スコラーリが広州恒大監督を退任 「ストーリーは終わった」2017.11.06 16:45 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽広州恒大のルイス・フェリペ・スコラーリ監督(68)が退任した。『ESPN』が報じた。

▽スコラーリ監督は、2015年6月から広州恒大を指揮すると、就任1年目から中国スーパーリーグとAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の2冠を達成。今シーズンもリーグ優勝を成し遂げ、見事7連覇に導いた。

▽事前の報道どおり、今シーズン限りで広州恒大監督の座を退くこととなったスコラーリ監督は、次のようにコメントしている。

「私の広州恒大でのストーリーは終わった。が、中国でのストーリーは続きがあるかもしれないね」

「しっかりと考えたい。どこに行くのか誰にもわからない。ただ、広州恒大に明るい未来が待っていることを願う。いつか世界のどこかで再会できると確信している」

「中国に戻ってくるかどうかわからない。私のサッカー人生は私を世界中に連れて行ってくれたが、中国は今まで働いてきた中でもベスト3に入る良い場所だった」

▽なお、後任には今シーズン限りで天津権健の監督を辞任したファビオ・カンナバーロ氏(44)と、同シーズン途中までバイエルン監督を務めたカルロ・アンチェロッティ氏(58)が有力候補として浮上している。

コメント

関連ニュース

thumb

ポルティモネンセ、元コロンビア代表FWジャクソン・マルティネスの獲得を発表! 中島翔哉とのホットラインで輝きを取り戻すか

▽日本代表MF中島翔哉の所属するポルティモネンセは13日、元コロンビア代表FWジャクソン・マルティネス(31)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。なお、契約期間など明かされていないが、背番号は9番を着用する。 ▽ポルト在籍時に、ポルトガルリーグ3年連続得点王に輝いたJ・マルティネスは、2015年の夏に移籍金3500万ユーロ(当時レート:約39億円)でアトレティコ・マドリーに加入。しかし、アトレティコでは成功を収められず、わずか半年で4200万ユーロ(当時レート:約55億円)の移籍金で中国スーパーリーグの広州恒大へ完全移籍した。 ▽しかし、2016年10月にヒザを負傷した影響もあり、在籍2年間で公式戦16試合に出場し4ゴール1アシストとかつての輝きを取り戻すことはできず。2019年末まで契約を残していたが、今年3月に双方合意の下で契約解除していた。 ▽J・マルティネスは2014年のブラジル・ワールドカップグループリーグ第3戦で日本代表と対戦し、2ゴールを決めたストライカー。浦和レッズに移籍したFWファブリシオの穴埋めに期待がかかるが、中島とどのようなプレーを魅せるのか注目だ。 2018.09.14 02:30 Fri
twitterfacebook
thumb

スポルティング、広州恒大からセルビア代表MFグデリをレンタルで獲得

▽スポルティング・リスボンは23日、中国スーパーリーグの広州恒大からセルビア代表MFネマニャ・グデリ(26)を1年間のレンタル移籍で獲得した。 ▽グデリは、NACの下部組織出身で、2009年にトップチーム昇格。その後、AZやアヤックスでのプレーを経て、2017年1月に天津泰達に加入すると昨季は公式戦20試合に出場し1ゴール5アシストをマーク。 ▽この活躍が認められ、2018年1月には中国王者の広州恒大へ移籍。今季もここまで公式戦18試合に出場し3ゴール2アシストを記録していた。 ▽また、2014年にデビューを果たしたセルビア代表では、これまで22試合に出場しているが、今夏に行われたロシア・ワールドカップのメンバーには選ばれなかった。 2018.08.24 08:07 Fri
twitterfacebook
thumb

YS横浜が広州恒大から元U-22中国代表GK趙天賜を完全移籍で獲得

▽Y.S.C.C.横浜は16日、中国スーパーリーグの広州恒大からGK趙天賜(チョウテンシ/23)が完全移籍で加入することを発表した。背番号は「39」となる。 ▽趙天賜は、北京国安のユース出身で、2017年1月に広州恒大に完全移籍していた。2017年にはU-22中国代表にも選出された経験がある。趙天賜はクラブを通じてコメントしている。 「この度、広州恒大から加入することになりました趙天賜です。Y.S.C.C.に加入することが出来、非常に光栄に思います。シーズン途中の移籍ですが、はやくサポーターのみなさんの前でプレーをみてもらえるように、また、チームの目標を達成する為に全力で取り組んでいきたいと思っています。応援よろしくお願い致します!」 2018.08.16 17:37 Thu
twitterfacebook
thumb

中国復帰のパウリーニョ、バルセロナ史上3番目の高額売却選手に…上位2選手は?

中国の広州広大に復帰することが発表されたブラジル代表MFパウリーニョだが、バルセロナにとっては史上3番目の高額売却選手となる。<br><br>昨夏に移籍金4000万ユーロで広州恒大からバルセロナに加わったパウリーニョだが、わずか1シーズンで広州広大に復帰することになった。広州広大とバルセロナは買い取り義務付きの1年のレンタル移籍で合意し、広州広大はシーズン終了後に5000万ユーロを支払う模様だ。<br><br>この5000万ユーロだが、バルセロナが選手売却で手にする金額としては4000万ユーロでアーセナルへと移籍したFWアレクシス・サンチェスを上回り、史上3番目に高い額となった。<br><br>バルセロナがパウリーニョよりも高い金額で売却した選手は、レアル・マドリーへの禁断の移籍を果たしたルイス・フィーゴ氏(6000万ユーロ)、そして昨夏にパリ・サンジェルマンへと移籍したFWネイマール(2億2200万ユーロ)のみとなっている。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.07.10 00:45 Tue
twitterfacebook
thumb

パウリーニョ、広州恒大へ買取OP付きレンタル移籍で加入! 1年で中国復帰

▽広州恒大は8日、バルセロナからブラジル代表MFパウリーニョ(29)の獲得を発表した。 ▽なお、広州恒大の公式サイトには移籍形態に関する詳細は明かされていないが、フランス『レキップ』によれば、広州恒大は買取義務オプション付きのレンタル移籍で獲得。買取の際には移籍金5000万ユーロ(約65億円)を支払うようだ。 ▽2015年にトッテナムから広州恒大へ移籍したパウリーニョは、AFCチャンピオンズリーグ制覇や中国スーパーリーグ2連覇に貢献。その後もパフォーマンスを落とすことなくブラジル代表に招集され続けると、昨夏にバルセロナへ完全移籍。 ▽バルセロナ加入当初は懐疑的な意見が多かったが、すぐに戦術にフィットすると公式戦49試合9得点3アシストをマークし、2年ぶりのリーガ制覇に大きく貢献した。 ▽また、現在開催中のロシア・ワールドカップ(W杯)にもブラジル代表の一員として参戦すると、全試合に先発出場し1ゴールを記録した。 2018.07.09 03:30 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース