マケレレがスウォンジーのコーチを辞任! ベルギー1部オイペンの新監督就任へ2017.11.06 20:17 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽スウォンジーは6日、トップチームでアシスタントコーチを務めているクロード・マケレレ氏(44)との契約を双方合意の下で解消したことを発表した。また、同氏がベルギー・ジュピラー・プロ・リーグのオイペンの新監督に就任することを併せて伝えている。

▽今年1月にポール・クレメント監督の新指揮官就任に伴い、スウォンジーのアシスタントコーチに就任したマケレレ氏は、今回のクラブ退団に際して以下のようなメッセージを残している。

「スウォンジーでの時間を本当に楽しむことができた。とりわけ、昨シーズンのプレミアリーグ残留を助けられたことを嬉しく思う」

「私にこのような機会を与えてくれたオーナーを始め、会長や監督に感謝したい。ここでの経験は今後の指導者キャリアにおいて、多くのポジティブなものを与えてくれると思っている。個人的に在任期間を通じて、このクラブに何かを残せていれば、嬉しく思うよ」

▽また、マケレレ氏は新天地オイペンでの意気込みを語ると共に、スウォンジーの今後の成功を祈っている。

「私はスウォンジーで多くのことを学んだ。しかし、私はこれからも学び続けたい。オイペンでの機会は、うまくいけば私に多くのことを与えてくれると思っている」

「これからスウォンジーがどのように発展していくか、常に見守り続けたいと思う。そして、このクラブに関わる全ての人たちの成功を心から祈っている」

▽これまでパリ・サンジェルマンとスウォンジーでコーチ経験を積んできたマケレレ氏は、2014年に途中解任となったバスティア以来のトップカテゴリーでの指揮となる。

▽なお、マケレレ氏が新監督に就任するオイペンは、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ第14節終了時点で2勝8敗4分けの最下位に沈んでいる。
コメント
関連ニュース
thumb

アルカセル無双…277分間で10発、枠内決定率100%

▽ドルトムントに所属するスペイン代表FWパコ・アルカセルの“ケチャドバ”が止まらない。 ▽今月の代表ウィークでスペイン代表の招集を受けたアルカセルは、15日に行われたUEFAネーションズリーグのイングランド代表戦(2-3でスペインが敗戦)に57分から出場。先のウェールズ代表戦に続く自身2戦連発となる得点を出場からわずか1分後にマークした。 ▽スペイン『マルカ』によれば、今シーズンにおけるアルカセルの所属先と代表を合わせたプレータイム数は277分。試合換算で4試合に満たないプレータイムだが、公式戦10得点(所属先で7得点、代表で3得点)をマークしている。ちなみに、今回の代表戦で計106分間プレーした。 ▽また、『Opta(@OptaJose)』によれば、今シーズンにおけるアルカセルの枠内シュート本数は合計10本。ここまで枠内に飛ばしたシュートを全て得点に繋げていることになる。途中出場が主ながら凄みを増すアルカセルの決定力──。今後も目が離せない。 2018.10.16 11:45 Tue
twitterfacebook
thumb

スパーズ、米代表DFカーター=ヴィッカーズがスウォンジーにレンタル移籍!

▽トッテナムは25日、アメリカ代表DFキャメロン・カーター=ヴィッカーズ(20)がチャンピオンシップ(イングランド2部)のスウォンジーに今季終了までレンタル移籍することを発表した。 ▽トッテナムのアカデミー出身のカーター=ヴィッカーズは、2016年9月のEFLカップのジリンガム戦でトップチームデビュー。卓越したアスリート能力を武器に、対人対応に自信を持つカーター=ヴィッカーズはすでにアメリカのフル代表で4試合に出場している逸材センターバックだ。 ▽しかし、リーグ屈指のセンターバック陣を誇るトップチームでは出場機会に恵まれず、昨季はシェフィールド・ユナイテッド、イプスウィッチへの2度の短期レンタルを経験。そして、今季は1年でのプレミア復帰を目指すスワンズに武者修行へ出されることになった。 2018.08.26 13:41 Sun
twitterfacebook
thumb

昇格組ラージョ、昨季躍進ベティスでプレーしたDFアマトを完全移籍で獲得!

▽ラージョ・バジェカーノは9日、スウォンジーからスペイン人DFジョルディ・アマト(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は4年間。 ▽エスパニョールのカンテラ出身であるアマトは、センターバックを本職とするDF。昨シーズンはベティスにレンタル移籍で加入し、リーガエスパニョーラ25試合に出場。2016-17シーズンに15位と沈んでいたクラブの6位躍進に貢献した。 ▽アマトはエスパニョール在籍時の2012-13シーズンにラージョへレンタル移籍で加入しており、6シーズンぶりに同クラブでプレーすることとなった。 2018.08.11 14:45 Sat
twitterfacebook
thumb

C・パレスがガーナ代表FWジョルダン・アイェウをスウォンジーからレンタル

▽クリスタル・パレスは9日、スウォンジーからガーナ代表FWジョルダン・アイェウ(26)を獲得したことを発表した。レンタル移籍での加入となり、レンタル期間は今シーズン一杯となる。 ▽J・アイェウは、マルセイユの下部組織出身で、ソショーやロリアンでプレー。2015年7月にアストン・ビラへと完全移籍すると、2017年1月にスウォンジーへと加入していた。 ▽アストン・ビラでは公式戦58試合に出場し10ゴール、スウォンジーでは公式戦58試合に出場し1ゴールを記録。プレミアリーグでは通算80試合に出場し15ゴール5アシストを記録している。 ▽また、ガーナ代表としても47試合に出場。2014年のブラジル・ワールドカップにも出場していた。 ▽クリスタル・パレスは、J・アイェウの他、ヘタフェからGKビセンテ・グアイタ(31)、ウェストハムからセネガル代表MFジェイフ・クヤテ(28)、シャルケから元ドイツ代表MFマックス・マイヤー(22)を獲得している。 2018.08.10 11:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ニューカッスルが元アルゼンチン代表DFフェデリコ・フェルナンデスを2年契約で獲得、推定移籍金は約8億5000万円

▽ニューカッスルは9日、スウォンジーから元アルゼンチン代表DFフェデリコ・フェルナンデス(29)を完全移籍で獲得した。契約期間は2020年6月30日までの2年間となる。 ▽『スカイ・スポーツ』が伝えるところによれば、ニューカッスルはF・フェルナンデスの移籍金として600万ポンド(約8億5000万円)を支払うことになるようだ。 ▽F・フェルナンデスは、エストゥディアンテス、ナポリ、ヘタフェを経て、2014年夏にスウォンジーに移籍。スウォンジーでは在籍4シーズンで公式戦128試合に出場し2ゴール4アシストをマーク。昨シーズンもプレミアリーグ30試合に出場したが、クラブは18位でシーズンを終え、8シーズンぶりのチャンピオンシップ(イングランド2部)への降格が決まっていた。 ▽ニューカッスルへの移籍が決まったF・フェルナンデスは、公式サイトで以下のように語っている。 「長い一日だったが、ニューカッスルに加入出来て放蕩に嬉しいよ。今回の移籍は僕にとって新しい挑戦だ。そして、僕は新しいチームメート、スタッフと会うのを楽しみにしている」 2018.08.10 04:50 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース