アル・アインのDF塩谷司が左肩を手術…リーグ戦で負傷2017.11.07 13:20 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アル・アインは、元日本代表DF塩谷司の負傷を発表した。塩谷は、肩を負傷しており、手術を受けるとのことだ。クラブ公式サイトで発表した。

▽塩谷は、現地時間4日に行われたアラビアン・ガルフリーグ(UAE1部)の第7節、アル・ワフダ戦に先発出場。試合終盤にアルゼンチン人FWセバスティアン・タグリアブエとの衝突で負傷し、89分にラシード・サイードと交代していた。

▽クラブの発表によると、塩谷は左肩を負傷。「重傷であり、チームは長期間重要な1人の選手を失うことになる」としていた。

▽なお、塩谷は6日に手術を受け、無事に終えたとのことだ。アル・アインはツイッターに、クラブ幹部とともにベッドに寝ている塩谷との記念写真を投稿している。

▽サンフレッチェ広島からアル・アインへと移籍した塩谷は、リーグ戦で7試合に出場し3ゴールを記録していた。

コメント

関連ニュース

thumb

伊藤達哉、ハンブルガーSVと契約延長へ…トップチームデビュー後毎試合出場

ハンブルガーSV(HSV)のFW伊藤達哉は、クラブとの新契約締結に近づいているようだ。『FUSSBALL.News』が伝えた。<br><br>ブンデスリーガ第6節のレバークーゼン戦(0-3)で、トップチーム初出場を飾った伊藤。好パフォーマンスをみせてマルクス・ギスドル監督の信頼をつかむと、以降リーグ戦で毎試合に出場している。<br><br>ファンからも人気選手となった20歳の日本人FWには、クラブも将来を担う選手として期待しているようだ。HSVのクラブSDは『Sky』に対し、一定数の試合出場で自動的に更新される契約になっていることを明かし、「それは間もなくだろう」とコメントしている。<br><br>トップチームデビュー後、7試合で未だフル出場はない伊藤だが、酒井高徳がキャプテンを務めるクラブの信頼をしっかりと掴んでいる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.20 10:03 Mon
twitterfacebook
thumb

レスター地元記者、大一番でFW岡崎慎司をベンチにした采配に疑問「彼以上の適任はいるのか?」

レスターは、18日に行われたプレミアリーグ第12節のマンチェスター・シティ戦を、0-2で落とした。地元紙『レスター・マーキュリー』のジェームズ・シャープ記者は、FW岡崎慎司をベンチスタートにしたクロード・ピュエル監督の采配に疑問を感じているようだ。<br><br>リーグ首位とのビッグマッチで、ピュエル監督は、今季ここまで4ゴールを挙げるなど好調だった岡崎をベンチスタートに。これまでワイドのポジションで使われてきたMFマーク・オルブライトンをインサイドハーフで使う4-1-4-1を採用している。しかし、マンチェスター・Cに圧倒され、ホームで敗戦を喫した。<br><br>シャープ氏は、この試合で指揮官が3人のウィンガーを同時に起用したことは「大きな疑問」とし、「あの位置でプレーしたことがないオルブライトンに、チャンスはなかった」と采配を評価。<br><br>そして、「ピュエルは、シティのプレーメーカーを中盤で抑えたがっていたようだが、シンジオカザキ以上の適任はいるのか?」と中盤の守備を意識するのであれば、日本代表FW以上にうまくやれる選手はいないと綴っている。<br><br>先月就任したピュエル監督は、就任初戦でDFベン・チルウェルをウィングで起用するなど、試合ごとに選手やフォーメーションを入れ替えている。<br><br>これに対し、「『BBC』のあるジャーナリストは、クラウディオ・ラニエリのティンカーマン(ダメな修理工)を思い起こさせると、冗談を言っていた」とチームを頻繁にいじることで知られる前指揮官のようだと、評している。<br><br>ピュエル監督就任後、リーグ戦1勝1分1敗のレスター。勝ち点13で12位につけているが、降格圏とは4ポイント差となっている。次節は、敵地でウェストハムと対戦する。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.20 08:01 Mon
twitterfacebook
thumb

インテルがイカルディのドッピエッタで難敵アタランタに快勝! 長友は出場せず《セリエA》

▽インテルは19日、セリエA第13節でアタランタをホームに迎え、2-0で快勝した。インテルのDF長友佑都はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節トリノ戦を途中出場のエデル弾で引き分けて無敗を維持した3位インテル(勝ち点30)は、日本代表としてブラジル戦とベルギー戦にフル出場した長友がベンチスタートとなってサントンが起用された。 ▽9位アタランタ(勝ち点16)に対し、一進一退の攻防で立ち上がると、16分にピンチ。ハテボエルにボックス右に侵入され、枠内シュートを浴びせられるが、GKハンダノビッチがセーブした。 ▽ひやりとしたインテルは25分に反撃。ボルハ・バレロのダイレクトヒールパスに抜け出したイカルディがGKと一対一に。しかし、ややシュートコースが甘く止められてしまう。 ▽ハーフタイムにかけてはインテルが押し込む時間を増やしたが、アタランタ守備陣を崩せずに前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半、開始6分にインテルが試合を動かす。右サイドからのカンドレーバのFKをフリーとなったイカルディがヘッドで叩き込んだ。 ▽失点を受けてイリチッチに代えてペターニャを投入してきたアタランタに対し、60分にインテルが突き放す。右サイドからのダンブロージオの左足クロスをイカルディがヘディングで流し込んだ。 ▽その後、アレハンドロ・ゴメスを諦めてオルソリーニを投入してきたアタランタをインテルがシャットアウト。イカルディのドッピエッタでインテルが勝利し、ユベントスを抜いて2位に浮上している。 2017.11.20 06:43 Mon
twitterfacebook
thumb

マルセイユDFが語る酒井宏樹に必要なこと「彼について悪くは言わないけど…」

マルセイユに所属する元ポルトガル代表DFロランドが、同僚の酒井宏樹について語っている。フランス『Le 10 Sport』が報じた。<br><br>酒井は昨夏、マルセイユへと加入。移籍初年度からレギュラーとして活躍し、2年目を迎えた今シーズンも出場機会を手にし続けている。先日に行われたブラジル戦、ベルギー戦でも先発した酒井は、強豪を相手に安定した守備を見せ、改めて成長を感じさせている。<br><br>しかし、同僚のロランドは「彼について悪く言うわけではないけど」と前置きした上で、酒井のプレーに注文をつけている。<br><br>「彼とはよく笑いあっているよ。僕は彼に『お前はペナルティエリアに入ったとき、パスしかしないよな』と言うんだ。でもそれからシュートを打ち始めるようになったね。(5日の)カーン戦でも得点の可能性があった。彼は練習ではいつも上手くできているんだよ。ときにサイドバックであっても、シュートがベストチョイスになることがある」<br><br>酒井はマルセイユ加入以降、ゴールは0。日本代表でも、一度もネットを揺らしたことがない。ロランドとしてはときに直接ゴールを狙うプレーを期待しているようだ。<br><br>それでも「彼は一緒にプレーした中で最高のやつだ。フランス語もだいぶ上達したね」と、好印象を持っていることも明かしている。<br><br>酒井がサイドバックとしてもう一段上のステップに上がるため、得点というのは一つの課題となるかもしれない。<br><br>提供:goal.com 2017.11.19 15:15 Sun
twitterfacebook
thumb

森岡亮太に移籍話が急浮上…クラブ・ブルージュ指揮官が「リーグ最高の選手」と称賛

今シーズン、ベルギーリーグのベベレンに加入し、一躍評価を高めた森岡亮太。ここまでリーグ戦7ゴールを記録して得点王争いにも名を連ね、日本代表にも再び招集されるようになった。<br><br>その森岡を擁するべフェレンは19日、アウェーでリーグ首位、クラブ・ブルージュとの一戦に挑む。その試合を前に、同クラブのイヴァン・レコ監督が地元メディア『De Nieuwsblad』に対して、森岡について言及した。<br><br>「森岡はとても素晴らしいプレーヤーだね。パスセンス、視野とその才能は申し分ない」<br><br>また、冬の移籍市場で森岡を獲得したいかどうか問われると、かつてクロアチア代表でもプレーした指揮官は「私が熱望しているわけではないが、クラブ幹部は確かに(森岡に)関心を示しているよ。それに、彼がべフェレンで結果を残すことは、我々にとって望ましい状況とは言えないからね。ただ、森岡がピッチ上でここまで見せてきたプレーの質は間違いなくリーグ最高峰だと思う」と発言。冬の移籍市場でクラブ・ブルージュが森岡を獲得する可能性に含みを持たせつつ、ここまでの活躍ぶりについて、手放しで賛辞を贈っている。<br><br>森岡は現地時間19日、リーグ首位のクラブ・ブルージュ相手に果たして結果を残せるのか。この試合の結果次第で、森岡の移籍話が加速化する可能性も十分にありそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.19 13:33 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース