで出番がない。 ▽第一子誕生を受け、大武はクラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 「アルビレックス新潟サポーターの皆さん、いつも温かい応援ありがとうございます。このたび、無事に新しい命を迎えることができました!元気な女の子です! 想像を絶する痛みに耐えて、元気な子を産んでくれた妻には本当に感謝です! これからは家族3人で力を合わせて明るく元気な家庭を築いていきたいと思います!また、家族が1人増えたので、より一層強い責任感を持って精進していきたいと思いますので、これからも引き続き応援よろしくお願いします!」 2018.03.19 12:15 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース