マケレレがスウォンジーのコーチを辞任! ベルギー1部オイペンの新監督就任へ2017.11.06 20:17 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽スウォンジーは6日、トップチームでアシスタントコーチを務めているクロード・マケレレ氏(44)との契約を双方合意の下で解消したことを発表した。また、同氏がベルギー・ジュピラー・プロ・リーグのオイペンの新監督に就任することを併せて伝えている。

▽今年1月にポール・クレメント監督の新指揮官就任に伴い、スウォンジーのアシスタントコーチに就任したマケレレ氏は、今回のクラブ退団に際して以下のようなメッセージを残している。

「スウォンジーでの時間を本当に楽しむことができた。とりわけ、昨シーズンのプレミアリーグ残留を助けられたことを嬉しく思う」

「私にこのような機会を与えてくれたオーナーを始め、会長や監督に感謝したい。ここでの経験は今後の指導者キャリアにおいて、多くのポジティブなものを与えてくれると思っている。個人的に在任期間を通じて、このクラブに何かを残せていれば、嬉しく思うよ」

▽また、マケレレ氏は新天地オイペンでの意気込みを語ると共に、スウォンジーの今後の成功を祈っている。

「私はスウォンジーで多くのことを学んだ。しかし、私はこれからも学び続けたい。オイペンでの機会は、うまくいけば私に多くのことを与えてくれると思っている」

「これからスウォンジーがどのように発展していくか、常に見守り続けたいと思う。そして、このクラブに関わる全ての人たちの成功を心から祈っている」

▽これまでパリ・サンジェルマンとスウォンジーでコーチ経験を積んできたマケレレ氏は、2014年に途中解任となったバスティア以来のトップカテゴリーでの指揮となる。

▽なお、マケレレ氏が新監督に就任するオイペンは、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ第14節終了時点で2勝8敗4分けの最下位に沈んでいる。

コメント

関連ニュース

thumb

信じられない没落…“世界一の若手”⇒最下位クラブでベンチ外

▽スウォンジーに所属するポルトガル代表MFレナト・サンチェス(20)がシーズン終了前にレンタル元であるバイエルンに復帰するもようだ。ポルトガル『Maisfutebol』が報じている。 ▽18歳ながらユーロ2016で圧巻のパフォーマンスを見せて名をとどろかせたレナト・サンチェスは、2016年にバイエルンへ移籍。同年には世界最高の若手選手に与えられるゴールデンボーイ賞も受賞しておりバイエルンでも期待されたが、レギュラーポジションを確保できず、今夏には成長を促すためにスウォンジーにレンタル移籍した。 ▽スウォンジーでは今季、公式戦11試合に出場しているがベンチスタートが多いうえにパフォーマンスも上がらず、直近2試合はベンチ外となっている。11月29日に行われたチェルシー戦では、チームユニフォームと同じ色をしていた電光掲示板のロゴにパスをするなど、悪い面で話題となってしまった。 ▽報道によればレナト・サンチェスはモチベーションもコンディションも低下しており、双方のクラブは、どちらにとっても有益にならないと考え始めているとのこと。早期にレンタルバックし、残りのシーズンはバイエルンで過ごす可能性が高まっているようだ。 ▽なお、スウォンジーは現在プレミアリーグで最下位。1年半前、そのチームでレナト・サンチェスがベンチ外になるとは誰もが思いもよらなかっただろう。ポテンシャルは間違いなく高いだけに、復活を期待したいところだ。 2017.12.15 13:30 Fri
twitterfacebook
thumb

主役揃い踏みで4発快勝シティがプレミア新記録の15連勝!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第17節、スウォンジーvsマンチェスター・シティが13日にリバティ・スタジアムで行われ、アウェイのシティが4-0で快勝した。 ▽前節、2位マンチェスター・ユナイテッド(勝ち点35)との“マンチェスター・ダービー”を2-1で競り勝ち、1シーズンでのプレミアリーグ記録となる14連勝を達成した首位シティ(勝ち点46)。悲願の優勝に大きく近づく大きな勝ち点3を手にしたチームは、その試合から中2日で行われた最下位スウォンジー(勝ち点12)とのアウェイゲームで15連勝を目指した。 ▽今週末に6位トッテナム(勝ち点28)との上位対決を控えるグアルディオラ監督は、ダービーから先発4人を変更。負傷のコンパニに代わってマンガラ、ウォーカー、ザネ、ガブリエウ・ジェズスに代わってダニーロ、ベルナルド・シウバ、アグエロが起用された。 ▽前節終了時点でシーズン跨いでのアーセナルのリーグ連勝記録に並んだシティは、新記録達成に向けて立ち上がりから攻勢を仕掛けていく。相手を自陣深くに押し込んでアグエロやスターリングが次々にシュートを浴びせかけていく。 ▽すると、前半半ばを過ぎた27分に待望の先制点が生まれる。右サイド深くで相手のパスミスを奪ったベルナルド・シウバが絶妙なクロスをゴール前に供給。これを攻め残っていたシルバが左足ワンタッチで流し込んだ。 ▽頼れる絶対的司令塔の活躍で先手を奪ったシティは、直後の29分にもアグエロの強烈なシュートで2点目に迫ると、34分にはセットプレーからゴールをこじ開ける。ボックス左角付近で得たFKの場面でデ・ブライネが低くて鋭いシュート性のボールを入れる。ニアの オタメンディと相手DFは届かなかったものの、ボールはそのまますり抜けてゴール右隅に決まった。そして、中盤を取り仕切るシルバとデ・ブライネのゴールにより、アウェイのシティが2点リードで試合を折り返した。 ▽後半に入っても全く攻撃の手を緩めないシティは、シルバ、アグエロ、スターリングとキックオフ直後からいきなりスウォンジーゴールに襲い掛かる。すると52分、ボックス左の位置でノールックパスをスターリングに通したシルバがマイナスのパスを受け直し、GKの意表を突く浮き球シュートを右隅に流し込んだ。 ▽この3点目で試合を決定付けたシティは、アグエロやスターリングらアタッカーが積極的にゴールを狙っていくものの、徐々に全体のペースを落としてゲームコントロールを優先する試合運びにシフトする。 ▽その後、フェルナンジーニョ、デルフ、デ・ブライネと主力を続けて下げ、ヤヤ・トゥーレ、ジンチェンコ、ギュンドアンを投入して試合を締めにかかる。試合終盤の85分にはヤヤ・トゥーレからパスを受けたアグエロが見事な中央突破からボックス内に持ち込み、ゴール左隅に右足のシュートを流し込み、今季リーグ戦10点目を奪取。最下位スウォンジーを4発粉砕のシティが、正真正銘プレミアリーグ新記録の15連勝を達成した。 2017.12.14 07:21 Thu
twitterfacebook
thumb

レナト・サンチェス、プレミアで武者修行も期待外れでバイエルンに返却か

スウォンジーに所属するポルトガル代表MFレナト・サンチェスは、来夏を待たずしてバイエルンに戻ることになるかもしれない。『スカイスポーツ』が報じた。<br><br>R・サンチェスは今夏、バイエルンからレンタルでスウォンジーへと加入。しかし、いまだフィットに時間がかかっており、本領は発揮できていない。スウォンジーはレンタルに700万ポンド(約10億円)、週給で5万ポンド(約760万円)と小さくない負担を強いられているが、これらをカットするため冬にも返却する考えがあるという。<br><br>スウォンジーを率いるポール・クレメント監督も『BBC』で「彼は本調子ではないね」と話し、苦戦を認めている。<br><br>「我々は彼を出すのに正しい環境を整えていると信じている。しかし、今年のいかなる試合でも彼は才能を証明できていない。とても才能ある選手なんだ。だからこそベンフィカからバイエルンへ移籍し、ユーロでも優勝を経験できた」<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.01 05:46 Fri
twitterfacebook
thumb

リュディガーのプレミア初ゴールでスワンズを押し切ったチェルシーがマンチェスター勢を追走《プレミアリーグ》

▽チェルシーは29日、プレミアリーグ第14節でスウォンジーをホームに迎え、1-0で勝利した。 ▽4日前に行われた前節リバプール戦を1-1で引き分けた3位チェルシー(勝ち点26)は、リバプール戦のスタメンから4選手を変更。アザールやアスピリクエタ、バカヨコらに代えてセスクやペドロ、ウィリアンらがスタメンとなった。 ▽19位に沈むスウォンジー(勝ち点9)に対し、最前線のモラタの後方にウィリアンとペドロを配す[3-4-2-1]で臨んだチェルシーは、10分にチャンス。左サイドで得たFKをウィリアンが味方に合わせにかかると、ボールは誰にも触らず直接ゴールへ。しかし、わずかに枠の右に外れた。 ▽その後も押し込むチェルシーは、ザッパコスタやペドロが枠内シュートを浴びせると、28分にモラタがボレーでオンターゲットを記録。しかし、GKファビアンスキのファインセーブに阻まれた。 ▽ハーフタイムにかけても一方的なチェルシーペースとなったが、43分に主審の判定に抗議したコンテ監督が退席処分を受けた中、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半もスウォンジーを自陣にくぎ付けにしたチェルシーは53分に決定機。左サイドからのウィリアンの折り返しをペドロがシュート。しかし、枠の上に外してしまった。 ▽それでも55分、右CKのショートコーナーからボックス手前右のカンテの放ったミドルシュートがDFにディフレクトすると、ルーズボールをゴールエリア左のリュディガーが頭で押し込んだ。 ▽リュディガーのプレミア初ゴールで先制したチェルシーは、続く58分にもセットプレーの流れからマルコス・アロンソが決定的なシュートを浴びせると、63分には右CKからモラタがヘディングシュート。しかし、枠を外してしまった。 ▽なかなか追加点が奪えないチェルシーは74分、ボックス左のマルコス・アロンソの枠を捉えたシュートはGKファビアンスキに阻まれるとその後、ザッパコスタに代えてケガ明けのモーゼスを投入。 ▽終盤にかけてもスウォンジーの反撃を許さず、危なげなく試合を運んだチェルシーが1-0で勝利し、マンチェスターの上位2チームを追走している。 2017.11.30 06:39 Thu
twitterfacebook
thumb

マケレレ退団のスウォンジーで配置転換! ブリトゥンが選手兼コーチ、ランヘルが新主将に

▽スウォンジーは14日、スペイン人DFアンヘル・ランヘル(35)の新キャプテン就任を発表した。 ▽スウォンジーでは、今月6日にアシスタントコーチを務めているクロード・マケレレ氏がベルギー・ジュピラー・プロ・リーグのオイペンの新監督に就任するために退団。そのため、アシスタントコーチのポジションに空席ができていた。 ▽そこでポール・クレメント監督ら幹部の話し合いの中で、キャプテンを務めるイングランド人MFレオン・ブリトゥン(35)にプレイングコーチという新たな役割を打診。これをブリトゥンが受け入れたことで、空席となったキャプテンに2007年から在籍する重鎮ランヘルが就任することになった。 ▽プレイングコーチという新たな役割を与えられたブリトゥンは、以下のようなコメントを残している。 「このような機会を与えてもらったことは、僕と家族にとって大きなことだ。ただ、今回の役割の変化によって、僕のプレーヤーとしてのキャリアが終わりになるわけではないよ」 「これからも毎日トレーニングをこなし、メンバー入りを目指す。その一方で、今後はスタッフ会議に参加し、指導者目線でも試合に備えることになるだろうね」 ▽また、ブリトゥンに代わってキャプテンを引き継ぐランヘルは、以下のように意気込みを語っている。 「正直、ここでキャプテンを務めることになるとは思っていなかったよ。だけど、今回のチャンスを与えてもらい、それを誇りに思うと同時に熱意に満ちているんだ」 「監督にも感謝しているよ。彼は僕よりも定期的にプレーしているプレーヤーを選ぶこともできたと思うけど、ピッチ外でのリーダーシップという部分も考慮してくれた。今回の役割を与えられたことを誇りに思うよ」 「スウォンジーは常に僕の心の中にある。クラブを愛しているし、ここから最も重要なことはプレミアリーグに残留することだ」 2017.11.15 00:10 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース